それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)

  • 563人登録
  • 4.26評価
    • (53)
    • (35)
    • (15)
    • (2)
    • (2)
  • 42レビュー
著者 : 加藤陽子
  • 新潮社 (2016年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (497ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101204963

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
塩田 武士
アーノルド ベネ...
恩田 陸
宮下 奈都
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 我が国の現首相をはじめ政権与党議員の愚かさがよく理解出来る本。政治システムが機能不全となっている現在、懐古趣味の年寄りのポチに成り下がっている文科省の検定などやめて、本書を中学、高校の教科書に採用して欲しい。我が国の報道機関が取上げないため国内ではほとんど知られていないが、国際的に常識になりつつあるトランプの米国とその唯一の親友が率いる我が国の北朝鮮問題を契機とした世界的な孤立。そんなものに付き合わされたくないので、今回の総選挙では是非とも自民党を大敗させたいと思う。再読してさらに理解を深めたい。

  • 母が満州で生まれたこともあり、なぜ満州という国があったのか、なぜ日本は戦争をしたのか、なぜ人はそもそも戦争をするのか、とずっと疑問に思っていた。

    その答えを知ることができた(ような気がした)のは、今まで
    「NHKスペシャル 日本人はなぜ戦争へと向かったのか」「おじいちゃん戦争のことを教えて(中條高徳)」のふたつ。

    が、本書を読んだ上では、上の2つの情報はほんの一部でしかなかったことが分かる。

    NHKスペシャルでは、国民がマスコミに煽られて圧倒的に戦争を支持したのだ、とあった。しかし本書では、その国民がなぜ戦争を支持したのかを多角的に分析する ー 経済的な背景(国民の50%を超える農民の困窮)、選挙制度の問題(農民の意思が反映されない政治)、軍部の見立てと意図(ソ連攻防のための満州重視、軍隊を長期的に維持するために国民の支持の必要性、そのための選挙運動さながらの国民への満州の魅力アピール...)

    国民と経済と政治と軍部と世界の動きが、うねりを創るがごとく、戦争を生み出したのだという事実。

    私が幼い子供に満足な飯も与えられないような貧しい農家の主であったなら、やはり満州の侵略を支持しただろうか。

    1人の国民は、歴史に対して何をすることができるのだろう、と考え込んでしまう。

  • 著者は東京大学文学部、1930年代の外交、軍事を専門とする。


    国民の正当な要求を実現しうるシステムが機能不全に陥ると、国民に、本来見せてはならない夢を擬似的?見せることで国民の支持を獲得しようとする政治勢力が現れないとも限らない。著者は危惧する。



    南北戦争後のアメリカ、リンカーンの演説にも見られるように、膨大な戦死者が出たとき国家は新たな社会契約、すなわち広い意味での憲法が必要となる。それは日本国憲法制定の背景でもある。

    戦争の犠牲の大きさや総力戦という戦争の仕方それ自体が、戦争をしている国の社会を、内側から変容させざるを得ない。



    胡適の「日本切腹、中国介錯論」は初めて知った。
    胡適はすぐれた才能を蒋介石にかわれ、駐米国大使となった人で、1935年、「日本切腹、中国介錯論」を唱えた。

    中国に対して思うままにふるまう日本から中国をまもるには、米ソ両国と日本を戦わせるしかない。

    「アメリカとソビエトをこの問題に引き込むには、中国が日本との戦争をまずは正面から引き受けて、二、三年間、負け続けることだ」といったという。
    しかもこの時点で、太平洋戦争の流れを予言したかのように言い当てている。

    これには驚いた。
    胡適のような人材を登用する仕組みは、現在に至っても日本にはできていないように感じる。

  • 読もう読もうと思っていた本が文庫になっていたので購入。

    日清戦争から第二次世界大戦終戦まで約50年。高度成長から今まで位の時間で、制限選挙の制限度合いの変更であったり、世界恐慌や飢饉もあるなかでの政治について、中高生への講義。

    戦争というと構えてしまうけれど、政策の一つと考えると一大政策における首脳部の考え方と施策、そして国民への広報方法についての参考になる本。

    戦争が政治の延長なら、政治は国民の生活の延長で、生活は自身の安全保障とも捉えられるので、経済的な計算をせずに感情的なメリット・デメリットで捉えている国民も多かったようなのはBrexitとも同じ模様。

    失敗の本質的な意思決定についての話は少なめで、どちらかと言うと危機感から出てきている意思決定についてと、国民感情の醸成と言ってもいいような部分での話と、目的を決めたら突っ走れ的な高度成長期にも通じるお話。

    今も昔も中国はドイツと組むのだなとか、Windows、インターネット、スマホ、SNSのようなものが国民の意思決定に関係してきている以上、いろいろな国の社会秩序に影響を与えていると考えられるから、民主主義国家以外においてはルソーの言う戦争状態に当たるのでは?とか、政策のサンクコストは経済的なことだけでなく政策立案推進者の面子によるのであるなら、いかにしてそれを回避するべきかとか色々と考えさせられる内容だった。

    他界した切れ者の大叔父が陸軍士官学校出で、「金時計組は頭のレベルが違う」と言っていた。そのレベルの人間があのような施策なら、それをさせるのは信心的な思想であろうか。

  • 一方的に日本を断罪するのでもなく、ひたすら日本は悪くないというのでもなく、ある程度世界史の中で近代日本の戦争を読み解いている。よほどのことがない限り、一方的に戦争が起こることはなく、相手方にも事情や思惑がある。それを理解したうえでなお、日本がしでかしたマイナス面から目を背けないことは大切だとわかる本だと思う。

    あと、中高校生向けの講座の書籍化だからこそ、非常にわかりやすい。入門書としてこういう種類はありだと思った。

    「なぜ」とタイトルにあるが明確な答えはない。それは読み手が考えることなんでしょう。要再読。

  • 日清戦争以降の日本の戦争の歴史について、戦争にいたる国内社会や諸外国の事情などを説明した本。

    高校生むけの講義録ということで、専門家以外にも読みやすい。

  • 文庫版で再読。
    歴史の見方を学べる一冊。一般に思われている人物評価はある時点・ある一面で語られているが、別の視点で見てみることで違った一面が伺え、人物に深みが出てくるのが面白い。

  • それでも日本人は戰爭を選んだ 加藤陽子 朝日出版

    大学教授が高校と中学の学生に5日間の集中授業をする
    その記録が414ページに及ぶこの本である

    国定教科書を離れて明治以降の日本が歩んだ史実について理解する
    それは日記や記録から紡ぎ出されたリアリティーのある内容だ
    教科書のように政府や官僚の思惑など挟む余地のない
    その時の生の声を綴り合せて読み解く作業である

    学問は情報であるから多くの個人的な史実を拾い出して
    分け隔てなく広げ責任を持って分析した中で
    客観性を汲み取るものであるほど信頼できるし
    ワクワクと自主的に参加して学ぶ環境をつくることができる

    ともかくこの記録は嘘だらけの一般常識から抜け出し
    視野を広く歴史を見直すチャンスをくれる
    この授業に参加した者達だけでなく
    読む者にとっても素晴らしい内容である

  • 「おわりに」にあった、「戦争の実態を抉る問いが適切に設定されて」いる本が云々、というくだりが、本編の読後には尚更印象的だった。

    先生も本編中で仰っているように、日本人には自国に対する卑屈な歴史観があるようで、一連の「戦争」を無暗に自虐的に、もしくは矢鱈と美化して語りたがる傾向があるように思う。そしてそのことに関しては、やはり違和感を禁じ得ない。親の代から既に「戦争」を知らない、我々の世代にとっては特に。
    でも同時に、敗戦に向かって狂信的に突き進んでいく日本や、歪んだ思想を正義と信じて疑わなかったドイツなんかに退廃的なロマンチシズムを感じてしまうのも事実ではある。

    この矛盾を踏まえたうえで、じゃあどのように「戦争」を捉えて行けばいいのか? のヒント(答えではなく、あくまでヒント)をもらえた気がする。小説や映画ではなくドキュメントとして、もっと戦争に関する本を読んでみなければ、と考えさせられた。

    それから、「戦争の最終目的は何か」という、序章で書かれていた質疑を、読後改めて思い返した。寧ろ戦慄した、というべきかも知れない。
    憲法改正が本気で語られ始めた今、この時に、この本を読めて良かったと思う。

  • 是非若い方に読んでいただきたいです。
    何故あんな馬鹿げた戦争をしたんだ、と嘆くだけでなく、何故戦争することになったのか、を知ることは、今の状況の判断や未来を想像するときに役立ちます。もちろん、戦争だけではないんだけど。そもそも歴史を学ぶのは、そういう目的があるのだから。
    と言っても、自分も若い頃はそんなこと意識してなかったので、偉そうなことは言えないのだが。
    もっともっと知りたい。特に、幕末から終戦まで。

  • 歴史をどのような切り口で眺めるのか。様々な視点から様々な解釈が可能であることを教えてくれる本。限られた時間の講義を本におこしたものであるため、引用される史料・証跡の数も限られているから、必ずしも「なるほど!」という解釈が導出されるわけではなく、「ふーむ、そんなもんなんですかね」で終わる話もある。詳細な歴史年表を手元に置いて再読する必要あり。

  • 読みやすく分かりやすく面白い。勉強になった。

  • この本に出会えて感謝です。大変勉強になりました。
    当時も今も、日本は何にも変わっていないのだなと痛感。
    今こそ読むべき本。フラットな視座から知識を得、自分の頭で考え自分の意見を自分の言葉で話せるようになりたいと切実に思います。

  • 以前から読みたいと思っていたところ、書店で文庫版が出ていたため即購入。

    高校生への講義形式で書かれているため、比較的易しい内容かと予想していたが、間違いでした。高校生とは言え、進学校の歴史クラブ?相手の講義なので、学生のレベルが高い。知らない知識も盛りだくさん。

    戦争に至る周辺知識を含む情報が非常に分かりやすく纏まっており、どうしてこのような意思決定に至ったのかというプロセスが良く分かる。様々な視点から考える大切さを教えてくれる。

    本書は日本人なら知っておくべきことと思う。再読したい。

  • 久々に、小説じゃない本。戦争について、近現代史の専門家が中高生に向けて行った授業が本になったもの。すごく賢い中学・高校の、歴史クラブの人たちと行った授業だから、口語的ですごく優しいはずなのだが、それでもハイレベル!難しい!でも分かるところはすごくよく分かった。鳥肌が立った。どうしてこうなったか?このとき彼らはどう考えてたのか?それをあとの時代の人たちが総合的に判断するのってすごく難しい。私たちは歴史を生きているのに、歴史のことは一生わからないんだろうなあ。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    かつて、普通のよき日本人が「もう戦争しかない」と思った。
    世界最高の頭脳たちが「やむなし」と決断した。

    世界を絶望の淵に追いやりながら、戦争はきまじめともいうべき相貌をたたえて起こり続けた。

    その論理を直視できなければ、かたちを変えて戦争は起こり続ける。

    だからいま、高校生と考える戦争史講座。
    日清戦争から太平洋戦争まで。講義のなかで、戦争を生きる。

    【キーワード】
    文庫・高校生・日本史・戦争


    ++++1

  • 教科書でしか学んだことが無かった日本の近現代歴史、そしてそれ以上には学ぼうとしなかった。過去に読んだ本で興味が湧かず、また一方的過ぎる歴史観で疑問に感じていたこともあった。それがこの本で一掃された。多種多彩な資料、解説、人物紹介、手紙等の紹介、地政学的観点、質問回答表現等の文章形式を一部取り入れたりでわかりやすく、本の中に引き込まれていく。日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、満州事変、日中戦争、太平洋戦争へと突き進む日本の状況と世界との関係を初めて考えることが出来た。もう一度読み直してみようと思っている。

  • 日中米欧の浩瀚な情報には発見や驚きがあり、大変参考になる。

    しかし個人的にこれは歴史書とは言えないと思います。浅いです、内容が。理由は視点の一面性と情報の恣意性だと思います。
    特にWW1から太平洋戦争に至る議論に顕著です。

    基本的な話の流れは陸軍が中国への謀略を企て、英米との関係悪化を招いて開戦に至る、という流れです。
    陸軍は基本一貫して中国侵略の徒です。でも陸軍の全員がそうだったのか。違うでしょ?

