本屋さんのダイアナ (新潮文庫)

  • 948人登録
  • 4.15評価
    • (90)
    • (117)
    • (44)
    • (4)
    • (0)
  • 98レビュー
著者 : 柚木麻子
  • 新潮社 (2016年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101202426

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
朝井 リョウ
宮下 奈都
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 柚木さん、ちょっと不器用な女の子、女性を描くのがうまいなぁ、と思います。

    ダイアナ、ティアラ、彩子を中心に、彼女たちを取り巻く人たちの、点の動きが線になっていく過程がとてもおもしろい。それがきれいな話ばかりではなく、ちょっとがっかりしたり驚いたりして人間味をすごく感じるんですよねー。

  • 女の子の成長と、女性の間の友情がテーマ。
    同じ作者では『あまからカルテット』でも同様のテーマを扱っている。
    あれも見事な構想の作品ではあったし、本作でもその手法の確かさは健在だ。
    けれど、テーマがより深まっているのは本作だ。
    できるなら、十代の女の子たちに、この本を手に取ってほしいと願う。
    新しい環境に入っていく若い人たちが大勢いるこの時期だから強く思うのかもしれない。

    小学校でであった、ダイアナ(何と「大穴」!と書く)と、彩子。
    未婚のキャバクラ嬢を母に持ち、金髪に染められているダイアナと、裕福で趣味のよい両親の元、何不自由なく育てられた優等生の彩子。
    対照的な二人は、お互いの世界に憧れ、惹かれあう。

    ほんの些細な感情のもつれと、別々の中学に進学したことから、二人はあっけないほど疎遠になる。

    ダイアナの物語は父親捜しの物語。そして、「父の娘たれ」、という呪縛から解き放たれて、一時はその生き方を否定してきた母親の愛情や聡明さを発見する物語でもある。

    一方、あらゆる面で恵まれていた彩子には、大学に入ってから試練が待ち受けている。
    おぞましいものから大切に守られてきた娘は、自らの身を守る術をしらない。
    ただ娘に門限を与え、危険から遠ざけることしか知らない両親を、お門違いと分かっていても恨まざるを得ない彼女の心情は痛切だ。
    強姦サークルはしばらく前に週刊誌でも報道されていたようだけど、一部の権力を持つ男が、女をランク付けし、その上位の女を共犯関係に引きずり込みながら支配する構造に慄然とする。
    この辺りは、描写で納得させるというより、やや説明的ではあったが、それでも取り上げた意味はあると思う。
    彩子にものしかかる従順であれという呪縛。
    それを解き放つ力の根源は、二人のダイアナだった。

    やっぱり、少し出来すぎてるとは思うけど、この作品を読み終わったとき、大人になって出会い直した二人の友情が続くことを願わないではいられなかった。

  • 大穴と書いて、ダイアナちゃん。その友達の彩子ちゃん。
    小学三年生の二人、可愛かったー!
    可愛すぎー!癒されるー!って何度心の中で叫んだことか!

    そんな可愛い二人が、卒業前に絶交しちゃって、中学、高校、大学、就職とそれぞれ悩みながらも成長していく。

    自分にかけられた呪いを解くのは自分しかいない。二人ともちゃんと呪いを解いたんだね。

    読書好きな女の子にお薦めしたい本でした。

    ずーと昔に読んだ赤毛のアンをまた読んでみたくなりました。

  • 「ダイアナ」ときけば、私はやはり一番に、『赤毛のアン』に登場する、アンの親友を思い出します。
    人によっては違うかもしれません。
    某国の元皇太子妃だったり、歌手のダイアナ・ロス…とか?
    いずれも、カナダ、英国、アメリカ人。
    まさか、「大きな穴」と書いて「大穴(ダイアナ)」と読む日本人とは!
    キラキラネームにはすでに皆、心の中で苦笑いしながらも、仕方のない時の流れとして受け入れている傾向にありますが…
    いや、ダイアナだっていいんだ、ダイアナだって!
    漢字が「大穴」でなければ。

    そんな「ドキュンネーム」をつけられたシングルマザーの子(しかもキンパ)がどんな目にあうかは予想通り。
    しかし、本人は本が大好きな内向的な女の子なのだが。

    一方、「彩子」は、編集者の父と、ナチュラル系料理上手主婦の母を持ち、教養高き家で大切に育てられた女の子。
    他の本で読んだけど、今どき、娘に「子」のつく名前をつける母親は相当なモノらしい。

    この物語は、2人の女の子の、小学校3年生から22歳までの、友情と成長の物語…
    と書くとありきたりではありますが、エピソードがありきたりなようでいてありきたりではない、ありきたりな場面もあるのだけれど描写がありきたりではない…
    という、本当にすてきな、「女の子のバイブル」的な本でした。

    正反対の2人は、正反対な方向に成長し、悩み、立場を変え、大人になっていきます。
    しかし、どこかで同じ部分も持ち、共感しながら反発し、ぐるぐるねじれながら高く昇っていく。

    そう、まるで二重らせん構造のように。
    これは、『女子のDNA』の物語かもしれない。
    ダイアナと彩子、そしてその母たちの、ティアラと貴子、全ての女子なら内に持っているDNAの物語だ。


    「私にふさわしいホテル」の東十条宗典先生の名前が出てきて、ニヤリとしてしまいました。

  • 予想外な展開の一冊!

    ダイアナと彩子の、それぞれが交換したくなるような生活。
    けれど、敷かれたレールからはなかなか逸れることが出来ず、お互いに羨望の思いを抱きながら、離れてゆくことになる。

    ダイアナの進み方も、彩子の進み方も、それぞれに愛おしい所があって。
    途中に出て来るみかげちゃんまでも、なかなか素敵だなと思ったりする。

    そこに挿入される、幸田文や森茉莉、向田邦子の話も、本好き乙女な読者にとっては素敵なエッセンスになったのではないだろうか。

    今どきの女の子としては、清純!というか正に正統派な感じがしなくもないけれど、こういう友情小説はいつ読んでも、じーんとする。

  • すごく良かった。☆4.5くらい。
    冒頭から、大穴と書いてダイアナなんて名前、また変な本読んじゃったかな。。とか思ってましたが、ダイアナと彩子の10余年に渡る友情の物語でした。赤毛のアンが未読だったことが悔やまれる(子どものころ読んだかもしれないけど、それすらも覚えてない)。

    決してキラキラした思い出ばかりじゃない、音信不通の数年、そして再会。それでも本の話を始めたら、あの頃の自分たちに戻れる。思い出すのは楽しかったことばかり。ないものねだりだった自分を懐かしくすら思う。人生経験を積んで少し大人になった自分。相手も少し変わったかな。でも言葉を交わすだけでいい。あとは本さえあれば。

    学生時代の友達って、すごく特別。同窓会したくなった。みんな元気にしてるかな。あたしは(いい意味で)変われたかな。

  • なんていい本なんだろう。登場人物全員が愛おしい。柚木さんの作品は、キャラクター全員に共感できる部分があって、みんなを応援したくなる。そして主人公のダイアナが、本当に魅力的だなぁ。
    いままで柚木さんの「ナイルパーチ〜」など読んだ時には、後半の雑さ?というかあまりにも荒々しい感じを受け取っていて(そこが好きでもあるけど)、今作は最初から最後まで、抱きしめていたい文章だと思った。たくさんの女子たちに読んで欲しい。

  • さまざまな少女小説への愛とオマージュが詰まった1冊。ふとした仲違いを10年もこじらせてしまうところも女の子っぽい。わたし自身は、彩子の人生に共感しながらも、ダイアナを応援しながら読んだ。ダイアナのたくましさにひかれるのも、彩子目線だからかもしれない。

  • ないものをお互いにもっている女の子2人の物語。彩子の「誰にでも胸を張れる完璧な人間なんて居るわけないじゃない!」の言葉が胸に突き刺さる。きらきら見える部分の後ろにはいつだって影がある。成長しまた出会う2人。今後も2人はお互いに影響しあって自分らしさを身につけ生きていくのだろう。

