風の男 白洲次郎 (新潮文庫)

  • 1110人登録
  • 3.61評価
    • (98)
    • (148)
    • (241)
    • (21)
    • (5)
  • 158レビュー
著者 : 青柳恵介
  • 新潮社 (2000年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101227214

風の男 白洲次郎 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とても良かった。止めるに止められず一気に読んでしまった。「潔さ」は私の最も愛するものですが、この方はその潔さそのもの。これだけの個性であれば敵もあったと思うけど、いいじゃないか。数々のエピソードや写真に何度もジンときた。他人に本を勧めることを積極的にしない私だけど、もし周りの誰かが読んでくれたら嬉しいと思います。男性としてももちろん魅力的なのは言わずもがなだけど、人間として尊敬せずにはいられない。

  • なんと不思議な人だったのだろうと思う。現代からみると尚更、その才気も気骨もそして容姿もが著しく特出した存在であり、平たく言えば「こんなカッコイイ人が本当にいたの?」。けれどやはり、時代はすでに変わってしまった。少なくとも今の日本にはこのような人は現れ得ないと思う。

  • エッセイストであり、白洲次郎の妻でもある白洲正子の依頼を受けて、青柳恵介が記した次郎の伝記とも言える一冊。最初は語録のつもりだったとあるけれど、それにはとどまらず、当時の写真や世情の様子などを説明しつつ、数々のエピソードが時代順に記されている。周囲の人の様子や、著者の印象なども織り交ぜてあるおかげで分かりやすい。
    もちろん、彼をこよなく愛した人たちの証言が中心なので、多少の偏りはあるのかもしれないが、「人々にこんな印象を与えた、こんな人だったのだ」という人物像が生き生きと浮かび上がってくる分、面白い。正義感を貫いて言いたいことを言う、彼が今の日本を見たら何と言うだろう?当時のことが知られなさすぎている今、もっと知られるべきだと思えることが沢山詰まっている一冊だった。

  • 白洲次郎は、「男が理想とする男」である。

    筋の通った持論を持っていて、その人となりは、強者に厳しく、弱者に優しい。

    英語が堪能、日本国憲法誕生の立会人、GHQ相手でも、一歩も引かない気質。

    お洒落で、自動車とゴルフを愛し、男前、しかも、ジーンズを初めて穿いた日本人。

    こんな日本人が戦後に存在した。彼の考え方を知ることこそが、勉強になる。

  • 白洲次郎の第3者からの視点の伝記。
    とても、豪胆な人だったらしい。

  • 白州次郎のドラマがNHKで放送されてから、大反響があったようですね。
    かく言う私も・・・

    白州次郎の本は何冊か読みましたが、コノ本が一番面白いです。
    第2次大戦前後の「白州次郎」という、ちょっと風変わりな人間の熱さを知ることが出来ます。
    一方で、人間として、何が必要なのか。何が正義で、何が悪なのか・・・
    本当に悩み、生き抜く「時代」をも感じさせます。
    現代には現代の悩みがありますが、戦後の日本もきっと大きな「葛藤」を抱えていたんですね。


    「プリンシプル」を大事にした白州次郎。
    ドラマもそんな彼のストイックさを伊勢谷友介が見事に演じています。
    かなりおすすめ。

  • 彼の周りにいた人たちが描く白州次郎像。

    なんてかっこいいんだ、白州さんよ。

  • 『人に好かれようと思って仕事をするな。
    むしろ半分の人間に積極的に嫌われるように努力しないと、ちゃんとした仕事はできねえぞ』

  • 日本最初で最後の紳士?かっこいいひと?
    と言われる白洲次郎。
    その名前だけしか知らないで買った本

    決して自ら地位や名誉などは求めず
    日本を占領下におこうとする
    アメリカを相手にしても自分の意見をぶつける。

    欲や権力に溺れ胡座をかく者を許さない。
    それは客であっても同様で

    内側に持つ次郎氏の筋にそわないことは、
    しないし、させない。

    確かにカッコいい!


    見た目だけでは無い
    かっこいうとはこういうことか!

    もうなくなられているというのが非常に残念である

    私もこういう格好よく生きれたらと思う

  • 文中に掲載されている三宅一生のファッションショーに出たときの写真を見て、お顔だけは記憶にありました。
    ずっと昔雑誌か何かで見た覚えがあります。
    どういう方か知らなくて、日本にもこんな素敵なご老人のモデルさんがいるんだ。くらいに思っていました。

    すごい生き方がかっこいいです。
    ハンサムだし背は高いし、媚びないし。
    あの時代の日本人にはいないタイプですよね。

    読んでいてスカッとしましたね。

    今の時代を見たらなんと言われるでしょうか。
    こういう人が今の日本にいて欲しいです。

全158件中 1 - 10件を表示

青柳恵介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

風の男 白洲次郎 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風の男 白洲次郎 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の男 白洲次郎 (新潮文庫)の作品紹介

日本国憲法誕生の現場に立会い、あの占領軍司令部相手に一歩も退かなかった男。常に活眼を世界に注ぎつつ、わが道を行く天衣無縫の気概。物事の筋を通し、自説を枉げぬ強靱さ。と同時に、内に秘めた優しさ、しなやかさ、ユーモア。端正な面立ち、洒落た身なり、寸鉄の片言…。正子夫人をはじめ、この男に魅せられた人々の「証言」から蘇える「昭和史を駆けぬけた巨人」の人間像。

風の男 白洲次郎 (新潮文庫)の単行本

風の男 白洲次郎 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする