凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉 (新潮文庫)

  • 969人登録
  • 3.60評価
    • (85)
    • (164)
    • (227)
    • (19)
    • (6)
  • 158レビュー
著者 : 北森鴻
  • 新潮社 (2003年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101207216

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりに再読。
    やはり読み応えあって楽しい。
    北森鴻はもっと評価されてもいいと思うんだけどな。

  • スタッフS 

    異端で美貌の民俗学者、蓮丈那智と助手の内藤三國が、フィールドワーク先で事件に巻き込まれる、民俗学ミステリーシリーズ。
    しっかり盛り込まれた専門的な事柄も、さりげなく解説されるので、気軽に楽しめます。(私はこの影響で、考古学にちょっとはまりました)
    なお、最後の巻は、作者が途中で急逝したので、別の作家が完成させています。


    資料ID:C0024704
    配架場所:本館2F文庫書架

  • 再読。最初に読んだのは単行本で10年以上前だったはず。
    改めて読んでも民俗学ネタの充実ぶりと民俗学的謎と現実の事件の絡め方が絶妙で、全く色褪せない作品です。
    似たような趣向の作品に化野燐氏の考古学探偵シリーズがありますが、深さ、上手さでは当シリーズの方が一歩も二歩も上かな。

  • んー。
    冬狐堂シリーズが好きなので、似た雰囲気の作品なのかなと思ってたけど、違う。

    本作は蓮丈那智シリーズの予告編って感じですかね。話が淡々としてる。少し期待ハズレ…。でも、これから凄いことが起こるみたいな事をチラつかせられたら、このシリーズ読みたくなるのは自然の摂理(?)!ズルいッ!が、憎めない…。

    民俗学がテーマ。日本史も絡んでくるので、歴史に興味があれば嬉しい内容。
    私はもっと内容を濃く、長くしてもらえたら文句ナシです!長編が読みたいー。
    キャラがあまり好きじゃないのも、この作品に馴染めない理由の一つ。那智の冷たい視線がこちらにも伝わってきてるのか⁉恐ろしい人です。

    民俗学には人間の傲慢が絡む事件が似合いますね。不謹慎なことを言うようですが。

  • あまり文句をつけることのできない面白さ。筆者の民俗学の知識がいかんなく発揮され読者を魅了していく。単純にページを重ねていくだけならば、もっと資料からの引用を増やせばいいのだろうが、その按配を適度にしてスープとしてのダシの濃さより料理としての完成度を高められている。ラストの解説にかかれてあるとおり、基本的な構成を踏襲しているせいか、非常に話がわかりやすく、単純に民俗学やミステリーを愉しむことが可能なつくりとなっている。
    ただただ、知的要求をどんどん満たされてしまう一冊。
    本書の参考文献を紐解きたくなるそんな風に感じてしまった。

  • ◆ お風呂でミステリ ◆ 第十八回

    ・・・ 第十八回 「蓮丈那智シリーズ」 ・・・

    北森鴻はいうまでもなく短編の名手だったが、私がいないと一番好きなのは「凶笑面」からはじまる孤高の民族学者、蓮丈那智シリーズである。
    30代にして大学教授……、素晴らしい美貌と冷徹な思考……、その美貌に目がくらんで酔いつぶそうとかかるじじいどもをことごとくなぎ倒す圧倒的な酒量をほこり、わけわからない謎を明解に解き明かしていく、という、変わり者の名探偵のなかでもこれは……と思うようなご人である。
    学生の試験に出す問題が、たとえば、ある半島の祭りがそこだけ独特な理由を考察せよ、みたいな、アンチョコ効かねー!
    だったりね。
    こういう話題が嫌いじゃないなら、たぶん面白いよ。
    頭に血が通う気がするよ。

    2017年10月10日

  • 民俗学?縁もゆかりも興味もないなあ。何やらアプローチの仕方も難しいし。分析力と想像力が物を言う?でも、美貌でクールな切れる助教授・那智の女王様キャラが素敵。そして下僕のような内藤君に和む。フィールドワークの行く先々で、まるでコナン君のように必ず死人が出るって(笑)

  • 北森鴻、2000年発表の短編小説集。民俗学に題材をとったミステリー作品集。

    大学の民俗学助教授(30代?独身、中性的美人とのことで男を寄せ付けないクールな女性)が主人公。男性助手の視点で描かれ、民俗学のフィールドワーク中に殺人事件に巻き込まれ・・・というお話し。短編であるしミステリーとしてはあっさりとしたものですが、民俗学の虚実取り混ぜた蘊蓄が実に興味深いです。

  • 民俗学ミステリー。
    無知なばかりに、分かりづらい箇所もありましたが
    こんな解釈の仕方もあるのか、と面白く読ませてもらえました。

    蓮丈と内藤コンビの立ち位置が、在り来たりと言えば在り来たりなのだけれども、それがまた安心して読めるキャラ設定だなと。

    何より表紙のイラストのインパクトがかなりデカい。
    一回見たら忘れられない。素敵。

  • 現代日本で最も凛々しく美しく、頭のきれる女性研究者だろう。三國の苦労する姿も狐目の教務課も女旗師も、それぞれのキャラクターが立体的で好ましく思う。

全158件中 1 - 10件を表示

北森鴻の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉 (新潮文庫)はこんな本です

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉 (新潮文庫)の単行本

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする