夜のピクニック (新潮文庫)

  • 24317人登録
  • 3.83評価
    • (2963)
    • (3303)
    • (3647)
    • (389)
    • (92)
  • 2769レビュー
著者 : 恩田陸
  • 新潮社 (2006年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101234175

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石田 衣良
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

夜のピクニック (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 第2回本屋大賞受賞作品。
    作者が水戸一高在籍時に参加した学校の伝統行事である24時間長距離ハイクがモチーフとなっている。

    この作品は高校生がひたすら歩き続けているだけのストーリーなのだが、一緒に歩く仲間が入れ替わったり、そこでの会話や行動などで、青春の痛みや輝き、人の温かさ、友情の尊さなどを知り、高校生たちが成長していく物語である。よくぞこの退屈なシーンの連続だけで、ここまで書いたものだと感動できる素晴らしい作品。

    青春小説の傑作で、私の大好きな作品でもあり、ブクログの「お気に入りベスト3」では、辻村深月「スロウハイツの神様」に次いで第二位に挙げています。未読の方は是非読んでみてください。
    お薦めです。

  • 全校生徒が24時間かけて80キロを歩きとおす歩行祭。
    その24時間が、貴子と融それぞれの視点から描かれる。

    長くただただ歩いていると、もちろん体は疲れてくる。
    とりとめなくいろんなことを考えたり、考えているつもりで気付くと何も考えていなかったり、と思考に波が出てくる。
    心身ともに疲労すると普段自分を飾っている余分なモノがすとーんと落ちてしまうのかもしれない。
    そんな状態だからこそ、ワケありの二人も自然な乾杯ができ、お互い近づきたがっている心を素直に表せたのかもしれない。

    あっさりさっぱりした会話、達観した感のある考え方など、高校生と思うとリアリティがないかもしれない。少なくとも自分の同時代に照らし合わせると、自分含め周りにもここまで気持ちよい人間関係はなかったなーと思う。
    でもリアリティがなさすぎて(←わたしには)、一回りしてリアルに思えてくるから不思議だ。
    そしてリアルに思えた瞬間、登場人物たちの高校生活、なかでもやはりこの24時間がとてもうらやましくなる。

    二人の周りの友人が良い子たちばかりでできすぎな気もするけれど、悪い人が出てこないお話、というものがキライではない(むしろ好き)ので良しとしたい。

  • ものすごくいまさらながら、だけれども読んだ。評判どおり、すごくよかった。おもしろかった。
    なにげない、脈略なく続くような会話がすごく読みやすくてするすると読めて、いつまでも読んでいたい感じ。恩田作品はそれほど読んでいないのだけれど、恩田さんのこういう会話ですすむ話がわたしはとても好き。会話で、それぞれの性格分析がされるようなところとか。相手の言葉をきいてその心やそれをきいてる自分の心までさぐるようなところとか、興味深い。

    それにしても高校生たちが大人っぽいな、と。互いのことを思いやり、気持ちや立場をくんで会話してて、実際、こんなふうに客観的に考えられるかな、と。でもそこがまたいい。高校生を描きつつ、普遍的というか。
    高校生たちが、自分たちの将来というかもっと先の老後や死までちらっと考えるところもよかった。
    こんなふうに、すごく率直にいろいろ深い話ができるということが、大人になった今、単純にうらやましかったりも。

  • 夜というのは、非日常に繋がりやすい時間帯だと思う。
    暗から明へ、心にある鬱屈したものも、朝日に向けて浄化をはじめてゆく。

    村上春樹の『アフターダーク』も一晩を通して描かれる話で、まったく設定は違うのに、朝に向けてポジティブに動きだす所は共通しており、面白い。

    私の母校でも、『夜のピクニック』と同じイベントが開催されていたのだが、こんなドラマチックな展開に出逢うなら、参加しておけば良かったと後悔しきりである。

    時間の流れと、思いの変化が本当に上手く描かれている。
    こういう小説は、ぜひ読書ビギナー向けのフェアに入るべきだし、長く読まれ続けることを願う。

  • 恩田陸の名作のひとつ。夜のピクニックで何が起こったか?というと、特に何も起こっていない。なのに、こうも惹かれて、ぐいぐい引き込まれて、かつての青春時代を思い起こさせる。読者に、こういう経験あったな、って思わせる。大切にしたい一冊。

  • ブクログのレビューを見て手に。

    良かった~。
    これぞまさに青春。読んでいてなんとも清々しい。青春の王道です。

    40歳目前のおじさんには、なんともほろ苦すぎて胸が痛い。
    高校生の時に読めれば良かったと悔やむ反面、今読んだからこそ。とも思う。
    もし、高校生の頃に読んでいたら、当時の自分と比べてしまいそうで。羨ましく思っちゃうんじゃないかなぁと。
    今なら当時の自分に、君だって十分青春してたよ。と客観的に思えるけれど(笑)
    うん。やっぱりこれは大人が読むべき本かもね。

  • いい話だった!

    ただ歩いてるだけなのに、人間関係や価値観が少しづつ変化していく描写が綺麗でした!
    登場人物の体調の叙述が「疲れた」「だるい」が続くのに対し、風景や心情の叙述が細かく変化する様が印象的でした。

    「辻村深月好きなら、恩田陸好き!」という感想を読み、読んでみましたが、その通りかもしれません!
    伏線は辻村さんの方が綺麗な印象を受けましたが、メッセージ性は同じぐらい凄い!

    あー本当これ、高校時代に読むべきだわ...
    オレ、青春してたかなー

  • 朝8時から翌日の8時まで歩き通す「歩行祭」を舞台に、主人公のふたり、甲田貴子と西脇融の関係を描いた作品である。作中はその「歩行祭」24時間だけで完結する。たった一日のお話にも関わらず、これだけ分量があり密度が濃い。ただひたすら歩く、それだけの事(物語なので当然それだけの事、ではないが)を、青春の1イベントとして光を当てるとこんなにも輝いてみえるのか。なにしろ退屈な場面が全く無い。あるのは主人公達のほんの少しの立場の変化と、大きな内面・関係の変化だが、話が終わる頃には切なくも包み込むような優しい感動を与えてくれる。

    丁寧かつ読ませる題材・文章で、一息に読めて、読後感もとても良い。歩きながら揺れ動く淡い心。瞳を見ては激しく揺れ、あるときは想うだけで浮き沈み、あるときは言葉を交わしても凪立つ事ない、そんな青春のおもいで。

  • この小説、10年くらい前の本屋大賞受賞作だったかな。
    この頃の本屋大賞は今ほど商業の匂いが強くなくてよかったような気がする。

    ある街の進学校で毎年行われる“歩行祭”。
    24時間をかけて80kmの距離を歩ききるという過酷なイベントで、ひとつの秘密を抱えた高校三年生の甲田貴子は、自分に対してひとつの賭けをする。

    これまで数冊読んだ恩田陸さんの小説は全部ミステリで、この小説はミステリではなく青春小説なのだけど、やはりミステリ作家らしい小さな仕掛けがある。
    物語はとても淡々と進んでいくけれど、最後は清々しく綺麗にまとまる。

    こういう青春小説を読むと、あの青い時間って、そのときにしか経験できないんだっていうことを実感する。
    勉強とか恋とか将来の悩みとか友だちとの関係とか。
    考えることがたくさんあって面倒な時間でもあったけど(笑)過ぎ去ってみると全部が眩しい。
    そういう青春のきらきらした感じが、一冊のなかに詰まってる。

    「みんなで、夜歩く。ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろう」
    学生のころ、クラスメイトと一晩を過ごすイベントはいくつかあったけれど、暗くなってからの独特な興奮ってあのときだから味わえたもの。
    意味なく笑ったり、ちょっとした打ち明け話をしたり。
    大人になってから同じ気持ちを感じようと思っても残念ながら感じられない。

    綺麗に大団円、という結末がしっくり来ない場合もまれにあるけれど、この小説はそうなってくれて嬉しかった。
    人物もそれぞれ個性的で、「こういう子、いたな~」と思ったりした。
    本屋大賞も納得の長編でした。

  • 一気に読んだ。

    高校時代、いろんな悩みや思いがある(一部は重い)けれど、さわかやに読み終えた。

    自分の場合はどうだったろうかと、遠い目をしてみた。
    そんなに悩みはなかったけれど、当時、その時に解決しない不安や悩みでいっぱいだったような気がする。もう忘れた…。

    その点、主人公の親友は俯瞰した視点で自分や友人たちをとらえているのはでき過ぎかと思うが、今の自分が読むとすんなり受け入れられた。なぜだろう?
    彼らの言葉に、すごく良いセリフがいくつもある。
    素直に感心した。

    小説になるような特段特異な経験はなかったけれども、当時のモヤッとした、ツンとした、シュワッとしたいわゆる甘酸っぱい想いが一瞬思い起こされたような気がする。

    当時、自分は自分の人生の主観でしか、考えたり感じたりしなかったなぁと。アオかった。今思うとこっぱずかしい。
    けれど、それはそれでよかったと読了後、布団の中で納得しつつ眠りについた。

  • 青春だな~。ただ歩く中で、頭や心が思考によって無限に広がる…贅沢に時間を使うことは若者の特権だなぁと思います。こういう小説は10代がリアルタイムで読むとどう感じるのだろう…と興味津々なおばさん。

  • これはもう何度も何度も読み返してしまう本ですね。
    何というか恩田さんの世界観、大好きです。
    描写がさらさらしてて、主人公も、主人公を取り巻く人物たちもそれぞれ魅力があって、眩しくて、初めて読んだ日の夜は興奮して寝られませんでした(笑)
    特に忍の「臭くて、惨めで、恥ずかしくてみっともないもの。あいつにはそういうものが必要だと思うんだよね」
    ここの言葉が、純粋にかっこいいなって思っちゃいました。
    高校生活最後の歩行祭。互いに交差する想い。

    高校生の間に読んでおいてよかったなーって思える本だったと思います。

  • 2時間半くらいで読了。
    昔ハードカバーで持っていたのだけど読まないまま処分してしまったので、文庫版を再購入。

     全校生徒が丸一日をかけておよそ80kmの行程を歩く「歩行祭」。3年生の貴子は最後の歩行祭に1つの賭けをしました。それはクラスメイトの西脇融に話しかけること。何故話しかけるのが賭けなのか、その理由は本編で明らかにされていきます。

     この「歩行祭」という行事は1年生から3年生すべての生徒が参加する行事で、クラス単位での歩行から段々と仲良しなもの同士の歩行へと変わっていきます。貴子の周りには仲の良いクラスメイトが自然と寄ってきて話をしながら歩くことになります。とりとめのない話や普段の愚痴、将来への不安、そして恋の話と、色々なやり取りが行われます。

     この作品は多感な時期の少年少女たちの人生そのものを「歩行祭」という形で描いているのだな、と感じました。私たちは、成長するにつれて少しずつ世界が開けていきます。学校の中だけの関係から他校のひと、県外のひと、年齢の違うひと、他国のひと・・・。高校生・18歳という、世界がもう一段階広がり始める期間。お話の中で、仲の良い友達、異性のクラスメイト、少し気になるひと、色々な人が寄ってきたり、離れたりしていきます。10代の男女にとってそれは、学校生活で起きる日常とリンクしています。24時間80㎞という時間の中に凝縮したのがこの作品の本当のお話ではないでしょうか。

     もう一つ、この作品のメインにもなっている貴子の「賭け」がお話のスパイスになっています。読者は早い段階で賭けの内容を知ることができますが、お話に出てくる登場人物たちは賭けの内容も賭けに秘めた決意も当然知りません。そんな中で変に気を利かせたり、勘違いしてしまう周囲の人間と、貴子の苦悩が、色々なところにちりばめられていて引き立ててくれます。
     
     大人になってしまった今だから、少し引いた目線で作品の話をしてしまいますが、この作品を高校生の時に読んでいたら、もう少し違う感想を持てたのかもしれません。ともあれ、少し眩しくなってしまうような、素敵な青春小説でした。

  • 本当に、ただ歩く、それだけなのに、ぎゅっと物語が詰め込まれている。
    こんな日々に戻りたいなあ。
    じゃなくて、こんな日々を過ごせていたらなあ、か。

  • これも、
    田舎の進学校の、歩行祭という徹夜で80キロメートル歩く行事の、その1日の出来事を扱った物語。

    これは今月読んだの中で一番でした。
    一緒の高校で一緒の部活動をしていた仲間たちに、この本を推薦したい。
    この本は、当時ぼくらが感じていたスピリットを、どことなく感じさせてくれるような気がする。

    今から思い出すと、特になんでもない、フツーの高校生活だったけど、
    いろんな行事の中で、
    友達といろんな話をして、
    いろんなものをつくって、
    少しだけ悪いこともして、
    それで今の自分があるのは間違いないわけで、
    そんな体験を思い出すと、
    それが珠のようだったと思えるわけで。

    うちの子どもたちも、
    そんな、珠のような時間を一緒にすごす仲間を、どこかでみつけてほしい、
    とおとうさんは思うのでした。

    2013/02/28

  • 青春がいっぱいつまってる。
    高校3年のこれから大人になってゆく時期、
    部活、気の利く親友、恋・・・

    同じ学校の同じクラスに異母兄弟がいるという特殊な状況で、
    本人たちはそれを誰にもいえない不器用なところがあり、
    気の利く親友たちがそれを補ってくれるんだな~
    みんな、いい友達だな~

    修学旅行のかわりに、
    ただ、一晩中あるくだけのイベントだけど、
    そういう自分や、周りの人と真剣に向き合う
    時間って意識しないととれないので、
    きっと貴重な時間だったんだろうな。

    最後に、最後の、
    ゾンビ(失礼。高見君)かっこよかったよ!

  • ザ.青春小説。何度も読み返したくなるのは何故だろう。
    恩田さんのノスタルジック全開の作品です。
    登場人物は高校生なのに他人に対する気遣いとか物事の考え方とか、僕が高校の頃、こんな考えをすることがてきただろうかと思うほど大人。
    こんな青春したかったなと少し後悔してしまう小説です。
    みんなで夜歩く。ただそれだけの小説なのにどうしてこんな特別な小説に思えるんでしょうか。

  • 幾つものレビューに書かれていましたが、読み終わった後、私も同じことを考えました。
    ”こんな青春がしたかった”。

    高校生の方には高校生のうちに読んでもらいたいと思います。
    忍が途中で言っていた、『タイミングを外した』というのに凄く共感できるからです。

    ただ今回この本を読んでいて、
    大人になってからでも、青春と同じ感動を味わえるのではないか、とも思わされました。
    ”歩行祭”、ただ歩くだけの行事に、
    彼らが色々な意味を見出したように、
    自分の周りの些細な出来事も、気持ちの持ちようによっては、
    きらきらと輝く時間にできるはずではないのかと。

    物語中にあった言葉
    <今は今なんだと。今を未来のためだけに使うべきじゃないと。>
    が深く心に響いています。
    今の時間、今持っている思いを大切に生きようと、そう思える作品でした。

  • 学校生活で1度はあるいやなイベント、登山とかマラソンとかそういうものを思い出させる作品だった。
    読みやすいし、感情移入もしやすいし、想像もしやすい。小説ビギナーの私は頭の中でイメージするには様子を表している言葉を反復しないとできなかった。
    けれどこの作品はすんなり想像できたから自分も入り込めたと思う。
    夜歩いているときの静かにふける雰囲気が好きで、それを綺麗に言葉にしてるなぁ。
    しんどい、つらいと感じるところの表現も自分が思っていたことを言葉で表すとこうなんだ、そうそう、そんな感じ。

