屍鬼〈5〉 (新潮文庫)

  • 3005人登録
  • 3.95評価
    • (505)
    • (378)
    • (471)
    • (40)
    • (8)
  • 297レビュー
著者 : 小野不由美
  • 新潮社 (2002年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (478ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101240275

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

屍鬼〈5〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 村人達の屍鬼狩りが始まる。

    屍鬼を狩る人間はむごいと思うか?
    相手は既に死んでいる人間なのだから、葬るのは当然と言える。
    では、屍鬼は悪か?と問われると、必ずしも首肯できない。
    そのあたりの線引きができない人間が、静信なんですよね。

    静信派か、敏夫派か、はっきり分かれそうな所ですが、
    以前読んだ時よりも静信の気持ちが分かるような気がします。

    文庫で5冊という超大作ですが、
    これから先も何度も読み返すであろう作品です。
    やっぱり好き!!!

  • 「ノイタミナ」見て読み返したくなって再読。
    閉じられた山村がじわじわと得体のしれない物に侵食されていく
    怖さ、やっぱり緊迫感があって面白かった。
    田舎特有の密な人間関係でねっとりした怖さが重複してる気がする。

    アニメは絵がどーーしても受け付けない。
    あんなさびれた山奥の村に変な髪形や色のバリバリのアニメキャラ、すごい違和感^^;
    どろどろした日本の土着の怖さが台無しな気がするんだけど…。

  • 本巻ではとうとう屍鬼が駆逐されて行きます。静信は屍鬼が人と同じように思考し、言葉を話し、行動できるなら人として「生きている」と見なしているんですかね。彼はそれを理由に屍鬼を狩ることを拒否しましたが、私自身は敏夫と同じく、屍鬼と人とは異なる相容れない存在と考えます。

    なので、屍鬼の多くが言う「食事をしただけ」ということに対しては、家畜だって好んで食料になってるわけないし、もし可能なら人に反撃するだろうから、屍鬼に対して人が反撃するのもアリでしょ?と思う訳です。(私だって黙って食われるくらいなら、戦って死にたいですよ。)

    そんな屍鬼になった者の中で、律子の振る舞いにはちょっと感動しました。「罪を犯すぐらいなら、罪もないのに殺されてしまう可哀想な被害者になった方がまし」というセリフに。人が感じる以上の強烈な飢餓感に襲われても、そのようなセリフを言える精神力に。

    あと気になった点は、終盤の静信のセリフ。神の範疇だとか……小難しい内容を沙子に説く場面。考え過ぎかもしれませんが、殺人という罪に対する“法”の対処の仕方についての暗喩なのかな、と。後に著される「落照の獄」に繋がっているように感じました。

    かなりボリュームのあるシリーズでしたが、何が一番怖いかって、第一巻と五巻とで全く違う世界になっていることかな。この変化が現実に発生した時、それを受け入れられるだろうか、と。それができなければ、気づいたときは首筋を噛まれているんだと思うと……

  • あぁ面白かった!怖かった!!

    シンプルな「起き上がり」と戦う正義の話ではなく、
    読み終わってみると複雑な気持ちになるし
    何が正義なのか悪なのかなんて、白黒つけるのはもはや意味がない。
    「殺意のない殺人はない。殺意のない殺人は事故だ。」
    の言葉は結構ずっと心にひっかかって
    私は沙子に感情移入をしてしまった。

    それを友人に伝えると、私らしいですね。言われたことも面白く。この本の感想は、その人の性格が出るのだろうとも思う。

    物語としてももちろん面白い。
    だけど、どの登場人物にも自分でも理解できる感情があり、自分もどのキャラクターにも、ひょんなことから豹変し得るんじゃないか、、とドキリとする。

    とにかく、いろんな人の感情を一気にかぶって
    「問われている」といった感覚になることだけでも
    読む価値ある。
    これはオススメの小説

  •  文庫本にして全五巻! 長い! でも、ハマるったらありゃしない!
     前半は多すぎる登場人物と、難解な小説中小説のおかげでかなり読み辛いが、それを越えたら後は止まらない。 とにかくページを捲らずにはいられない展開が続くのだ。
     物語が展開するに従って、この小説が普段手をつけないジャンルであることがわかり、この先を読み進められるか一瞬不安になってしまったが、要らぬ心配だった。 それ以降、むしろ面白さは加速し、寝る間も惜しんで最後まで一気に読んでしまった。

     この物語は非常に多くの人物の目線で語られる。 そのため、登場人物の頭をぴょんぴょん跳びまわるように感情移入してしまい、いろんな視点で展開を追うちに、善と悪、生と死の境がどんどん曖昧になってゆく。
     そして、最後には何とも言えない読後感が残る。 傑作。

  • 喰うか喰われるか、生きるということについて深く考えさせられた。
    彼らは元は人間であって、人間を喰らわなければ生きる道はなくて。それでも必死に抵抗し葛藤する者もいれば、人間を殺す特権を得たと嬉嬉として襲う者もいる。
    人間もまた同様に、殺されまいと抵抗する者、自然の成り行きに身を預けた者、敵の存在を知りながらも見て見ぬふりをする者など様々な考えをもった人が登場する。
    私はこの小説で一番おもしろいと思ったのは、見て見ぬふりをする人々だ。彼らは物語の終盤まで何もしない。ただ事態を傍観しているのみ。しかし、作中ではそんな彼らの様子は頻繁に描写される。
    そして物語の終盤、積を切ったように彼らは行動を開始する。それも激烈に、正しいと信じる道を突き進む。この世で最も恐ろしいものは、考えを持たぬ民衆であると思った。
    全五巻であり、長いと思ったのは事実だ。それでも一度読み始めるとそれは丁寧な描写のおかげだとすぐに気づく。そして何よりも続きが気になり、本から目が離せなくなってしまう。過去に一度一巻で挫折したことがあったが、最後まで読んでよかったと思った。

  • 反撃に参加する者、村を出る者、他にも様々な選択があって興味深い。加奈美と律子の選択が非常に印象的。自分が加奈美だったらきっと同じことを考えるだろう。誰もが律子のように願いながら、やり遂げるのは至難の業。
    敏夫の執念が実っていよいよ始まった人間側の反撃だが、集団特有の狂気が纏わり付いて、どっちが鬼だかわからなくなる。人も屍鬼も、自分たちの生きる場所を守るという点においては同じ。自分が人間側なら生き残るために反撃するし、屍鬼側なら自分のできることをして、恵のようにしぶとく生き延びようとすると思う。怒濤の最終巻だった。

  • 読了。全てを知り得た満足感と答えが出ない重い気持ち。当初勝手に予想していた話の内容とは全く違う方向へ舵が取られていくのを、ひたすらハラハラしながら読みました。共感したり、嫌悪したりと感情が揺さぶられっぱなし、どうなるのかどうするのか目が離せなくて一気に読みました。登場人物が多く、それぞれの人物に多くのページを割いているので、まるで群像劇のようでもあり、物語に深みと奥行きを与えていました。まるで村全体を俯瞰している観察者のような、そんな気持ちになってすっかり引き込まれたように思います。
    しかし再読までにだいぶ年月が要りそうですね…重いだけに。とりあえずフジリュー先生のマンガ版も読んでみたいと思います。

  • 冗漫。

    予定調和的なラスト。
    ここまで長くする必要があったかな。

    いろいろ考えさせる話ではあるが、静信が、あーも簡単に人間殺しちゃ興ざめでしょう。
    また、村人が幾ら何でも異変に気づくのが遅いし、外界(町)の人もおかしいと思うでしょう。

