薬指の標本 (新潮文庫)

  • 7248人登録
  • 3.66評価
    • (772)
    • (962)
    • (1598)
    • (145)
    • (24)
  • 1048レビュー
著者 : 小川洋子
  • 新潮社 (1997年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101215211

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

薬指の標本 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 小川洋子さんってこういう話うまいなー

  • 最近大好きな小川さん。
    おそらくこちらの薬指の標本が人気が高いのかな?
    密やかな結晶の余韻が残ったまま読んでみる。
    ゆっくりと狂気がまとわりつく様な空気感は小川さんらしい。
    自ら進んで、望んで生け贄になるような苦しさを感じながらも納得しているところがなんとも言えない。

    もうひとつの語り小部屋。
    おばあさんと息子はどんな風に生計を立てているのか、世捨て人の様な生活で社会性はあるのかなどなど そっちが気になってしまいました。

  • 再読。おそらく。

  • 標本室がどんな所なのか、想像しながら読んだ。奇妙な空間と登場人物に、怪しげな雰囲気が漂う。登場人物の過去と、その後の生き方がとても気になる。

  • 2編の短編のうち、表題作の『薬指の標本』が特に良かった。静かな文章のなかに潜むどこかほの暗い雰囲気にはまりこんでしまったら抜け出すのが難しい。登場人物の見た目が曖昧なところもよかった。

  • 薬指の標本:男に憎しみを抱かせ、女の受容欲求に絶望させる筆力に脱帽。
    六角家の小部屋:自分と向き合う厳しさ。胸に秘める困難さ。

  • 2編収録。喩えるなら、仄暗くなってきた梅雨の午後、かな。少しぐらい不思議な事が起きても何故か受け入れてしまいそうな。

  • とても静かなエロス

  • いや、わたし小川洋子すきなんだなって思いました。独特の世界観に惹きこまれる感じ。薄暗いような、朝焼けの眩しさのような。ニジュウマル。なんと伝えたらいいかわからないけど、一般的なしあわせのイメージとは少し違うしあわせのカタチを読んだ感じ。

  • 静かな音が聞こえてくるようだった。内容が、というより雰囲気が印象的で、癖になる。冬にまた読みたくなりそう。

  • 読んでると心許なくなる。
    この先どうなるんだろう、という想像が続いていく。
    自分の目の前に、標本室やカタリコベヤが現れたら、どうなるだろう。

  • ふと思い立って再読、いいっすね、なかなか。
    死とフェティシズムと性が微妙に交錯してまさにこの作家だけの世界が堪能できます。
    地下の標本室には何が(誰が)時を止めた形で保存されているのか、向こうの世界に入りそうで入らない微妙な止まり方もよろしいかと思われ。

  • 蔵書。再読。「薬指の標本」と「六角形の小部屋」の2編。未知の物語密やかな物語。

  • 私の中で、小川洋子さんといえばこれ。薬指の標本の妖しい描写や独特の雰囲気は圧倒されるものがある。サイダーのなかに肉片が散っていく想像をするところの表現が好き。

  • 再読,短編集2編
    足を侵食してくるようなぴったりとした靴に包まれる幸せとは何だろう?自分と他者との境界のあやふやさが,恐ろしくもあり夢見るような心地よさを伴っている不思議な感覚がある.最後,地下室の先に何があったのか,今も分からない.

  • 図書館で借りて表題作のみ読んだ。
    耽美的で幻想的。物語を静寂が支配する感じは、標本室に関する事柄以外を一切排除した語りから生まれるものだと思われる。例えば、主人公は前職の飲料水工場では仲間とおしゃべりしたりしていた。しかしその後、標本室勤務となってからは私的な部分の話はほとんど出てこない。住んでいる部屋や食事といった、生活感のある描写が排除されている。これが、主人公が標本技師にのめり込み、支配され、それ以外の事柄を全て削ぎ落とされてゆく(と同時に自らの意思でそちらへ進んでいく)過程の表れであり、標本技師からもらった靴以外を一切履かない点にもそれは表れている。
    この削ぎ落とされていくという状態は、薬指の欠損ともリンクする。主人公は薬指に始まり、色々なものを削ぎ落としていった上、ついに全てを無にして標本技師の懐に飛び込むこととなる。これは愛なのか、私には愛というよりも、欠損したもの、削ぎ落とされて今は跡形も無くなったものへの執着の裏返しであるように感じられた。
    唯一、他に行き場のない標本室という閉塞された場所に外からの新鮮な風が吹き込んだのは、靴みがきのおじいさんの訪れだった。主人公は初めて能動的に標本室から出て、おじいさんの元へと向かうが、それは標本室に取り込まれることへの意思を固める結果となった。
    主人公には、はじめから無くした薬指を埋めるものはこの標本室と標本技師の元にしか無いことが分かっていたのだろう。

  • 読み始め…16.4.30
    読み終わり…16.5.9

    半年ぶりの小川洋子さん。これまでに幾つか読んだ中でも「薬指の標本」は小川さんが書かれた時としてはずいぶん前であるということに読み出すと気づきます。「博士の愛した数式」よりも前で、今までに読んだ中からだと私にとっては2番目に古い作品のようです。

    「匂い」そして「手」 ...。
    このたびはなんとも官能的でした。
    それは弟子丸氏という彼が浴室でわたしにプレゼントした靴を履かせる場面。そこでわたしはすっかり悩殺されてしまい、それから先はずぶずぶと深みにはまって抜け出せなくなっていく.....。靴磨きのおじいさんがキーパーソンだったのに

    そうか....そうなのね。。

    収録されているほかのもう一編「六角形の小部屋」は「声」。
    「古い楽器の弦をこするような、足元に降り積もっていくような声」 って....。
    いったいどんな声なのだろうと、想像のはるか遠く奥深いところから微かに聞こえてきそうなその声にしばらく耳を澄ませました。

  • ひどく静かに描かれているが、これは痛々しいくらいの危うい恋の話だ。指先を失ったショックは大きかっただろうが、標本室の他の客と違って主人公が薬指を標本にしてもらいたいと思ったのはその心の傷からではない。先の欠けた薬指に自分だけの唯一性を見出し、永遠に彼のものになりたいという盲目的な恋心からである。指を標本にするって、痛いだろうに。後々後悔するだろうに。でも彼女は構わないのである。完全に恋する乙女だよ。彼しか見えてないよ。でもこの恋で傷ついても、標本室を訪れる人々と同じように、然るべき時が来たら心の傷とケリをつけ、成長していくのだろう。きっと人はそうやって痛々しくも成長していくものなのだ。彼女の盲目さが痛々しくも気持ちよかった。

  • 短編二作。
    遠回しな表現や何かを象徴として見るのが苦手なので何とも感想が言い難い。

  • まあまあ。期待していたほどではなかった。雰囲気は相変わらず好きなんだけど、もともとこういう感じのストーリーに興味がないのもあるかも

  • すごくすごくよかった!
    表題作の『薬指の標本』と『六角形の小部屋』の二作品が収められています。
    どちらもすごく品もあり毒もある不思議な世界観です。

    読みやすく、静かに穏やかに物語は進みます。


    『博士の愛した数式』でもそうだったのですが
    試験管やフラスコのような
    子どもの好奇心をくすぐる理科的要素と
    主人公の文学的な感性が
    融合して物語の美しさを彩っています。

    この作品は映像化もされているようなので、
    いつか観てみたいなあ。

  • 少し閉鎖的な話が2つ。どちらも、なんとなく心を許せるものに甘えて抜け出せなくなると怖いって内容

  • 二度目の読了になります。
    短編2編が収録されています。どちらも独特の世界観で書かれている気がして、読者の想像力に任されている部分もあるのかな・・・薬指の標本の方は、火傷の女の子の行方、鑑定士さんとのその後関係など、想像力が駆り立てられます。

  • 小川洋子さんの、明暗白黒表裏一体の文章は凄いと思う。内容はあまり好みではなかったけど、読んでいて楽しい。

  • いったいどこにいて どこに向かうのか わからないままお話が終わりに近づく

    わかろうとしちゃいけない感覚には、委ねてみるしかない

    不思議な世界。何だかありそうで やはりありそうにもないそんな世界の片隅。

全1048件中 1 - 25件を表示

薬指の標本 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

薬指の標本 (新潮文庫)に関連するまとめ

薬指の標本 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

薬指の標本 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

薬指の標本 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

薬指の標本 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする