六番目の小夜子 (新潮文庫)

  • 11939人登録
  • 3.51評価
    • (935)
    • (1613)
    • (3105)
    • (315)
    • (60)
  • 1420レビュー
著者 : 恩田陸
  • 新潮社 (2001年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101234137

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ZOO
乙一
宮部 みゆき
Q&A
恩田 陸
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

六番目の小夜子 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 学校の怪談のような話を想像して、ずっと避けていた小説。
    今にして思えばタイトルが怖いんだな。騙された。

    確かにじんわり怖いんだけど、想像していた程ではなかった。
    というより、かなり充実した高校生活が描かれていてとても楽しい。
    登場する高校生もとても魅力的。謎めいているところも、怖いところも、全部ひっくるめてぞくぞくするくらい魅力的だ。

    そして学校という空間の怖さも思い出した。
    学校から解放された身としては、傍観者でいられることに心底安堵している。

    中にいる時にこの小説を読んでいたらどんな感想を持っただろう?
    そもそも私は本当に抜け出したのだろうか?
    抜け出したのだとしたら今私がいるのはどんな場所なのだろう?

  • ある地方の進学校に、十数年にわたり受け継がれてきた奇妙なゲーム。
    3年に一度、一人が鍵を渡され「サヨコ」となる。誰がサヨコなのかは明らかにされない。全校生徒が共犯。
    六番目のサヨコが誕生するはずの今年、美しい転校生の「沙世子」がやってきた。偶然なのかそれとも――?

    なぜ今まで読んでいなかったのかわからないけれど、今になってようやく読んだ、一時期絶版になっていたという恩田さんのレビュー作。
    どんな作家さんもレビュー作には初々しさとその作家さんらしさがあって面白い。
    この「六番目の小夜子」も、文章や構成に多少のぎこちなさがある一方で、恩田さんが自ら「既に私らしいところは全部入っている」と評するように、恩田さんテイストがいっぱいつまった一冊だった。

    物語の中にあっという間に引きいれられてしまうプロローグ、
    高校生らしからぬ落ち着きをもった理知的な美男美女、
    不思議な伝承が受け継がれている郷愁的な雰囲気の漂う学校、
    中盤の緊迫感あふれた全校生徒による劇(ここが一番面白かった)、
    ミステリー調でいながら、全部が解決するわけではない余韻ある結末・・・

    ふっと見えてくるイメージから作品を膨らませるという恩田さん。六番目の小夜子の生まれたきっかけは、学校のイメージだったのではないだろうか。
    “―その朝、彼らは静かに息をひそめて待っていた。”

    いくつかこんがらがったままになってしまった謎はネットで検索して何となくわかった気になりました(あぁまたやっちゃった、この安易な解決)。
    次はサヨコのサイドストーリー「図書館の海」を読んでみたいと思う。

  • 昔NHKのドラマで見ていた時、すごく怖くて、でもなぜか惹かれて、「中学校」ってこういうドキドキする場所なのかなぁと思っていた記憶がある。(ドラマは中学校だった)
    「学校」も、「小夜子」という名前も魔力を持ってる。
    七不思議や怖い話は怖いけれど皆惹かれていく。
    そういうものに似ていると思う。

    小夜子、と表題にあるのに一回も本編では小夜子という漢字は出てこない(と思う。違ったらごめんなさい)。
    沙世子かサヨコ。
    ずっと不思議だったのだけれど調べて見たら答えがありました。
    晶文社 土曜日は灰色の馬
    恩田陸 web連載
    第2回目 恐るべき少女たち
    http://www.shobunsha.co.jp/?page_id=1962

    恩田さんの中にはサヨコのイメージがあったんですね。

    学校の閉じられた空間、閉塞感、そういったものが凄くまざまざと感じられて校舎の匂いを思い出すようなそんなお話でした。
    ドラマと違った展開や登場人物もまたよかった。
    演劇シーンはもちろん、私が一番怖いと思ったのは沙世子の持っている人をコントロール出来るという部分。
    あれは多分持って生まれたものだろうけど、あれが一番怖い気がする。
    私も多分沙世子に似ていて、人と話しているといつも人の話ばかりを聞いていて、結果的に悩み事ばかりを聞いてあげているという図式ができていたりする。
    ここで沙世子と違うのはそれはそれとして利用するのではなく、私がそのコントロールに耐えられなくなって面倒になってしまうという幼さが出てしまうこと(笑)
    私がいつも聞いてることに気がついてる?私の話ししてないのは知ってる?わかってくれてる?と言いたくなってしまうこと。
    私がいなくなったら体のいい人がいなくなっただけにしかきっと思われないんだろうなと面白く無く思ってしまうこと。
    沙世子のように割り切れていない。
    でも割り切れてしまうことも怖いと思う。
    『六月の夜と昼のあわいに』の翳りゆく部屋のような。
    そんな気持ち。

    川に石を投げ入れたって、あとで拾いに行くわけじゃないもんな。
    この表現はどきりとして好きでした。

  • もしも長い時が経って、秋、由紀夫、雅子、沙世子が高校時代を思い返すことがあったとしたら。時の流れに記憶が曖昧になってるかもしれないけれど、あの学園祭の日に起きた竜巻の美しさは誰も忘れていないような気がします。でも、それは決して開けてはいけない、まるでパンドラの函のように思いました。読み続けている間、喉元に刺さった小骨のように何かがつっかえてるような、じっとりとした不穏な空気がまとわりついてるような、ほんの些細なことで壊れてしまいそうな、そんな不安定な気持ちにさせられました。一体何だったんだろう『サヨコ』って。学校って。微熱に浮かされたよう。
    でも、最後に沙世子と秋の関係が見えない壁をぶち破ったように感じました。
    生徒は水が流れるように留まることはないけれど、学校という容器はずっと其処にあり続けます。その中でまた、何かが生まれていくのでしょう。

  • 大学時代に友達から借りて一度読んだのですが、図書館で見付けて懐かしくなって借りました。面白かったです。高校三年生の爽やかな一年間の物語の中に、ひたひたと浸み込んでくる黒い影。サヨコ、という伝統に翻弄される主要な人物たちに惹き付けられました。学園祭の劇のシーンは狂気を感じました。主要な登場人物はそれぞれ魅力的でしたが、終盤出てきた美香子は好きになれなかったです。結局、サヨコとはなんだったのか、という謎は謎のままでしたが、それもいいな、という思いです。恩田さんの描く少年少女は美しくてなんてみずみずしいのだろう、と改めて感じました。

  • この小説の要がミステリかファンタジーか判らずに結末を迎える。物語の中で様々な謎が提示され、解かれる謎、あやふやなままの謎に別れた。このあやふやなままの謎が自分をモヤモヤさせる。
    すべての謎に解答が出る小説が好きな人には向かない本だと思う。自分は結構好き。

    物語では6番目と2番目の小夜子に焦点があてられていたが、初代の小夜子はどんな人だったのだろうか?

    こういう小説を読むと過ぎてしまった高校生活が懐かしくなる。

  • デビュー作。青春小説。
    印象が拡散する故に吸引力は弱いけど、やはり恩田陸は最初から恩田陸だったんだなあと思わされる。自分含め好きな人はとことん好きな恩田作品。
    なんでもないことを雰囲気たっぷりに仕上げるところとか、結局…?というオチの感じとか。学校という閉鎖空間、そこにある懐古、奇妙さ、恐怖、切なさ、甘さ。演劇。大人びて謎めいてる、でもやっぱり普通の(美)少年少女たち。
    私的に加藤くんが不憫だ。

  • 久々の再読。「六番目の小夜子」といえばやっぱりNHKでドラマ化したのを思い出す。
    リアルタイムで見ていたのだけど、とっくに記憶があいまいでホラーな終わり方をしたことしか覚えていない。
    小学生だった当時、そして原作を初めて読んだ学生の時分と比べて、学校という特殊な空間へのいとおしさを感じるようになってしまったのは歳のせいだろうか。
    この作品をホラーととらえるのもおもしろいけれど、やはり「六番目の小夜子」は青春小説なのだと、改めて認識した。

  • 綾辻行人「Another」読了後、どうしても読みたくなり積んでいる本の山から探し出してきた。

    恩田作品はこれ以前に2、3冊読みかけては挫折していたので「小夜子」も長年積みっぱなしにしていた。
    「小夜子」も読めるか心配しつつ読み始めたら・・・すぐに夢中になっていた。

    印象に残るのはやはり劇の上演場面。
    異様な空気感にゾクゾクする。

    読み終わってしまえば確かに、伏線の回収ができていないところや文体のアラなどが気にならないといえば嘘になるけれど、それが勢いにもなっている気がする。
    きっとデビュー作というのはそういう勢いがあるものなのだなぁ。

    その勢いの良さと、初めて読みきれた恩田作品という個人的オマケ点をプラスして☆5つ。

  • この物語のいちばんの盛り上がりは、なんといっても全校生徒参加の『六番目の小夜子』劇だと思います。
    張り詰める緊張感と伝染してゆく恐怖。
    集団心理を煽る舞台での演出にゾクゾクしました。
    しかし、ホラーやミステリー的なモノに期待して読むと、最後はうやむやな感じ。
    結局、無限ループ?と謎は残りましたが、初めての恩田作品とても面白かったです。

  • 図書館で借りた本。
    ある進学校では、毎年「小夜子」が人知れず決められる。卒業式の日に、前「小夜子」からメッセージと鍵を渡されたらそれが合図で、一年間「小夜子」をしなければならない。さらに3年に1度、学園祭のある年に「小夜子」に当たると、一人芝居をしなければいけない・・・などなど。一体だれが何のために始めたことなのか?呪いなのか?

  • 文化祭の劇上演は、本当に引き込まれた。でも、結末は???となってしまった。恩田さんの文章は、とても好き。

  • 怖かった、ドキドキした、面白かった。

  • 物語の書き方に癖があるのははこれがデビュー作だからなのか。でもその癖が、別に不快でもない。文化祭のシーンは迫力もの。

  • 文化祭のシーンが超良かった。自分もその場にいるみたいで、ドキドキした。
    けど最後は無理やりオチをつけたみたいで微妙。
    たぶん球形の季節とかQ&Aとか、三月は〜とかを読んだ後だからか、そう簡単に片付けられるのはなぁ…と思った。

  •  学校というのは不思議な空間である。誰もがそこに一時期身を置きながら、誰もがそこにはとどまらない。教員も含めて皆が通り過ぎてしまう時空の集まりだ。常に新陳代謝を繰り返しているのに、学校としては残る。校風という形なきものがまことしやかに語られる。不思議な空間だ。不思議だから様々な伝説もできる。伝説はおそらく過去と現在とをつなぐ綱のようなものであり、そして現在と未来を結ぶものでもある。この小説のモチーフはそんな学校の伝説を基礎にしている。
     代々秘密裏に受け継がれるサヨコなる特別な人格を生徒たちは興味を持ちながらも、それを進学の吉凶占いのようにも考える。その無責任な興味が高校生の特権なのだろう。謎の美少女の小夜子の描写は実に興味深く書かれている。怪しい美しさと人を魅了する行動、そして不可解な行動。筋運びも軽快で読み進めやすい。ただ、結末はやや急いだ感があり、それまでの重たい流れに対してあまりにハッピーエンドだ。これもいかにも高校生の思考をそのまま再現するとこうなるという内容だ。
     作者は今年ようやく直木賞を受賞した。いま受賞作を読んでいるが、かなり雰囲気は変わっていて作家としての進歩は甚だしい。ただ、このいかにも女子高生が書きそうな展開の小説を残したことには作家としても意義があると思う。

