本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人 (新潮文庫)

  • 135人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (6)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 大塚ひかり
  • 新潮社 (2016年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101205168

本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とかく、昔はよかったと(特にお年寄りー読み手も含む笑)口にしてしまう人々に、著者は古典を解説しながら、そんなことはありませんと、解き明かす。
    『古事記』から始まり、『日本霊異記』『宇治拾遺物語』、果ては『枕草子』『源氏物語』まで、日本の古典を渉猟し、原文と現代語訳を並列してくれる。
    そして、育児放棄や児童人身売買、ストーカー殺人や動物虐待の話など、古典にも記されており、けっして現代だけの事件ではなく、いずれも昔からあった出来事で、昔のほうがむしろ残酷だったと、著者は明かす。
    それにしても、巻末に掲げられた主要参考文献の膨大さには、圧倒されてしまう。

  • 美術本は中野京子さん、古典本は大塚ひかりさんのを読むことにしよう。

  • ある程度、古典や歴史の狭間でうごめいているのは
    わかっていたけど、これだけの量で畳み込まれると、
    やっぱり昔って酷いこと沢山あったんだなぁと、
    現代に生きていることに感謝してしまう。

    生類憐みの令が実は、捨て子、捨て病人の禁止をも
    決めていたって知らなかったです。
    あぁ読みが足りなかったな。もっと勉強しなくちゃ。

  • 図書館で借りた。まぁ今も昔も日本はひどいということですね

  • 古典文学を、残虐性という面から抜き出して、昔の日本人の価値観や習慣が現代と比べていかにひどかったのかを記述した一冊。 ”昔は良かった”という論調に対して、”そんなことはない、昔の方が今よりずっとひどかった”という主張となっている。

    残虐性という性質上、なかなか学校では詳しく扱えないという事情からか、知らないことがたくさんあり、内容が新鮮で面白かった。本書内で著者も述べている通り、現代人のやった程度の事、思いつく限りの残虐な行為というものは、とっくの昔に誰かがやっているものである。

  • まあまあ、興味深い読書ではあった。
    自分は、教育勅語に代表されるような体制迎合優等生的な儒教道徳へのアンチテーゼとして読んだのだが。
    結果として、古典文学に日本人の残酷さが沢山見出されるんだなーと感心した。
    ただ、古典文学だけをワラント(こんきょ)にしたクレーム(主張)は、理論的には弱い。
    逆に、近現代の話です統計などを引用している部分は、実証的です面白い。
    コンセプト上上記のような弱点が不可避ではあろうけど、もう少し他の資料にあたるなりなんなり、根拠面を補強してもよかったのではないか。
    一々そんな文句をつけるのは野暮か?

  • もともと著者の作品は好きなのだけど、これは本当に読んで良かった。
    『あとがき』で、そうですね、とうなづくことができて、気持ちの良い読後感。
    日本の古典はすごいねえ……。

  • 生類憐みの令で、「捨て病人」が禁止されたと聞いてビックリ。じゃあそれまでって…
    ( ̄∀ ̄)
    古今東西、現代日本よりラリホーな地はない、ということで、明日も頑張ろう。
    軽い読み物の体裁を取っている割に、巻末の参考資料は古文・漢文に同種の文献・サイト、とすごく充実しています。

  • 人間のモラルは、時代が進むにつれて、良い方に進歩していくと。どこかで聞いたことがあるけども……。
    たかだか1500年ぽっちでは、人間の良しあしなぞ、変わらないのでは……とさせられた一冊。
    古典の入門としても最適か。

  • 言われてみればその通りだが、ちゃんと言われないと認識できないもの。読んでてもそりゃそうだ。となって納得感がある。昔話を現代語のニュースで報じたような分析があって面白い。こうやってキチンと分析してもらわないと、虐待やハラスメントを素通りして古典を読んでる自分達が、日本文化の集大成であるなら恐ろしい。

全14件中 1 - 10件を表示

大塚ひかりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パオロ・マッツァ...
宮下 奈都
エラ・フランシス...
三浦 しをん
リンダ グラット...
みうら じゅん
有効な右矢印 無効な右矢印

本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人 (新潮文庫)の作品紹介

昔の日本では、子供は健やかに育てられ、家族は愛に満ちていた……なんて大嘘。『古事記』や『枕草子』『源氏物語』『宇治拾遺物語』をひもとけば、育児放棄や児童人身売買、マタハラに介護地獄、ストーカー殺人から動物虐待まで、現代に負けない残虐悲惨な話だらけ! しかし、それでも逞しくて人間味あふれる日本人の姿を、日本文学の古典から読み解く文芸ワイドショー。

本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人 (新潮文庫)はこんな本です

本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする