食う寝る坐る永平寺修行記 (新潮文庫)

  • 223人登録
  • 3.92評価
    • (28)
    • (23)
    • (29)
    • (3)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 野々村馨
  • 新潮社 (2001年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101231310

食う寝る坐る永平寺修行記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2001年(底本1996年)刊。◆峻厳な修行で名を轟かせる永平寺。本書は、そこに雲水として入山した著者の一年間の修行録。図らずも具体的な永平寺入山ガイドにも。噂に違わず厳しいが、清廉な緊張感と食欲・睡眠欲への極端な抑圧・圧迫感とが合わせ鏡のように一体化している。とりわけ、行動のみならず、その所作までもが、歴史的な経過にて洗練・定形化し、それを違えられないのもキツイ。ましてこの生活、特に、この食事なら普通は身体を壊すだろうな、と。◇脚気に悩まされる新米雲水らには、本人承知の入山とはいえ、同情を禁じえない。

  • 永平寺で1年間修行した作者の修行記。たかだか1年の雲水生活で畏れ多い永平寺の本を出すなんて、、と斜に構えて読み始めたが思った以上に深い内容で面白かった。

    肉体的苦痛と精神的苦痛を伴う厳しい修行は私情の入り込む余地を無くし、がゆじがらめに型にはめてしまうことですべての執着を捨てさせる。
    −我見を捨て去るー自分が自分であることを捨て去り、ひたすら自己の無に徹し、長を敬い長に従い、黙々と日々の務めを遂行する。
    ⇒頭で考えてできることではなかなかない。そこで自己に縛られている人間を罵詈打擲し徹底的に打ち砕く。学歴、地位、名誉、財産、人格までも引裂き落とし、そうして全てを捨てさせる。

    読み終えて思ったのは、仏道の中での修行とはいえキレイなことや尊いことばかりではない。世間から閉ざされた狭い世界に修行中の自己や欲を捨てきれていない若者(主に)が集まっている。お坊さんの修行を読んでいるのに時折軍隊の訓練かと思えてしまうこともしばしば。相手をとことん否定し従順にさせるのはいいんだろうか。

    キレイごとばかりでない雲水生活の世界を教えてくれるが、永平寺の修行を否定してるものでは全くない。欲にまみれた坊主となるか人間が出来ている尊敬に値する老師となるか、、その人の人間性次第なのか。読後なかなか自分の考えがまとまらない。

  • とても感動。修行の本質を示している。

  • デザイン事務所でのサラリーマン勤務に倦んだ著者は30歳にして出家を決意。両親・恋人に別れを告げ、単身、永平寺の門を叩く。

    道元の思想に基づいて、食器の上げ下げまでも厳しく定められたルールのもとでの一年間の生活。精神の淀みを払い落としていく著者。


    ◯ようするに道元の示す修業とは、超能力や特殊な瞑想でもなく、また難行や苦行でもなく、日々の行いそのものの中に見出されるものなのである。そして、目的と手段を二分しない。悟るための修行ではなく、そのひたすら修業していく姿が
    すなわち悟りだと考えた。したがってそれは何者かに委ねるものではなく、自分自身の心と体で成し遂げなくてはならないのである。
    「威儀即仏法、作法是宗旨(いいぎそくぶっぽう、さほうこれしゅうし)」
    永平寺での修業は、この開祖道元の教えに従って、今日まで綿々と続けられている。


    ◯修業とは本来そんなものである。たとえ時を経て位が上がったり、歳を重ねたとしても、それによって特別な待遇が与えられる種のものではない。修業とは、どこかへ向かうための段階ではなく、生きているその瞬間瞬間の、自分の在り方そのものなのである。
    ようするに、生きているという事実に自分の心と体で気づき、人間としての良き生き方を修し行い続けること、それが修業なのだ。道元の「威儀即仏法、作法是宗旨」の真意は、まさにここにある。

  • ひょんなことから修行僧に出会い、興味を持ち、アマゾンで購入。
    仏教のぶの字も知らない自分にも読みやすい本で、最初は驚きの連続でした。
    この本を読んで修行僧やお寺に興味を持つようになりました。
    大好きな一冊です。

  • 文庫本をボロボロになるまで読み、二冊目の文庫本もボロボロになった
    それくらい何かの折に読み返してる本

  • 教義や行事の羅列が多く、知りたいことがあまり書かれていなかった。これで本人にとっても覚書になるのだろうか?

    とはいえ、イメージと違う部分が多かったのは面白い。坊主が集まってマジメにトトロ見てる図とか想像しただけで…。

  • 永平寺での修行のすさまじさがわかります。
    生活のすべてが修行という、曹洞宗の考え方は共鳴できる部分が多くあります。

  • ちょっと信じられないレベルの厳しさの永平寺禅修行の体験ルポ。起きたことや修行のルールの説明が淡々続く中で、ときおり語られる作者の想いや考えが、キリリと真面目でか細く繊細で心が洗われる感じがする。
    体罰って本当に悪いのかな、つべこべ言わずやれって言う教え方もやっぱり有効なんじゃないか、とか今の世間のムードに逆行するけどそういう考えを持ちました。

  • 今年、2013年の初詣は永平寺だった。毎年、我が家では奈良県の薬師寺に初詣に行くのが通例なのだが、今年はたまたま、年始に福井に行かなねばならない用事があり、その帰り道で永平寺に詣でた。とくに、「永平寺に行かなければ」という訳ではなかったのだが、ピンと張り詰めた空気は背筋を伸ばさないといけない感じがした。そんな永平寺の記憶が、あたまの片隅に残っていたのだろうか、この本を手にとってみた。

    永平寺は道元が開いた曹洞宗の大本山である。福井の奥深い山の中にあり、その趣は京都や奈良の寺とは異なる。都の華やかさかさはまったく無く、ピーンと張り詰めた空気を感じる「修行の寺」だ。寺院内には多くの雲水さんを見かけるが、日々、修行を行っている信仰が現在進行形で進んでいる感じがするのだ。

    そんな修行の寺に、著者の野々村馨さんは雲水として入山する。

全32件中 1 - 10件を表示

野々村馨の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
村上 春樹
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

食う寝る坐る永平寺修行記 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

食う寝る坐る永平寺修行記 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

食う寝る坐る永平寺修行記 (新潮文庫)はこんな本です

食う寝る坐る永平寺修行記 (新潮文庫)の単行本

ツイートする