四国はどこまで入れ換え可能か (新潮文庫)

  • 875人登録
  • 3.52評価
    • (74)
    • (119)
    • (219)
    • (25)
    • (5)
  • 159レビュー
著者 : 佐藤雅彦
  • 新潮社 (2005年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101233413

四国はどこまで入れ換え可能か (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一つ一つ、着眼点が面白すぎる。
    階段のデンキの秘密とか。三角形の内角の和が180度とか。空飛ぶじゅうたんとか。ミニ象は鉄板。
    忘れた頃にまた読んで面白がりたい。

  • いろんな考え、尺度、人それぞれだけど、
    どうせだったらおもしろくってオリジナリティのある尺度を持ちたい。
    佐藤さんのやわらかい感性に脱帽です。

  • 佐藤さん2冊目。
    「なんてお堅いタイトルなのかしら!」と思わせ、その実マンガ。佐藤さん独特のゆるっとした絵とお話。
    だからといって、ただのゆる~いマンガなのか、というとそういうわけでもなく。
    ほっこり和みつつ考えつつ、就寝前にちょうどいい一冊だと思います。

  • 全編マンガーだったのですね。
    知らなんだ。

    なんか馴染みのある絵だと思ったら、これ某教育テレビで良く見るヤツだ。
    良いじゃないかー。

    ミニぞうがヒット。

  • こどもたちも喜んで読んでいた。10歳の娘はミニ象がお気に入り。

  • くすっと笑えるゆるゆる漫画集。
    佐藤さんらしい、美学を感じる。
    ミニ象が好きです。

    (2012.08.15読了)

  • 四国の人が見たら怒ってきそうなタイトルだけど、めっちゃ面白かった。
    四国とオーストラリアって形似てるんやね。
    というより、四国と九州が入れ替わってもそこまで違和感がなかったことにもっとびっくり。
    ちょっとクスリと笑える感じが良い。

  • ほぼ日刊イトイ新聞の書評でプッシュされてたのと、題名に興味を惹かれたというのもあって図書館で借りて試しに読んでみました。

    活字ものかと思いきやページを開いてみると何やらほのぼとした漫画の連続。
    ほのぼのしてるし読んでて疲れないし気が付いたらどんどんページが進む進む!

    でもこれがただのほのぼのした可愛い漫画ではなく発想の出発点や着地点が普通とは違う感じでほのぼのしつつも妙に「う~む!」と感心させられている自分に気が付きました。

    ひとことで言うと、可愛いフリして実は凄い!

    良い意味で期待を裏切られた感はあります。

    この佐藤雅彦って人はいったい何者なんだ?と思ったらNHKの「ピタゴラスイッチ」やプレイステーション用ソフト「IQ」を手がけた自分らしい。

    な、なるほど!

    簡単に読めて満足感ありました。

  • 佐藤さんの視点は面白い。
    1日ひとネタだったらしく、なんとかひねり出したんだろうなというのもある。

  • 素敵にゆる〜〜〜い本。ミニ象かわいい。

全159件中 1 - 10件を表示

佐藤雅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

四国はどこまで入れ換え可能か (新潮文庫)に関連する談話室の質問

四国はどこまで入れ換え可能か (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

四国はどこまで入れ換え可能か (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

四国はどこまで入れ換え可能か (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

四国はどこまで入れ換え可能か (新潮文庫)の作品紹介

「四国を入れ換える」とは、いったいどういうことなのか??Let's錯覚!とは?田中一郎って??-意表を衝く発想を独特のタッチで長閑に描く、マンガの枠に載せた新しい笑いの実験本。「ミニ象」や「忍者ちび丸」でほのぼのさせたかと思いきや、錯視図形・電気回路で急転ハッとさせる、破天荒かつインタレストな、油断のならないショート・コミック集。

ツイートする