魔性の子 (新潮文庫)

  • 5245人登録
  • 3.71評価
    • (725)
    • (761)
    • (1394)
    • (67)
    • (14)
  • 604レビュー
著者 : 小野不由美
  • 新潮社 (1991年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101240213

魔性の子 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 実は『屍鬼』以来先生の作品読みましたけど、相変わらずどんどこ人がしぬなあと・・・。
    あと幼気(に見える)な青少年を匿う闇が深い男ね、小野先生としては定番なんですかねコレ。
    あと漢字が難しい・・・。
    でもこれでやっと十二国記シリーズに手え出せます・・・。

  • 高里の周囲の被害が甚大すぎて笑えない。
    でも十二国では王がいなければあんなの日常茶飯事なのだろう。
    尚隆が出てきそうだと期待していたのに出てこなかったのが残念。

  • 十二国記シリーズと云うのを読んでみようと思い立って、出版順にと云うことでまずこれを読んだんだけど、これは番外編って感じなんだ。とても怖い話だった。救いのないホラーは好きじゃないんだけど、十二国記シリーズは大丈夫?

  • たった一人の生徒による呪いだとか学園の不和だとかにぞくぞくしながら読んでいたので最終的にファンタジーへ流れていってあれ?と思った。
    後になって別シリーズに関わるものだと知り納得。一冊完結ものだと思っていたのでちょっともやっとはしたけれど、それまでの呪い流れは確かに面白かったし、郷愁にまつわる部分も読む手が止まらなくなるくらいだった。

  • 「この本はホラーだから」と聞いていたのだが、成程、この本を単体で読んだら確かにホラーだ!

    しかし、私は十二国記シリーズの今出てる最新刊の後にこれを読んでしまった為、もうこの物語は泰麒でしか有り得ず、全くホラーでもなくスイスイと読めてしまった。
    読む順番が違っていたら、全く違う物語になっていたのだろうなぁ。

  • ここ最近では、最高の娯楽小説だった。

    ホラー小説≒人間の醜さ。ってデフォルトなの??
    なーんて僅かな疑問も掠めたけど、読みやすいし、楽しめるし、良かった。
    遅読の自分が1日で読めたのは、面白い!!って理由しかないな。

    マイナスにナルシストな若者で、自分は一般人とは変わってるって自惚れたい人間が、(偏見だが)活字読んでる人多そうだけど、それを巧みに利用してるのは、意図してか意図してないのか、突出した嗅覚なのか職人なのか商業的なのか純粋なのか。。。。。
    なんて読んでて感じたりもしたなぁ。



    深読みしないで娯楽として楽しむ物語かな。

  • 再読。

    十二国記シリーズをまとめたくてカテゴリをファンタジーにしたがこれは十分にホラー作品。
    またもや人の醜さを思う存分見せつけられる。
    どこまでも不幸な戴麒。

    戴国のその後をぜひ書いてもらいたい!!

  • ホラー小説が読みたくて、あらすじだけ読んで購入したら、ファンタジーだったという・・・。あくまで私の印象だけど。ホラーといえばホラーなの・・か?
    小野不由美さんのホラー小説は好きだけど、ファンタジー小説(というかラノベっぽいの)は苦手なので、正直ショックだった。十二国記のシリーズなのかな?よく知らないけど。『屍鬼』を学生の頃読んだときは衝撃的だったけど、こっちは違った衝撃だったかも。

  • あまりにも人が死に過ぎるけど…

  • 最後に衝撃が走った。友達に勧められて読んだ本だったけど読んでよかったと思った。物語が進むにつれどんどん話にのめりこんでいくし、続きが知りたいと思った。少し残酷だったり怖かったりしたシーンもあったけどこの本はすごく気に入りました。

  • 十二国記シリーズを読んでからなので、ずっと泰麒ー!!ってなってました。なるほど、逆の時点からみれば間違いなく十二国のある世界もそこに生きる者もその道理もホラーなのだわ。ラストの広瀬が本当につらかった。選ばれたかった、って、それ、ほんとに、もう、って言葉に尽くせない気持ち。

  • 教育実習生の広瀬の前に現れた不思議な生徒の高里。彼を中心に奇妙な現象が巻き起こり次第に世間を巻き込む事件に発展して行く。

    清すぎる高里の周りに蠢く人間の醜いエゴが痛々しかった。現実的なホラーというよりファンタジーな雰囲気でした。

  • 相変わらず引き込まれる作品。
    氏の作品はハズレがなく面白い。

  • 実際にこれが一番最初に書かれてた、ってことに少なからず衝撃。既に十二国名が出てくるし、キリンも出てきてるし。で、十二国記シリーズの方とも全然破綻をきたしてないのは凄い。タイの国が荒れている裏側で、こっちの世界ではこんな凄惨な事態が巻き起こっていた訳ね。十二国記の続きもどんどん読みたいけど、たまにこんなのも新鮮で良かったす。

  • 自分への影響が大きすぎる作品その2。
    魔性の子の小野さんの文体がとても好み。軽い文体でもなく、重い文体でもなく、華やかでもなく、地味すぎることもなく、きれいにまとまっていると思う。
    広瀬と高里も魅力的なのだけれど、広瀬の欺瞞を暴く後藤の言葉がすごく好き。自分(人間全て)の本性は醜悪なのだと認めないのと、認めるのと、結果的に何も変わらないのかもしれないけれど、わたしは自分のエゴを見つめていたい。(そして他人のエゴを暴きたい。笑)
    高里が最後に広瀬に道標を残していってくれるのがなんとも言えない余韻になる。

  • ずいぶん前に読んだきりだったので、だいぶ内容を忘れてました。
    結末だけは覚えてましたが、こんなに人が死んでいたんですね…。

    以前は広瀬が高里にこだわるのがうーん…って思ってたんですけど、今読み返してみると、広瀬がとても人間らしいと思えるようになりました。
    人間ってそういう生き物だから仕方ないよね…みたいな気持ち。
    これも自分が成長したからなのかな、と思ってみたり。
    作者がこの作品で伝えたかった主題みたいのは、そこなんじゃないかと思いました。

    『黄昏の岸~』では、泰国の方も大変ですが、高里としては、こっちでもとても大変だったんですね。
    高里としては大変続きで、なかなか休まらなかったんだなぁ…と。
    それでも泰王のために戴に戻る決心をしたんだと思うと、すごいと思いました。

    しかし廉麟って、麒麟だから金髪ですよね?
    魔性の子にはその記述が全然ないので、違和感があります。
    私のイメージでは、高里が住んでいるようなところで金髪の女の人がいたら、とても目立つ気がするので、その特徴が描かれないのが違和感なのです。
    まぁ、髪についての記述があるわけではないので、別に間違いではないのですが…ミスリードを狙ったものですかね。

  • シリーズ物の一部としての読んでもいいし、一つのホラー小説として読むこともできる。

    人間関係に焦点を当てた物語の展開をしながらも、それをありきたりのものに終わらさない。

    わくわく感を呼び起こされる小説。

  • 長い間、十二国記には手を出すまいと(多くて買うの大変だから)
    我慢していたのに、この一冊を手にしてしまったがために
    本屋へ走らざるをえなくなりました。

  • 数年前に十二国記本編を少し読んだだけなので、詳しい関係性はわからないまま読み終わった。面白かった。この勢いのまま、本編も読みます。

  • 十二国記シリーズを冠していませんが、オフィシャルにオフィシャルに第0巻として発売された作品です。
    蓬莱に流された泰麒が戴極国に戻る話なのですが、十二国記シリーズであることを知らないで、むしろ、十二国記より先に読んだ方が純粋にホラー小説として楽しめると思います。
    ただ、ラストは結構唐突にトンデモファンタジーで終るので、十二国記未読でも楽しめますが、未読だと納得できない、謎を残した終わり方となってしまうので、本作を読んだ後で十二国記を読み、再読するのがおすすめです。

  • 瞠目する、独白する、とかエゴ、とか、
    同じ言葉が何度も何度も出てくるところが
    少し気になってしまった。

    小野不由美さんは屍鬼を読んで以来で久しぶり。
    ファンタジーはあまり読まないけど
    グロテスクなところが好き。

    孤独だと言っていた広瀬は
    教生としてきちんと受け入れられていて
    臨死体験が無ければ普通に育ったのだろう。

    他人に踏み込まれたくない気持ちも
    ここが自分の居場所じゃないと思ってしまう気持ちも
    清くありたいと願いつつそうではない自分に吐き気がするところも
    広瀬と重なる。

    これは私だけではなく、
    人間の本質なのだと思う。

    それでも今を生きなくちゃいけない。
    現実としっかりつながらなくてはいけない。

    と思った。

  • 再読。
    高里><
    やっぱり泰麒は泰国に居なくちゃ!
    広瀬氏の存在に感謝~

全604件中 1 - 25件を表示

魔性の子 (新潮文庫)に関連するまとめ

魔性の子 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

魔性の子 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔性の子 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする