特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ (新潮文庫)

  • 144人登録
  • 2.78評価
    • (1)
    • (3)
    • (8)
    • (3)
    • (3)
  • 13レビュー
  • 新潮社 (2016年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101204512

特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016.11.5読了。
    著者が縁のある人だったのと、特定の人としかうまく付き合えていないと感じ読んでみた。

    結局自分のプライドの高さや変な意識から自分の殻に閉じこもって、タイプが違うという人間に対しては冷淡になっているのかもしれないと思った。
    そしてそれを治していくには、自分への我の意識を弱め、他人を認めていくことこそが近道である。

  • 2017.11.24 75
    題名がいい。這ってでも飲みに行こうと思った。
    価値観の違いを埋めるための価値観が一致しているといい関係が続きやすくなる。
    感動と共感。
    ゆらぎ。歌舞伎。
    事実と感情。
    スキを見せる、ギャップ。
    体を動かす。
    ツンデレマインドコントロール
    自我ゆさぶり、自我崩壊、再凍結。
    どこがよかった?という質問
    ウインザー効果、第三者の評価。ユーモア、ジョーク。
    感情はコントロールできないが、言葉はコントロールできる。

  • 職場でもプライベートでも、
    とにかくギクシャクしやすい「人間関係」。

    しかし、相手への接し方やものの見方、日々のアクションを少し変えるだけで、人とのつながりを円滑にして人生を今の100倍楽しむことができます。

    「誰でも必ずできる、しかし誰もができていないこと」をコンセプトに、最新の心理学や脳科学のエッセンスを加えながら「心を温め直す」方法を説く全47のエピソード。

    **************************************

    このタイトルの長さ。
    B'zの「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない 」以来の衝撃。

    ほんでいざこの本を読んでみると、タイトル通り、結局自分の心が冷めておりました。。。

    とこの1冊でハッキリわかれば、こんな簡単な事はない。
    まぁ、冷めてるのも一理あると思う。
    でも、それだけじゃ。。。

    第1章 冷めた心に火を灯せ
    第2章 ゼロから信頼を築く
    第3章 人間関係で悩まない
    第4章 人を本気にさせてみろ
    第5章 打たれ強くなれ

    各章ごと、端的にわかりやすく書かれてて読みやすかった。
    ただ、章を進めるごとに、前の事を忘れていってしまうクセがあり。

    最後まで読んだ時に、一体何が書かれてあったのかが不明で。
    本を読むだけじゃ、もちろん何も変わる事はなく。

    まぁ、もう1回読み直して、自分に当てはまる項目から見直してみようかな。

  • なんだろう、ピンとこなさすぎて、途中で読むのをあきらめました。

  • 結局、自分がどこか冷めてるな、と思っていたから、この本を手にとったんだろう…。
    しかし読みつつも、冷めてるとしても、それ、べつにいけないことじゃないでしょ…、て思っていたんだけど、もう終盤ではああ、結局、自分の心は冷めていたんだな、と思った。
    巻末の参考文献も、おもしろそうだし、こんなにたくさん参考にしているんだ、と。
    たくさんの知識を、わかりやすく、読みやすく、紹介してくれている。
    なかなか、専門書とか文献なんて自分で読むの大変だもの。
    読み手にある程度の知識ありき、で話を進めるんじゃなくて、かみ砕いてくれている。おいていかないぞっていう親切心を感じた。

  • なるほどね、と思いつつ読んだけど、ちょっと文章が読み難くて頭に入り難い。結局、わたしの心が冷めているから?

  • 文章があんまりうまくない。言語学者が関わっているのに。内容はまあまあ。尤もなことしか書かれていない。
    でも、ここで書かれていることができていない人は、読んでも自分の問題と認識しないのでは…なんて思ってしまった。

    そこそこ参考になった。好奇心や想像力は大事。

  • 悪いことや都合の悪いことが起こると、誰かのせいにしたり、何かのせいにしたりする。それでは何の解決にもならない。結局自分が変わらないと何も始まらないのだ。

  •  一度読んだ本を忘れてもう一度読んでしまうのは、結局、書いてあった内容を全く覚えていないからだ。


     読み始めて、あれ?読んだことあるかも、と思ってブクログの本棚検索してみたら四年前に読んでた。

     うわぁ。

     というわけで、読み終わっても特に心に引っかかることがない。

     そんなことできればコミュ障は苦労しないっての、という内容である。

全13件中 1 - 10件を表示

五百田達成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平野 啓一郎
又吉 直樹
中村 文則
村田 沙耶香
エラ・フランシス...
木下 古栗
有効な右矢印 無効な右矢印

特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ (新潮文庫)の作品紹介

職場でもプライベートでも、とかくギクシャクしやすい「人間関係」。しかし、相手への接し方やものの見方、日々のアクションを少し変えるだけで、人とのつながりを円滑にして人生を今の100倍楽しむことができます。「誰でも必ずできる、しかし誰もができていないこと」をコンセプトに、最新の心理学や脳科学のエッセンスを加えながら「心を温め直す」方法を説く全47のエピソード。

特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする