噂 (新潮文庫)

  • 4374人登録
  • 3.64評価
    • (392)
    • (777)
    • (962)
    • (88)
    • (18)
  • 786レビュー
著者 : 荻原浩
  • 新潮社 (2006年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (492ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101230320

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

噂 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 女子高生のコミュニティで流行ってる噂話が現実化して、足首が切断される連続殺人が起こる、って、猟奇的な話ぽくて読むの躊躇ってたけど、殺人シーンはほとんどないし、死体描写も最低限で、一般的な殺人系のミステリだと思って大丈夫。
    ジャンルでいうと警察ミステリ。
    でも叙述トリックあり、倒叙ミステリ調なところもあり、欲張りな一冊だと思う。
    ストーリーもしっかりしてて読み応えあった。

    主人公の小暮の人柄も好感が持てるし、相棒の名島も有能さをひけらかさない良識ある女性で、キャラクターが魅力的だった。
    (でも恋愛には発展しないかな……)
    レインマンの噂のことは最初に語られるので、読者はそれを知っていながら警察が核心に近づいていくのを読まされる訳で、知らない方が楽しめたかな……とも考えたけど、やっぱりこの手法で良かったのかも。ちょっとだけ手の内明かされてるせいもあって、続きが気になる気になる。

    最後の一行は、初見では、菜摘の造語は友達誰も使ってくれないって言ってたけどごく周辺からだんだん流行って来てるってことかな=犯人は菜摘のごく身近な(殺されたクミも属してるコミュニティの)子ってことかな?と解釈してみたけど、ここは素直に菜摘も手を下した一人と考えるのが正解らしい。
    自分はすっかり小暮側の立場で読んでいて、娘~!いくら親友の復讐だからって親の人生滅茶苦茶になるようなことするなよ!と思ってしまった。
    女子高生に近い年齢の時に読んでたら、大人が仕事仕事って家庭を顧みないからこうなるんだぞ!と鼻息荒くしたかもしれない。
    このまま西崎の犯行と勘違いされて、彼女らは罰せられないのだろうか。どっちに転んでもイヤだなぁ。

    思春期の闇がよく描き出された作品だと思う。
    個人的には小暮名島チームの続編が読みたいけど、この結末じゃシリーズ化は無理だよね。

  • かなり好みの作品でした。
    期待してなかったのも良かった。
    前評判もレビューも読まずに読みました。

    主人公コンビが良かった。
    もしかしてシリーズあるのかなぁ、と思いましたが、ラストがあれなのでないか。

    ラストはサイトで解説読まなかったら分かりませんでした。
    なるほど、おもしろい。

  • 衝撃のラスト1行とありますがそれ以外にも途中何箇所か衝撃の1行が存在します!
    登場人物の数が多いので犯人の検討がつかないです!
    噂によって動く人を見るのはとてもリアルでいいです。

  • ちょっと読むのがしんどい描写もあるけれどなんとか終わったかなと思ったところで,最後の一行が衝撃的。帯にある通りでした。

  • なんだか自分には取っつきにくい文章でちょっと読みにくかったけど話自体は面白かったかな。
    でも驚愕のラストって言ってたそのラストがなんか気持ち悪くて嫌だった。
    ラストに向けてちょっと無理矢理感があったかなぁって感じです。

  • 「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、(香水)ミリエルをつけてると狙われないんだって」

    香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。

    コンビを組まされた所轄と警視庁のはぐれ者同士が、懸命に事件を解決へと導く中、
    最後の一行で仰天の真相を迎えるサイコ・ミステリー。


    以上、そんな作品です。
    まずは、ビジネスとして利用された噂が、本当に猟奇殺人犯レインマンを産み出すというホラーテイストな事件が面白く、

    次に事件に挑む 所轄と警視庁のはぐれ者同士二人の相性とキャラクター性が秀逸でありつつも、はぐれ者同士故に警察組織の力を利用出来ない=事件の怖さが他の警察作品よりも身近に感じやすく、物凄く楽しめました(^-^*)/
    このはぐれ者コンビの別の作品を是非読みたい位、素晴らしいコンビでした!


