六番目の小夜子 (新潮文庫)

  • 11802人登録
  • 3.51評価
    • (934)
    • (1603)
    • (3091)
    • (312)
    • (60)
  • 1406レビュー
著者 : 恩田陸
  • 新潮社 (2001年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101234137

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
Q&A
恩田 陸
ZOO
乙一
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

六番目の小夜子 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 恩田陸さんデビュー作。
    とある高校で、3年に一度誕生するサヨコ。
    その伝説を知って学園祭や「ゲーム」を行う構成員が毎回違うのに、ほぼ内容を知らないのに、伝説が繰り返されるのは、メンバーが変わっても箱としての高校があるからか、見えざるものによる導きがあるのか…
    サヨコが誰か、これから何が起こるか分からない不安。
    学園祭の出し物で生徒一体で読み上げる台本の恐怖が感染していくさまが圧巻だった。

  • 学校オカルトの話?なんかイマイチピンと来なかった。あとがきの3週間で書いたって話が一番インパクトあったかも。

  • 恩田陸作品、初読み。
    『蜜蜂と遠雷』で直木賞と本屋大賞をW受賞された恩田さんの本を読んでみたくなった。せっかくなので出版された順に読んでみようと考え、デビュー作の本書を手にした。

    本書は、三年に一度、必ず行われる『サヨコ』という学校行事の年に当たった、高校3年の生徒たちの話である。
    プロローグで説明されているゲームの説明が今一つ理解できなかったものの、話しの中にぐいぐいと惹き付けられ、先が気になった。特に学園祭の芝居。私も全校生徒の中にいるような感覚で、ランプの点灯するリズムに合わせて、本書を読んでいた。

  • ひたひたと恐怖がせまってきて目が離せない。
    最後まで真実はわからない。

    高校時代に戻りたい!!!


    話の内容は最高!!だけど、表現が・・・。

  • 2017.5.1(月)¥180(-2割引き)+税。
    2017.5.3(水)。

  • 配置場所:広3文庫本,広呉文庫本
    資料ID:93013213,93066099
    請求記号:080||S,080||SH||O

  • 解説まで面白かった。なんでタイトルがサヨコでも沙世子でもなく小夜子なのか。。図書室の海も楽しみ。
    ≒過ぎる十七の春。

  • 学校の都市伝説のようなもの:「サヨコ伝説」を巡って翻弄される高校生のホラーファンタジー。学校という規則に縛られた特殊な容れ物に、思春期特有の不安定さ、危うさ、怖さが溢れかえっている物語だと感じた。ただ、完全に全ての伏線を回収しきっていない(沙世子はなんで野犬を従えられるのか?)読後感が残るので、謎解き目的で完全な解決を望む人にはお勧めできない。この不安定さも、この作品であり学校の存在そのものなのだと考えれば納得である。文章の展開に力があり、気がつくと読むのに夢中で時間が経ってしまう本だった。

  • 金曜日の本屋で見て。
    昔ドラマやってたけどどんなんだっけ?と思って購入。
    夏の章のキラキラした感じってこういうことかー、完璧な青春てこういうこたかー!って。
    たとえ話とか、細かいところの表現が素敵だった

  • 現在旬の作家である恩田陸氏のデビュー作。
    地方の由緒ある進学校を舞台にしたミステリー&ホラー&ファンタジー。
    主人公は三年生の男女4人。そのうちの一人が小夜子という名の転校生で、物語を動かすエンジンとなる。小夜子を含む4人の一年間が、学校の伝統となっている「小夜子伝説」と絡まり絡まり合いながら、甘塩っぱく進んでゆく。まだ、ケイタイもデジカメもない時代の話で、待ち合わせは「いつもの喫茶店で」みたく、いかにも地方の進学校にありそうなエピソードが積み重ねられ、アラフォー、アラフィフ世代にとってはノスタルジーをかき立てられることこの上ない。
    もうひとつ、重要な存在というか、舞台装置があって、それは「高校という場」。毎年毎年、三年生を送り出しては新入生を受け入れる学校は、それ自体特有の人格や力場みたいなものを持っているという話。この物語では、学校の持つ特別な力を「小夜子伝説」という形で具体化している。
    毎年、卒業式のときに受け継がれる「小夜子」役。それは当事者以外に知られてはならず、知られないままにあるミッションを遂行しなくてはならない。もし伝統に逆らえば、小夜子役には不幸がふりかかるいう奇妙な伝説。誰が何のために始めたのかもわからないけれど、不思議な力に支配され、やめることもままならない。そのナゾは完全には解き明かされず、知っているのは校庭の桜の木のみ、というオチが味わい深い。
    デビュー作なので、文体はあまり洗練されていないけれど、のちの恩田氏の作品を彷彿とさせる要素がたくさん詰まっている面白い作品。

  • 金曜日の本屋さんの一章で取り上げられれいたので興味を持って。
    恩田陸特有の青春プラス日々見過ごしているようで、実は誰もが経験しているようなミステアス要素が混ざって一期によませる。

  • デビュー作でもやはり恩田陸ワールドが出ているなと感じた。背筋が薄ら寒くなるような感覚。

    おもしろかったのですぐに読み終わった。ホッとする終わり方ではあったけど、少し物足りない気もする。あれだけ謎めいたことが起きたけど、そんなもんだったの??という。

    犬はなんだったのか………(笑)

  • 「光の帝国」に続き、直木賞受賞で興味がわいた恩田陸2冊目。
    「光の帝国」と同様、冒頭はものすごく引き込まれる。
    ホラーなのかな?と若干の後悔しつつ読み進めると、こちらもやはり食い足りない。視点がコロコロと(でもないかもしれないが)変わるところや、ご都合主義的に受け取れる部分など、ちょっと浅いかなーと思った。食い足りない。

  • 随所に冴えたシーンがあるのだが、作者の妄想が暴走して締まりのない印象。学校に伝わる「サヨコ」伝説の設定の出来が良ければもっと面白くなったのにな、思う。

  • 恩田陸さんが直木賞を受賞したといふ事で、デビユ作の『六番目の小夜子』登場であります。「幻の」とか「伝説の」などといふ冠が付く本作。何故だらうと思つてゐたら、著者自身が「あとがき」で説明してゐました。なある。
    直木賞は、かつての新人発掘の意義はなくなり、今やすつかり中堅作家(時には大ヴェテランも)が受賞する文学賞になつてしまひました。恩田陸さんもデビユしてから、25年くらゐ経つのではないでせうか。まあ別段どうでもいいけど。

    小説の舞台はある地方の高等学校。結構な進学校とお見受けしました。この学校では「サヨコ伝説」なる言ひ伝へがあり、三年に一度「サヨコ」が選出されます。先代「サヨコ」の卒業式に、次の「サヨコ」にメッセージが届けられるのでした。その正体は、代々の「サヨコ」しか知りません。で、「サヨコ」のやることは、一年にたつたひとつだけ。
    そしてこの物語は、「六番目のサヨコ」の年の始業式に始まるのであります......うん、何だか面白さうぢやないかと期待させます。

    物語の視点は固定されず、舞台となるクラスにゐる関根秋・花宮雅子・唐沢由紀夫らによる群像劇と申せませうか。そもそも「プロローグ」を語る「私」とは結局誰の事か、最後まで分からなかつた喃。そのクラスに、「津村沙世子」なる転校生がやつてきます。いつたい彼女は「サヨコ伝説」と関係が有るのか? 巻き込まれる形で「サヨコ伝説」に関はる事になつた関根秋は、友人設楽正浩とともに謎に迫るのですが......

    お膳立ては中中凝つてゐます。「サヨコ伝説」の謎に迫る為に、設楽が計画した学園祭の「芝居」も興味深い展開であります。ここまで広がつた風呂敷をどのやうに収めるのか、気になるところです。読後の印象は悪くないし、まあ良かつたよね、といふ感じなのですが、疑問が疑問のまま終つてしまつた点が多いですな。
    佐野美香子は付け火をした後どうなつたのか、津村沙世子は何故それを唆したのか、黒川先生の関与度はどれだけのものだつたのか、他にも色色と、何だかはつきりしないのであります。単にわたくしが重要な伏線とかを読み落としたのかなあ。
    ま、いいや。デハ今日はご無礼いたします。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-689.html

  •  学校というのは不思議な空間である。誰もがそこに一時期身を置きながら、誰もがそこにはとどまらない。教員も含めて皆が通り過ぎてしまう時空の集まりだ。常に新陳代謝を繰り返しているのに、学校としては残る。校風という形なきものがまことしやかに語られる。不思議な空間だ。不思議だから様々な伝説もできる。伝説はおそらく過去と現在とをつなぐ綱のようなものであり、そして現在と未来を結ぶものでもある。この小説のモチーフはそんな学校の伝説を基礎にしている。
     代々秘密裏に受け継がれるサヨコなる特別な人格を生徒たちは興味を持ちながらも、それを進学の吉凶占いのようにも考える。その無責任な興味が高校生の特権なのだろう。謎の美少女の小夜子の描写は実に興味深く書かれている。怪しい美しさと人を魅了する行動、そして不可解な行動。筋運びも軽快で読み進めやすい。ただ、結末はやや急いだ感があり、それまでの重たい流れに対してあまりにハッピーエンドだ。これもいかにも高校生の思考をそのまま再現するとこうなるという内容だ。
     作者は今年ようやく直木賞を受賞した。いま受賞作を読んでいるが、かなり雰囲気は変わっていて作家としての進歩は甚だしい。ただ、このいかにも女子高生が書きそうな展開の小説を残したことには作家としても意義があると思う。

  • この文庫、引越を4,5回経験しているし、昔は入浴中に文庫読んでいたこともあるのでボロボロである。恩田陸が直木賞を受賞したからではなく、ビデオデッキが映るかどうか確認するために見たのがNHKのドラマシリーズの『六番目の小夜子』だったので読み返してみたのだ。ドラマとは設定等異なっているのだが、どちらもよいという稀有な例である。なぜかと言うと、この話はそもそも恩田陸が昔のNHKの少年ドラマシリーズへのオマージュとして書いたということ(確かどこかでそう書いてあったのを読んだ)。このドラマ化されたシリーズがNHKが少年ドラマシリーズ的なものをまた作りたいと思って制作したこと(と、これもどこかでそう書いてあるのを読んだ)。どちらも相思相愛なのだ。…どこにも感想のないなぁ(笑)

  • ミステリーというほどの論理性はない気がする。ホラー?雰囲気はある。

  • 作者の人物描写が好き。
    しっかり書いているのだけど、詳細過ぎない。うまい具合に、読み手の想像力をかきたてる、助けをしてくれるというか……。

    しかし、作者は「年齢の離れた兄弟」設定が好きなのかな。

  • その高校では代々『サヨコ』と呼ばれる生徒が選ばれる。
    卒業式の日、前回の『サヨコ』から新しい『サヨコ』へ古びた鍵が継承されるのだ。
    そして3年に一度、ゲームが行われる。
    その年『サヨコ』になったものは赤い花を教室に飾り、誰にもバレることなくあることをやり遂げなくてはならない。
    そこに美しい転校生の津村紗世子がやって来た。
    そんな話なんだけど、なんか違う。

    ミステリーのようで、ファンタジーのようで、学園青春物のようで、何でもないような。

    うーん、なんだろう。
    モラトリアムかな

  • 文章自体は簡潔、しかし描写がしっかりなされていてとても読みやすかった。次へ次へと読ませる力があり一気に読んでしまった。だが読み終わったあとも謎は残る。だがその謎を解くのも無粋というものなのかもしれない。

  • 小学校の頃に見ていたドラマが懐かしくなって手に取りました。
    と言っても当時からよく内容がわかってなかっただろう上に、記憶も消えかけで、栗山千明がただただ美しかったことくらいしか覚えてないんですが。

    恩田陸作品、そういえば読むの初めてでした。
    発売からかなり経つ作品だからなのか、それともこれが恩田陸の作品なのか、描写がとても新鮮な感覚。

    学校って、特に高校生って、本当に人生の中でも特殊で、異質で、でもその異質を誰もが辿ってきているっていう不思議な世界だったんだなぁとしみじみ思いました。
    でもなんだろう、今まで読んだ青春小説に比べればキラキラ感は控えめなのに、一番愛おしく感じる。

    ドラマ放送当時の唯一記憶にある学園祭の呼びかけのシーンが、文章でもここまで臨場感があるなんてびっくり。鳥肌モノでした。

    結局、あれとあれはなんだったんだ……という謎は数多残りますが、すべての解決をあまり求めないタイプなので私はこの終わり方でとても満足。

    むしろ私たち読書もまた、秋くんのように、「小夜子とは一体何だったのか?」を探求するという、定められた大きな流れに組み込まれた些末な存在の一人なのかも……なんちゃって。

  • 学校という閉鎖された小さな空間 然しそれが世界の全てとも言える高校時代の描写・表現が素晴らしい

  • 読んでる最中はずっとドキドキしてたのですが、読み終わってみるとあれ?って感じ。読解力が足りないのか・・・。

全1406件中 1 - 25件を表示

六番目の小夜子 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

六番目の小夜子 (新潮文庫)に関連するまとめ

六番目の小夜子 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

六番目の小夜子 (新潮文庫)の作品紹介

津村沙世子-とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友情、恋愛。やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。

六番目の小夜子 (新潮文庫)のKindle版

六番目の小夜子 (新潮文庫)の単行本

ツイートする