コールドゲーム (新潮文庫)

  • 3065人登録
  • 3.40評価
    • (156)
    • (438)
    • (785)
    • (113)
    • (15)
  • 421レビュー
著者 : 荻原浩
  • 新潮社 (2005年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101230313

コールドゲーム (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 被害者の心の傷は生涯残る。加害者はそれを自覚してほしいな。自身の行動がどれほど残酷なものなのか。最後まで緊張感が続く、面白い一冊でした。
    あらすじ(背表紙より)
    高3の夏、復讐は突然はじまった。中2時代のクラスメートが、一人また一人と襲われていく…。犯行予告からトロ吉が浮び上がる。4年前クラス中のイジメの標的だったトロ吉こと廣吉。だが、転校したトロ吉の行方は誰も知らなかった。光也たち有志は、「北中防衛隊」をつくり、トロ吉を捜しはじめるのだが―。やるせない真実、驚愕の結末。高3の終らない夏休みを描く青春ミステリ。

  • どんでん返しがイマイチ

  •  今しも大津のいじめ問題が大きな話題になっているときだから、というわけではないけれどなんだかなあ。これが書かれた時代って何年前なんだろう。いじめ問題がそれほど大きく取り上げられてなかった頃、ってことはさすがにないだろう。それでいてこういう作品を書くというのは、すごく勇気があるのかあるいはすごく鈍感なのか。
     中学校時代に徹底的にいじめられた少年が、高校生になってからいじめた相手をひとりずつ予告しては報復してゆくのに対し、もといじめた側は何の反省もなく返り討ちにしてやろうと待ちかまえる、という救いようのない筋書き。相手の現状が正体不明で出方がわからないのに翻弄されるというサスペンス的でもあり、最後には意外な真相が明らかになるというミステリー的でもある。まあ、話を引っぱって行く筆力は評価するにせよ、いかんせん弱者の側に立っているとはいいがたい主人公あるいは作者の姿勢が共感しにくい。出てくる元のクラスメート達を、みんなまとめてぶん殴ってやりたい、さっさと殺されろよ、としか思えない。終わりもまた救いがない。同じテーマをミステリーに仕立てるにしてももう少しなんとかならんもんかね。

  • いや、今までと全く違いました。
    いつものユーモアを期待していたのですけどね、それは全く影をひそめ、陰湿ないじめとそれに対する復讐という、ひたすら暗い内容ですね。
    いじめの加害者側が主人公というのは、ちょっと変わった視点のようにも思います。しかしいじめそのものが主題では無いので、深く突っ込まれることは無い。
    次々に同級生を襲う恐怖。正体のわからない犯人。やはりサスペンスに分類される内容でしょうね。その分、(サスペンスに興味に無い)私の評価は下がってしまいます。確かに、背景、人物設定など良く出来ているとは思いますが。
    エンディングは荻原さんらしくスッキリしていて、そこに救いがあります。

  • たぶん前に読んでいると思うが最後まで読んでしまった。中学の時のイジメの復讐。

  • 加害者と被害者は相容れぬ
    今こそ必要な話だろう

  • 面白かったけど最後がなあ。ちょっとなあ。
    3分の2過ぎたあたりから子供向け小説みたいな気がして来たよ。ミステリーと見せかけて思春期少年少女向けの成長物語って感じ。これが主人公が大人だったらもう少し現実味を帯びてたんだろうけどなあ、、、作者も半ばやけくそだったんだろう。
    いじめとか受けた方は一生忘れないよね。一生かけて復讐しようとおもうよね(私はしたつもりです、軽いものだったけど、彼女たちの好きな男を奪ったり元カレとセックスしたり好きな男と親友になったりね)
    いじめってめちゃめちゃでかい罪だと思う。でも本当に本の父親が言ってたように、大人になったらそんなこと全部大したことなくなる、周りにどう思われたって一人でいくらでも楽しく好きに生きていけるようになる。なのにそれも分からずに命を絶ってしまうのは、許されないことだし、それにいじめられた方も悪いっていうのは本当だと思う、自殺は結局自殺で社会のせいでも他人のせいでもなくて結局自分のせいなんだよ、、、、いじめだけじゃなくて全てにおいて、自分で考えられる年になったら他人のせいにするのはやめよう、と改めて考えた。
    加えて、子供に対する親の愛ってものは揺るがないんだなあとおもった。
    日本人作家ってとこにいつも読まないから気をとらわれて批判的な読み方して、はあ?みたいなポイントちょくちょくあった。あと野球に絡める意味もわからないしコールドゲームってタイトルもなぜそうしたのか謎

  • 内容のほとんどが幼稚な探偵ごっこで読むのが若干疲れる。
    最後は急展開だけど複数犯か?って疑いはじめた辺りでオチは予想できた。
    父親は完全に被害者面してるけどお前は人のこと言えないだろと。
    そもそも廣吉と光也が友達だったとかなら分かるけど別にそういうわけじゃないのに勝手に助けてくれると思ったのに裏切られたーとか言って主犯格と同罪だ!ってなんかズレてると思う。
    登場人物誰一人好きになれないし共感も同情もできない。
    なんで殺されたのかよく分からない猫には同情する。

  • かつて虐めていた少年からの恐ろしい復讐劇。相手の姿が断片的にしか描かれないところが、目に見えない恐怖を更に煽ってくる。実際にこんな事件が起こったら、世間はどんな反応を示すだろうか、とそんなところも気になった。

  • H28.10.5-H28.11.6

全421件中 1 - 10件を表示

コールドゲーム (新潮文庫)のその他の作品

コールドゲーム 単行本 コールドゲーム 荻原浩

荻原浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

コールドゲーム (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コールドゲーム (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コールドゲーム (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

コールドゲーム (新潮文庫)の作品紹介

高3の夏、復讐は突然はじまった。中2時代のクラスメートが、一人また一人と襲われていく…。犯行予告からトロ吉が浮び上がる。4年前クラス中のイジメの標的だったトロ吉こと廣吉。だが、転校したトロ吉の行方は誰も知らなかった。光也たち有志は、「北中防衛隊」をつくり、トロ吉を捜しはじめるのだが-。やるせない真実、驚愕の結末。高3の終らない夏休みを描く青春ミステリ。

ツイートする