写楽・考―蓮丈那智フィールドファイル〈3〉 (新潮文庫)

  • 605人登録
  • 3.66評価
    • (45)
    • (84)
    • (117)
    • (7)
    • (0)
  • 75レビュー
著者 : 北森鴻
  • 新潮社 (2008年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101207230

写楽・考―蓮丈那智フィールドファイル〈3〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 俄然面白くなってきた!続き読みたいのに~~!!!って思ったら出てた!さっそく予約!!!

  • いろいろなつながりの見えてくる刊。
    もう続きが読めないというのが悲しいですね。

  • 表紙はオドロオドロしいし、各話のタイトルも同様の民俗学ミステリーなのだけど、読んでる感じは割と爽やかというかスッキリ読めてオススメ。

    殺人事件が起こりそれを民俗学の知識と推測を用いて解決するという推理物ではあるけども、殺人事件そのものよりも触媒となる民俗学の知識や推論、仮説の方がとても面白い。
    「写楽•考」などは都市伝説みたいなオチ。(こういうの好きです。)
    この感じは、、ダヴィンチコードに似てるなぁ。(と、解説を読む前に思いました。)

  • 蓮杖那智シリーズ:第3弾
    「憑代忌」「湖底祀」「棄神祭」「写楽・考」の
    4篇の連絡短編集です。
    今回もいつものごとくミクニ・・・の一言で無抵抗に
    奴隷と化してしまったが、那智先生との絡みは少な目で
    ちょっと残念だったけど、内容的には面白かったです。
    何が正解かわからない世界で、どういうアプローチから
    新説が導き出されるのかワクワクします。
    封印されるべき記憶は、同時に記録されるべき記憶
    なるほどぉ~

  • ちょうど御柱祭と同時期に読んだので妙に面白さ倍増。相変わらず短かすぎてモヤモヤするが、前2冊にくらべて読み応えは出てきた。フェルメールの話はかなり見え見えすぎてナニだったが、狐2人のキャラが良い。

  • 短編集
    『憑代忌ヨリシロキ』
    『湖底祀ミナソコノマツリ』
    『棄神祭キジンサイ』
    『写楽・考シャラク・コウ』

  • 憑代忌
    ミクニのヒロイン度がますますあがってるw
    肝心の事件の方は、まあ、ありがちな動機ではありますが、あまり突飛なのより、こっちの方が良いかも。

    湖底祀
    鳥居の話。
    うーん。なんかあまりいい感じしなかった。
    こじつけ臭がする。
    ミクニまたしても不幸w

    棄神祭
    殺されるための神。 って発送はすごく良かったけど、メインの事件の方が面白かった。

    写楽・考
    こーれーはー。
    私はこのパターンが嫌いなので、長かった割につまらんかった。
    って感想しかない。
    最後の結論が激しく蛇足。

  • 那智シリーズの短編連作
    新しい助手も増えて、キツネ目の事務方まで仲間みたくなって、なんだか賑やか
    ちょっとだけ冬狐堂もでてくる

  • シリーズ3冊目。さてこの後どうしよう。『邪馬台』再読か、他か。

    それにしても民俗学という分野をもっと知っておけば、触れておけばよかった。こんなにも面白そうなのに。
    でも自分だったら、いつでも不可しかもらえなさそうだなーw

  • 20140906 シリーズ物なので約束のパターンがあるが今回は変化している。一度主役が消えるパターンというのは有りなのか?次がどうなるか。

全75件中 1 - 10件を表示

北森鴻の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

写楽・考―蓮丈那智フィールドファイル〈3〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

写楽・考―蓮丈那智フィールドファイル〈3〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

写楽・考―蓮丈那智フィールドファイル〈3〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

写楽・考―蓮丈那智フィールドファイル〈3〉 (新潮文庫)の単行本

写楽・考―蓮丈那智フィールドファイル〈3〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする