暴雪圏 (新潮文庫)

  • 578人登録
  • 3.53評価
    • (18)
    • (96)
    • (95)
    • (10)
    • (2)
  • 73レビュー
著者 : 佐々木譲
  • 新潮社 (2011年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (513ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101223247

暴雪圏 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 評価は3.

    内容(BOOKデーターベース)
    三月末、北海道東部を強烈な吹雪が襲った。不倫関係の清算を願う主婦。組長の妻をはずみで殺してしまった強盗犯たち。義父を憎み、家出した女子高生。事務所から大金を持ち逃げした会社員。人びとの運命はやがて、自然の猛威の中で結ばれてゆく。そして、雪に鎖された地域に残された唯一の警察官・川久保篤巡査部長は、大きな決断を迫られることに。名手が描く、警察小説×サスペンス。

    う・・・ん。くどい。

  • 制服捜査の川久保さんが出て来るが、単なる続編という感じではない、というのも川久保さんは主役ではないから。
    じゃ誰が主役かというと、人物ではなく、3月ごろこの地方を襲う猛吹雪である。

    交通がほぼ完全に遮断され、停電やボイラー故障が頻発し、暖房の効かない建物内や車の中では凍死すらあり得る、猛吹雪の中で、色んな過ちや過去を抱えた人が何かに導かれるようにとあるところに集約されていく。

    人を主人公としてその描き方を読むとぎこちなさや物足りなさを感じるのだが、大自然の驚異の中であたふた生き延びようとする人間のおろかさを見下ろすような視点で読めば、この作品は面白い。

    以前にも思った佐々木譲お得意の「余韻」がそういう特徴のこの物語でもいかんなく発揮されていて良。書き込み過ぎない不親切さが、苛烈すぎるくらいに人に厳しい自然の描写に
    似合っていると思う。

  • まずは、雪国って大変だ~と。いや、本心で。
    いろんな事件が同時進行で、登場人物が次々出てくるしで、少々混乱しながら読んだ。なるほど最後こんなふうにリンクするのか、お見事です。
    キャストが多すぎて、川久保巡査部長が存在感薄なのがちょっと残念だった。佐々木譲さんはラストをこんな風にするの多いな。

  • 制服警官の続編。猛吹雪の夜に交錯する物語です。

  • このミスベスト10、2010年版8位。北海道を舞台に数十年に1度の豪雪の日に発生する複数の事件が同時に進行していく群像ドラマ。この作者独特の緻密でリアルな表現。面白いんだけどちょっと読みにくいところもあって、ちょっとてこずりました。登場人物多すぎて記憶力が弱ってきてる自分には覚えきれないってとこに起因してるのかも。

  • 良い緊張感が、終わりまで保たれててエエナ
    とおもいました。保てないですからね普通ね
    シリカゲルとかないとね。あのたべれるやつ

  • 次から次へと新しい登場人物が現れて、一体どう収拾つけるんだと、一気に読んでしまった。
    最後は、ここで終わるのかーという終わり方ですが、次から次へと場面が変わり、飽きさせない展開で面白い。
    もう少し評価上げても良かったけど、最後が何となく。

  • 14.11.03読了。最後はあっけなかったが、経過は面白かった。

  • 2014.10.2(木)¥250+税。(-2割引き)
    2014.10.29(水)。

  • 爆弾低気圧による猛吹雪の日に起きる様々な事件。交通の麻痺した町に唯一残された駐在さんが主役…のはずだが、あまり存在感がない。最後ようやく見せ場が来たかと思いきや、なんともあっけない終わり方となっていたのが残念。ただ物語自体はとても面白く満足。

全73件中 1 - 10件を表示

佐々木譲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

暴雪圏 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暴雪圏 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暴雪圏 (新潮文庫)の単行本

暴雪圏 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする