殺ったのはおまえだ―修羅となりし者たち、宿命の9事件 (新潮文庫)

  • 241人登録
  • 3.39評価
    • (16)
    • (29)
    • (57)
    • (8)
    • (4)
  • 28レビュー
制作 : 「新潮45」編集部 
  • 新潮社 (2002年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101239149

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
東野 圭吾
宮部 みゆき
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

殺ったのはおまえだ―修羅となりし者たち、宿命の9事件 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • なんか胸糞の悪くなる事件ばかり。って、そういう本なんだけど。恵庭の事件の真相はすごく気になるな。

  • なんか犯人サイドの気持ちで読んじゃってつらい。
    昔はそんな子じゃなかったのに…って言われてても、昔から嫌な奴だったって言われてても、書いてる側は、史上最悪の悪漢!ってオチにしないと気が済まない!みたいな。
    悪い奴にもちょっとそれなりの、同情すべき点とかしょうがないよなあ、カワイソウに、そんなこと言われてもなあ、みたいなところもあるんじゃないかと思ってしまう。
    でも人殺しやん。って言われたらそうなんだけれども。

  • なーんか、全体的に読みにくかったなぁ…。

  • ノンフィクションシリーズ第二弾。
    読む順番間違えた…

    記憶に新しい、児童六人を殺害した
    「池田小事件」の宅間守の話が冒頭で出てきます。

    その父親への密着取材なんだが、犯罪者の肉親の
    心中を知る上で東野圭吾の「手紙」なんかより
    よっぽど面白いので読んでみるといいと思います。

    しっかし、読むのに疲れる本だわ。こりゃ。

  • 正直、環境が人をそうさせてしまうのかな、と思わせるような家庭が多すぎるし、親がこうなら子供もそうならざるをえないような育て方のような気がする。

  • 殺人犯の親戚などのインタビューや裁判の傍聴記録から、違和感のある言葉を繋ぎ合わせて書いた、薄っぺらい嫌悪感の残るレポート9つ。結論「貧乏で育ちが悪いやつが犯罪者になる」。最近読んだ中でもっとも悪趣味な1冊。雑誌の新潮だしな。

  • 117番乗り。気になる。(2011/11/25)

  • 事件の実話なので、暗くて重いのは承知の上だったけど、報道されていない現実は怖いと思った。

  • 「新潮45」編集部の殺人事件のオムニバス。

    事件の原因はいくつもある。許されざる殺人犯。許されるべき殺人犯。そして、事件の陰で苦しむ人々の姿が浮き上がる。

    これが人間の性なのか? 止められない悪循環、日本の法律は世の悪循環を止められない。悪循環を止めようとした人を抑止する。
    そして最後には誰かが死んで悪循環は止まる。

  • 「事実は小説より奇なり」シリーズ第二弾。・・・怖い。幽霊やフィクション映画・小説よりも何よりも恐ろしいのは、実際に起こった犯罪事件なんだと思う。そして、いつ自分が被害者あるいは加害者になりうるかも知れないと考えると、本当におっかない。

  • 重大事件を扱ったドキュメンタリー。新潮45に掲載されたものがシリーズ化されて刊行されているうちの4冊目。

    叙情的になりすぎている部分や、事件の重大さに対して紙幅が足りていない部分が見られ、前3巻に比べドキュメンタリーとしてはあまりできがよくないと思う。

    扱われている9事件には池田小事件の宅間守の父親へのインタビューが含まれる。犯人の肉親に対して、怒りを覚えるのは正しいことではないのかもしれないが、それでもこの父親に怒りを感じない人はいないのではないか。

    自分の育った環境や自分の心の闇と犯人のそれとを対比させた解説が面白かった。犯人たちは確かに恵まれない環境や歪んだ家庭で育ったのかもしれない。でも、そんな状況で育った人がみな犯罪者になるわけではないのだ。

  • 冒頭第1部で語られる、池田小事件加害者の父親の言葉、様子に、事件の重さ、むごさ、悲しさ、虚しさ、すべてが凝縮されているように感じた。それはとても衝撃的で、身の毛がよだつ思いというのはこういうことかと、思った。

  • 9つの殺人事件に触れ、犯人、何人の家族、被害者、被害者の家族等、事件の背景をコンパクトにまとめたドキュメンタリー。

    何とコメントしてよいのか…テレビや新聞のニュースではわからなかった事件の裏側を垣間見ることができるのですが、手放しで「興味深いです」と言える様な内容ではなく。

    読んだ後、少し悲しい気持ちになった。
    あの悲しい気持ちに名前はつけられないけれど、生まれた悲しい気持ちにうそは無い。

  • 4101239142 316p 2003・12・10 8刷

  • 文章は結構ひどかった(単語のチョイスとか句読点)


    でもそれぞれ興味があった事件だけあって夢中で読んでしまった


    恐かったのは宅間守の実母が宅間守妊娠中に言っていた言葉

    「これおろしたいんよ」
    「嫌な予感がする。これは産んだらあかん子」

  • 「普通の人間」は、どうして殺人鬼へと化したのか。父母は家族は、そして恋人は、彼らにどう関わったのか…。児童惨殺、実子虐待、同僚絞殺、さらには通り魔。日毎起きる惨劇、連鎖する狂気。凶行に手を染めた常人の、その背後で薄笑いを浮かべる影が蠢く。業か、因果か、偶然か。今もまた、どこかで羅刹が羽化をする―。全身怖気立つノンフィクション集。好評シリーズ第二弾。ー商品説明より

     平成12年から13年頃の事件が9件、まだ記憶も新しい大阪「池田小」児童殺傷事件、恵庭「社内恋愛」絞殺事件、池袋「通り魔」連続殺傷事件、神戸「女子中学生」手錠放置事件その他の犯人、生い立ちから境遇、またその周りの状況、環境を詳細に追っている。ニュースは勿論のこと、週刊誌でもここまでは書いていない内容に驚き、またその犯人の内側や家庭内は推理小説や恐怖小説よりずっと怖い。そもそもこういう犯罪者になる多くはやはり元から家庭環境が壊れている。また貧困であったり、いじめられ、引きこもりであったり、或いは異常な可愛がりや過保護、甘やかし、家庭内のこういう現象が犯罪者を作ってしまうケースが多そう。・・・と感じさせられる。これって危険なことだと逆に感じた。
     もっとひどい状況でも誰にも迷惑をかけず立派に日々頑張っている人もたくさんいると思う。確かに個人の責任ではどうにもならないことも多いけど・・・
     
     
    ☆ちなみに札幌で起きた「恵庭OL殺人事件」について関連する裁判で、この『殺ったのはおまえだ―修羅となりし者たち、宿命の9事件』の出版差し 止めの判決がおりました! しかし、出版元の新潮社は即刻控訴。この事件はライターの視点からすると男が裏で糸を引いていると解釈できるのです が果たしてどうなの?
    ☆「池袋通り魔事件」本当にそう思う。朝食を食べなければ、違う道を通ってればとか・・・。
    ☆女子中学生の手錠事件のお父さんって創価学会なの?それなのにって正直悲しくなった。こういうご両親。特に父親は去勢すべき。国の制度として子 供をつくらせないようにしたほうがいいって、思わず感じざるを得ない家族環境でした。でもこの人たちって被害者なんだよな。犯人の教師について あまり触れられていないことに疑問・・・

  • 2007/12/19開始
    2007/12/26読了

  • 怖い。
    愛情もそうであるように、狂気もありふれた日常に存在し、誰の心にも育つ。
    自分に関係の無い事など何ひとつないのだと思う。

  • 私のバイブルの一つであり、創作のネタ帳でもある。
    しかし、この本の内容は創作ではない。

  • 池田小の事件等のことが書かれており知りたい事がありありと分かるため、事件の真相等が知りたければオススメ。ただ、想像すると怖い内容も含まれているため、ホラー等怖いものが苦手ならば読まないほうが良い。

  • 事実を淡々と書いていく、犯罪ノンフィクション第二弾
    犯罪を犯すものが狂っているのか?
    親・兄弟...周りの人間が、狂気を育てているのか......

  • 私は事件を扱ったドキュメンタリーやノンフクションを読むのが好きで、毎シリーズ購入している新潮45編集部編の1冊。
    収録されている事件は
    ・大阪「池田小」児童殺傷事件
    ・伊勢崎「主婦暴行」餓死事件
    ・恵庭「社内恋愛」絞殺事件
    ・池袋「通り魔」連続殺傷事件
    ・神戸「女子中学生」手錠放置事件
    など9篇。
    どれも読みやすい短篇にまとめられていながら、事件の概要はもちろん犯人が犯行に至った動機、周囲や身内の証言など細かく記されていて秀逸。

  • 記憶に残るあの事件の裏側。価値観が変わる。ただしライターからの一方的な視点だけれど。

全28件中 1 - 25件を表示

殺ったのはおまえだ―修羅となりし者たち、宿命の9事件 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

殺ったのはおまえだ―修羅となりし者たち、宿命の9事件 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

殺ったのはおまえだ―修羅となりし者たち、宿命の9事件 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

殺ったのはおまえだ―修羅となりし者たち、宿命の9事件 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

殺ったのはおまえだ―修羅となりし者たち、宿命の9事件 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする