絶叫城殺人事件 (新潮文庫)

  • 1834人登録
  • 3.46評価
    • (99)
    • (223)
    • (513)
    • (20)
    • (2)
  • 193レビュー
著者 : 有栖川有栖
  • 新潮社 (2004年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (417ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101204338

絶叫城殺人事件 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お気に入りは黒鳥亭殺人事件と月宮殿殺人事件。黒鳥亭は女の子との会話のやりとりが、月宮殿は建物の描写がとても綺麗で印象的。

  • 【気分転換シリーズ】

    火村英生の短編シリーズ。
    ①黒鳥亭殺人事件
    小さい子供が出てくる殺人事件はちょっと悲しい。ミステリとしてはいい出来。

    ②壺中案殺人事件
    トリックがそんなに面白くなかった。

    ③月宮殿殺人事件
    この話は好き。ホームレスのおっちゃんが建てた建物の描写がきれい。

    ④雪華楼殺人事件
    この話はいまいち。あんな謎解きはないだろう。偶然じゃん。

    ⑤紅雨荘殺人事件
    物語に入れず、建物のきれいなイメージも持てず。

    ⑥絶叫城殺人事件
    この短編集の中で一番派手な事件。警察の大規模な捜査や事件の魅力、「安易なゲーム批判」への批判、見ていて面白かった。ただ、本当の連続殺人犯への細かい描写がもっとほしかった。

  • まえから気になってた有栖川有栖。6つの建物で起きた殺人事件を火村と有栖が解決するミステリ。

    ホラー要素もあってこわいとこもあったけど短編なので読みやすかった。個人的に紅雨荘の話が好き。

  • 「絶叫城殺人事件」
    静かな作品が多かった中でこの作品が一番読みやすかった。 犯人も意外だったし。
    最後の被害者の気持ちを考えるとなんとも言えなくて深く考えさせられた。

  • 『黒鳥亭殺人事件』と『絶叫城殺人事件』のために星五つ。
    有栖川作品の特徴である寂寥感が色濃い短編集だと思う。

    『黒鳥亭殺人事件』では、終盤、真樹ちゃんの天使のように無垢な振る舞いと笑顔が胸を打つ。
    なんの自覚もないままに行ってしまったことだけど、将来成長して過去の自分の行いに気づいたとき、彼女はどうなるんだろう。子どもの無垢さというのは、雪のように綺麗で儚いものだなと思った。

    『絶叫城殺人事件』は有栖川作品の中でも一、二を争うほど好きな作品。
    まずは作中のゲーム『絶叫城』がすごく面白そう。久しぶりにゲームがしたいなと思ってしまった。
    この作品で印象的なのは、後半のアリスの激昂。火村のためにフィールドワークに同行し、静かな語り部に徹するアリスが、ここまで感情を荒ぶらせるのは珍しいことで、すごく印象的。

    『雪華楼殺人事件』は「こりゃないだろー」っていう仕掛けだけど、涼とみずえの若くも悲しい生活を描写する筆力に呑まれて、まんまと切ない気持ちになってしまった。

  • 学生アリスは全部読んでいるのだけれど、作家アリスはなぜかあまり手を出していない。「黒鳥亭」と「絶叫城」が好きだったかな。

  • 有栖川有栖に初めて出会った本。久しぶりに本を読んだ感じ、良かった。

  • 何となく物足りない感じ。面白かったし、決して中途半端な感じはしないんだけど、「面白くなってきたぞー」と感じ始めたところで結末が降ってきて、スパンっと打ち切られちゃう感じがして乗り切れなかったのが残念でした。
    「月宮殿殺人事件」が好みだったかな。
    浜さんの高さんへの思いや、サボテンを命の次に大切だと思うような高さんの亡くなった奥様への純粋な愛情とか、そーいうベタなものに感動してしまいました。
    そして、やっぱり「絶叫城殺人事件」...ドラマの時も思ったけど、やっぱり、この結末はやりきれないなー。

  • 短編集。作家アリスシリーズ12作目。
    「絶叫城殺人事件」
    女性ばかりが襲われ殺害される事件が続いた。
    被害者は口の中に何かが記された紙片を押し込まれていた。
    書かれていた文字は「NIGHT PROWLER」…夜、うろつく者。
    ゲーム・ソフト「絶叫城」に登場する怪物の名称である。
    「絶叫城」とは、昼間は絶叫城の秘密を探るために手がかりを求めて城内を調べ回る。
    夜になると、ナイト・プローラーからただひたすら逃げ回るゲーム。
    すべての手がかりを手に入れ絶叫城の謎を解くと、ナイト・プローラーは消滅する。
    次の瞬間、謎を解きナイト・プローラーを倒したプレーヤー自身が妄想と狂気の城を引き継ぎ、自らがナイト・プローラーとなるのだ。
    最後の犠牲者である大和田雪枝の部屋を警察とともに訪れる火村とアリス。
    かすかに残っていた鳥の匂いに気がついたアリスは、雪枝が鳥を飼っていたのでは?と考える。
    それをきっかけに、事件はまったく別の様相をみせ始める。
    なぜ雪枝は死ななくてはならなかったのか。
    そもそも、雪枝は殺されたのか。それとも…。
    犯人の動機が理解できない。
    アリスが言うように、空っぽの心には何でも入ってしまうのだろうか。
    善悪の区別も、命の尊さも、罪の意識も、何もない。
    何もわかっていない。わかろうともしない。
    かつて火村は「人を殺したい」と渇望したことがある。
    すべてをわかったうえで、それでも願望を抱いた火村。
    何もわからずに次々と人を殺していった犯人。
    火村と犯人の違いを考えると、尚いっそう火村の中が抱えている危うさに気持ちが向かってしまう。
    犯人の動機や犯人を取り巻く状況を考えると、けっして良い後味は残さない。
    それでも、読みごたえのある物語だった。

  • 作家アリスシリーズ#11

全193件中 1 - 10件を表示

有栖川有栖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有栖川 有栖
有栖川 有栖
有効な右矢印 無効な右矢印

絶叫城殺人事件 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

絶叫城殺人事件 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

絶叫城殺人事件 (新潮文庫)の単行本

絶叫城殺人事件 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする