東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)

  • 2385人登録
  • 4.40評価
    • (417)
    • (262)
    • (91)
    • (5)
    • (1)
  • 187レビュー
著者 : 小野不由美
制作 : 山田 章博 
  • 新潮社 (2012年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101240558

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 十二国記完全版・エピソード3、「延王尚隆」の始まりの物語。
    景王陽子の時代から遡ること約500年、戦国時代初期に滅びた小松氏の御曹司が主人公。

    元は20年近く前に描かれた、ヤングアダルト向けの物語ですが、
    今読んでも変わらずに面白く、一気に読んでしまいました。

    延王も延麒も胎果の生まれで、何かを失くした「彷徨い人」、
    『風の海 迷宮の岸』での泰麒との縁もこの辺に起因してそうです。

     「俺はお前に豊かな国を渡すためだけにいるのだ」

    その尚隆、昼行灯のようでいて、締めるところはしっかりしていて。
    「国」を担うということの責任と想いがズッシリと伝わってきます。

    その重みがあるからこその、終盤へのカタルシスはやはり、うまいなぁ、、と。

    そうそう、麒麟と「血の穢れ」の相関性を描きたかったのとは思いますが、
    結構容赦なく人が逝くのは、この頃の小野さんらしいといえばらしいような。

    ん、治世の永久はあるのかないのか、、この先描かれることはあるのでしょうか。
    500年後にも安定していることを知っているだけに、、さて。

  • 十二国記の中で非常に重要な役割を持つ麒麟、その誘拐から始まる国王への謀反とそれに対し王である尚隆はどのように対応するのか、を描いた十二国記シリーズ三作目。

    冒頭の妖魔を操ることのできる少年と麒麟の六太の出会いは、ファンタジーの世界観らしい雰囲気でわくわくしました。
    ただやはりこのシリーズはファンタジーらしくないな、と思いました(笑)
    というのも六太誘拐以後、話は国とは、王の存在意義とは、という話に移っていくからです。尚隆は臣下たちからも呆れられる自由奔放さ、それに対し謀反を起こした斡由は臣下たちからも評判が良い様子で、そしてこの事件を通し二人の姿の対比がくっきり浮かび上がってくるのです。これがとても読ませます!

    個人的に印象深いのは彼らに使える臣たちや国の民の姿。尚隆の治める雁国は先王の圧政のせいで生活は苦しく、国王軍と反乱軍の戦いについていろいろ思うわけです。そこで民たちが国王軍に加勢するかどうか、という決断を下さなければいけないときどうするか、この本の中ではあっという間に終わってしまう一場面なのですが、改めて戦いのむなしさを感じました。

    読んでいて非常に気持ちのいいラスト!作戦がぴたりとハマるのも爽快ですし、なによりこの国はきっと素晴らしい国になるんだろうな、と思わせてくれました。

  • 好きだわ、この手の話。興国記というでも言うのか、国を作り治める話。そういえば、「アルスラーン戦記」(そういや今どうなっている?)とか「マヴァール年代記」、「黄金の王白銀の王」や「瞳の中の大河」とかと系列的には一緒か。読みながら帝王学が学べます、的な。いずれも個人的に好きなお話。

    国を興す困難さ、組織の在り方、トレードオフの選択、何を助けて何を捨てる、全部は手に入らない時の最善策とは、なんてのは中間管理職的なところにいるオッサンには身につまされるような。心の奥底で王に憧れているのかなあ。

    とにかく延王がかっこよすぎる。延麒もね、泰麒とはまた別の、麒麟の苦悩というものが描かれていたなあと。

    衝撃的だったのは驪媚の行動。延麒をしばる自分の身を自ら絶ってしまう。その行動の前の語りがとても重く深く、後になってその思いの深さをより一層感じてしまう。そして白沢の『玉座の重み』の語り。

    斡由の言動、なんだか自分を見るようなところがあって、ちょっと嫌な気分に。自ら注意しよう。

    そして、妖魔の生きていける国へ。妖獣が街を歩ける国へ。これが、「月の影影の海」の楽俊と歩く港町に続き、延王との謁見につながる。いやーたまらん伏線ですねぇ。
    延王尚隆の国作り、民の期待に応えんとする姿勢。莫迦殿のように振る舞いながらも、実はよく見ている考えているあたりは読んでいて心に響く。
    「民のいない王に何の意味がある。国を頼むと民から託されているからこそ、俺は王でいられるのだぞ!その民が国など滅んでいいと言う。では俺は何のためにここにおるのだ!」と更夜と延麒六太へ語るシーン。王のあるべき姿、上に立つものの責任の重さとそれを全うすることの大事さに心揺さぶられる。
    前巻の解説にもあったけど、十二国記のルールがすごく生かされている。どんなに延王が素晴らしくても、人間の一生ではできることが知れている。ここを「王は不老不死」なんて一見ムチャクチャなルールが、時間をかけてじっくりと妖魔が住める国にしていった、という納得できる答えに導いているな、と感心。

    ふと感じたのが、ココは永野護氏のFSSと同じ世界観というか構成だなと。世界と時間が広大で、でも確固としたルールがあって。その場所ごとに時代ごとに、人の分だけ物語が出てくる。この世界ではいくらでも物語が紡がれるのだな、と。
    で、読む方はどっぷりハマるわけですわ。

    さて、今回はいまいちタイトルと中身がうまくリンクできなかったのだが。

  • 六太と尚隆の関係がいい。
    普段は悪態をつくけれど、底の方では堅い絆でつながっていて、いざという時は、ブレない、揺らがない。
    かっこいい。

  • 深い、なんて深い話なんだ。素晴らしい。フィクションなのに、かえってそのことが現実世界の諸々を物語る、みたいな。
    その設定が内包する矛盾を自ら問題としてストーリーが組み立てられる。それを言いたかったからわざと矛盾を孕ませたのか。
    とかなんとか技巧もさることながら、単純に、おもしろいんだよねえ。

  • 新装版を即ゲット&読了!
    以前の文章に加え、十二国世界の仕組みの補足が所々加えられており、
    それを見つけるたびに「おおおお!!」と反応してしまう自分。
    旧版をどれだけ読み返していたんだ…と突っ込みたくなった。

    相変わらず、更夜と六太の問答がいい。
    国はあるべきなのか。幸せは手に入れられないのか。
    尚隆と斡由の対比もいい。
    全てを失くした者と、喪失を知らない者。それぞれの理想と現実。
    きっと今後も読み返し続けることでしょう。

  • ずっと前に買うだけ買って読んでなかった!と最近発見したので、読みました。
    一番好きな主従コンビとあって、今まで読んだ新装版の中では一番内容覚えてたかも。
    というか全体のストーリーはやっぱり忘れてたんですが、後半の六太の台詞とかをよく覚えてました。
    そして色々忘れてたけど、やっぱ尚隆かっこいい!そして六太は可愛い!この二人のコンビ感が好きだな、と改めて実感しました。
    しかし既に前に買った新装版の方の内容忘れている・・・。とりあえず久々に読んだこともあって、ちょっと今気分が十二国記なので、続きも今日買ったし、読んでいこうと思います。

  • 面白くて面白くて、読み始めたら終わるまで動けない。
    延王かっこよすぎ。
    頭が良いのにひけらかさず、威圧感も与えず、よく聞き、それでいて信じたことは決して曲げない。しめるところはしめ、責任はきちんととる。ピンチにおいてもどっしり構えていて、切り抜けるだけの奇策もある。シビアな部分も含めて、根っからのリーダーだと思う。
    とことん優しい六太とは相性ぴったりで、和む。

  • 『月の影 影の海』で陽子が庇護を求め、『風の海 迷宮の岸』では泰麒を苦悩から解き放つために景麒が助力を求めた国、雁国。同国の延王尚隆と延麒六太の物語。
    延王と延麒の飾らない魅力は上記2作でも少なからず描写されていたが、本作ではそれがいかんなく発揮されている。「莫迦」だの「餓鬼」だのと罵り合いながらも互いを信頼し合う延王と延麒の関係に胸が熱くなる。
    また、延王と敵対する斡由も印象的。序盤では一介の謀反人にすぎないが、物語が進むにつれて斡由にも理があると感じ、同時に延王のふがいなさに反感を覚えるようになる。このあたりは不覚にもまんまと斡由に欺かれてしまった。正義を語る者が必ずしも正義の者ではないのだ。斡由は民を犠牲にし、部下に罪を被せることにまったく罪の意識をもたない外道。その外道ぶりはかなり不快だが、悪役とはかくあるべしともいえる。

  • 国とは何か。王とは何か。民とは何か。

  • 今まで名脇役として出て来た雁の主従の出会いと、雁の国の最初の内乱を描いています。不真面目に見える主従の意外な一面。王を選ぶのは麒麟で、それは天意であるはず。それでも内乱が起こる……。この世界観の矛盾し危うい所がここにありますね。最初は自信満々で出て来た斡由はどんどんボロが出て来ます。ひたすら尚隆がかっこいい。六太と更夜との対比。シリーズ中でも人気の高い作品だと思っております。私も大好きです。