    犯人も意外で面白く、でもラスト一行の仰天の真相に関しては何となく少し怪しさを感じていたので、『ノーマークではなかったよ♪』という嬉しさもあり、あくまでも個人的には好みのラストでした(^o^*)☆彡

    ミステリーとしてガッツリ面白いオススメな作品ですO(≧∇≦)o

  • 軸となる連続殺人事件の推移がとてもおもしろく、あっという間に読み終わった。 衝撃のラスト一行という煽り文句の通り最後の最後で驚愕させられるが、せっかく事件も解決し主人公の人間関係にも幸せな未来が見えたところでの「アレ」なので、賛否両論別れるのも頷ける。 個人的には「アレ」の為の伏線の張り方が非常に上手いと思うし、後味は悪くても良い意味で「面白い本を読んだな」と思えたので満足。 ただ、時系列がちょっと分かり難いのが難点。

  • ストーリーや展開はそれほど目新しさは感じられない。
    現在とは時代背景も違い、当然持ち歩く必須のアイテムも違っている。
    経験を積んだ所轄のベテラン刑事と、捜査一課の女性刑事とのバディぶりも楽しい。
    新鮮味はないけれど安心感のある面白さがいい。
    物語は目には見えない「噂」が大きなカギとなっている。
    実態のないものは対処するのが難しい。
    女子高生たちの口コミによって広がっていく噂。
    その影響力や、いつの間にか一人歩きしていく噂の怖さなどが、重苦しくならない程度に読みやすく描かれていた。
    伏線が丁寧に張られていたことも読みやすかった理由のひとつかもしれない。
    そして、最後の最後に訪れる「えっ!」という衝撃。
    よく見かける本の帯に書かれている「衝撃の結末」という宣伝文句。
    だがこの物語に関していえば、最後まで読んでぜひどう感じるのか。
    自分自身で味わってほしいと思う。
    この物語の存在意義は、最後に訪れる一行にあるのだから。

  • 内容濃くて面白かったです。名島さんがエラい可愛い。杖村は初登場時物凄いカリスマ性があったのにどんどん転がり落ちていく様が哀れだった。無邪気な顔してネットいじめをする少女達が胸糞悪い。正義を気取っているけどそもそもの発端はサキをタンツボにした自分たちにもあるのでは?ラストシーンの後、多分近いうちに一網打尽にされるであろう彼女達とその家族を思うと気が重くなります。ハッピーエンドな終わり方だったから尚のこと。名島&小暮コンビをまた読みたいですが、あのエンドだと後々小暮さん刑事クビになってそう。

  • 萩原浩『噂』を買ったきっかけは思い出せないが、以前から本棚にあった。Amazonで調べたところ2012年10月の購入なので、4年以上も前だった。
    宮部みゆき『火車』を読んだことからミステリー熱が再燃し、次に読んだのが本書だ。
    『火車』も本書も、奥さんを亡くした刑事が主人公なので記憶が交錯することがあったが、後半に入ると加速して、一気に読んでしまった。そしてラストの衝撃。
    そして読み終わった後に、張られていた伏線をたどるために何度もページを繰ったのは初めてだった。
    何重にも張られていた伏線。違和感を感じながら読み飛ばしていたところや勘違いをして読んでいたところが最後に全部つながってくる。
    練りに練られた、面白いミステリーだった。

  • 最後の一行が衝撃のラストということを忘れてそのまま読んでいましたが、
    どこかでおや?というところあったので慌てて
    またラストをじっくりと読み返したところ
    じわっとした怖さがありました。

    大きなトリックなどはありませんが、
    ごく普通のミステリーで、
    現実的にもありそうな設定なので
    どんどんとストーリーに入り込めました。
    タイトルの「噂」というテーマを上手く取込んでいる作品だと思います。

    犯人のたった一時的な快楽のために
    こんな酷い事件になってしまうというのは 恐ろしく、
    読んでいてムカついてく部分があります。
    あまりにも残忍なので気分を害する部分もありましたが。

    荻原さんの作品は何作も読んでいますが、
    ミステリーは初めて読みましたが違和感もなく
    読みやすくて良かったなと思います。
    どんなジャンルでもそつなく書かれてしまうのでさすがだなと思い
    益々荻原さんの作品を読みたくなりました。

  • 意外な人が犯人で面白かった。西崎の趣味が気持ち悪かった。こんな人が現実にいるのだろうか。最後の1行が予想外すぎて頭の中が混乱した。結末を知ってから読み返すとなるほどと思う伏線が散りばめられていた。2回読むとまた別の面白さがある本だった。

  • 題名通り噂がテーマでそれが凄く身近に感じられるのでまず題材として良いなと。

    伝播していくなかでどんどん尾ひれがついていったり人によって内容が違ったりする噂が中心となって話が進むので、聞き込みの場面はかなり考えながら読める。

    おじさん刑事とその娘や渋谷の若者達の交流も面白い。

    ラスト1行の衝撃をウリにするだけあって最終章なかなか切れ味良い。

    読んでる途中までは舞台設定のリアルタイムで読みたかったなと感じながら読み進めていたけど、終える頃には今だからこそラストが活きるなと感じた。

    噂に翻弄される人間模様が面白くもありちょっと悲しくもあり…な作品。

  • 荻原浩のミステリー。
    期待を持って読み始める。
    荻原浩らしさみたいなものはなく、普通のミステリー。

  • 読みやすい
    さらっとしてる

  • ラスト1行の衝撃はそこまでではなかったかな。
    ただストーリーとしては面白かった。

  • ある広告代理店が新商品の香水を
    宣伝するために流した噂。
    レインマン。
    すると噂通りに足首を切断された
    遺体が次々に発見される。



    おすすめミステリを調べると
    高確率で名前の挙がる作品。

    読み終えて、その評判の高さを実感。
    読み易い文体と
    親しみ易い登場人物のキャラクター。
    どう展開するのか予想できない
    事件と捜査。
    読み進める手が止まらない。

    ラストで待ち受ける衝撃を
    あれこれと推理しながら読んでいたのに、
    見事にあっと言わされた。

    物語の中で幾つも撒かれた手掛かりは、
    全て最後の一撃のためのフェイクだった。
    いわゆるミスリード。
    してやられた。
    真相を見抜いてやるぞ、と
    意気込んで読んでいる人ほど
    衝撃を受ける物語。

  • 荻原さんの作品で今まで何冊か読んではいますが、
    こんなミステリーも書いておられたとはつゆ知らず・・・。
    まぁ練りに練られてと言いましょうか、
    なかなか読み応えのある面白い作品でした!!

    この作家さんはいつも人物像がしっかりしていて、
    なおかつ魅力的。
    この作品もそこがとてもよかったのですが、
    そのいい雰囲気の中によくまぁこんな気持ちの悪いラストを
    用意してくれたもんだなと・・・(笑)

    プロットはしっかりしてるし伏線もいい。
    登場人物も魅力的でミステリーとしての醍醐味も十分。
    そして気持ちが悪いと。
    帯に偽りなく、
    ラストはほんとにびっくりさせられました。
    10年以上前の作品ですが、今読んでもすごく面白いです。

    後味悪いラストなのに、なんだかとってもおすすめしたくなる作品です(笑)

  • 2016.10.25

    はじめのうちはマーケティングに係るビジネス色の強い物語かしらんと思っていましたが、事件が起き、人間味あふれる刑事の登場でガラッと人間ドラマに。いろいろな世代間ギャップも面白く、少しづつ明かされていく真相に心が躍りました。終盤になると、面白さが加速して一気にさらっと読んでしまいましたが、、、、なんだか引っかかるものが、、、しばらくして、、あ!え?え?あ、そういうこと、、、ゾワッ!ブルッ!

    今回は時間がなくて、かいつまんでところどころしか読み直せなかったけど、きっともう一度読みたくなる!2度読むことで、もっと楽しめる、、、そんな作品です。

  • とにかく読みやすい。
    読んでる最中が一番楽しかった。

    ただし、練りこんだ物語ではなく、犯人に意外性も驚きもない。

    最後の一行は確かに驚いたが、それまでの伏線が殆ど無いので、読後のカタルシスはなく、「このラストのどんでん返しで読者を驚かせたい!」というよりは、このままではいまいち平凡なので、「最後の一行に驚愕」という言葉で売るために、最後に少し足しました感が凄く出てしまっている。

    ただ全体的には娯楽小説として凄く楽しめたので、もっとこの著者の他の作品も読んでみたい。

  • 「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すために口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだったが…。

    「衝撃のラスト1行…」、帯の言葉にすぐのせられちゃう私は毎日ドキドキ読書をしていた。そして今日ついに最後の1行に…。
    『十角館の殺人』の1行が絶叫の「ええええええぇ」ならば、『噂』の1行は絶句の「えぇっ…」。この1行がある事で考えさせられる作品になった。

    古き良き刑事さん、都市伝説(噂)を模倣した足首のない少女連続殺人事件、狂った犯人と動機、ラスト1行がなくてもこの作品は読み応えがあったと思う。
    名島が作った噂伝播地図がとても興味深かった。
    殺人も怖いが人の心を動かす噂もとても怖いと思った作品。

  • 「衝撃のラスト1行」ものとはつゆ知らず…意表を突かれました。

  • ラスト、「おっ!?」っていうやられた感がいっぱい。キャラクター立てが良くて楽しめました。なかなか秀逸で面白いミステリーだと思いました。

  • 2016.8.1(月)¥220(-2割引き)+税。
    2016.9.2(金)。

全786件中 1 - 25件を表示

噂 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

噂 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

噂 (新潮文庫)の作品紹介

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。

噂 (新潮文庫)のKindle版

噂 (新潮文庫)の単行本

ツイートする