知的唯仏論: マンガから知の最前線まで-ブッダの思想を現代に問う (新潮文庫)

  • 52人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 新潮社 (2015年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101203218

知的唯仏論: マンガから知の最前線まで-ブッダの思想を現代に問う (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本来の仏教がいかに単独者向けであるか。
    老病死など根本苦の解消に共同体意識や家族愛が毛ほどの役にも立たぬことをブッダは見切っていた。

  • 文庫版で再読。前回は意外に軽い本だと思ったが今回は宮崎哲弥の考えが呉智英のおかげで分かりやすく提示されていて良い本だと思った。ニー仏の解説はちょっと遠慮してる?

全3件中 1 - 3件を表示

宮崎哲弥の作品

知的唯仏論: マンガから知の最前線まで-ブッダの思想を現代に問う (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知的唯仏論: マンガから知の最前線まで-ブッダの思想を現代に問う (新潮文庫)の作品紹介

仏教とは「釈迦の説いた思想」であり即ち「唯仏論」である――。仏教を高く評価する非信者、呉智英。仏教徒を自認するが宗派には属さない、宮崎哲弥。わが国を代表するふたりの論客が縦横無尽に語り合う。宗教とマンガ。日本仏教の特質。そして、輪廻とは、神秘体験とは、“私”とは、愛とは? ありきたりな通俗書では満足できないあなたに贈る知的興奮に満ちたセッション!

知的唯仏論: マンガから知の最前線まで-ブッダの思想を現代に問う (新潮文庫)はこんな本です

知的唯仏論: マンガから知の最前線まで-ブッダの思想を現代に問う (新潮文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする