ゴールドラッシュ (新潮文庫)

  • 601人登録
  • 2.99評価
    • (22)
    • (43)
    • (194)
    • (48)
    • (21)
  • 84レビュー
著者 : 柳美里
  • 新潮社 (2001年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101229225

ゴールドラッシュ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いちいち文章が長くてくどくて一体どこで息継ぎをしていいのかわからず困惑しながら読み始めて、ものすごく苦しみながら読み終えたけど結局この話は何なの?でもつまらない小説だったなあというわけでもない。そこがとても不思議。
    主人公はお金持ちの息子で家族はめちゃくちゃで友達もいなくて誰もあんまり親身じゃなくて本来ならば読んでいてこの主人公に対してもう少しカワイソウだとかムカツクだとかの感情がこちらも生まれてきそうなもんだけど、あんまりにもこの少年が純一無雑というか本人は何が良くて何が悪くてなんてこと全然わかってもないし考えようともしないもんだから読んでいて彼の敵にも味方にもなってあげられないまま読み終えてしまった。
    ラストは本当に意味が分からなかった。小説ってこんなことしていいんだ、いいのか?どういう意図でこんな結末にしたのか全く理解ができない。うーんでもやっぱり全体を通して、つまらなくはなかったんだよなあ・・・。

  • イタリアを車で旅行しながら読んだ
    それは正解じゃなかった

    私たちが生きなくてはならない世界の、嫌で嫌でたまらない部分を、ためらいもなく描いているから、読まずにはいられない

  • 話が重くて、読むのに疲れた。登場人物で金本だけが人間らしさを感じた。

  • 伊勢佐木町、日ノ出町、黄金町という、私にも馴染みのある場所で主人公の少年は生きている。
    もがき、苦しみ、葛藤し、大人とは何かを自問する。
    苦しい中に、光は見つけられるのだろうか。
    だからこそ、読んでしまう。
    苦しいからこそ先が知りたい。
    自分の感情を彼に被せ、疑似体験をする気持ちの悪さと快感。


    P.92
    なぜひとびとは生と死の谷間で焦燥するのだろう、恐怖は生と死そのもののなかに在り、空漠たるその間隙にはない。

    P.200
    生活のにおいと音、生活する人間の体温は家のなかの空気をあたたかく発酵させる。

    #柳美里
    #ゴールドラッシュ

  • 俗にいう裏社会について、すごくリアルに描かれていたことにまずびっくりした。
    その俗にいう裏社会を全く知らない身としては「ほんまにこんな感じなんかな…」と想像するしかできひんねんけど。

    でも、柳美里さんの生い立ちを調べて納得した。
    主人公くらいの年齢の子の心理から、ドラッグ、買春に関する描写すべてがとても現実味を帯びて書かれていた理由が。

    こういう世界は裏とよく言われとるけど、普通にごく普通に世の中でおこっとって、みんなが目を背けとるだけで決して裏ではないんやと思う。多分。
    目を背けている人間の一人が言うのもなんやけど。

  • 28/4/3

  • あまりにも話がぶっとびすぎていて・・・「共感」が全くなかったからなのか、面白くなかった。

  • 世界観がグロすぎて冒頭で中断した。

  • 柳美里が苦手です。
    彼女の作品が、というより、彼女の生き方が。
    どうして人を傷つけるような形でしか生きられないんだろう。自己表現できないんだろう。

    そんなわけで、この本を読むのに実は結構時間がかかっていて、雑誌やら何やらを読みつつ、自分を鼓舞して読みました。

    前半はとにかく主人公の少年の心の空虚さがつらかった。
    14歳。まだたったの14歳なのに、彼の心には何もない。
    欲しいものも、やりたいことも。
    金と薬と暴力と…。
    でも、彼の心には何もないし、何も届かない。

    ところが何とか中盤まで読んでみると、実は少年は物凄く欲していることがわかる。
    家族を。家庭を。
    金で買うことのできないそれを、少年は何とか自分の力で作り出そうともがく。
    兄を守り、姉をかばうことで。
    そして金の力を借りて、好きな人間だけを身の回りに置こうとする。

    そんなことできるわけがない。
    彼だけが気づかない。彼はまだ子供なのだ。

    家族を守るということは、責任を持つということなのだ。
    金で誰かに何とかしてもらうのが、家族を守ることではない。
    その金すら、彼は自分で作り出したものではないのに。
    自分で作り出していないからこそ、惜し気もなくばら撒けるのだ。

    ほんのひと押してばらばらに壊れてしまいそうな疑似家族を、彼は必死に守ろうとするが、守れるほどには彼はおとなではないのだ。
    やっと口にした「助けて」も、時すでに遅く。

    “どんなに自分から逃れようとしても逃れることはできない、狂うことも自殺することもできない者は自分という檻の中で生殺しのような苦悶に堪え、生きつづけなければならない。死を迎える瞬間まで自分という罪に囚われつづけるしかない。”

    まだ14歳。
    その長すぎる晩年を、彼はどうやって生きていくのかと考えると、心が痛くてしょうがない。

  • 今はもう味わえない黄金町文学。

全84件中 1 - 10件を表示

柳美里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本 ばなな
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

ゴールドラッシュ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ゴールドラッシュ (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゴールドラッシュ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゴールドラッシュ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゴールドラッシュ (新潮文庫)の単行本

ツイートする