サマータイム (新潮文庫)

  • 2062人登録
  • 3.56評価
    • (167)
    • (295)
    • (452)
    • (54)
    • (11)
  • 279レビュー
著者 : 佐藤多佳子
  • 新潮社 (2003年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101237329

サマータイム (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夏、春、秋、冬…
    色んな表情を持っている、季節、モノ、匂い、空気。

    その一つ一つが、柔らかに思い出される。

    サマータイム
    夏の日の、ゼリーでできた海。

    あの頃に戻ってみたい。

  • 柔らかくて、つかみどころのない文体が良かった。

    子供の頃の夏の思い出ってなんで大人になってからあんなに輝かしく最高の時間だったと感じるのだろうか?

    夏が、待ち遠しい。

  • 二番目のお話が一番好きでした。
    佳奈ちゃんがかわいいなぁ。
    読み終わった後、頭の中に濃い桃色のドレスを着て、つつじの花冠を被った佳奈ちゃんが「五月のつつじ姫のカーナよ」と胸を張っている姿が浮かびました。
    この季節に読むことが出来てよかった。

  • 大好きな作家さんの作品です。この作品は小学校の頃?中学?のころに宿題の題材として知りました。ボールいっぱいのゼリーを思い描いて夏を過ごしたことを思い出します。お子さんでも読みやすい作品だと思います。せひ夏休みに延世欲しい作品です。

  • きらっきらしとる

  • "ものすごい特別な人って感じがした。彼の内側の光にぼくは感電する。あの、感情をいつわらない、ちょっとはにかんだカンの鋭い言葉がいい。もちろん、腕のないこと抜きで、広一くんを考えられなかったけど、それがすべてじゃないんだ。"


    仲のいい友達と外をはしゃぎ回って
    自分の外側についてだけ考えてれば健康な少年期にこういう文章を目にするのはある意味で不健全なんだと思った。
    自分の目で見た以上を見させるのはそんなに急がなくてもいいと。
    よくも悪くも生きづらい人間になってしまうさ。

  • 夏のうちに読んでおこうと思って手にとった一冊。
    陸上競技モノ(「一瞬の風になれ」・「夏から夏へ」)以外で、佐藤多佳子さんの作品を読んだの初めてだけど、「う~ん、うまいなぁ」と唸ってしまった。
    何がって言葉ではなかなか上手く言い表せないんだけど、ゼリーとかつつじとか自転車とかピアノとか、小道具を使っての心情の動きの表現やシーン演出なんかが、とでも言えばいいのかなぁ。
    あと行間。文字数で言えば、たいしたボリュームではないのだけど、人物のセリフも心情も描写も決して多くの言葉では語られていないのだけれど、その言葉の合間に色々なことを感じ、想像させられる。

    夏~秋にかけてが読み頃の作品だと思います。

  • 海のゼリー
    つつじの花みち
    かんな色のワンピース

    こういう風に見えてたんだよなぁ
    私の物語じゃないのに
    忘れちゃいけない忘れたくない私の幼いころの思い出が
    つまっているような作品

  • 簡易な語り口で、読みやすい。わかると言えばわかるのですが、主人公の少女(佳奈)にシンクロできなかった。情景はイメージしやすく、エピソードもビジュアル的で美しくはあるのだけれど。弟の進と広一が良かっただけに、残念。

  • いやはや、参った。僕の好きな書評家の幾人かが高く評価している作家なのでいつか読もうと思っていたが、本当にすごい。最後の森絵都の解説が全て語っているように、切なさも美しい心の描写と1つ1つがキラキラした文章はこちらの心を揺さぶって仕方ない。終盤、主人公の1人がバレンタインに書いたメッセージ。あんなのもらったら誰だって「死ぬほど喜」ぶに違いない。

全279件中 1 - 10件を表示

佐藤多佳子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

サマータイム (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

サマータイム (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サマータイム (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サマータイム (新潮文庫)の作品紹介

佳奈が十二で、ぼくが十一だった夏。どしゃ降りの雨のプール、じたばたもがくような、不思議な泳ぎをする彼に、ぼくは出会った。左腕と父親を失った代わりに、大人びた雰囲気を身につけた彼。そして、ぼくと佳奈。たがいに感電する、不思議な図形。友情じゃなく、もっと特別ななにか。ひりひりして、でも眩しい、あの夏。他者という世界を、素手で発見する一瞬のきらめき。鮮烈なデビュー作。

ツイートする