爪と目 (新潮文庫)

  • 171人登録
  • 3.00評価
    • (3)
    • (10)
    • (24)
    • (10)
    • (3)
  • 30レビュー
著者 : 藤野可織
  • 新潮社 (2015年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101202716

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

爪と目 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「史上最も怖い芥川賞受賞作」という触れ込み。語り手の「わたし」は幼児、「あなた」は父親の再婚相手。「あなた」は「わたし」の父親と不倫。「わたし」の母親はある日ベランダで自殺とも事故ともつかぬ不慮の死を遂げ、父親は「わたし」を連れて「あなた」と再婚します。3歳の娘がこんなふうに話せるわけもなく、その違和感が読み手の不安を誘って面白い。特に美人でもないのになぜか男性の興味を惹いて女性からは敵意を持たれる「あなた」。母性にも欠けているけれど、「わたし」を持てあまし気味だった父親は、「あなた」が来てくれて安心します。「あなた」が与えるスナック菓子をぼりぼりと食べ続けて「わたし」が太っていく様子が手に取るようで不気味。衝撃度としては高いですが、この手法は一度しか通じないと思われ、以降の作品はどうなるか。表題作以外の2編もつかみどころなく、どれも単に思わせぶりだと言えなくもありません。次も手に取るかと言われると厳しいかも。

  • 途中途中で区切りはあるけれど、なぜか続きが読みたくなる小説。
    幽霊とかのホラーではなく、ごく普通の日常に潜むホラー。

  • 芥川賞を受賞した時から、「2人称」の小説ということで話題になっていた。私もその点に惹かれ、文庫落ちした機会に購入。
    父の不倫相手で後に父と再婚する「あなた」について、当時三歳だった「わたし」が語る、という構成をとっている。

    一般的に三人称でつづられている物語は神の視点に立って書かれているため、記述されている内容は物語の中の「事実」であり、疑う必要はない。これを逆手にとって仕掛けを凝らし記述内容への信頼性を揺らがせるものもありはするが、それも前述した三人称への信頼性が前提にあるから成り立つものだ。
    一方で「読者」に対する「語り手」がいる場合、作中の出来事も「語り手」のフィルタを通じて読者に渡されている。素直な作品では「語り手」の内容を疑う必要はなく、そのためこういった語り手の(ひいては作者の)恣意性に注意を払うこともない。ただ「読者」の世界と作品世界を橋渡ししてくれる存在というだけだ。だが、私の好きな「信頼できない語り手」と呼ばれるジャンルでは、その名の通り「語り手」がこちらに手渡してくれた物語は果たして事実なのか、という大きな疑いを持たせる。
    この作品は「わたし」は存在しているものの内容はひたすら「あなた」について語ったもので、時に「あなた」の内心まで勝手に語っている。正直物語としては「あなた」を「わたし」という言葉に置き換えて一人称で綴っても内容はそれほど差はなく思える。では何故二人称を選んだのだろう。
    読者に当事者意識を持たせて作品世界に巻き込むとか複数の目的があったのことだと思うが、私は理由のひとつはこの「あなた」の人物造形にあるように思う。
    「書く」ということは一度自己の内部を見つめ直し、再構成することだ。私は子供の頃、映像作品がノベライズされた場合、一人称で語られているものは苦手だった。語られている筋が原作通りであっても違和感を覚えて落ち着かなかったが、多分それは映像作品では見られない、作中人物の内面に触れたような気がしたからだと思う。
    この作品の「あなた」はあまり物事を深く考えず、他人に興味が薄い、だからこそ場の空気に流されやすい。作中何度も強調される視力の悪さそのまま、物理的にだけではなく心理的にも「見えない」「見ない」人物だ。そんな彼女を描くにあたり、一人称は最もそぐわない。そんな風に内省する人物ではない。だからといって神の視点である三人称では、客観的にすぎて、この不穏な空気は生み出せなかっただろう。
    そしてこの話を「わたし」が語ったと考えると、本来分かるはずのない「あなた」の感情や行動を経験したかのように当たり前のように語るという、静かな異常性も浮かび上がってくる。最後の一行に象徴されるように、「わたし」にとって「わたし」と「あなた」はの境目そのものが曖昧になっているのかもしれない。そう考えると、これも「信頼できない語り手」の1ジャンルだなと思った。
    「あなた」とこちらに語りかけているように見せかけて、その実読者の感情移入を最初から拒否している作品なので、共感したとか何度も読み返したいとかいう感想は抱かなかった。ただこの人称の技巧には素直に感心させられた。他の作品ではどんな小説世界を見せてくれるのか楽しみだ。

  • 意匠を凝らしていると余程のモノでないと結構辛いですが、本作まさにそれ。
    何処か書き手が酔っている感じがするし、そもそも怖くないというか嫌だが目を逸らせない小説を読まされていると思えなかったなぁ。悪意がストーリーとしての悪意に昇華していないというんでしょうか?

  • 2017年5月14日に紹介されました!

  • 怖いというより不安になる。
    中盤で自己を飾り立て顕示する日々が、「透き通る」と形容されてたことに、それまで唯一まともに見えていた主人公の母も相当病んでる(自覚あるんだ)なと思いました。
    人を愛せないのは不幸だけれど、そんな人を愛してしまう人ほどは不幸ではないのかもしれない。
    他の二編も不安になる。ホラーは好きだけどエンタメ要素0なので、なんでお金払ってまでこんな嫌な気持ちにならなきゃならないの…てなる。

  • 芥川賞発表作品収録の「文藝春秋」で読む

  • 【図書館本】ホラー文学ということで、図書館に新刊で入ってきたことあり読んでみたが、僕のレベルが低いのかあまり理解できなかった。身の丈にあった本にしようっと。(^-^;

  • ううううううんんん。コンタクトああした位でそんなになるの?ホントに?3歳の子設定もなんだかいくら文学でもなんだかなあ…。7歳とかじゃだめだったんだろうか?

  • 16/06/02
    これはホラーなのだろうか。とりあえず痛い、、痛い痛い、、と顔をしかめて読んだ。

    ・その文章が、ほの暗い明るさをもってまたたくのがわかった。活字が親しげに微笑み、ひょいと片手をあげて挨拶したみたいだった。(P84 爪と目)

  • 久しぶりに、何のためでもなく、「ただ活字を読む」という欲のためだけに読み終えました。時間に追われているときに読む、良質な短篇はこの上ない至福ですが。ああ怖かった。
    帯の「史上最も怖い」という言葉は的を得ているからこそ、究極のネタバレというべきか、予感を促しすぎる意味で読者からすれば勿体無いような気もします。
    事実、悍ましいと感じる要素が沢山詰まっています。具体的な言葉で分析し始めようものなら自分の世界にピキッとひびが入ってしまいそうな感のある、人の奥底にある不気味な禁に触れてしまっている作品です。
    語ることの出来る要素で面白みを感じたのは、やはり「目」の役割です。解説にあった、動物の目の発達の過程の説明を含めて、考えさせられるところ、日頃考えることと繋がるところがありました。物事から恣意的に目を逸らせば、人はその物事を無かったことに出来て、ある種の独裁者になれるということ。でも、、、ということ。「目を閉じれば同じ」という言葉が出てくる宇多田ヒカルさんの歌をふと思い出しました。人は疲れてしまうと思考を停止して、目を閉じて、次に開く頃には状況が変わっていることを期待したりするものです。それは必ずしも現実逃避を示唆しているのではなくて、日常における睡眠も同じでしょう。でも、、、がいっぱいあります。自分の住んでいる世界に見たいものと見たくないものがあるということと、目が開いている限り物事を見続けなければならないこと、をどう理解すればよいのでしょう。自分で一生付き合って戦うしかないのでしょうけれど、戦うのに疲れてしまった人は他の存在を精神で殺してしまうのでしょう。私は目が見えることは尊いと思っていて失いたくありません。それでも、一見「できる」という良い機能に思われるものが、「できることをしない」という選択肢を危険を孕んでいるという事実は心に留めておくべきだと思っています。
    久しぶりに、心の向くままに目的もなく言葉を綴った気がします。少し気持ちが休まったのでこの辺りで。

  • 純文学というものはやはりよくわからない。表題作の爪と目は人称の使い方で特徴的だったけど、それだけだった。痛みを知らないような継母に対して最後に痛みを与えるみたいな終わり方。ホラーと評してあるが、怖さよりもわからなさの方が強かった。これも純文学だからか。その他2編もよくわからなかった。単純に言ってどれも面白くない。

  • 藤野さんはやっぱり怖い

  • 生活系ブロガーの描写がよかった…


    p37
    失ってもたいした痛手ではないものを残酷に奪われることを想像するのは、なんとなく楽しいものだ。


    p75
    あなたは、彼女たちの見せるものが、彼女たちの身を守る装備だということにまでは考えが及ばなかった。彼女たちが欲しいのは、傷ひとつない、ぴかぴかの体と心だ。あれらの記録は、彼女たちが懸命に貼り合わせてつくった特注品の体と心だ。

  • 2016/1/29読了
    めちゃくちゃ怖かった。主人公の3才の女の子の目線で語られているけど、その時は状況を理解できていなくて、爪を噛むっていう自傷行為が不安や不満が表れていて、生々しかった。
    爪と目はおもしろかったけど、他の話は何が言いたかったのかよく分からなかった。

  • キモっ!
    短いセンテンス、会話の少なさ、そして何と言っても人称の使い方でさらに不気味さを増す仕組みは面白かったっス。

  • 第149回芥川賞受賞作。
    『文学的ホラー』と言われていた。うーん、これがホラーかどうかはよく解らないが、カテゴライズするならばホラー以外に無いかな、とは思う。ただ、個人的には怖さより不気味さを強く感じた(特に登場人物の造形)。
    近年の芥川賞の中では『abさんご』に続いてトリッキーな作風だという印象。今、読んでいる『パトロネ』にも同じような雰囲気があるので、恐らくある種のトリッキーさが著者の持ち味なのかな。私は好きなタイプだ……。

  • 「『純文学ホラー』の確立を記念し」たとされる第149回芥川賞を受賞した表題作をはじめとする3作品が編まれた短編集。ホラーというよりか、恐怖を覚える前後に人間に生ずる狂気みたいなのを描いていて、それがとても怖い。人称の表現力にも目を見張る注目の作家だと思った。

  • 一気に読まないといけない本でした。想像を膨らませて読みました。

  • 単行本で読了済み。
    文庫の顔写真にもくらっとくる。

  • 芥川賞受賞作。あなたは◯◯だった。と二人称で書かれ、視点は幼い娘から義理の母へ注がれている。生みの母が死んで、父と不倫していた女が家庭に入ってくる。その心情やあれこれを、娘の二人称で読むのは、ぞわぞわした不安を掻き立てられる感じがあった。こわい違和感。
    文庫本の帯に「ホラー」って言葉で紹介があったけど、ホラーっていうより、日本語で「こわい」っていう感じがした。

  • 「爪と目」「しょう子さんが忘れていること」「ちびっこ広場」の三編。どれも、語られないことによる不安が不気味さを匂わせるお話。それをホラーというのならホラーなのかな…個人的には、ホラーといわれて予想するような恐怖はあまりなく、ちょっと拍子抜け。
    好きなのは「ちびっこ広場」。どれも女性らしい視点だけど、これは母親目線で特に共感できた。

  • 爪も眼は、人の体の一部なのに、まったく違った質感と性質を持っている。硬く、攻撃的な前者に、繊細で傷つきやすい後者、正に対極にあるような感じがする。この二つがうまくそれぞれの特徴を活かしたツールとして働き、今までにはない視点でプローブされた物語だと感じた。短い一文が、迫ってくる良表題作です。
    その他、しょう子さんが忘れていること、ちびっこ広場収録。

  • 単純なストーリーを難解に描くことで、価値を高めているだけのようにも思う。

    芥川賞受賞の表題作の他に『しょう子さんが忘れていること』、『ちびっこ広場』を収録。

    きっと、二度とこの作家の作品を読むことは無いと思う。

全30件中 1 - 25件を表示

爪と目 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

爪と目 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

爪と目 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

爪と目 (新潮文庫)の作品紹介

あるとき、母が死んだ。そして父は、あなたに再婚を申し出た。あなたはコンタクトレンズで目に傷をつくり訪れた眼科で父と出会ったのだ。わたしはあなたの目をこじあけて――三歳児の「わたし」が、父、喪った母、父の再婚相手をとりまく不穏な関係を語る。母はなぜ死に、継母はどういった運命を辿るのか……。独自の視点へのアプローチで、読み手を戦慄させる恐怖作(ホラー)。芥川賞受賞。

爪と目 (新潮文庫)はこんな本です

爪と目 (新潮文庫)のハードカバー

爪と目 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする