私と踊って (新潮文庫)

  • 569人登録
  • 3.28評価
    • (10)
    • (42)
    • (60)
    • (15)
    • (5)
  • 50レビュー
著者 : 恩田陸
  • 新潮社 (2015年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101234236

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

私と踊って (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 読了後もまだ夢うつつの境を彷徨っているような不思議な感覚。うつうつもやもやよくわからない、これぞ恩田ワールド!

    一番好きな話は『忠告』。もし自分のペットから手紙が届い時、ペットが書いたと信じられるだろうか?その内容を信じられるだろうか?
    ご主人様の危機を救おうと頑張って手紙を書いた犬のジョンの気持ちは伝わるのか。手紙の内容が必死で健気で泣けてしまう。ご主人様信じてあげて、逃げて〜。手に汗握る。さて結末は…。
    これと字を書けるようになった猫の話『協力』が対になっていて上手くできている。
    このふた作品は忘れられないショートショートとなった。

  • 宝石箱みたいに、どれもきらきら妖しく輝いている短編集だった。

    初っ端、「心変わり」で目線が後を追い続け、ダイイングメッセージに一緒にドキドキさせられる。

    「忠告」では犬のじょんからの手紙が、可愛くて可愛くて、と思ってからの展開がすごい。
    一番好きな作品。

    あとは巻末に作者からのていねいな解説があるので、そちらを参照して欲しい。

    異国に飛んだり、異世界に飛んだり、めまぐるしく入れ替わる物語なのに、どれもすうっと入り込めてはちゃんと扉を閉じて出て行ける。
    文体、構成、飾り方。
    楽しい仕掛けに満ちた宝石箱に、しばし心踊った作品だった。

  • 19!! の短編。あとがきまで読んで?? 17しかない‥‥ いえいえそのあとにありました。いろんな味のお話達に遊んでもらいました。

  • 今回は全体的に緊張感が足りなかったような……。
    これというのは作者自身も言われているが、既に洒落になっていない「東京の日記」ですね。本当にこうなりそうで怖い!
    巻末の「交信」のような遊ぶ心がある作品は大好きですね。

  • ちょっと前に読んだからそれぞれのタイトルは忘れてしまった。設定から登場人物から不思議な始まりをするのが多かった。そして余韻を残しまくる終わり方。恩田陸らしくて好き。
    印象に残ったのは、たどたどしい語り口の実は、、、だったやつと、映画監督の話、表題作。

  • 何度読んでもぐいぐい引き込まれる。
    最高の予告編集。

  • 請求記号 913.6/O 65

  • いろんなジャンルの短編集でほんと恩田さんはなんでも書けるんだなーと思いながら読んでました!

    最後のあとがきにそれぞれの話の覚え書き?があってそれを読んでからもう一度作品を読むとまたさらにおもしろいです!!

  • 恩田陸の私と踊ってを読みました。

    夢の断片を描いたような幻想的な短編集でした。
    怖い物語、奇妙な話、いろいろな物語を楽しみました。

    「東京の日記」は東京で厳戒令がしかれて通信の自由が奪われるというお話ですが、共謀罪が施行される今、数年後には架空の物語ではなくなっているのかもしれません。

  • たぶん、恩田陸さんの本はこれが初めてだと思う。何度か手に取り、確か購入した記憶もあるものの、読んだ記憶がない。
    もっと青春小説のようなものかと思ったら、推理ものあり、SF的なものありで、なぜ今まで青春ものと思ったのかハテナ?という感じ。タイトルの感じからそう、勝手に思ってたのか。
    これはショートショートの短編集。読みやすく、面白かった。短編にもいろいろなカラーがあり、フォントや横書きなど、視覚にもこだわっていて、こういう細やかさ、プロとしての仕事、こだわりを感じるもの、個人的に好きです。
    新刊も読んでみたい。

  • 短編小説と知らず読んでいたが、トリッキーな設定などエンターテインメント溢れる作風で楽しんで読むことができた。描写が難しいところがあるので流し読みは難しかった。

  • ミステリあり、SFあり、ホラーあり、ショートショートあり、エッセーあり。

    カラフルなキャンディをつめこんだ
    ガラスの箱みたいな短編集

    恩田ワールド炸裂です

  •  ショートショートサイズの短編を詰め合わせた作品。一つ一つの作品が短く、また、とある企画や特集などに寄せた作品が収録されている本だからか、寄せ集め感が否めなかった。まとめて読むんじゃなく、やっぱりその企画や特集にぽんと入っているのを読む方がこれら一つ一つの作品には良いんだろうな、という感じ。
     一番良かったのは『交信』。当時科学館ではやぶさの物語の説明を受けて感動したのを思い出した。こういうのは書けそうで書けない。たった1ページで、ちょっと感動したもの。やっぱり恩田陸さんすごいなぁ。

