旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)

  • 1478人登録
  • 3.93評価
    • (121)
    • (169)
    • (127)
    • (10)
    • (1)
  • 155レビュー
著者 : 沢木耕太郎
  • 新潮社 (2011年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101235189

旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 紀行小説「深夜特急」シリーズの著者による<旅>論の集大成となる長篇エッセイ。

    自分も21歳の頃、一人バックパックを背負って鉄道で1ヶ月半かけて欧州を巡った。
    夜のピカデリーサーカスの喧騒、夕暮れ眩しく煌めくナポリ湾のさざ波、早朝到着したウィーン中央駅でかじかむ手で飲んだ熱いカプチーノ、独りグラスを手にしたマドリードのバー。
    本書を読みながら、まだ携帯電話もない時代の宿も決めず行き当たりばったりでやや無鉄砲だった貧乏旅行をなつかしむ。

    その後何度か海外に行く機会に恵まれたが、それらは“旅行”であって“旅”ではなかったように思う。
    まさに旅は「途上にあること」であって、<旅>論を通して若く途上にあった日に“旅”した人のノスタルジアを掻き立てる一冊。

  • 深夜特急の旅に至るまで、深夜特急を書くまで、タイトルの由来が書かれてる!
    持っていった荷物も参考になる!
    旅をしていると自分が人として小さいことに気づき、1人が好きでも人といることが好きなことに気づける!
    危険を察知する力と危険を回避する力は自然に身につく!
    恐れずに。しかし、気をつけて。

  • 久しぶりにまとめて休みが取れて、ボルネオの海に行くこととなった。機上で読んでみた。

    著者の「深夜特急」はあまりにも有名ですが、正直バックパックの旅にはあまり興味がなかったのでこれまで読んでいませんでした。この作品は、「深夜特急」がうまれることとなったのか、背景や動機などを中心にまとめられています。面白い!

    行こうと思えば、それほど苦労をすることなく世界中のどこにでも行ける世の中です。

    ・「どこへ行く」ということよりも、行って「どう感じたか」が重要

    ・旅を面白くする年齢がある訳についても触れられていて、ある程度経験をつんでいて、なおかつ知りすぎてもいない年齢が旬だという。なるほど。
    その年齢でしかできない旅がある。

    ・旅は自分の身の丈を示してくれる。困難やトラブルに対応する力が試される。まさにアドベンチャーですね。このへんはやっぱり一人旅でないと味わえないでしょう。

    最近自分も意図的に一人旅を好むようになってきたのですが、このようなことを魅力に感じてきていたからかもしれません。

    旅はやっぱりいい!本物に触れられる。

  • 70も過ぎる義祖母は、旅が大好き。
    そんな彼女が、同じく旅を愛する私に言った言葉は、『あのとき、旅に使ったお金が、旅をしなかったからといって、今ここにそのお金が残るわけじゃない。』
    旅の適齢期にあった旅を惜しむことなくしておくべきだと。
    70過ぎてから行けるところには限りがあると言っていた。
    また、この本の中で沢木耕太郎は、旅の適齢期は、ズバリ26歳だと言っている。


    ーーーーーー
    つまり、あの当時の私には、未経験という財産つきの若さがあったということなのだろう。もちろん経験は大きな財産だが、未経験もとても重要な財産なのだ。本来、未経験は負の要素だが、旅においては大きな財産になり得る。なぜなら、未経験ということ、経験していないということは、新しいことに遭遇して興奮し、感動できるということであるからだ。
    もしそうだとするなら、旅をするには幼ければ幼いほどいいということにならないか、という疑問が湧いてくるかもしれない。しかし、それはそうならない。極めて逆説的な言い方になるが、未経験者が新たな経験をしてそれに感動することができるためには、あるていどの経験が必要なのだ。経験と未経験とがどのようにバランスされていればいいのか。それは『旅の適齢期』ということに関わってくるのかもしれない。
    ーーーーーーー

    旅の適齢期を過ぎた私の、これからの旅は、一泊300円のシーツに包まり、安いビールをたらふく飲むことではないことは確かだ。
    うーむ、考えさせられた。
    2012年始めに読んで良かった旅の力。

  • 深夜特急の沢木耕太郎氏の作品。あの頃もたまたま古本屋で出会って読むことになったんだけど今回も前回同様です。「旅には適齢期がある」と言うことには賛成です。歳をとるごとに減る感動ということは確かにあるなと。「旅に教科書はない。教科書を作るのはあなたなのだ。」これの言葉がこの本の全てですね。

  • 旅をすることは自分を作ること
    旅をして気付いたことは
    無力だということ
    自分の中で考えさせられる映画やドラマは
    Nのために
    きいろいゾウ
    風に立つライオンだった。

    この本のあとがきがインタビュー形式になっていて普段ならインタビュー形式のものはすっ飛ばして終わりだが、大沢たかおと沢木耕太郎のインタビューだったため、最後まで漏れなく読んだ。
    ドラマがやっていたことはこの本を読んで初めて知ったし大沢たかお演じる沢木耕太郎という点でもドラマを見たいと思った。

    サイン会の話で、旅に出る前の億劫さを実感した女の子について、私も同じ感覚になったことがあり、これは誰しもなることなんだと思った。

    旅をする前にバッグやリュックに必要なものを入れる行為がすごく苦手だったが、それは旅に出たくないという意志の表れだったんだなと認識

    再度読みたいと思う。
    自分のやりたいことがようやく見つかり、これから突っ走る勢いで指南書になれば良いと軽く手に取った本であったが、突っ走って疲れた後に再度読みたいと思った。

  • 恐れずに しかし気をつけて

    こんな旅がしたいなあ

  • 2016・2・3読了

  • バックパッカーのバイブルと謳われた『深夜特急』の裏側を、著者の沢木氏自身が語っている。

    なんとなく勝手に学生時代の沢木氏が主人公なのだと想像していたが、実はその当時から執筆の仕事をしていて、旅に出発したのは26歳の頃だったらしい。更に深夜特急が作品として世の出たのは、旅が終わってから10年も経ってからだったそうだ。

    本作のタイトルでもある『旅する力』とは、旅だけではなく日常生活や仕事など、人生の局面においても必要な力であるのだと思う、作品中の印象的な言葉を記しておきたい。

    ”面白がり方の技術”
    ”ほんとうにわかっているのは、わからないということだけ”
    ”風景の中に、不意に私たちの内部の風景が見えてくることがある”
    ”重要なのはアクションではなくリアクション”
    ”経験は大きな財産だが、未経験もとても重要な財産なのだ”
    ”問題は予期しないことが起きるということを予期していないところにある”

    あの旅が沢木氏に与えた影響は計り知れないものだったと思うし、1970年代の旅行記がいまだに多くの人々に与えている影響は、それ以上に計り知れないのかもしれない。

  • 筆者が作家としてデビューしてからの事や、若い頃の一人旅、深夜特急の旅について書かれたエッセイ。
    筆者である沢木氏は大学時代にスペイン語を太ったメガネの中年のオッサンに教わっていたというエピソードがあるが
    そのセンセイがあの松田毅一だと知ったのがもっとも驚きだった! ルイス・フロイスの『日本史』を現代日本語に訳した、あの松田毅一と沢木耕太郎がこんな所で繋がっていたとは!!

全155件中 1 - 10件を表示

沢木耕太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)に関連するまとめ

旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)の作品紹介

旅とは何か、なぜ人は旅へと駆り立てられるのか?冒険と叙情に満ちた紀行文学であり、瑞々しい青春記でもある名作『深夜特急』の誕生前夜、若き著者には秘められた物語の数々があった…。幾多の読者からの絶えざる問いかけに初めて、そして誠実に応えた"旅"論の集大成、著者初の長篇エッセイ。

旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)の単行本

ツイートする