落選確実選挙演説 (新潮文庫)

  • 65人登録
  • 3.31評価
    • (4)
    • (4)
    • (15)
    • (2)
    • (1)
  • 5レビュー
  • 新潮社 (1996年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101225197

落選確実選挙演説 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たけしの鋭い視線から指摘される数々のこと。
    物事の本質をついているから、納得するし共感もする。
    変わって行く時代の中、私利私欲を求める人が多いから、どんどん生活環境が悪くなって来ている。
    みんながもっと質素に生きてみたらどうかって思う。
    小林よしのりじゃないけど、「個」でなく、「公」を大切にしよう。

  • 大学のとき読んだ。

    懐かしくて思わず検索。

  • 1994.7.7

全5件中 1 - 5件を表示

落選確実選挙演説 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

落選確実選挙演説 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

落選確実選挙演説 (新潮文庫)の作品紹介

日本をダメにした政治家たち。役立たずの「ニッポン改造計画」。いつまできれいごと言ってるんだよ。オイラもついに堪忍袋の緒がキレた。-いよいよ「新党オイラ」結成か。怒号と罵声の中、空前絶後の大演説。たけしが心を鬼にして言い放つ「金科玉条」の数々。怠惰、高慢、激怒、飽食、姦淫、貧欲、嫉妬の「七つの大罪」にまみれた日本に救いの手を。シリーズ文庫第四弾、ついに炸裂。

落選確実選挙演説 (新潮文庫)はこんな本です

落選確実選挙演説 (新潮文庫)の単行本

ツイートする