    日中戦争で南京が陥落し、そこで出て来た休戦話が頓挫して反発したのは陸軍参謀本部だった。この時蒋介石がトラウトマンを介して行った停戦提案を蹴ったのは陸軍ではなく政治家の近衛です。同時に海相の米内も停戦に反対した。

    陸軍の東條は日米対立回避のために岩黒を対米交渉に送り込んだ。岩黒はその目的を果たして日米了解の諸条件を明確化した(それを潰したのが松岡であることを、松岡贔屓の著者は書かないが)。

    陸軍にも様々な人間がいた。海軍も政治家も官僚もしかりです。それら関係者の思惑が様々に絡み合い、しかし結果として戦争は起きた。それを丁寧に解きほぐすのが歴史を紐解く作業ではないですか?全般的に視点が一面的すぎて軽さしか感じない。

    この本の内容は部分的に著者と高校生との対話形式です。著者が質問し、生徒に考えさせる。そこまでは自然です。しかしその後に著者は言います「ではそろそろ答えを言いましょう…」。
    答えってなんですか?あるのは解釈だけでは?
    複雑に絡み合った歴史に明快な答えがあるとは、私には到底思えませんが。

  • 興味が続かず半分ほどで挫折.

  • 歴史のディテールを知ることで、当時の状況を知ることで、現在の状況を考える糧になる。高校生への特別授業という形で平易に解説してくれる。とはいえ中身が濃い。読んでよかった。2017.3.11

  • 2016年8月7日購入。
    2017年3月5日読了。

  • きさらぎの はつかの空の月ふかし まだ生きて子は たたかふらむか
     釈 迢空

     国文学者・民俗学者の折口信夫(釈迢空)は、太平洋戦争末期の1945年、最愛の養子春洋【はるみ】を硫黄島の激戦で失った。享年38。学問上の弟子であり、國學院大學教授として研究も脂ののった時期であった。

     掲出歌は、2月20日の夜の歌。月をしみじみ見上げながら、春洋はまだ「生きて」、必死に戦っているのだろうか、と祈るような思いを言語化している。
    けれどもすでに、硫黄島には米軍が上陸し、3月には日本軍の守備隊は全滅。多くの死傷者が出たことは、映画「硫黄島からの手紙」(クリント・イーストウッド監督)に詳しい。

     戦争による多数の死傷者・犠牲者を出してまで、なぜ日本は「戦争」を選んだのか。その問いに鋭く迫るのは、日本近現代史を専門とする加藤陽子である。

     加藤が中高生に行った5日間の集中講義の記録「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」は、最新の資料も盛り込み、国際社会における日本の選択の背景を丁寧に解説している。

     日清戦争、日露戦争、第1次世界大戦、満州事変、日中戦争、さらに太平洋戦争と、近代日本はまさに「戦争」という選択肢を軸に歴史を生きて来た。

     しかしながら、たとえば日露戦争ではロシア側が積極的で、日本はむしろ戦争から回避しようとしていたことが明かされ、たいへん興味深い。 

     2009年に単行本で上梓されたものが、昨年、文庫版で刊行となった。第9回小林秀雄賞受賞作。
    (2017年2月19日掲載)

  • 日本はなぜ植民地を?アメリカは?植民地経営の目的から考えた視点、説得力ある。加藤陽子の著書のなかではかなり分かりやすく、説得力ある。

  • 勉強になる。こういう事を、学校で教えるべきなんだよなぁ。こう言う歴史的背景を知らないと、いまの日本を取り巻く環境が理解できないと思う。これは非常に重要です。

全42件中 1 - 25件を表示

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)の作品紹介

膨大な犠牲と反省を残しながら、明治以来、四つの対外戦争を戦った日本。指導者、軍人、官僚、そして一般市民はそれぞれに国家の未来を思い、なお参戦やむなしの判断を下した。その論理を支えたものは何だったのか。鋭い質疑応答と縦横無尽に繰り出す史料が行き交う中高生への5日間の集中講義を通して、過去の戦争を現実の緊張感のなかで生き、考える日本近現代史。小林秀雄賞受賞。

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)のKindle版

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする