噂 (新潮文庫)

  • 4437人登録
  • 3.64評価
    • (395)
    • (790)
    • (972)
    • (88)
    • (18)
  • 796レビュー
著者 : 荻原浩
  • 新潮社 (2006年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (492ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101230320

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
石田 衣良
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

噂 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すために口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだったが…。

    「衝撃のラスト1行…」、帯の言葉にすぐのせられちゃう私は毎日ドキドキ読書をしていた。そして今日ついに最後の1行に…。
    『十角館の殺人』の1行が絶叫の「ええええええぇ」ならば、『噂』の1行は絶句の「えぇっ…」。この1行がある事で考えさせられる作品になった。

    古き良き刑事さん、都市伝説(噂)を模倣した足首のない少女連続殺人事件、狂った犯人と動機、ラスト1行がなくてもこの作品は読み応えがあったと思う。
    名島が作った噂伝播地図がとても興味深かった。
    殺人も怖いが人の心を動かす噂もとても怖いと思った作品。

  • クチコミを利用した戦略で売り出した商品。
    そのネガティブなクチコミが本当になるという話。

    クチコミが商品の売上や企業の存続を左右する時代だからこそ、おもしろい。
    そして、普通のミステリーなら犯人がわかって終わるところ、最後の1行で「え!?」と思わせるこのお話。
    最後の1行を読んで、え、これって・・・って思い返すのが怖いし思ってもみなかった結末でおもしろかった。

  • とても読みやすい作品でした。ミステリー小説ではありますが、ホラーの部分もあり、ドキドキしてしまう部分もあり、読んでみて良かったです。
    最後はちょっと物足りなさを感じる部分もありましたが、SNS等のネットを使った情報発信によって、様々なものを知ったり、得たりできる今を改めて思いなおす気持ちになりました。「噂」の裏を覗くのが怖くなりました。

  • 新商品(香水「ミリエル」)を売りだすために使った一つの”噂”と、渋谷の女子高生を狙った殺人事件(レインマン)。遺体は皆、足首を切りとられていた。
    広告代理店と協力会社、そして事件解決に迫る警察。特に警察関係者の人物設定が良い。本庁の若い女性刑事と所轄のおじさん刑事コンビで、お互いの家族設定も魅力。
    ”噂”を提案した女性社長とその側近もクセがある。

    事件のミステリーさはもちろん、何といってもラスト1行の衝撃が・・・
    思わず二度読み。

  • 何回か、「おお!そうくるか!」と言いたくなるような展開が続いて、最後の最後で「ん?あれ?、、、えええええ」ってなります。
    読んでて、楽しい!

  • 口裂け女リアルタイム世代ですが。

    あの頃は都市伝説と現実は絡まりようがなかったけれども、 「ほんとにあるかも」「ないとは言えない」という今日この頃。

    そんな部分をうまくまとめたストーリーは可もなく不可もなく。
    女の子持ちにはコワイ話ではある;

  • 10年位前の作品だが、色褪せず、面白く一気に読んだ。

    「レインマンが出現して、女のコの足首を切っちゃうんだって。でも、ミュリエル(香水)をつけていると、
    狙われない」。口コミで広まったこんなうわさ通りの事件が起きる。犠牲者は2人、3人と増え…。

    事件を追う中年のオッサン刑事と若い女性刑事のコンビが実にいい。

    こういうコンビを描く作品はあちこちで見かけられるが、
    この二人は、ひらめきがすごいわけでもなく、腕っぷしがたつわけでもなく、地道に、コツコツと犯人を追い詰める。
    二人とも、根性のすわった警察官だ。

  • 軸となる連続殺人事件の推移がとてもおもしろく、あっという間に読み終わった。 衝撃のラスト一行という煽り文句の通り最後の最後で驚愕させられるが、せっかく事件も解決し主人公の人間関係にも幸せな未来が見えたところでの「アレ」なので、賛否両論別れるのも頷ける。 個人的には「アレ」の為の伏線の張り方が非常に上手いと思うし、後味は悪くても良い意味で「面白い本を読んだな」と思えたので満足。 ただ、時系列がちょっと分かり難いのが難点。

  • 意外な人が犯人で面白かった。西崎の趣味が気持ち悪かった。こんな人が現実にいるのだろうか。最後の1行が予想外すぎて頭の中が混乱した。結末を知ってから読み返すとなるほどと思う伏線が散りばめられていた。2回読むとまた別の面白さがある本だった。

  • 噂って怖いですね…

    詳しいレビューはこちらで↓
    http://ameblo.jp/ninjin1234/entry-11768139121.html

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ここ、これは怖いΣ(||゚Д゚)
    都市伝説が本当になっちゃうんでしょ?
    怖いよーΣ(||゚Д゚)

    でも考えたらその着想の見事さに脱帽!
    今まで誰もが少しは考えたことだと思うんだけど、
    (都市伝説が本当になると怖いねってこと)
    それをこうして一冊の本にして読ませるその力量!
    ←誉めたね(● ´艸`)

    いやーもう、先が気になってぐいぐい読みましたよ。
    ちょっとえぐいシーンもあったりしますけど。

    足首切るとかだからね~。
    そして女子高生たちが普通に「あの子は足首あったんでしょ?」とか言っちゃうその鈍感さも怖いよね~。
    もちろん自分も含めて、ね。

    自分のことじゃないと人は鈍感になるよね。
    足首があるとかないとか、すごーく怖いのにΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

    そしてですねー。
    最後に意外な展開がありますよ。
    帯にもありますね、『衝撃のラスト一行に瞠目!』

    展開が意外と言うより...
    えっ!?そうだったの?あー!ほんとだ!
    みたいな(*´∀`*)ゞ

    たぶん、たぶん、頑張っても騙されちゃうと思いますよ(● ´艸`)
    ←そりゃー騙すべくして書いてるから

    小説って、こう言うところがやっぱりテレビや映画より面白い部分かも知れないなぁ。

    でもこの作品は頑張れば映像化出来るかも!
    ...しない方が面白いと思うけどね。

  • 最後の一行でどんでん返しがある小説の紹介をブクログ掲示板で見て読んだ。

    じわじわと犯人に近づいていく過程や登場人物の個性の描写が完璧で、サスペンス好きにはたまらない。
    読むにつれてどんどん引きこまれ、いつの間にか「最後にどんでん返しがある」ということを忘れていた。

    そのため、最後の一行を見たときの衝撃といったら!
    言葉に表せない。

    最後がなければテレビドラマっぽい内容なのだが、あの一行があるから、この小説は話題、人気が出たのだと思う。

  • とても読みやすく、先が気になるテンポのよさから、一気に読了しました。
    ちょっとグロテスクな描写と、ラスト一行の爆弾発言は、夜中1人で読むには衝撃が強すぎました…。でも、ついつい読んでしまった!面白かったー!

  • ちょっと前の作品だし、
    ユーモラスな話で定評有りの荻原さんだけど、
    以外にもしっかりミステリーで楽しめた。
    でもちょいちょい、荻原さんらしい会話や描写があって、
    いい息抜きのようでほっとする。

    根拠の無い噂が一人歩きする恐ろしさは、
    現実にも沢山ある。
    その手口は卑怯さと紙一重で、責任の無いものだ。
    発端の「軽さ」が恐ろしい。

  • 最初から最後まで、飽きさせない展開に脱帽。犯人も、推理しながら読んだにも関わらず最後まで分からなかったので余計にびっくり。

    主人公の刑事の人間味あふれる描写と、相反するストーリーの残虐さがとても良かった。

    読み始めると止まらないので、長時間の移動なんかにオススメ。

  • 会社の先輩に薦められて読みました。
    多少グロテスクな描写はあるものの、見事な人物描写と無駄の無い話の流れにどんどん引き込まれて行きました。

    最後の一行を読んだ時の瞬間を、是非味わっていただきたい。

  • 巧妙な伏線、意外性。
    最後に安心したところに、鳥肌立つラスト一行。

    久々に傑作に出会えた。
    大満足です。

  • 2007/12/3

    「知ってる?レインマンの話。」
    「夜の公園でね、襲われるんだって!レインコートの男に。」
    「なにそれこわーい!」
    「でもねミリエルの香水つけてたら、大丈夫。」(簡略化)

    いやいやいや、嫌やろ。こんな噂で絶対買わない。むしろ関わりたくない。レレインマンっていやいや。女子高生なめてるとしか思えません。

    だからこのWOMが購買力上昇に有益だったって前提自体が信憑性低すぎて、話にも入りこめなかった。
    勿論実際のビジネスで口コミには多大な影響があることは理解しているけれど、これに関してはちょっと。

    まあ荻原浩は何気なく読ませるのは上手いと思う。
    ただこういう推理含むものは向いてないんじゃないかな。インパクト少なすぎ。
    あと犯行の描写とかにリアリティが全くない。

    情報やそれに躍らされる現代、みたいなのをテーマにしたいのはなんとなくわかるけど、仮にもミステリー形式とってるんだから、真犯人究明にあてる分量、もうちょっと増やしてほしかった。
    これで鳥肌立った!(帯より)って、どんだけ敏感肌なのかと。

  • 最初はフツーに読んでいたのですが、1/3くらいから、次を読まずにいられなくなり、一気読みしてしまいました。
    面白いです。
    設定も、ストーリー運びも、そしてキャラクターも。
    主人公の男やもめの「おっさんっぷり」もナゼか好感が持てますし、組まされて相棒になる子持ち美人(?)刑事がまた、最後で遠山の金さんのようにカッコイイ!真木ようこさんのイメージで読んでいました。
    鶏が先か卵が先か?の推理(ミステリー)部分もさることながら、
    最後の「え?え?これって誰?」・・・。
    あ~、面白かったですっっ。

  • 評価が高いようだったので読んだのですが、
    僕の中ではラストでだいなし
    これがなければいい内容だったのに
    なんの前触れもなくあのラストは反則でしょ

  • 出張の行き帰りで読んだ。真剣に読む必要もなく、かと言ってつまらないわけでもない作品。ひまな時にどうぞ。

  • こんな殺人があったら怖い。

  • まったく無名の
    ブランドから発売される香水
    『ミリエル』。



    やり手の女社長が考えた
    ヒットさせるための販売戦略は
    女子高生の口コミを利用するというもの。



    渋谷のファッションリーダー的な
    オシャレな子を選び
    高額なバイト料と引き換えに
    『ミリエルのローズをつけていると
    3ヶ月以内に恋が叶う』

    『女の子をさらって、足首を切り落とす
    ニューヨークのレイプ魔が渋谷に上陸。
    でもミリエルをつけている子は狙われない』
    などの架空の噂を広め
    信じ込ませていく。



    噂は都市伝説化し
    思惑通りに商品は大ヒットするが
    やがてただの噂は
    現実となり、
    足首のない少女の遺体が発見される…。







    ワザと流した女子高生の噂が現実となり
    連続殺人が始まる
    サイコサスペンス小説の傑作♪


    自分が荻原浩にハマったきっかけになった小説で
    このラストには
    本当に本当に
    驚かされました(汗)(^_^;)


    衝撃のラスト一行に瞠目という
    オビに惹かれて読んでみたけど、
    このオチは予想もつかなかったし
    まさに背筋が凍りました(汗)?


    めちゃくちゃ読みやすい文章で書かれているのと、
    犯人である
    『レインマン』とは
    誰なのかという謎解き、

    警部補の名島と
    巡査部長の小暮の
    魅力ある名コンビぶりと

    女子高生たちの
    心理描写を描くのが非常に上手いので
    サイコサスペンスなのに
    陰湿になることなく
    サクサク読み進められます(^^)


    都市伝説が広がっていく仕組みも
    なるほどと
    うなりました♪


    後半一気に加速する
    息もつかせぬ展開と

    すべてが終わった後の衝撃のラスト一行で
    今まで築いてきたもの
    すべてをひっくり返す
    どんでん返しが
    本当にコワイ!!(>_<)


    アッと驚く
    どんでん返し小説がお好きなら
    是非とも☆

  • 最後まで楽しく読めた。やっぱり何を考えているのかわからない犯人は怖い。何を考えているのかわからない若者も怖い。と思えた作品でした。

  • 衝撃のラストに期待しすぎてそうでもなかった、残念

全796件中 1 - 25件を表示

噂 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

噂 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

噂 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

噂 (新潮文庫)の作品紹介

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。

噂 (新潮文庫)のKindle版

噂 (新潮文庫)の単行本

ツイートする