凍 (新潮文庫)

  • 1364人登録
  • 4.21評価
    • (252)
    • (223)
    • (104)
    • (7)
    • (3)
  • 210レビュー
著者 : 沢木耕太郎
  • 新潮社 (2008年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101235172

凍 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本が好きな人は、山際淳司さんの『みんな山が大好きだった』もおすすめです。

  • ちょいちょい読み進めるはずが、半分を超したあたりから止めることができず、そこから一気読み。

    作者の山野井夫婦に対する敬意が文章にとても現れていて、過剰なんじゃ・・とも途中感じる部分があったのだが読み終えてみて全然過剰じゃなかった。

    私が想像できる人間の忍耐力や精神力、行動力
    すべてを超越している。
    その自分のリアリティーからかけ離れている状況を
    まるでそこにいて見ているように感じられる文章。
    怖かったけど素晴らしい。

    どんな状況でも、一歩前に踏み出せば
    いつかゴールにたどり着ける。どんなに歩みが遅くとも。
    心にとめておきたいなと思う。

    いつか山野井夫婦にお会いして握手できたらいいなと
    本気で思う。

  • 28.2.18読了
    長らく積ん読本にしてしまっていたことを後悔した。でも今は読み終えて充実感に満たされている。
    「凍」 そして「 闘」
    私はもうひとつ「痛」を付け足したい。
    とりわけ妙子さんの精神力は凄い!もちろん体力も、技術も根性も…(涙)
    再び訪れる際に同行する人がいい味を出してる。

  • 日本人最強クライマー、山野井夫妻のギャチュンカン登頂。
    けして派手ではない、低温の情熱に痺れる。泰史のクールさ、妻妙子の、実務に強く、節約家で、料理上手で、朗らかな性格。何気に奥さんに甘えている旦那さんが微笑ましい。
    テレビで見たけれど、ふたりとも明るくて、ぜんぜん気難しくないんだよね。いったいどこに、あの不屈の闘志と精神力があるというのか。
    文章はもちろん読みやすく面白い。作者の敬意が感じられる。最後に少しだけ出てくる男性=作者がかっこよくてずるいぞ。

  • 登山の専門用語が多く、初めは難儀したが、気が付けば、震えるような気持ちで読み終えた。

    大きなことに取り組んだあとだからこそ、どう締めくくるかが大事だな。

    降りるところは手に汗を握った。

  • 読み応え抜群の作品。
    小説ではなくノンフィクション。

    【本の内容】
    「ギャチュンカン」という、決して大した勲章はないが非常に難易度の高い山を登攀した、日本人夫婦のノンフィクション・ストーリー
    男女2人だけのアルパイン・スタイルで、夫婦というより「パートナー」である夫婦2人で登り、山野井泰史だけが頂上を踏み、2人とも凍傷で大怪我をしたが無事生還した、前後9日間にわたる不屈の戦い。

    ※「登攀」・・・登山で、険しい岩壁や高所によじ登ること。


    【感想】
    まず始めに、このギャチュンカン登攀に同行していない沢木耕太郎がここまで繊細にノンフィクションでストーリー化できるのが凄い。
    なんてゆうことだ、一体どれほどの取材力をしているってゆうねん。あんなにリアルタイムで書けるのは化け物レベルだろう。

    次に山野井夫婦について。
    この人たちは一体何者なんだ?
    あれだけ絶望的な状況でも一切うろたえず、客観的いうか落ち着いた状況で死も受け入れていらっしゃる。
    なんでこんな極限状態で、危険な思いをしてまで登攀するんだ?
    大した稼ぎにも名誉にもならない(むしろ出費になる)のに、何故生活の全てを「趣味」である登攀に賭けれるんだ?
    凍傷して大きな手術を行ない、指もほとんど切断してしまったのに、何故また登りに行くんだ?
    この夫婦の人生って何なんだ?

    そもそもマトモな神経している人は、こんな危険な登山なんてしないのだろう。
    本当に人としてスゴイと尊敬する反面、一切自分とは相容れることのない人達だ。

    まぁ、納得できないというか到底真似できない生き方だが、何はともあれこの1冊の読み応えは専門的だが相当凄まじい。
    沢木耕太郎の熱意も感じるくらい、面白い作品だった。


    【初めて知ったこと】
    ・世界には8000メートルを超える山が14座ある。
    ・世界で初めて登られた山やルートには自身で命名できる。
    ・登攀前は、様々なデータを収集して複数名で解析し、アタックポイントをミーティングする。


    【引用】
    ・ギャチュンカン
    標高7952メートル。
    ヒマラヤ高峰群の100の谷が集まるところにある雪山。
    高峰群の中でも、とりわけ未踏の谷の奥深く。
    登頂するのが難しいのに、8000メートル未満なので勲章を得ることが出来ない。

