四度目の氷河期 (新潮文庫)

  • 859人登録
  • 3.59評価
    • (51)
    • (126)
    • (113)
    • (30)
    • (4)
  • 87レビュー
著者 : 荻原浩
  • 新潮社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (628ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101230351

四度目の氷河期 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1308 幼少期から始まるアイデンティティー探しの青春小説。このままずっと見守りたいくらい感情移入出来ました!最後駆け足気味だったけど終わりも良し。星4つ半って感じです。

  • 久々に荻原作品を読みました。
    どうおさまるのだろうとドキドキしていましたが、やっぱり面白かった。バウボ・ンバボ・ダム

  • 着想が面白い。
    その自分の出生が、最後まで貫かれている。
    終盤からは、一気に読み進まなければと思うほど
    吸い込まれてしまった。

    「こんな青春はいいなぁ」と思ってしまいました。
    そして、サチの人間性にも惹かれてしまった

  • 子供の頃・青春期、いわばまっさらであった時代。
    興味や好奇心の向く方角に於いては真っ直ぐに進む。
    大人や社会や周囲から耳に入って来る事柄を
    自分也に解釈して想像して妄想して…考える。

    子供の頃って思い込みは多い。
    でも、それが無くては追求も書き換えも出来ない。

    自分の中に出来上がったストーリーは結構大事で
    そういう物が、個性やその人の性質になって行く。
    そういう物かと思う。

    今思えば私自身も、人より成長が遅いと言うか
    (比較するのはどうかと思うが社会はそういう場所)、
    どうもずれているな、と思う子供時代では有った
    (ような気がする)。

    集団の中に居ると「そろうこと」が重要になって来るが
    生きている時間のおおよそはそうじゃない事が多い。
    見た目も考え方も「そろってない」のが事実だと思う。

    主人公少年の作り出した「世界」は
    「想像」かもしれないが
    想像によって彼の「芯」みたいなものが
    創造されて行ったんだろうなと思う。

    常識を知りわきまえるのが大切なのと同様
    常識外と思われる物にも一理あると受け入れる事も
    大切なんじゃないかなと思う。

  • ぼくの父はクロマニョン人。
    自分のアイデンティティと周囲との軋轢と、初恋と友情、思春期と破天荒の詰まった青春小説だった。

    ぼくの見たことない父親は、強くてかっこよくて優しくてぼくを傷つけるようなことはしない。
    そう思いたいけれど、実際は全然そんなことなくて、どちらかというとクズで「一生愛なんて囁くな」という気持ちになるのだけど、文章が潔くて潔白で孤独で、実際そうなっちゃうよね、というくらい主人公は冷静だったりする。

    他人と違うというだけで忌み嫌ったり、そんな人間、本当にいるの?と思うけれど、普通にいるのよね、となんとなく思う。

    初めて読んだとき、わたしは入院していて、外には雪が降っていて、年末も近くて誰もお見舞いには来なくて、「わたしこの本めっちゃ良い時期に読んでるじゃん」と思った本。

  • 父親がクロマニョン人、的な壮大なスケールの話

  • 最後まで父がクロマニョン人のような原始人であって欲しかった想い。実の父親に再開して失望した現れからなのだろうか。

  • 荻原 浩は本当に小説を書くのがうまい。この作者の小説も映画化やテレビ化される事はあるだろうが、決して映像化を見越して書かれた物ではなく、小説として楽しませる技術を持っている。好きな小説家の一人だ。

  • 最初の方の父親がクロマニョン人だという突飛な話ではなかったのであまり興味はそそられなかったし終わり方が気に入らなかった。

  • 外見も考え方も周りとちがう少年ワタルの父親探しの旅。
    父親という存在が見えないだけに空想の世界に入り込んでしまったんだろうな。
    その上母親の死や自分自身の心身の成長に戸惑い、母を失う代わりに父親の存在を得る。
    何かを失わないと欲しているものを得ることができないのか?
    何もかも失っても欲しいものは手に入らないが、きちんと周りを見渡せば欲しいものは身近に転がっているということなのかもしれない。

全87件中 1 - 10件を表示

荻原浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

四度目の氷河期 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

四度目の氷河期 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

四度目の氷河期 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

四度目の氷河期 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

四度目の氷河期 (新潮文庫)のKindle版

四度目の氷河期 (新潮文庫)の単行本

ツイートする