  • シリーズものというのは、読み出すと止まりません。今度の話の主人公は、前3作のすべて、特に「月の影 影の海」で重要な脇役として登場していた2人の過去についての話でしたが、前3作では「500年続いているとても豊かな国」として描かれていた国が、その建国時にはどれくらい大変だったというストーリーで、これも大河ファンタジーの王道。この話も楽しめました。

  • 雁王の成り立ちと、謀反の話、今と昔が交差しながら話が展開するが、非常にわかりやすくわくわくした。
    フランクな六太とちゃらんぽらん、でも信念のある尚隆の掛け合いが好き。封神演義の武王みたい。
    小野不由美さんらしい、容赦のない残酷さも盛り込まれてた。

  • 前に1度読んだはずなのにさっぱり内容覚えてなかったから、自分が心配になる。

    尚隆のバカ殿っぷりと、それを取り巻く辛辣な家臣たちとのやり取りがおもしろかったです。存在をすっかり忘れていたけれど、更夜の歪んだ純粋さもかわいい!なぜか更夜が最後に死ぬと思い込んでたから、希望ある終わり方で嬉しかったです。

    もう忘れてばっかだ。

    十二国記を読み始めてアニメをまた観たくなりました。

  • 六太の戸惑いや痛みがひしひしと伝わってきました。
    だから尚隆の姿も言葉も全てが眩しく思えた。
    このお話、尚隆視点のものもあったらいいのに、と仕方のないことを考えてしまいます。
    尚隆のつけた字が面白い。でもその字、表面的になら尚隆にも全部似合っちゃいそうだ。

  •  もう再読4~5回目だったか、でも何度読んでも夢中になれるシリーズ。

     『十二国記』は魅力的な登場人物がたくさん登場するけれど、その中でも尚隆が好きで好きで。
     「王の器」とは、私などにはどんな事だかさっぱり分からないし、「王の器」たる人物像も様々あるのだろうけれど、私が「国を託す」と思う相手は、尚隆のような人物。

     王の為に、国の為に民があるのでなく、民の為に王があり、国がある。

     言葉で表せば簡単な事だけれど、本当にこう思える人間というのは、世界中でどれくらいいるんだろう。
     特に、何かのトップに立つ人々の中で、こういう風に考える人はどれくらいいるんだろう。

     斡由のような人物は多い。というより、彼のような資質は誰もが持ち合わせているものだと思う。
     特に人の上に立った時に、権力を手に入れた時に、その資質を自覚し、抑える事が出来る人間がどれ程いるんだろう。

     個人的には絶対君主制は支持しないのだけれど、それは多分に、この話の中の六太のように「権力を持った人間」に対する不信感があっての事で、もしも尚隆のような人物が本当にいるのなら、「国を託し」たいと思うし、それはとても楽な事だと思う(ただ、やはり現実は、その「楽をしたい」という思いが結局、独裁者を生む)。

     尚隆自身は、雁もいつかは滅亡すると思っているそうだけれど、彼の治世が、六太が望む、更夜が望む、そして私が望む理想の国が、いつまでもいつまでも、永遠に続く事を願ってやまない。
     少なくとも、このシリーズが完結するまでの間。

  • で、結局実際のところ国の内情はどうなってるの?天帝ってなんなの?麒麟や王がいる意味はどこにあるの?という疑問に答えてくれる本作。

    私は六太と更夜がとても好きなのだが、それを力づくでねじ伏せるほどの勢いで延王が格好いい。尚隆がページに現れるだけで湧きあがる安心感は何なんだ…これが王気か、そうか。何度読んでも「こんなところにいたんですか」で涙が流れる。

  • 「王」としてやるべきこと、「国」とはどういうものなのか、目に見える問題をとりあえず片付けるのも大事だけど、もっと長い目で見れば優先されるものが他にある、というような話で面白かったです。王と麒麟はこのコンビが一番好きかもしれません。ていうか私は昼行灯的キャラクターに弱いのです。

  • 「まかせておけ」

    なかなか現実世界でそこまで言える人はいない。

    延王の懐の広さを感じれる物語。

    他の章と違って、一番安心して読める。

    暮らすなら延王の国がいいな。

  • 「月の影~」「風の海~」に出ていた延王尚隆と延麒六太が主人公。
    十二国のなかでも1,2を争う豊かな国の雁国。
    「月の影~」から遡ること約500年。
    尚隆が雁国の王となってから20年後のお話です。

