研ぎ師太吉 (新潮文庫)

  • 165人登録
  • 3.19評価
    • (4)
    • (17)
    • (38)
    • (8)
    • (2)
  • 20レビュー
著者 : 山本一力
  • 新潮社 (2010年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (363ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101213446

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山本 一力
有効な右矢印 無効な右矢印

研ぎ師太吉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 花のお江戸の殺人事件サスペンスというか
    捕物帳みたいな感じなのだけど
    そこは岡っ引きが主役ではなく
    凄腕職人、研ぎ師の太吉さん。
    最初、んん??ってなったけども
    読み進めていくにつれ
    太吉の人間味というか人の良さと
    みんなから愛されてるのね!という感じ。
    たまたま依頼で研いだ包丁からの謎解きサスペンス。
    まぁとにもかくにも御無事でなにより、かおりさん。
    なんか後半というか最後の犯人自白までの中だるみというか
    太吉の姿がストーリーから消えた感じなのだけど…
    そこは主役出して!と声を大にして言いたい。
    まぁ話としては面白かった。
    他の職人の皆さんも良かった。

  • 殺人事件の犯人を捜し、主人公に包丁の研ぎを依頼した女性の濡れ衣を晴らす話なのですが主人公は走り回ってばかりで推理をしたのは鍛冶職人。犯人を追い詰める役も奉行所絡みの人々や主人公と付き合いのある元締めの配下で主人公の影の薄いこと。
    後半も呆気なく、主人公の気持ちや彼の周りの女性陣の恋心の行方は置いてきぼりで終わってしまいました…。

    しかし人情味に溢れた登場人物と江戸の生活が目に見えるようで、このあたりは面白く読めました。肝心の話の筋立てが物足りなく感じてしまったのは残念です。

  • L

    刃物研ぎを生業とする太吉が昔と現在の人の関わりから、とある殺人の容疑をかけられた娘を救う話。
    太吉の実直な性格からいろんな人が助けてくれる。それぞれの生業の解説にもページを割いて事情が詳しくわかりやすい。が、犯人は安易で裏がなかったし、結局役人による拷問による自白だし、関わった人が多かった割にあっけない幕切れ。太吉自身の活躍はあまりなく、全て太吉を育てた師匠のおかげ?でなるようになった感が。 とはいえ、地味な硬さが非常に心地いい読み応え。

  • 一徹な職人気質の研ぎ師が主人公のサスペンス。人情味溢れた下町の温かさが心地よい。場面説明が冗長。かおりが関わりの浅い太吉をのみ頼る結びつきが釈然としないが、さらっと楽しめる小説。2015.10.31

  • 職人達の生活のくだりが素晴らしい。
    主人公が江戸の街を歩き回るところも、新しい感覚だった。
    物語のラストは2時間サスペンスみたいで、正直、何かが足りなかった。
    年齢層高めの火サス好きの人にはいいかもしれない。

  • 山本一力らしい作品であった。出てくる人が皆人格者過ぎるところが、都合が良すぎるが人情物のご愛嬌か。推理仕立てになっているところがちょっと珍しいが、推理自体はあまり目新しくも無く、そこへいたる道筋で出てくる人物たちがいい感じ。ただし、太吉の後日談をきっちり描くか、続編を出してほしい。

  • 2013/04/30コルツアーの友に

  • やっぱり山本一力作品は素晴らしい。江戸の人情が溢れていて、真っ直ぐな人間が是とされ、その人情に包まれる様が温かい気持ちにさせてくれる。言葉の選択も好き。今回出て来た同心の長田さんは、これまた私の大好きな長谷川平蔵(鬼平)にキャラが似ていてのめり込みたい放題。現代に戻る為に、東野圭吾作品あたりを読まないと、「がってんでさー!」など口走りそうで怖いわ。

  • 出てくる人出てくる人が揃いも揃って名人、人格者。
    かおりが何故太吉のことをしったのかも謎のまま。
    太吉がおすみを選んだのかもわけがわからない。

  • 太吉の恋はどうなるんでぃ!

