風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (新潮文庫)

  • 2087人登録
  • 4.61評価
    • (469)
    • (176)
    • (40)
    • (2)
    • (1)
  • 159レビュー
著者 : 小野不由美
制作 : 山田 章博 
  • 新潮社 (2013年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101240572

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 謀反を企てる慶の街・拓峰で、陽子・祥瓊・鈴の三人が出会う。

    彼女達が自分の至らない点をきちんと把握して、変わろうとしているところに好感が持てて、物語に一層引き込まれます。
    特に祥瓊と鈴は、上巻に比べて前向きに行動的。
    陽子の苦悩は、正直、麒麟が口下手なせいでもあると思います。
    だから仕方ない部分もあると思う。笑

    同じ年頃の女王から全てを奪ってやろうと思っていたけれど、楽俊と出会って景王がどれだけ苦労して登極したかを知り、彼女を逆恨みする気持ちを改めた、祥瓊。
    同じ蓬莱出身であることから親近感を抱いていたものの、弟のように思っていた少年を慶の悪吏に殺されたことから、景王を恨むようになる、鈴。
    祥瓊と鈴の景王に対して抱く感情が、上巻と真逆なのが印象的。
    そして二人が陽子と知り合い、ただ「王様」というものに勝手に期待したり失望したりしていたことに気付く。
    これは、現実の世界にも言えることなんだろうな。

    WH版のレビューで、祥瓊と鈴が民衆の前で身分を明かすシーンが好きだと書いた記憶があるのですが。
    勿論良いシーンだし、好きなのですが、以前ほど手放しに「清々しくて大好き!」とは思えなくなった自分に気付きました。
    貴女達はやっぱり十分恵まれているじゃないか!と思ってしまう。
    以前読んだ時よりも多少は進歩したということでしょうか。

    今回、陽子が街に下りて自分自身で見聞きして物事を見極めようとしたことは、『月の影 影の海』での経験があったからこそだと思います。
    もっと楽に登極していたら、民衆と生活しながら学ぶなんてことは出来なかっただろうな、と。
    そう考えると、あの辛い経験も決して無駄ではなかったし、今回のことも彼女の国作りの糧になるんだろうと思います。
    彼女の初勅と、そこに込められた想いを見ていると、慶はきっと良い国になるだろうなと思えます。

  •  陽子、祥瓊、鈴の三人が運命の出会いを果たし、戦いに向かう下巻。

     新装版になってから十二国記を読み始めましたが、今まで読んできた中ではこの作品が今のところ、十二国記作品の私的ベストだと思います!

     三人の少女たちがこの話の中で多くのことに気づき、成長を果たしていく姿は読んでいる読者側にもしっかり伝わってきます。上巻で未熟な彼女たちの姿がしっかりと描きこまれていたことが、下巻での描写の力強さにつながっているのだと思います。

     今まで読んできた十二国記の作品はあまり戦闘シーンのイメージがなかったのですが、今回は乱の様子が描かれていて、そちらの読み応えもありました。

     上下巻通してのメッセージ性も高かった気がします。知らないことに対する責任や自分は不幸だと思うことで、何も変える気持ちを持たなくなる心、そしてそれからの脱却、ラストの陽子の初勅。今まで読んできたファンタジーのシリーズは、児童文学のものが多かったということもあると思うのですが、どちらかというと友情を強調したものが多い気がするので、それだけにとどまらずに、さらに深い『人』としての本質を突くこのシリーズはやはりただのファンタジーではないなあ、と思ってしまいます。

  • この清々しい読了感はなんだろう。
    最後の陽子の言葉は、この世界の話だけではない。
    私達が生きるこの世界にも通じる言葉だ。

    この言葉を紡ぎ出すまでにどれほどの苦労があっただろうか。
    月の海〜から始まって、どれほどの壁を超えてきただろうか。
    自分を疑い、自分に失望し、
    それでも諦めなかった陽子だから、
    私達は信頼できる。
    きっと良い王になるのだろう。

    改めて思う。
    私は十二国記が好きだ。

  • 三人の少女たちの成長物語、と単純にくくってしまえないほど、いろんなものを内包している。
    貴種流離譚や冒険・戦い・友情メインのファンタジーが多い中、三者三様の立場から、王とは何かを考え、自己憐憫から脱却し、強く生きる決意をする姿が凛々しい。
    政治や経済のしくみなどを交えることで、世界観を確固たるものにし、王というものがおとぎ話に出てくる名誉職でなく厳しく泥臭い実務であることを思い知らせてくれる。
    折に触れて読みなおしたい名作。

  • 読み始めたら読み終わってしまった。。。
    一度ホワイトハート版全巻読んではいるのだけど、この話がいちばん好き。
    ガキで、自分本位で、自信のない女の子たち。
    すんごい腹立つんだけど、分かっちゃうんだ、そのあたし悪くない理論とかあたし可哀想理論とかあたしできることない理論とか、無為だと知りつつ手放せないワガママ。

    大人になるって、これを手放せることなのかしら。飼い慣らすってことなのかしら。

  • いやぁ、最後の収束していく辺りで泣きそうになったなぁ。

    陽子は素晴らしい王になり、
    祥瓊は凛とした女性になり、
    鈴は思いやりの深い女性になった。
    ほんとよかった。

    尊敬する人には自然と頭が下がり、軽蔑するような人には蔑む視線を送ってしまうもの。そんな当たり前のことを、建て前が必要な国の制度として取り入れる陽子。これからも良い国にしていく為に、遊学するんだろうな。

    誰よりも動く指導者に魅力を感じるよね。

  • 王だからと言って何でもできるわけではない、権力を振るうにもいろいろ制約があるということが、実にリアリティをもって描かれていて、感心しました。ストーリーはサスペンスに富み、上巻ではばらばらだった3人の主人公の少女たちの出会いと友情も読んでいて気持ちよく、最後まで楽しめました。

  • 陽子、祥瓊、鈴の道が交差していよいよ物語は更に盛り上がっていきます(●´艸`)計画はせいこうするのか?!そして、集まった仲間たち&彼女たちの行く末はいかに?!

    最後の最後、水戸黄門のようにスカッとする結末です!!!この爽快さゆえに何度も読み返してしまう作品です(●´艸`)おすすめ!!

  • 上下巻読了。
    ほんとーにおもしろい!
    陽子がすきだ
    もっと景麒と絡んでほしい!
    信じられる仲間との、その先も読みたい
    そういう話もあるのかな?
    どうだろう。
    まず丕緒の鳥を読もう。
    その先の、新潮文庫での刊行が楽しみでならないです。
    楽しみにおもうことができてうれしいー^^
    彩雲国物語ももう一度全部読み返したくなってきた(笑)
    調子にのって三国志の一巻も買ってしまった。
    果たして読めるのかどうか…(笑)

  • やはりこのシリーズのメインは陽子と蒿里だと思う。その1人である陽子がここでもやはり悩みながら成長していく。景麒に乗って敵陣に赴く陽子がかっこいい。

  • 最後は胸のすく読後感。景麒を押さえての陽子の初勅。ああ、これから景王陽子の国が作られるのだなあ。まだまだ波乱がありそうだけど、延王に劣らぬ良き治世が想像される。
    いやー陽子が男前すぎる (笑)。

    祥瓊が革午に啖呵を切るシーンは拍手喝采。ついで鈴も才国の主の名を出す。陽子を信じて、行動に表れた。あ、でも言い方悪いと水戸黄門の助さん・角さん?「控えおろう~」って感じ(笑)

    陽子・祥瓊・鈴、3人とも人間的にすごく成長した。いろいろな道をたどって、いつしか1つに収斂し、3人が邂逅。心震える成長譚。いやいや良くやった、大きくなったと、気持ちはおじいちゃんの気分。あれ?なぜだ?遠甫のせいか?

    だがしかし、この作者、容赦なく殺しちゃいますね。蘭玉まで死ななくても・・・命まではどうか・・・

    楽俊がどこまでも良い奴で。そして、祥瓊がおのずと頭を下げ、礼を言う。最後の初勅に通じる。

    景麒はなんでこんなに言葉足らずか・・・もうちょっといいコンビになりそうなのに。もう少し時間がかかるのか。泰麒との回想が懐かしい。

    ここでも玉座の重みが語られる。鈴と祥瓊の邂逅。祥瓊が鈴を慰め、「これほどにも、あなたは人々の希望のすべてなのだ、と。」堯王に伝えたいと。たけど、それは陽子の人となりを知らず勝手に夢想するもの。でも、民からすればそれが真実。
    そして延王の言葉「どうせ玉座などというものは、血で購うものだ。」ただで手に入るものはない。

    人間、頭を下げ、黙って流されるまま、長いものに巻かれるは容易いこと。そうではなく、不羈の民になってくれと陽子は願う。現世に生きるものとしては、「己という領土を治める唯一無二の君主に」なるべく心強く保たねば。

    しかし、延王や景王の目指すように、自由な国、基本的人権が守られる国に日本はなったはず。十二国の民から見れば豊かな世界だ。なのに、この今の日本の閉塞感はなんだろうか。景国もいずれ傾く時が来るのだろうか、などと考えたり。

  • 主人公三人の成長に鳥肌が立った!
    知らなかった、分からなかったのは知ろうとしなかった、分かろうとしなかったのと同じ事。
    言い訳をしそうになったらこの台詞を思い出そうと思います。

  • ぐさりと突き刺さる文章が、本文中に何か所も出てくる。

    大抵の人は自分が可愛くてしかたない。
    人は他人と比べることでしか、自分を知ることができないから
    自然と自分と他者の不幸を比べたがってしまう。
    そうやって可哀そうな自分を妄想することで、自己を肯定してしまう。

    まさに自分のこと。
    だから読んでいてイライラするし、嫌だなと思う。

    そういう心理描写をうまく表現されているのは、やはり流石だと思います。

  • 読み終わった瞬間の満足度が高い

    王としてしっかり役目を果たした陽子
    成長した鈴としょうけい。

    3人とも色んな人と会って色んなことを知って進んで行く。

    よかった。よかった。めでたし。めでたし。

    陽子は女の子だけど抱かれたいと思うくらい男前で格好良いな…

  • 多くのファンタジー小説や冒険譚と同様、最終的にはみな最良の形で落ち着くべきところに落ち着くが、そこに至るまでの甘やかすことない道程こそが十二国記の醍醐味。

    いい年した私ですが、この作品に込められた人生哲学に今でも助けられます。

  • 上下巻の上巻はやはり厳しい。
    鈴と祥瓊、どちらも確かに甘いのかもしれないけど、私には責められない。ああいう辛い状況で何かに責任転嫁して、何とか生き延びる時期というのは誰にでもある。それでも時期が来れば、人は旅立たずにはいられないのだろう。
    下巻から良い出逢いを通じて成長していく二人はたのもしい。陽子の時はとにかく裏切りが「これでもか!」と続くので、楽俊が出てくるまですごく辛かったけど、二人は早めに出逢えて良かった。とても恵まれていた。
    凝り固まって世の中を恨むことしかできなくなるには、彼女らの心はまだ若く、幸いにも柔軟で勁かったのだと思う。
    自分自身と関わり合う人、どちらにも+の要素がないと、困難に打ち勝つのは難しいのだなと思った。
    ラストは黎明というタイトルにふさわしい、夜明けのすがすがしさを感じさせる。「終わりは始まり」という言葉を思い出させる、希望のある終わり方で良かった(^_^)

  • 新潮文庫で再読。

    何度読み返しても、陽子の初勅シーンでは、背筋ののびる思いがします。
    他者を尊重し、自分もひとりしかいない自分として胸の張れる生き方をしたいです。

    このシリーズには、過去の自分の後悔やトラウマをざくざくえぐられることが多いけれども、この歳になって「そうだったよね」「そんな風に考えちゃうこともあるよね」と、目を逸らさずに読み進められるようになってきてるのは、最初に読んだ頃よりも少しはマシな人間になれているからだと……思いたいです。

  • 陽子と祥瓊の悩みや悩み方には理解・同情(?)することができたのだが、鈴の悩みはよくわからなかった。また、陽子が、地位と違う目線に立つことによって成長していく様子や、祥瓊が楽俊と出逢うことによって、自分を恥じ、変わっていこうと心を入れ替えたところなど、面白いところが満載だった。


     また、少し冷静に読んでみると、陽子は17・18歳前後で、祥瓊は30歳ぐらいで、同じことを悩んでいるのは、まぁいいとして、鈴は100歳以上じゃん!と突っ込みたくなることが。仙になると精神の成長も止まるの?と聞きたくなってしまった。

  • クライマックスの陽子の独壇場は何度読んでもかっこいいし、とにかくスッキリする。
    陽子が王としての自分を見つけて、ショウケイも鈴も、うがった見方を改めることができた。その他の登場人物も辛い時期を乗り越えたからこそ、みんな潔く強くなった。
    読後にとにかくスッキリした気分になれるので、大好きで何回も読み直してます。

  • 2014.01.16
    とにかく止まらない。
    一気に読めちゃう本である。

    鈴と祥瓊、陽子が徐々に集まっていく。

  • 息の詰まるよう状況のなかで、希望もなく生きながらえる主人公たち。身に降りかかる不幸や困難を糧に、殻を破るように成長していく。世界観の完成度が高く、現実感を失わずにファンタジーの世界に没入できる秀作。
    そして、昔に見たアニメ版は実によく表現されてるなと、改めて感心した。アニメももう一度見てみたい。。

  • 表紙の夕睴の余裕のある微笑みがかわいい。

    下巻の成長後の祥瓊と鈴には安心感がありますね。上巻では悩み苦しんでいた彼女たちの行動にはハラハラさせられていたので、また違った気分で読み進められました。人を見下ろすことしか知らなかった、祥瓊の変わりっぷりは少しびっくりします。

    終盤の陽子の初勅のくだりは陽子の成長が感じられて、これから慶がどういった国になるのか楽しみ。利発な少年が好きなので、夕睴に活躍の場があるといいなと密かに期待しています。

  • 王は人々の希望。だから会いに行く。

    景王陽子は街に下り、重税や苦役に喘ぐ民の暮らしを目の当たりにして、不甲斐なさに苦悶する。
    祥瓊は弑逆された父の非道を知って恥じ、自分と同じ年頃で王となった少女に会いに行く。
    鈴もまた、華軒に轢き殺された友の仇討ちを誓う―

    王が苦難から救ってくれると信じ、慶を目指すのだが、邂逅を果たす少女たちに安寧は訪れるのか。
    運命は如何 に。

    。・゜*・。 ・゜*・。 ・゜*・。・゜*・。

    H25.8.15 読了

    時間が取れず、でもどうしても読みたかったため合間を縫って読んだのだが、やっぱり時間が取れるときに一気に読めば良かったーーー!!!と、後悔。

    時間が空くと州や郷、役職名が朧気になり、また確認する作業からになってしまうし、戦場のせっかくの躍動感もスピーディーな展開も途切れてしまうし、一気に読めたら、きっと最後の陽子の決断ももっともっとスッとしただろうにと容易に想像がつくから…!

    上巻が気持ち良く読めたため、余計に残念。
    これを読むための時間を確保して、絶対また読みたい!

  • 「風の万里 黎明の空」下巻、読了。景王陽子は街に下り民の暮らしを知ることに活路を見出す。芳国の祥瓊は自身の境遇を嘆き、恵まれた女王に憎しみを抱く。そして才国の鈴は同じ蓬莱の女王に救いを求めていく。異なった思惑を胸に3人が慶国を目指すのだが。。
    はぁー、もう最高です。3人の旅の道中に一喜一憂しながら、時にすれ違い協力し、慶国に蔓延る悪の根を断ち切るべく行動する、主要キャラクターの連携が秀逸。ラストの陽子の言葉が胸に響きます。金原瑞人さんの解説も素晴らしい。オススメです♪

  • この巻が既刊の中では一番好きです!
    陽子・祥瓊・鈴が再会して同じ目的に向かっていくとか、陽子が身分を明かすとことか、たまらんですね。
    祥瓊が革互に名乗るシーンはかっこよかった。
    陽子が景麒に騎乗して迅雷に向かっていくところもいい。王様陽子。景麒のきつい一言。
    陽子と景麒の関係の描写もよいですね。分かりあえてきていそうなカンジで。なんだかんだといいつつ王には弱い景麒。慶国主従かわいい。
    初勅を出す陽子は吹っ切れていて清清しかったです。

全159件中 1 - 25件を表示

風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (新潮文庫)に関連するまとめ

風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (新潮文庫)の作品紹介

王は人々の希望。だから会いにゆく。景王陽子は街に下り、重税や苦役に喘ぐ民の暮らしを初めて知り、己の不甲斐なさに苦悶した。一方、祥瓊は、父が弑逆(しいぎゃく)された真相を知らず過ごした自分を恥じ、同じ年頃の娘が王に就いた国を訪ねる。鈴もまた、華軒(くるま)に轢き殺された友の仇討ちを誓い、慶へ。だが邂逅(であい)を果たす少女たちの前には民を苦しめる豺虎(けだもの)の影が。──立ち向かう者に希望は訪れるのか。

風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (新潮文庫)の文庫

風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記 (新潮文庫)の文庫

ツイートする