    夏野をはじめとする純粋で勇気ある子供たちの姿が救いかな。

  • 一気読みしてしまうかと思いきや、最終巻の中ほどでぱたっと飽きてしまった。どうにか一応読んだけど。
    結局私は、人間がいかにして屍鬼を打ち負かすのか、というところに興味をそそられて読んでたんだと思う。
    形成逆転の神社の場面なんか、満員電車の中で高笑いしたくなるほど高楊して敏夫に惚れました。(彼の女性に対する態度って表向きは大人っぽく甘やかなのに根底がとんでもなく冷たく乱暴でゾクゾクする)
    が、その場面をピークに敏夫さんはほぼお役目終了で、村人たちと屍鬼側ばかりが目立つようになるので、つまんなく感じたのかな。
    結局静信は何考えてるんだかわけわかんないまんまだったし。
    人間である私は砂子のやったことが許せないし、徹に対する慰めの言葉なんかかなり白々しい気分で読んでました。
    彼女はもう人間でないのに、人間が人間のために作った価値観に固執して、子供のおままごとみたいな感覚で多くの他者を不幸にしてる。
    とっくに大人のはずなのに、外見も中身も少女のまま。
    静信や辰巳は沙子が少女でなく中年のおっさんの姿であっても、同じように執着して守ったのかしら…というのは下種の勘ぐりかしら。
    じゃあ死ねっていうの?!私が何をしたの?!と沙子は喚くけれど、大体がそういう、どちらが悪いとか可哀相とかいう問題じゃあ全くない。
    村人らの鬼狩り、最初はやってしまええええと興奮して読んでいたけれど、だんだん、断末魔をあげる屍鬼と血みどろになって釘を打つ人間の、どちらがどちらの立場でもおかしくなかったのに、と醒めた気分になってきました。
    感情面では、昭が発見されたところが一大ピークだったな~…一瞬でせりあげる吐き気のような哀しみと遅れてやってくる視界が真っ赤になるほどの怒り。
    別にとりたてて好きな登場人物ではなかったのに、四巻を読み終えたときも昭が捕らえられた時点で読者として決定的にキレたところがあって、なんか、ああいう子は死んじゃいかんだろという自分の常識を覆されたのが耐えられなかったっぽい。
    思い返すと、夏野の死に様はなんと美しく穏やかだったことか。
    しかしこれだけの厚さの本をまたたく間に読ませてしまうとは、すごい引き込み力だったと思う。
    まとめると、面白かったです。

  • 沙子はなぜ大川に「私は食事をしただけ。それの何が悪いの?」と言わなかったのか。言えよ。なんで罪悪感や虚無感を抱くの?静信は母親を殺した者を憎んだけど、そもそも自分の軽率な行動が悪いんでしょうが。村人がどういう心理状態か解らんかったのかね。観念だけで生き、リアルを知らんのかね。この幼稚な二人がどうやって生きてくのかね。辰巳はまだリアルが解ってたよ。いつか成長したかおりと遭遇し、最期を迎えればいいと思うよ。どうもこの二人嫌いだわ。辰巳は開き直れない沙子を純粋だと言うけど、そうだろうか。単なる甘ったれでしょ。姿は子どもでも、何十年も生きてるくせに。自分が死にたくないなら、人間だって死にたくないんだよ。人間だって搾取して生きてるんだから殺して構わないっていうなら、屍鬼だって同じ理屈で殺されたって構わないじゃん。人間は、って言うけど、それこそ自己正当化に過ぎないじゃん。静信を誰かぶん殴ってやれ。どうせ考え直すような能はなかろうが。

  • 1~5巻通しての感想です。
    非常に読み応えのある、良い小説だと思います。

    分類上はホラーに区分していますが、単に怖がらせるだけのホラーやエンターテイメントを超えたく(実際に怖さはあまり感じない)、生きるということ、生きるために殺すということについての苦悩と苦痛を描き出した「小説」である感じました。

    これだけの長い間この小説を放っておいたのが悔やまれるくらい、面白く読ませてもらいました。

    少し残念だったのが、特に序盤の文章が硬めで若干の読みづらさがあったことと、登場人物が多すぎて焦点が少しぼやけてしまったことでしょうか。
    しかし基本的に文章の上手い作家であるだけに、説明パートを終わる頃には硬質な文章が気にならなくなってきます。
    ただ、登場人物に関しては、やはりごく簡単でいいので一覧が欲しかった気がします。

    ラストの部分も個人的には不満が残りますが、総じて言えばかなり高評価の作品といえるでしょう。

    (以下ネタバレあり)










    ここから少しネタバレあり。

    いくつかの点で描写不足・説明不足を感じました。

    まず尾崎(医師)が屍鬼の存在を確信する部分が説明不足だと思います。
    それまで科学的に思考していた人物だったため、いささか唐突であった感が否めません。
    尾崎の思考の転換がこの作品のひとつのターニングポイントである以上、もう少し自然な流れにして欲しかったと思います。

    また、クライマックスの屍鬼への逆襲からラストまでも、筆が足りないように感じました。
    疫病を疑うパートや屍鬼が跋扈するパートなど、それまでは描写が丁寧で細にいっていたのに、そこからは雪崩を打つような急展開となってしまいました。

    急展開であっても、例えばそこに疾走感が感じられるようならまだ良かったのかもしれませんが、そういったカタルシスはなく、むしろページ数に合わせるために一気に詰め込んだような感覚を覚えてしまいます。

    もう少し、人間と屍鬼の争いを描いて欲しかったのが正直な感想です。
    それまでせっかく村人の何人かに焦点を合わせて描写してきたのですから、このパートでも個々人の葛藤と狂気に焦点を当ててほしかった。

    この部分が星5つに出来ない点です。
    このパートが前半と同じような描写であったなら、おそらく5つ星の傑作と感じたと思われます。


    ただ、全体としては非常に良くできた作品ですので、多少なりとも興味がある方には一読をお勧めします。

  • 4巻からなだれ込むように一気に読んでしまいました。
    「正義」の名のもとに、暴徒と化した人間がどんなに怖いか。
    これまでは屍鬼の襲撃が怖かったけど、人間が一番怖い。
    最後の教会でのシーンが、ジンときました。

  • おもしろくない!とは言わないけど…

    長すぎる
    登場人物が多すぎる
    エピソードが多すぎる
    エグイ場面が沢山あると予想していたが外れた。
    どんでん返しもなかった。(最初に提示されていた)

    静信は色々と理屈云ってるけど、
    結局はロリータ趣味のオッサンじゃないか?
    しかも変容とかしてるし(ちょっとご都合な感じ)

    沙子が歳いってるオバサンさんだったら、あーゆー行動とるか疑問だな。
    っーか物語にならないか…

    この巻の始めの頃の敏夫のセリフは、平和ボケした今の日本人に当てはまる気がする。
    屍鬼をカルト教団とかに置き換えると、現実にもあるかな。

    いっぱい、人が死にました。いくらなんでも殺し過ぎだよ。
    生意気盛りの昭も死んじゃった。
    かおりが助かったのが、せめてもの救い…

  • そこそこネタバレが含まれるので注意。




     「病め医者死ね坊主」という言葉がある。医者は病人がいなければ、坊主は死人がいなければ食えない職業で、つまり、他人の不幸によってしか生計を立てていけない。この物語の主人公になる敏夫と静信が、まさにそれ。そんな二人が、人間を狩ることによってしか生きていけない屍鬼の存在を追うというところがミソだよなぁ。彼らはある意味、一番屍鬼に近い人間なのになぁ。
     私は神様仏様の類は全く信じていなくって、考え方的には辰巳が一番近いような気がする。だから、この世は流刑地なのだとか、神に見放された存在なのだとか言われても、その考え方を理解はするけど、共感はできないので、「ふーんかわいそうに」程度の感想しか出ないわけですが。。。

     ただ、アレだなぁ、細々と生きているぶんには、沙子ら屍鬼もこんな報復を受けなかったわけで、自らが生きていくのに必要最低限な以上に人間を犠牲にしてしまったからダメだったんだと思うけどなぁ。「どうして」も何も。そりゃーあかんよぉ、としか。

  • 屍鬼読了。文庫版で5冊と長編だが、一気に読んでしまった。面白いと言うより、なんとなく勢いで読まなければならない気がしたので。
    最終巻は人間の集団心理の恐ろしさや醜悪さが目立つ反面、屍鬼の苦しみも描かれており、善悪で割りきれるものではなかった。殺人を罪とすると言う意味でも人間の範疇から逃れられないゆえの苦しみがあるのは理解できるが、人間と屍鬼の関係は善悪の問題ではなく、生存競争の問題であり、静信の考え方はピントがずれているように思えてならない。最後まで共感はできなかった。

  • 読み終わった。ラストまで善と悪について語られていた。私の脳みそにはあまりに難しく、深い。
    元子が1番病んだ、狂った人格のように思う。
    屍鬼の時代設定はいつ頃なんだろう。携帯電話という単語は1度だけ出てきたが、登場人物の名前は昔っぽい。

  • 生者も生き延びるのに必死なのは分かるが、途中どっちが鬼なのか分からなくなった
    大川が沙子を追い詰めたとき、大川が鬼に感じたよ・・・
    復讐というより快楽の為の拷問状態

    団結した人間は怖いと思わせる結末だった

  • これまでイライラさせられっぱなしであったが、五巻は素直な意味で面白かった。
    四巻までが停滞しがちだっただけに、屍鬼が次々と殺されてゆくのはやはりすっきりする。
    ただまあ正義について問われるようなのはどうでもいい、小説にそういうものは求めていない、これは好みの問題だけれど。
    全体を通しては、やはり冗長のひと言に尽きる。

  • やっぱり余分な部分が多く、テンポを悪くしていたような気がする。
    じわじわと侵食してくる屍鬼が一変して狩られる側になった展開が、分かってはいたけれど面白かった。
    人に非ずな屍鬼に過去や秘めたる想いを感じさせ、逆に人に潜んでいた残酷な本性を見て、対象的だった。
    キング作品のオマージュらしいので、今度はそちらを読んでみようと思う。
    ひっそりと迎えたラストの後の、異様にテンションの高い解説に笑ってしまった。
    こんな沢山の登場人物が出ているにも関わらず、誰一人として好感を持てる人物がいないという小説も珍しいと思う。

  • 全体的にマンガチックすぎて白ける

  • 全5巻、読み終わったー。
    やっぱり最後の巻は、一気読みでしたぁ。
    一気に展開したね。
    かおりが言ったように、やっと大人たちが分かってくれて行動を起こした。って感じ。
    おそいよーーー。

    静信の言い分もわからないでもないけど、やっぱり私だったら、村の連中と一緒に狩るだろうな。
    屍鬼は加害者でもあり被害者でもあるけど、やっぱり人間社会で人間として生きていくなら、屍鬼は魔物でしかない。

    村の人たちも、もう狩りまくりで頭おかしくなってた。
    大川の大将かっこえー。と息子の篤にトドメをさしたときおもったけど、最後はイカレてたし、元子も狂ってた。

    一番怖いのは、そうやって気がふれた人間なのかも知れない。
    その点、律子は屍鬼になっても、自分の信念を変えなかった。えらいなー。

    人間と屍鬼のそれぞれの性を垣間みた最後でした。

  • 非常に日本的な小説だったなあという感想。
    正義とか復讐とかいう大義名分を得た人間の怖さを知らしめる最終巻って感じでした。
    登場人物がそれぞれ愚かに見えたけれど、多分、世の人々も私を含め、そんなにあれこれ考えて生きてない。人間らしいってのは馬鹿と紙一重なのかもなあ。

  • やっぱり登場人物や諸々の叙述で不必要なところが多かったなーと感じる。エンドも収拾がつかなくなった感じがするなぁ。こういう物語はエンドに行く手前までがピークなのかな。過程はとても楽しめた。内容としては上下巻で十分収まると思った。静信の弱さが嫌い。中途半端な清らかさもイライラする。敏夫の俗っぽさが対称的で、どこで二別されたのかなと。大量虐殺に安っぽい哲学はいらない。ひたすら真っ直ぐで偏った自らの正義をかざすのがせいぜいだろう。太字の静信の小説につながる叙述が本当にいらない。これはそういう類の物語ではない。愚痴ばかりになるが、そこそこ楽しめました笑

  • 沙子は哀れだと思うし、生きるために他者を犠牲にする以外彼らに選択肢はないのだから…とも思う。しかし若御隠やその父は…はた迷惑な正義感や行動が過ぎる。。

    敏夫、間一髪で良かったけれど、いちど屍鬼になってしまった者は救う手立てがないのが残酷。

全297件中 1 - 25件を表示

屍鬼〈5〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

屍鬼〈5〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

屍鬼〈5〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

屍鬼〈5〉 (新潮文庫)の作品紹介

村人たちはそれぞれに凶器を握り締めた。「屍鬼」を屠る方法は分かっていた。鬼どもを追い立てる男たちの殺意が、村を覆っていく-。白々と明けた暁に切って落とされた「屍鬼狩り」は、焔に彩られていつ果てるともなく続いていった。高鳴る祭囃子の中、神社に積み上げられる累々たる屍。その前でどよめく群れは、果たして鬼か人間か…。血と炎に染められた、壮絶なる完結編。

屍鬼〈5〉 (新潮文庫)のムック

ツイートする