警官の血〈下〉 (新潮文庫)

  • 1439人登録
  • 3.91評価
    • (140)
    • (254)
    • (151)
    • (16)
    • (3)
  • 137レビュー
著者 : 佐々木譲
  • 新潮社 (2009年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (467ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101223230

警官の血〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 下巻の3代目和也の話が一番面白かった!特に、最後、早瀬勇三の息子との駆け引きが良かった。こんなしたたかな男だったのか…!そして、ホイッスル!先に「警官の条件」を読んでしまっていたのが悔やまれる!ホイッスルにそんなに深い意味があったとは…。安城和也の今後の活躍が見たいです。

  • ん~ん。
    軸となっていた
    祖父の死の真実が
    あまりにお粗末な理由だったのが
    残念だった。
    物語全体のスケールが大きかった為
    ギャップが・・・。

    しかし、全体を通じて
    3代60年の警官一家
    それぞれの親を理解しながら
    誇りに感じながら
    全うしていく姿がとても良かった。

  • 戦後から三代に渡って警官になった安城家の数奇なお話(ざっくり

    ここから先は激しいネタバレとなりますのでお気をつけください。

    読みたいなと思っていた佐々木譲氏をたぶん始めて読んだ。
    面白かった、面白かった、が、色々ともしゃもしゃもした。

    まず、明らかに早瀬になんかあるだろ!って読んで50ページくらいでわかる。
    わかるのに焦らされる。
    焦らされた結果、凄くあっさり流される。
    あれだけ引っ張っておいてあの扱いは流石に酷い。
    あそこが盛り上がる場所じゃなかったんですか、、、。

    一代目のエピソードも二代目でどっぷりか変わるのかと思いきやチラッととだけ。
    最後に明かされる二代目のエピソードにいたっては後出し。

    文章自体は力強く警察小説にとてもむいていて面白かった。
    が、ミステリ部分はいかんともしがたい。

    このミス授賞的な帯がついていたので嫌な予感はしたのですが、やはりもうこのミスは信じない。
    でも警察小説の書き手さんとしては面白いとおもわれるので佐々木譲氏の本はこれからも買おうと思います。

  • 佐々木譲さんの作品を読んだ。
    3代にわたる警官の生き方を淡々と語っているように思える。
    ストーリーはよくできていると思うが、
    あまり、波がなく、淡々と。
    人生ってこんなもんか。
    もうひとつ熱さがあれば・・・

  • 話の内容はとても面白かったが主人公の恋人が上司に寝とられる部分は要らないと思った

  • 読み終わってみればまさに“血”の話でした。
    血液ではなく、DNA。

    2代目の話が長い分ボリュームもあったが故
    3代目が何となく薄っぺらく感じてしまったのは否めない。
    同じような道を辿っても着地点がこうも違うのか、というのは重かったけど。
    1代目と2代目の死の謎と戦後すぐの2つの事件の謎の暴かれ方は
    伏線として示唆されていない事実がいきなり提示されたり、やや唐突な印象。
    (単に伏線に気付かなかっただけかもしれないけど^_^;)
    謎が解けてみればなんとなくどんよりしてしまいました。知らなきゃよかった的な。

    前編で感じた時系列の判りにくさは相変わらず。
    何年先に飛んだかがすぐに判断つかなかったのはやっぱりしんどかった。
    内容を忘れかけた頃に時間をかけて再読するのがいいと思う。

  • 上巻に続き、下巻も素晴らしー。
    重厚感あふれる物語は、圧倒的な面白さ。
    これぞ小説の横綱本って感じ。

    グダグタ言わないので、黙って上下読みなさい
    とお勧めしときます。

  • スチュアート・ウッズ「警察署長」の日本版と言うべきか。

    戦後の貧しさや、学生運動。そして家庭内暴力。後味の良くない事件も多くスッキリしない読後感も残るのだが、戦後史のお勉強もでき一気読みではありました。

    和也は警官人生を全うできるのでしょか?

  • 2016/10/23読了

  • 親子三代にわたる警察官の物語です。面白かったです。

全137件中 1 - 10件を表示

佐々木譲の作品

警官の血〈下〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

警官の血〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

警官の血〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

警官の血〈下〉 (新潮文庫)の作品紹介

安城民雄は、駐在として谷中へと還ってきた。心の傷は未だ癒えてはいない。だが清二が愛した町で力を尽くした。ある日、立てこもり事件が発生し、民雄はたったひとりで現場に乗り込んだのだが-。そして、安城和也もまた、祖父、父と同じ道を選んだ。警視庁捜査四課の一員として組織暴力と対峙する彼は、密命を帯びていた。ミステリ史にその名を刻む警察小説、堂々たる完結篇。

ツイートする