  • この文庫、引越を4,5回経験しているし、昔は入浴中に文庫読んでいたこともあるのでボロボロである。恩田陸が直木賞を受賞したからではなく、ビデオデッキが映るかどうか確認するために見たのがNHKのドラマシリーズの『六番目の小夜子』だったので読み返してみたのだ。ドラマとは設定等異なっているのだが、どちらもよいという稀有な例である。なぜかと言うと、この話はそもそも恩田陸が昔のNHKの少年ドラマシリーズへのオマージュとして書いたということ(確かどこかでそう書いてあったのを読んだ)。このドラマ化されたシリーズがNHKが少年ドラマシリーズ的なものをまた作りたいと思って制作したこと(と、これもどこかでそう書いてあるのを読んだ)。どちらも相思相愛なのだ。…どこにも感想のないなぁ(笑)

  • 小学校の頃に見ていたドラマが懐かしくなって手に取りました。
    と言っても当時からよく内容がわかってなかっただろう上に、記憶も消えかけで、栗山千明がただただ美しかったことくらいしか覚えてないんですが。

    恩田陸作品、そういえば読むの初めてでした。
    発売からかなり経つ作品だからなのか、それともこれが恩田陸の作品なのか、描写がとても新鮮な感覚。

    学校って、特に高校生って、本当に人生の中でも特殊で、異質で、でもその異質を誰もが辿ってきているっていう不思議な世界だったんだなぁとしみじみ思いました。
    でもなんだろう、今まで読んだ青春小説に比べればキラキラ感は控えめなのに、一番愛おしく感じる。

    ドラマ放送当時の唯一記憶にある学園祭の呼びかけのシーンが、文章でもここまで臨場感があるなんてびっくり。鳥肌モノでした。

    結局、あれとあれはなんだったんだ……という謎は数多残りますが、すべての解決をあまり求めないタイプなので私はこの終わり方でとても満足。

    むしろ私たち読書もまた、秋くんのように、「小夜子とは一体何だったのか?」を探求するという、定められた大きな流れに組み込まれた些末な存在の一人なのかも……なんちゃって。

  • 学生時代に読む印象と先生の年齢になって読む印象は違うだろうなぁ、という一冊。

    『みんながクラスに馴染み、クラスがまとまりを見せるまでの居心地の悪さと緊張が嫌だった。』

    『よく考えると別につらいことでもないんだよな。ただみんなが寄ってたかってつらいぞみじめだぞとおどかすから、ものすごくおっかないことのように思えるだけでさ。これって不思議だよなあ』

    『学校いうのは回っているコマのようなものだな。
    …コマはずっと一つのコマだけど、ヒモを持つ人間、叩く人間がどんどん変わっていくわけだな。オレは…いさめたり、ハッパかけたりする役なんだわな。』

    学生にとっては一生に一回、必ず過ぎ行く月日だが、教師はその青春時代というものをどういう風にみているのだろうか。。
    自分たちはイタい行動しても周りも同年代だし、若気の至りで済まそうとするけれど
    違う次元の大人にとってこの行動は…とか考えるともの凄く恥ずかしくて頭を抱えたくもなる。。

    分かりやすい、キラキラした青春小説ではないけれど、ある意味でその時を正確に捉えている小説だなぁ、というのが二度読みした感想でした。

    解説岡田幸四郎氏もいくつか引用しつつ、もっと深いところまで触れいるので読み応えのある解説。。

  • 恩田陸作品は大概、読了後に「ん?」となって最初からざっと読み直してしまう。
    オチがなくてすっきりしない、というより、世の中や人生は物語みたいにすっきり終わったりしないんだよ、とでも言われている様な。
    一作品読み終わったときはこれは何だったんだろうと思う。面白かったのか?とも思う。でもまた別の作品を読んでしまう。そういう著者。