    後で他のレビューをちらっと読むと辛口なものもあって、そういわれればそうかもと評価を下げそうになったけど最初の自分が思ったことを大事に、星5評価。

  • 夜通し歩き続けるだけの行事って…と、少し困惑しながら読み進めたら、読み終わる頃には大好きな小説になっていた。
    歩行祭が終わってしまうのが、少し哀しくてもったいないと思う登場人物たちの気持ちに、いつしか同調していた。

    例えば、文化祭の準備中。
    例えば、修学旅行の夜。
    例えば、誰もいない夕暮れの教室。
    普段、一緒に授業を受けているクラスメイトの、知らない横顔に出会うことがある。
    誰にも話したことのなかった本音が、ぽろりとこぼれることがある。
    それは、本当に特別な瞬間で。
    ドキドキして、大切にしたくなる。
    そんな瞬間の気持ちを、詰め込んだ本だと感じた。
    すごくすごく、特別で、大切な――。

  • なんやろう・・・この爽やかな風が吹き抜ける感じ。

    実際歩いてもないのに、鮮やかに風景が浮かび上がり
    貴子達と一緒に模索していると、読後は自分がリセットされる気がします。

  • 絶対にまた読みたい作品
    みなさん書かれてる感想ですが、高校生が一晩歩くだけをこんなにも読ませる小説に書けるのが凄いと思った。

    睡眠とは猫のようなものって表現や引き算の優しさって表現とかがなんか面白い表現だなと思いました。

    ストーリーとしては両主人公に感情移入できて思春期のドキドキというかそういったものがとっても伝わってくる作品でした。
    両主人公に素敵な友人たちがたくさんいてなんだか人間っていいなと思える作品でした。
    なにが目的かもわからないけど自分がいま周りにいるみんなと一緒にたくさん歩いてみたいなって思える作品でした。

  • お恥ずかしい話だが、まだこの作品を読んでなかった以上に「蜜蜂と遠雷」に次ぐ私にとって恩田陸2作目…

    恩田陸さん、文章がツルツルしてる。ふっつーなのになんの障害もなくスルッと喉を通る感じ。今の時期で言うそうめんみたいな…笑

    という恩田陸さん自身へ向けた感想はさておき、これは名作だ!と間違いなく読者に思わせる作品、流石だ。ただ夜中に歩くだけ。何その歩行祭?ただただキツそう。絶対修学旅行の方が楽しいでしょ!そんな読み始めの私の考えをことごとく全て掻き消してくれた。あっぱれ文章力‼︎

    修学旅行では夜中に起きていると先生に怒られて、こんな風に歩行祭のように普段話せないことを話す機会さえもない。そう考えると歩行祭って素敵な行事なのかもしれない。(自分が歩いてないから言えることかもしれないけれど…)

    大学生で読んだことが本当に悔やまれてならないこの本。できれば青春真っ只中の高校生の頃に読みたかったなと。P.188でも忍が言っている通り「しまった、タイミング外した」という感情そのまま。このようにこの本には気づかせてくれることも沢山のあったように思った。

    一人一人登場人物たちの心の美しさが夜の闇にキラキラ光るイメージで読み終わりの清々しくノスタルジックな雰囲気が最高に魅力的でした。

全2769件中 1 - 25件を表示

夜のピクニック (新潮文庫)に関連する談話室の質問

夜のピクニック (新潮文庫)に関連するまとめ

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

夜のピクニック (新潮文庫)の作品紹介

夜のピクニックは恩田陸さんが高校生を主人公にして描いた小説です。
小説の舞台の高校で、24時間耐久のピクニックが学校行事として行われます。高校生が昼食と夕食を食べ、仮眠をとりながらひたすら歩きます、ただ歩くだけということですが、その非日常的な行事を通して、登場人物たちが成長していく作品です。

夜のピクニック (新潮文庫)のKindle版

夜のピクニック (新潮文庫)の単行本

ツイートする