ピアニストを二度笑え! (新潮文庫)

  • 30人登録
  • 3.31評価
    • (1)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 山下洋輔
  • 新潮社 (1986年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101233048

ピアニストを二度笑え! (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ジャズピアニスト山下洋輔氏のドタバタヨーロッパツアーレポート。
    山下洋輔氏は現在72歳の言わずと知れた有名人だと思いますが、
    私はジャズ分からないので本業でのこの方の業績や活躍を全く知りません。ただ、とにかく本がオモシロイ!!初めて読んだ時にギャッと言って天井まで飛び上がり、未知の世界の扉を開けた衝撃で目を回し大好きになりました。これは30年近く前に刊行された本ですが今読んでも全く色褪せない面白さ。

    まずはツアーがメンバーも行程も破天荒。空港では楽器の積み込みに職員とトラブルを起こし、ドイツでは車移動のはずが雇った運転手が「免許忘れた」ため急遽列車移動。列車内でみんなで睡眠薬をキメテたらあやうく乗り過ごしそうになったり、国境ではビザがおりなくてまた揉めたり。合間合間で隙を見ては飲んだくれ、どんちゃん騒ぎをし、記憶をなくす。いや素晴らしい♪

    そんな素晴らしいツアーの内容もさることながら、もっとスゴイのは彼の奔放で柔軟で突き抜けた発想力と、それを余すところなく表現する自由自在な文章力。本当に体験したことのない面白さですので是非読んでみてください。何冊も出ていて「ピアニストを二度笑え!」はその3作目?なんだけど、なんでコレかというと今うちにこれしか無いからです。すんません。どれを読んでもオモシロイです。

    ちなみに山下洋輔というとタモリを発掘した人としても有名。
    福岡でジャズフェスティバルに参加し、夜中にホテルの部屋でどんちゃん騒ぎをしていた山下洋輔一行。演目はデタラメ歌舞伎みたいなやつで、みんなで好き勝手にそれらしく歌い舞っていると、開いていたドアから見知らぬ男が当たり前のようにデタラメを歌い舞いながら乱入。これがタモリ。意気投合するも当時会社員だったタモリは明け方にハッと気づきそそくさとその場を去り、残された山下洋輔達は「一体あいつは誰だったんだ」と騒然。その後山下洋輔達がなんとかタモリを探し出し仲良しに→、東京の仲間に「福岡にすげぇ面白いヤツが居る」と報告→みんなで旅費を出してタモリを呼ぶ→赤塚不二夫が惚れこむ→上京。
    ということで、この本に出てくる彼らのどんちゃん騒ぎネタの一端を体験したかったら、タモリのCDがおススメです。(ブックバトンですのでCDはあくまでも副教材ということで)

  • 2009/3/12購入
    2014/11/18読了

全3件中 1 - 3件を表示

ピアニストを二度笑え! (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ピアニストを二度笑え! (新潮文庫)はこんな本です

ピアニストを二度笑え! (新潮文庫)の単行本

ツイートする