    ※世界には8000メートルを超える山が14座ある。


    ・ギャチュンカンの登攀費用は2人で150万円ほど。
    航空費、ビザ代、現地近くまでの輸送費、一緒に行くコックの賃金、食料や燃料費、山岳協会への支払いなど


    ・2人の普段の生活は非常に慎ましい
    →家は奥多摩の古民家で家賃2.5万円(近くにクライミングできる岩場があるため)
    →家具はほとんど友人から貰い受けたもので、車は廃車同然のもの、食べ物は近くの山で採れた山菜ベース
    →収入は山野井が冬の山場でする強力(ごうりき)作業と、妻・妙子の宿坊パートが基本。
     スポンサー契約は自身が登りたい山に行けないため行なっていない。
     登山用具メーカーとのアドバイザリー契約も少しだけしているが、決して多い額ではない。


    p21
    登れるかどうかは全く分からないが、分からないという部分に強く惹かれるところがある。
    すべてが分かっており、全く安全だというなら、登る必要がない。


    p?
    その山を頂上まで登ったのなら、次はルートに視線が行く。
    新しいルートを突くことが一番の楽しみ。


    p169
    登攀中は上しか見ないが、下降中は下が見える。
    それは自分がどれだけ高いところにいるかを常に意識しなくてはならないということである。
    「オマケが全くないなぁ。」
    ギャチュンカンは「オマケ」を中々くれようとしなかった。
    予想通りの、あるいは予想以上の難しさだった。


    p?
    頂を前にした自分には常に焦っているところがある。
    決して功名心からではなく、そこに確かな山があるとき、その山を登りたいという思いが自分を焦らせてしまう。

  • 2017.10

  • ヒマラヤの高峰・ギャチュンカンに挑んだ、世界屈指のクライマー・
    山野井泰史・妙子夫妻の究極のクライミングを描くノンフィクション。

    冒険物・探検物のノンフィクションは、ページを繰るごとにわくわく
    させられる反面、困難な場面になると読んでいるだけでも怖くて痛い。

    本書の山野井夫妻についてはテレビのドキュメンタリーでも見たが、
    お互いが凍傷で手足の指を失っている。それでも、クライミングを
    続けるふたりの映像を見て壮絶さを感じたっけ。

    著者特有の淡々とした描写が、遭難時(正確には遭難ではないが)の
    過酷さをより鮮明に想像させてくれる。

    ギャチュンカン登頂を果たしたのは、夫・泰史だけであるので比重が
    そちらにかかっているのは致し方ないか。しかし、登頂こそ果たさな
    かったものの、妻・妙子の精神と肉体の強さには同じ女性として
    驚嘆する他ない。

    既に手足18本の指を凍傷で失っているにも関わらず、夫と共に
    過酷なクライミングに挑み、第二関節から切断された手指に更
    なる凍傷を負う。

    帰国後、凍傷部分の切断手術を受けた夫と妻の姿は対照的だ。
    夫は蒼白な顔色で体が小刻みに震えている。片手だけの手術
    とは言え、術後でも看護婦と談笑している妻。

    妙子については以前の凍傷手術の際のエピソードが紹介されている。

    「同じ病院に小指を詰めた暴力団員が入院していた。あまり痛い、
    痛いと大騒ぎするので、看護師が言ったという。
    「小指の一本くらいなんです。女性病棟には手足十八本の指を詰めて
    も泣き言を追わない人がいますよ」
    しばらくしてその暴力団員が妙子の病室に菓子折りを持って訪ねてきた、
    という。」

    一般論でも男性に比べ女性は肉体的な痛みに強いというが、肉体の
    一部を欠損しながら、料理や家事をこなす妙子に強い興味を覚える。

    山野井泰史・妙子夫妻は、ギャチュンカン以降も毎年クライミングを
    続けている。いつも思う。冒険に駆り立てられる人は、きっと普通の
    人にはない「何か」を持っているのだろう。

    本書も◎な良書。でも…痛くて寒くて怖かった。汗。

  • 引き込まれた。ぐいぐいと。感情移入、私も登攀しているかのように、緊張感を持って靴の一歩を運んで降りていくように。

  • これで沢木耕太郎にハマった。
    読んでる指先までツンと冷えて頭がグラグラしてくる。

全210件中 1 - 10件を表示

沢木耕太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
村上 春樹
沢木 耕太郎
湊 かなえ
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

凍 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

凍 (新潮文庫)に関連するまとめ

凍 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

凍 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

凍 (新潮文庫)の作品紹介

最強のクライマーとの呼び声も高い山野井泰史。世界的名声を得ながら、ストイックなほど厳しい登山を続けている彼が選んだのは、ヒマラヤの難峰ギャチュンカンだった。だが彼は、妻とともにその美しい氷壁に挑み始めたとき、二人を待ち受ける壮絶な闘いの結末を知るはずもなかった-。絶望的状況下、究極の選択。鮮かに浮かび上がる奇跡の登山行と人間の絆、ノンフィクションの極北。講談社ノンフィクション賞受賞。

凍 (新潮文庫)の単行本

ツイートする