  • 女の子というのは本当に難しいなぁ。
    清廉潔白でも、孤高でも、裕福でも、そうでなくても、どんなに愛されていてもいつも何か足りなくて、隣のあの娘がうらやましくて、苦しい。人と同じではいたくないけれど、ひとりぼっちでは寂しくて不安。
    そういう不安定な女の子という生き物として生きていくのは、本当に難しい。
    ダイアナと彩子がこの先手を携えて、その難しい人生を二人で乗り越えてくれるといいなと思う。
    そして、世界中の女の子がみーんな幸せになるといい。
    そんな風に思える結末だった。

  • 今年読んだ本の中で早くも「一番」だと思った一冊。鴻巣友季子さんが解説で『ただのパスティーシュではない』と仰っているが、まさにその表現に尽きる。ダイアナと彩子。正反対の女の子がダブルヒロインとして描かれているが、私は二人の「呪いの解き方」が胸にぐっときた。名作へのオマージュの仕掛け方も巧妙で、本好きの私にとって胸が高鳴ることこの上ない。

  • 2人の主人公、ダイアナと彩子の友情物語。
    出自も性格も正反対の2人だけど、お互いに惹かれ合い、尊敬し合う素敵な関係だったけど、ちょっとしたことですれ違ってしまい、10年間疎遠となるけど、また本を通して2人の関係が再開する。
    どちらにも感情移入しやすく、疎遠になっている間の2人の葛藤にやきもきする~!!

    美しい容姿に恵まれた家庭環境、周りに人が絶えないような彩子が、大学に入ってから派手な外見になり就職活動もろくにせず、いかがわしいサークルに出入するなんて…ひえーっ!親だったら卒倒しちゃう(・o・)
    大学内で権力を持ってそうな男に媚びて、自分を大事に出来なくなってしまう…昔のかっこ良かった彩子はどこに!?
    でも、芯の部分では変わってなくて、最後には自分で呪いを解くことが出来て本当に良かった^^

  • すごく面白かった!柚木麻子さんの作品は好きで3冊目。表紙が可愛くて何となく選んだ本ですが、読み始めたらダブルヒロインの魅力に惹かれ、続きが気になりあっと言う間に読み終わりました。素敵な作品に出会えて嬉しいです。

  • 本屋さんで帯と冒頭を読んで惹かれるものがあり、購入しました。大正解でした。

    シングルマザーに育てられた金髪でキラキラネームで一匹狼な少女の大穴(ダイアナ)と穏やかな両親に守られ健やかに育てられた黒髪おかっぱの少女彩子。正反対な二人をつないだのは「本」でした。
    お互いを尊敬し合う良い関係だった二人の道は、あるところで別れてしまいます。強くて弱い女の子たちはどうなっていくのか、ダイアナのお父さんは一体どこにいるのか、ダイアナの母ティアラの過去、淡い恋心の行方は…ハラハラしながらあっという間に読んでしまいました。

    最初は図書館に通いつめていた幼少期の自分を思い出してダイアナに感情移入しながら、彩子のような生活に憧れ羨む気持ちで読み進めていたのですが、あるところで彩子に自分を重ねて、読んでいる最中にいたたまれなさで本を閉じてしまうこともありました。

    このお話は『秘密の森のダイアナ』という架空の本がキーワードなのですが、様々な実在する本のタイトルや内容が出てきます。(ライ麦畑でつかまえて、秘密の花園など…)二人が小学3年生から22歳まで、年を重ねるごとに読む本が変わっていくのもリアリティがあって良かったです。
    実はこれらの有名な小説を読んだことがなかったのでこの機会に読んでみようと考えています。

    あと一番声をあげてしまったのが匿名掲示板の下り。あれを見られるのは本当に辛い…ダイアナが知らないことを祈ります…

    ちょっとご都合主義なところもありますが、広がった風呂敷がパタパタ折りたたまれていく感覚、ディズニー映画や少女小説が好きな人、キラキラした女の子の友情好きには絶対におすすめです。
    柚木さんの本を拝見したのははじめてなのですがぜひ別の作品も読んでみたいです。

  • 始めての作家さん。タイトルに『本屋』とあるので、単行本を見た時から気にはなっていたんです。文庫になったので、読みました。なるほど、面白かったです!

  • かわいく文庫化されていたので手に取り、最初の数ページがおもしろそうだったので購入した。

    矢島大穴と神崎彩子は、見た目も育った環境もまるで違うけれど、児童文学をきっかけに仲良くなった。
    小学校三年生で出会い、小学校六年生で仲違いし、22歳で再会するまでのおはなし。

    おもしろかった。
    ダイアナかっこいい!
    予期せぬこと・だめな渦に巻き込まれてしまうことは、たしかにあるよなぁ、と強く思わされた。
    自分を守る知恵を身につけよう。
    腹心の友かどうかはさておき、二人の親友がいる私は幸せだな。
    『赤毛のアン』をようやく読もうか、という気になった。

  • 本屋大賞、2015年4位。小学校時代からの女友達が成人するまでの話。昔から名作文学にあるような裕福な家庭と貧しい母子家庭に生まれ育った2人の成長を描いたお話。出だしから最後の方までずーと面白くぐいぐい読めた。魅力的な登場人物に引き込まれたが、最後の方が現実味が強くなって登場人物の魅力も薄れていき陳腐な感じになっていく。勢いがなくなって少し残念。

  • 「大穴」と書いてダイアナ!爆笑しながら読んでいたが…。
    ラスト10ページから涙。村岡花子さんのあとがき…!私も子供の頃、飛ばして読んでいたのだと思う。村岡さんの訳の本を何冊も読んで、物語の世界に思いを馳せた。
    あのころの本を読み返したくなった!

  • 女の子の為の物語だなあ。可愛らしくて、残酷で。
    赤毛のアンをもう一度読み返したくなった。

  • 2017/09/05
    この作家の作品は初めてだけど、とても面白かった。
    私も赤毛のアンが好きで、子どもの頃何度も読んだなぁ。そんなことを思い出させてくれた。

  • 書店を舞台にした物語かと思い、手にしたが、いい意味で裏切られた。
    小説は、とある小学校の新学期時の自己紹介の場面から始まる。

    ダイアナと彩子。2人は読書という共通の趣味をきっかけに親しくなっていく。
    出自や家庭環境など一見正反対のように思える。しかし、物語が進むにつれ、まるで運命付けられていたかのごとく、絡み合っていき、そして終盤ではそれぞれの点と点が繋がっていく。

    この小説は終盤近くになってからも、ヒロイン達に容赦なく、厳しい現実がつきつけられる。(特に田所さんに対する片思いやダイアナ父との再会エピソードに関してはとりわけ。)
    しかし、そういった部分が逆にリアルであるし、だからこそ上手くいかない彼女達の人生を応援したくなるし、自身も彼女達のように自分にかけた呪いを解こうと自立し、頑張らなければと励まされる作品である。

  • 良い意味で心地よく裏切られる作品です。
    あぁ、女性だから描けるなぁ。
    ほんわかした世界観にちょこちょこと
    現実的なスパイス。一気読みです。

  • 境遇も見かけも正反対の少女、ダイアナと彩子。
    思い悩みながらそれぞれの人生を精一杯生きる2人に、アンとダイアナの姿が重なる。
    生きづらさ(呪い)から解放されるシーンは爽快。

  • 2017.8.7
    ダイアナと彩子。二人の少女が出会って、お互いに欲しいものに惹かれ認めあって、成長してゆく物語。
    中学生に読んで欲しい!!

  • 生まれ育った環境が正反対な女の子2人が、互いに羨望の眼差しで相手を見つめる姿が微笑ましい。

    自分の呪いを解けるのは、自分だけ。
    環境に恵まれていてもいなくても、結局自分がどう行動するか。
    自分に命令できるのは、自分だけ。
    呪いを解く呪文、辛い時には唱えてみよう。

全98件中 1 - 25件を表示

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)の作品紹介

私の名は、大穴(ダイアナ)。おかしな名前も、キャバクラ勤めの母が染めた金髪も、はしばみ色の瞳も大嫌い。けれど、小学三年生で出会った彩子がそのすべてを褒めてくれた――。正反対の二人だったが、共通点は本が大好きなこと。地元の公立と名門私立、中学で離れても心はひとつと信じていたのに、思いがけない別れ道が……。少女から大人に変わる十余年を描く、最強のガール・ミーツ・ガール小説。

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)の単行本

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)のKindle版

ツイートする