  • 山本一力先生のお仕事シリーズです!
    相変わらず実直に仕事する人物を描いていますが、いつもと趣向が異なるのは、推理小説仕立てになっています
    面白いのは、最後の解明する手立てが「拷問」っていうのが意表を突かれてしまいました

  • 粋や人情を書かせると滅法巧いが、肝心のストーリー展開が中途半端なところで飛びまくり、最後は「なんとなく」終わるというパターンで、消化不良。
    最初の頃はこんな感じではなく、ちゃんと大団円まで持って行っていたのに。

    江戸の粋を味わいたくて読んでしまうのだけど、ストーリーテラーとしての力は今ひとつ。
    その粋なところも今作では大盤振る舞いで、食傷気味でした。

  • 後半ちょっとグダグダしていたような気がする。
    拷問シーン長いな〜

    推理モノというは人情モノというほうがしっくりくる。

    太吉は誰を嫁にするのか少し気になります。

  • 江戸深川の十兵衛店に住む研ぎ師太吉を巡る人情話&謎解きミステリー。
    以前は、武家屋敷で刀研ぎまでやっていた腕の良い研ぎ師の太吉だが、今は長屋住まいで料亭や一膳飯屋、魚屋や青菜の問屋の包丁研ぎを生業にしている。仕事への真摯な情熱と確かな腕前で、大川の東西で名の知れた研ぎ師だ。
    そんな太吉が、飯屋の親娘のトラブルに巻き込まれ、結局は殺しの真犯人捜しに奔走することに…。

    相変わらず、山本の話に登場する江戸下町の町人たちは活き活きして人が良くて義理人情に厚くて、みんな素敵だ。それと情景や人物の心情が、まるで自分がその場にいて一緒に行動しているように、スコーンと伝わってくる。
    ただ、今まで読んだ山本の作品と比べると、オヤジの琴線への触れ方がちょっと弱かったかな。なぜだろう。太吉があまりに善人過ぎる??

  • 江戸深川の長屋に住む、研ぎ師の太吉
    突然訪ねてきた若い女が、父親の形見だという包丁を持ち込んできた。
    後日、その娘が殺人の疑いで拘束されたという。
    疑いを晴らすため、太吉が奔走する

    毎度おなじみ江戸人情。
    男気のある主人公、それを支える粋な男たち。
    安定感はあるけれど、もう飽きた感じだなぁ

  • -10/22、まあまあ、涙はなし。

  • いつもの山本作品。
    男気のある主人公、それを支える粋な男たち。
    読み易さは相変わらずだが、いまいちのめり込めない感がある。

  • 正直でまじめな研ぎ師の太吉さん
    天然記念物のような人です
    今の日本に彼のような人は残っているのでしょうか

    尊敬するタイプの一人ではあります

  • 9/28-9/29
    たぶん駄作だ。
    研ぎ師太吉と殺人事件を
    強引に結び付ける発想が理解できない。
    研ぎ師として、
    その道を追求する物語にしたら
    良かったのに。

    さらに、
    犯人とおぼしき男を、
    強引に拷問に仕掛けるなんて
    当時の奉行所はしなかったのでは?
    そのストーリーの無理さ加減に
    作者の浅慮が垣間見える。
    彼は良くメディアに江戸時代の薀蓄を
    これ見よがしに話しているけど、
    どうなの?

    言い過ぎたかな。

全20件中 1 - 20件を表示

研ぎ師太吉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

研ぎ師太吉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

研ぎ師太吉 (新潮文庫)の作品紹介

深川黒江町の長屋で、刃物の研ぎを生業とする太吉、ひとり者。ある夏の日、裏店にひとりの若い女が訪ねて来る。料理人だった父親の形見である出刃庖丁を、供養として研いでほしいという。快く引き受けた太吉に、かおりと名乗るその娘は、妙なことを口走る。「おとっつあんは、殺されたんです」-。一本の庖丁が暴いていく、切ない事件の真相とは。切れ味抜群の深川人情推理帖。

研ぎ師太吉 (新潮文庫)はこんな本です

研ぎ師太吉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする