薬屋のタバサ (新潮文庫)

  • 107人登録
  • 2.63評価
    • (0)
    • (3)
    • (7)
    • (3)
    • (3)
  • 9レビュー
著者 : 東直子
  • 新潮社 (2017年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101209814

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

薬屋のタバサ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 途方に暮れ、ただ呆然と佇む。
    なんとも言えぬ不快感が拭っても拭っても落ちない。

  • 全てを捨てて知らない町の古びた薬屋に辿り着いた山崎由実。謎めいた店主の平山タバサと町の住人。孤独の本質を問う長編小説。
    例えれば小川洋子作品のような、不思議な世界観のお話。モヤモヤ感とふわふわ感が同居しながらも、チクッとした痛みを所々で与えてくる。

  • 全体的に靄のかかっているようなぼんやりした不気味さをまとっていて、よく分からない小説だった。

  • まぼろしのような、ずーっと夢のような、中身は最低限の具体物であとは全部抽象で描かれていて、だけど飲み込める。
    わたしはこういうお話が好きなほうなので、今後も胸に抱えて行きたいくらいですが、苦手な人は苦手かな。まあ、本はだいたいそういうものだけど。

    とにかく、気温の低い日とか、雨の日とか、そういう日に読みたい本です。静かで、低温で、横たわっているような。

  • 池、もしくは沼のような小説。ジャンルもミステリなのかファンタジなのか、はたまたホラーなのか判別不能。終始、謎めいた作品でした。
    あらすじ(背表紙より)
    平穏な時間。それ以外に欲しいものなんて何もない―。山崎由実はすべてを捨てて家を飛び出し、知らない町の古びた薬屋に辿り着いた。店主の平山タバサは、由実を薬局の手伝いと家事全般の担い手として住み込みで雇ってくれた。見ず知らずのわたしを、なぜ…。謎めいたタバサの本心はわからぬままだが、由実は次第に新しい生活に慣れてゆく。誰しもがもつ孤独をたおやかに包み込む長編小説。

  • 完全にタイトルと装丁買い。

    最初は私が誰で、タバサの性別もいまいちわからず…。
    なんだろう。少しずつ主人公の氏名がわかり、なんだかとらえどころのない、夢のような日々が描かれている。幻なのか現実なのか…境界線を行ったり来たりしているような感じ。

    そして、ラスト。
    これまでぼんやりゆっくり物語の時が流れていたのに、展開(?)が一気に早まったような気がして、ついていけずに終わってしまった。

    私とタバサの過ごした時間は夢だったのか、現実だったのか…。

  • タバサという名は、「奥様は魔女」というドラマに出てくる娘の役名(男なのに)を母がつけ、薬屋の看板までも変えてしまった、とエピソードを語るくだりが、冒頭ある。
    それを暗示するかのように、主人公の周辺で不穏で不気味な出来事が起こる。いつの間にか何処かへ連れて行かれてしまう不思議な読後感。

  • 特に最後、迷子になる

  • タバサと聞いて即座に「奥様は魔女」と気づく年代であるがゆえに、タバサ=女の子、と思い込みで読み始めてしまって失敗。おっさんか。作者にその意図があったかどうかはわからないけど(数ページ性別は明かされない)(でも全裸シーン序盤であるのに性別わかる描写をしないのはやはり意図的なのか)脳内修正にとても苦労しました。

    客観的に見てタバサというキャラクターはそれなりに魅力的なはずだし(薬局だから白衣、誰にでも敬語、無機質で生臭さがない、常に温厚で声を荒げたりしない、家族を失い天涯孤独、わけありっぽい)、なにやらワケアリでやはりけして若くもないらしい主人公女性がそんなタバサに拾われ、薬局で働くうちに彼に惹かれていく・・・というベタな展開も想定内ながら自然な流れのはずなのに、なぜかしら、全然タバサを好きになれない。主人公にも共感できない。感情をあらわにしないタバサが突然バスルームに主人公を引っ張り込むところも違和感しかなかったし、大変露骨で恐縮ですが、後半二人がセックスする場面もとても不愉快で、気持ち悪い、という感情のほうが自分の中で勝ってしまった。無味無臭の無機質な世界にいたのに、急に生臭い他人の体臭を嗅がされたような気分とでもいうか。

    主人公が迷い込んだ、タバサの住む町はおそらく生者と死者の境界のような場所で、死んでからあの世へ行くまでの溜まり場のような場所なのか、あるいは死者が生まれ変わりを待つ場所なのか、それでいてそこに居つく人も出産する人もいるからよくわからないけど、まあそういう世界観自体はとても好きなのだけど。

    東直子の作品は最初の「水銀灯が消えるまで」と「とりつくしま」までは好きだったけど、どうもそれ以降は主人公の幼稚さに苛立って好きになれないことが多く、今回も、実は子供を二人捨ててきた母親である主人公が、中途半端な好奇心を発揮したり、少女じみた言動をすることに常に潜在的にイライラしながら読んでいたのだと思う。自己憐憫の強いタイプには気持ちが寄り添えない。結果、世界観や設定は好きだけどキャラクターを好きになれない小説は、作品としても好きになれない、とわかりました。

全9件中 1 - 9件を表示

薬屋のタバサ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

薬屋のタバサ (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

薬屋のタバサ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

薬屋のタバサ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

薬屋のタバサ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

薬屋のタバサ (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする