悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)

  • 378人登録
  • 3.71評価
    • (20)
    • (46)
    • (35)
    • (7)
    • (1)
  • 59レビュー
著者 : 万城目学
  • 新潮社 (2016年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101206615

悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルや装丁にある西遊記より、三国志や司馬遷の話のほうが、私は好きだ。

  • 西遊記や三国志、史記など中国の古典の登場人物を取り上げた短編集。
    それぞれの物語の一場面を切り取って描いている。
    話としてはソツなくまとまっている感じ。文章はとてもまじめ。いつもの万城目さん節はないのでそれを期待していると肩透かしを食う。

  • 中国古典から切り取られた5つの短編。万城目作品だけど、いつものおかしみとはちょっと味わいが違って、湿度のある憂いを感じる。
    「西遊記」を思い出そうとすると、昔読んだ絵本の絵と、『最遊記』の漫画とアニメ両方に、香取慎吾のドラマ版の映像がぐるぐるする。
    なので『悟浄出立』は表紙絵があってありがたかったです。脳内再生の補正が楽だった。(20170219)

  • 泣けた。
    中国史さっぱりわからないし、真・三国無双しかわからないし、でも泣けた。

    虞美人の話と司馬遷の話がいいなと思った。
    あとは、諸葛孔明に惚れそうになった。

    で、つられて中島敦を読んでみようと思いました。

  • 短編集
    中島敦も読まなきゃ
    いろんな方法で人は戦う

  • 物語の登場人物のその後を想像することはままある。でも本作ほど掘り下げてられていると、只々凄いと感心してしまった。遊び心なんだろうけど、そんな万城目さんがますます好きになりました。
    あらすじ(背表紙より)
    おまえを主人公にしてやろうか! これこそ、万城目学がずっと描きたかった物語――。勇猛な悟空や向こう見ずの八戒の陰に隠れ、力なき傍観者となり果てた身を恥じる悟浄。ともに妖魔に捕えられた日、悟浄は「何も行動せず、何も発言せず」の自分を打ち破るかのように、長らく抱いてきた疑問を八戒に投げかけた……。中国古典の世界を縦横無尽に跳び、人生で最も強烈な“一瞬”を照らす五編。

  • 中国の話をもとにした小説。著者の解説もよい。wikipediaを使いながら読んだ。中島敦を読みたくなった。

  • だれか、編集者。

    中島敦「悟浄歎異」「悟浄出世」の続編アンソロジーを出してくれないか?

    万城目学版は充分面白かったし、納得できる出来だった。

  • マキメマナブ氏の本は当たり外れが大きいが、この本は私には当たり、であった。
    三国志や史記、西遊記をもとにした創作であり、全体としておもしろく読んだが、なかでも虞姫寂静、父司馬遷が個人的にお気に入りのエピソードである。己の正道とでもいうべきものを、絶望の中でも貫いた登場人物に心打たれたからである。

  • さごじょーが主役の話?ん?と読み進むうち中国文学の奥深さにどんどん引き込まれてゆきまする。
    ちょっとがんばって三国志とか手に取ってみよかいなーと思った一冊

全59件中 1 - 10件を表示

万城目学の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)の作品紹介

おまえを主人公にしてやろうか! これこそ、万城目学がずっと描きたかった物語――。勇猛な悟空や向こう見ずの八戒の陰に隠れ、力なき傍観者となり果てた身を恥じる悟浄。ともに妖魔に捕えられた日、悟浄は「何も行動せず、何も発言せず」の自分を打ち破るかのように、長らく抱いてきた疑問を八戒に投げかけた……。中国古典の世界を縦横無尽に跳び、人生で最も強烈な“一瞬”を照らす五編。

悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)のKindle版

ツイートする