    先王の圧政によって荒廃きわまった雁国がようやく平穏を取り戻した頃、
    政務に対しいい加減と思われている延王に対し、
    元州の斡由が政策に異を唱え反乱を起こします。

    王とは何か、国とは何か、
    国民が平穏に過ごせるためには何が必要で何をすべきかを、
    蓬莱での尚隆と六太の話を挟みながら物語は進んで行きます。

    “莫迦。ふざけたやつ。愚帝”という仮の衣を次第に脱いでいく尚隆に対し、
    “仁道厚い。民思い”というメッキがボロボロと剥がれていく斡由。
    対照的に描かれていて、とても面白かったです。

    最後、乗騎家禽のそれぞれに妖魔を加えたくだりでは、
    “尚隆が更夜との約束を果たしたのだ”と、
    胸に温かいものが染みわたりました。

  • 王たる、とは。

    十二国記の根底を抉るように説明する作品かなと。

    気高く民を守るより、
    這いつくばってでも国を殺す意思。

    延は安定感がありますね。

  • 新刊の告知も出まして、完全版も着々と刊行されてます『十二国記』シリーズ。

    安全牌的な雁チームの1冊なので、個人的には一番安心して純粋にファンタジーを楽しめる1冊(苦笑)。他はなかなか心臓に悪いので…。
    とはいえ十二国たるもの、引き裂かれるような痛みや、凍てつくような悲しみもあるけれど、常にその上に大きく暖かい心や、強い信念をしっかりと見せてくれる。

    シリーズ内で雁チームが出てくると、自然と場が明るくなるような、希望が見えるような安心感がある。
    雁は腹心達のキャラクターも個性的で笑わせてくれるし、それでいてプロフェッショナルな所が憎いが、そのギャップの最たる人こそ尚隆なので、悔しいくらい格好良い。良いとこばっかり持っていきやがって…!

    飄々としているけれど、その背にずっしりと国を背負っている。「百万の民」と「百万と一の民」の差をきちんとわかっている。民の命は自分の体の一部だと言い、それが奪われる度にできるであろう傷もしっかりと抱えたまま、より良い国を民にもたらす為に存在する。もともと小松での経験値という部分もあるだろうけれど、「王」としてやるべき事を把握し、「王である」という事に迷いが無い。だから尚隆には安定感や安心感がある。

    毎回最後に史書として顛末や後日談が垣間見られるのも良い。これが長い長い年月の中のほんの一瞬の出来事だという壮大さと、少しの儚さのようなものが感じられる。

    王の為に生まれ、王の為に生き、王の為に死ぬ麒麟は、毎回哀しく愛しい生き物だと思うけれど、その哀しさや愛しさや弱さや強さは、そのまま十二国記シリーズの象徴のように思える。

  • 権力を嫌い、またかつての自身の無力さを
    知っているからこそ、国を治めるにおいて大事なことを
    押さえられている二人。

    六太は前の2巻でも登場しているので
    だいぶ親近感も湧いてきた。

    時系列を遡っているようなので
    少し不思議な感じもするが、
    全て別の国が舞台なので
    世界に厚みが出てきた気がする。

  • 雁国の尚隆と六太の話。
    十二国記の世界では、王がいなければ国が荒廃してしまう。
    つまり民から見れば、王の存在そのものが国そのものであるといっても過言ではない気がする。
    その絶対的な存在である王が、民は自分の体であり民の存在こそが自分に国を与え、王となることを認めていると考える。
    前巻では尚隆が出てきたときには、雁国の王となってから既に長い年月が経っていたけど、雁国の始まりを見て改めてこの国が明るい方に向かっていくのがわかる。
    尚隆の魅力だけでなく、六太との関係が微笑ましい。

全187件中 1 - 25件を表示

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)に関連するまとめ

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)の作品紹介

延王尚隆と延麒六太が誓約を交わし、雁国に新王が即位して二十年。先王の圧政で荒廃した国は平穏を取り戻しつつある。そんな折、尚隆の政策に異を唱える者が、六太を拉致し謀反を起こす。望みは国家の平和か玉座の簒奪か-二人の男の理想は、はたしてどちらが民を安寧に導くのか。そして、血の穢れを忌み嫌う麒麟を巻き込んた争乱の行方は。

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)はこんな本です

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)の文庫

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)の文庫

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)のCD

ツイートする