    本作の通り一遍のあらすじやら何やらはちょっと調べれば続々と出てくるので省く。

    ミステリーは解決せず、青春も解決されない。

    駄目だ、この年になると青春してる高校生なんてのはデトックスの媒介でしかない。

  • だいぶ昔、NHKでドラマが放送されていたなあと思い出して手に取った一冊。

    表紙とタイトル、出だしから最初はホラーかと思ったが微ホラー程度。そういった要素よりもどちらかといえばファンタジー青春小説。もう一度高校生活を送りたくなる。ミステリー、ともいえるかもしれないが、ミステリーというより……うーん、謎を解いてすっきりするという楽しみ方よりも、あれこれ想像を巡らせる楽しみ方をする本だと感じた。
    最初は謎めいた美少女だった小夜子が、段々身近で可愛らしい女の子の感じられて愛しくなる。
    それにしてもあの演劇のシーンは戦慄した。読んでるこっちの緊張までもがどんどん高まっていった。

  • 続きが気になって、一気に読み進めてしまいました。
    ラストは、恩田先生の作品らしさがありました。

    ただ、私がやはり好きなのは文章です。
    高校生という一度しかない、貴重な時期に感じる、感じていた気持ちを比喩的のようであり、分かりやすい文章で表現されていると思います。
    だから、私は高校生が主人公の恩田先生の作品を読むと、自分が主人公と同じ高校にいて同じことを経験しているような気持ちになります。
    過ごしている時間の大切さに気づくような気がします。

  • 毒のある学園ファンタジーってことでいいのかな。
    まあ面白かった。
    学園祭での呼びかけ方式演劇の描写は緊張感があっていいねえ。
    読んでいて臨場感があるっていうかピリピリした感じが良かった。
    ただ全体になんか不安定なんだよねえ。
    沙世子や黒川の行動とか意味不明なんだよなあ。
    最初と最後に出てくる「彼ら」ってのもなんだんだかいまいち。
    見かけは古びててもその皮膚の下には新しい血液が流れているというのをそのまま素直に読めば桜の樹のことだろうが、それが隠喩だとすれば学校かあるはそれを含む城跡全体なんだろうけど、その辺ももやもや。
    まあそんなところも含めていろいろ不安な部分ってえのが高校3年生ってものなのかもしれない。

    保健所は野犬を野放しのようだし、消防は出火原因をちゃんと調べないようだし、高校教師は見知らぬ土地の高校生の名前と住所を調べているようだし、公務員がいい加減な土地柄のようだ。

    まあ★3つということで。

    今回読んだのは大幅に加筆されたという1998年版の文庫版。
    文庫で出てすぐ絶版になったという1992年版も読んでみたいなあ。

  • 何度目かの再読。地の文に力が入り過ぎて物語に入り込みづらいのはデビュー作だからなのか。それは最初だけで、読み進めていくうちにどんどん引き込まれていく。サヨコ伝説の設定、学校という舞台、魅力のある高校生たちが素晴らしい。何が起こるんだろうという不安感を全体に散りばめて、先へ先へと進めていく力は、今の恩田さんにつながっていて、最初に戻ってこの作品を味わう楽しみでもある。そういえば、これが恩田さんを全部読もうと思った、出会いの最初の一冊だった。久しぶりに好みの作家を見つけて、すごく嬉しかったのを覚えている。

全1420件中 1 - 25件を表示

六番目の小夜子 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

六番目の小夜子 (新潮文庫)に関連するまとめ

六番目の小夜子 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

六番目の小夜子 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

六番目の小夜子 (新潮文庫)の作品紹介

津村沙世子-とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友情、恋愛。やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。

六番目の小夜子 (新潮文庫)のKindle版

六番目の小夜子 (新潮文庫)の単行本

ツイートする