  • 頭の中に浮かんだ話をちょちょっと書いてみた感のある短編集。話に入り込めそう、というところで終わってしまうので、いつも置いてけぼりをくらった感じ。期待して読んだから余計に残念でした。

  • またまた全19編からなる短編集を読了。

    相変わらず内容はどれも面白いものばかりなのに、中途半端で終わってしまう。

    だから短編なのかもしれないが、短編に合わせた結末を用意して欲しい。

    明らかに中長編になりそうなストーリー展開で「夢違」みたく投げっぱなしん作品が多い気がする。

    面白い作品ばかりだからこそ、そう思ってしまう訳なんだけど。

    ただ「弁明」は良かった。

    「中庭の出来事」の中のエピソードを補完する形の作品となっていた。

    そういう今までの中長編作品に関連した短編集を出してくれないものだろうか。

    そうすれば安心して読み進められるはずだから。

    以上個人的な思いでした。

  • 2015年5月15日購入。

  • 忠告・・・こわい。

  • いろいろごちゃまぜになった短編集。後ろに恩田さんの解説があって、読了後にへーって思いながら読んでいました。ほんと、恩田さんらしい短編集。ミステリーっぽいのとか、ホラーとか、SFとか、いろんなジャンルの短編があって、恩田さんが出してる本の要素をかき集めたようなイメージ。この文章の雰囲気が好きだなあと思いながら読みました。もう一回読みたい。「交信」「東京の日記」は面白いなあと思いました。

  • 恩田ワールドの短編集
    ありそうで、でもきっと無い、ちょっと怖い物語を連続して読んでいると、日常からリアルさが無くなっていくから不思議。
    本から目を離したら、きちんと今に戻らねば。

  • 私と踊ってはおもしろかったな。見えるものにしか見えない世界、その中にある孤独がよく描かれている。
    あと土地や場所に意思や力があることをテーマにした作品の示唆になるのか、それは人の思いや意識が土地に宿ったと考えているような作品もあったな。その考え方は面白い。

  • 恩田陸の引き出しの多さが遺憾なく発揮されたお得な短編集。お気に入りは「思い違い」と「二人でお茶を」。恩田陸本人による作品解説が面白い。

  • 短編集。

    「二人でお茶を」一番好き。ディヌ・リパッティを聞いてみたい。「弁明」中庭の出来事を読み返したい。「死者の季節」恩田陸っぽい。生の裏に死がある。

  • あらすじ(背表紙より)
    パーティ会場でぽつんとしていた私に、不思議な目をした少女が突然声をかける。いつのまにか彼女に手をひかれ、私は光の中で飛び跳ねていた。孤独だけれど、独りじゃないわ。たとえ世界が終わろうと、ずっと私を見ていてくれる?―稀代の舞踏家ピナ・バウシュをモチーフにした表題作ほか、ミステリからSF、ショートショート、ホラーまで、彩り豊かに味わい異なる19編の万華鏡。

  • 書きたい箇所だけを書き留めた一冊という印象。一話一話が短いので、とりとめのない物語にしてしまっている気がする。
    お気に入りは《少女界曼荼羅》
    これは長編とは言わない、中編として是非続きを書いて欲しい。世界が固定されていない、日によってあっちへフラフラ、こっちへフラフラと一定の範囲内で移動してしまう世界の物語。キーになる「少女」とは一体なんだったんだろう。座敷童みたいなのをイメージしてたけど良い者なのかな。座敷童が固定されていた世界を動かす? ちょっと違うかな。

全50件中 1 - 25件を表示

私と踊って (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私と踊って (新潮文庫)の作品紹介

パーティー会場で孤独だった私に、不思議な目をした少女が突然声かける。いつのまにか彼女に手をひかれた私は、光の中で跳びはねていた。孤独だけれど、独りじゃないわ。たとえ世界が終わろうと、ずっと私を見ていてくれる?――稀代の舞踏家ピナ・バウシュをモチーフにした表題作ほか、ミステリからSF、ショートショート、ホラーまで、彩り豊かに味わい異なる全十九編の万華鏡。

私と踊って (新潮文庫)のKindle版

私と踊って (新潮文庫)の単行本

ツイートする