水底の歌―柿本人麿論 (下) (新潮文庫)

  • 105人登録
  • 3.61評価
    • (7)
    • (5)
    • (15)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 梅原猛
  • 新潮社 (1983年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101244037

水底の歌―柿本人麿論 (下) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2ヶ月近くかかったであろうか。通勤途中のみで読んでいたから、本書を読んでいる間にほかに5冊の本を読んでレビューを書いている。パートナーの実家は島根県大田市にある。邑智郡までは車で1時間足らず。それを目的とはせずに、偶然見つけて入った柿本人麿および齋藤茂吉の記念館(と言っても小さな小屋くらいのもの)。こんなところが人麿の終焉の地であったのかという感慨。そして、大田市の古本屋で見つけた本書。偶然であろうかあるいは何らかのつながりがあるのか。本書は、その邑智郡が人麿の終焉地であるとした齋藤茂吉の説を徹底的に批判している。さらには、賀茂真淵などの人麿論についてもこれでもかこれでもかと批判が続く。そこに、著者自身の人麿論が語られている。「隠された十字架」で感じたのと同じ、あたかも推理小説でも読むかのようなふしぎな期待感を持ちながら読みすすめた。菅原道真などとあわせての怨霊の話にもひきつけられる。神社や寺が成立してきた過程。そして、万葉集が編まれた本当の意味。「古今集」の抜粋を含め古文・漢文の部分はほとんど読み飛ばしてしまったが、それでも十分にエンターテイメント的な読後感がある。

  • (2014.02.23読了)(2001.11.22購入)
    副題「柿本人麿論」
    【日本の古典の周辺】
    人麿論は、賀茂真淵によって確立され、それ以後は、賀茂真淵の説をもとに論じられてきているとのことです。ところが賀茂真淵の説を採用すると、『古今集』の序文に書かれていることを否定することになります。人麿が生きていた時代に近い人たちが書いたものが、間違っているはずがないと考えると、『古今集』の序文は、『古今集』が編纂された時代に書かれたものではなく、後の人が書き加えたものだということになってしまいます。
    梅原さんは、『古今集』の序文が、正しいと考えたらどうか、という観点からどう考えれば、正しいと言えるようになるのかを探っています。
    『古今集』の序文には、人麿が、正三位の位で歌の聖だ、と書かれています。正三位だとすると、続日本紀などの正史に書かれるはずなのに、書かれていないし、亡くなった場合は、薨や卒が使われることになっているのに、万葉集では、死が使われているので、正三位というのは、間違いということになります。
    死という文字がつかわれるのは、六位以下ということになっているので、六位以下だとどのような役職が可能かというふうに論が進められて作られているのが、真淵以後の人麻呂論です。
    梅原さんは、第一部で、人麿は、藤原不比等によって、石見の国の鴨嶋に流され、そこで処刑されたという説をとっています。
    罪に問われて処刑された場合、位は剥奪されるので、死という文字がつかわれているのではないかと推測しています。
    正史に人麿の記述がないのは、処刑されたために、記述の際に名前を変えられたのではないか、言うのです。そのような例もなくはないというのです。
    正史には、柿本猨(さる)、柿本佐留という人物が出てくるのですが、時代的に人麿と合致するので、これが、人麿ではないのか、ということです。(人麿ではなく、人麿の父親ではないかという説もあります)
    ヒトがサルに変えられたというわけです。この人の位は、従四位下です。
    また、他の言い伝えによると、人麿は、大夫と呼ばれています。従四位下の位の人のなりうる役職として、大夫はふさわしいものです。このことからも、柿本猨は、人麿の可能性があるということです。
    これで、正史には現われないという、問題は解決したとしても、位は、従四位下ですので、正三位ではありません。梅原さんは、正三位は、藤原不比等の亡くなった後に、人麿の名誉回復のために、追贈された位ではないだろうか、と推測しています。
    そのような記述のある文献が現れれば、梅原説は、確定するでしょう。論としては、面白いし、ありうることかもしれません。
    人麿が、サルに変えられた説のついでに、梅原さんは、百人一首に出てくる猿丸大夫は、実は、人麿ではないかということも述べています。人麿を人丸とも呼ぶし、人麿大夫と呼ばれたりもするので。
    梅原さんのように考えると、『古今集』の序文を記述まちがいと考えずに済むということになります。『古今集』の序文を否定するよりも、こちらのほうがすっきりするし、宮廷歌人としての人麿のイメージとも合致するのではないでしょうか。
    六位以下では、宮廷歌人というイメージには、合致しません。

    【目次】
    第二部 柿本人麿の生 ―賀茂真淵説をめぐって―
    第二章 年齢考
    第三章 官位考・正史考
    第四章 『古今集』序文考
    あとがき
    文庫版のためのあとがき
    年表
    図版目録

    ●天皇の称号(65頁)
    天皇という称号が、いつ、何のためにできたのか。持統三年につくられた人麿のかの歌には、明らかに「天皇」とある。
    その後も、人麿の、多分持統六年の頃の作であると思われる近江の都を過ぎたときの歌にも、天皇という言葉が使われている。万葉集を見る限り、持統帝の時代にはじめて天皇という言葉が使われ、それも持統帝の暗喩として使われていることに注意しよう。
    ●和歌(99頁)
    日本の和歌が歴史上、正当な文学として認められるには、勅撰集である『古今集』の出現を待たなければならなかった。それ以前、それは現代における歌謡曲の如き扱いを受けていたのであろう。
    ●人から猨へ(154頁)
    私は、文武四年(七〇〇)から大宝元年(七〇一)ころ、人麿は政治的事件にまきこまれ、流罪になったにちがいないと思うが、もしそうであるならば、かつて彼を寵愛した持統帝は、彼を猨と改名し、次のようにいわなかったであろうか。
    ●偉大な学者(342頁)
    偉大な学者とは、多くのことを知っている人をいうのではなく、また、いたずらに新説をとなえる人でもない。彼は、世界を発見する人である。そこに存在しながら、誰によっても気づかれない世界を発見する。
    ●「原万葉集」の思想(348頁)
    「原万葉集」は、鎮魂の歌集、悲劇の死をとげた皇子や朝臣たち、わけても律令権力の犠牲となった柿本人麿の鎮魂の歌集である。
    その鎮魂には、一つの政治的ねらいが秘められている。人麿を死に追いやった藤原権力の告発という、秘かな不気味なねらいを、この歌集は秘めている。そして、それが橘諸兄によって、しかも、彼が藤原氏との対決を覚悟しはじめた天平勝宝五年という時期につくられたという伝承は、十分に信憑性があると思われる。

    ☆関連図書(既読)
    「ハシモト式古典入門」橋本治著、ゴマブックス、1997.11.25
    「万葉集入門」久松潜一著、講談社現代新書、1965.02.16
    「万葉集」坂口由美子著・角川書店編、角川ソフィア文庫、2001.11.25
    「水底の歌(上)」梅原猛著、新潮文庫、1983.02.25
    (2014年3月3日・記)
    内容紹介(amazon)
    日本の詩人として、誰しも名を逸することができないはずの柿本人麿の生涯は、正史から抹殺され、その行方は杳として知れず、その絶唱も時代を経るとともに誤読されてきた。賀茂真淵の人麿解釈以来、近代的合理主義によって歪曲され、見失われていた古代国家の凄惨な真実、宮廷第一の歌人人麿の悲劇の生涯と、鎮魂の歌集万葉集に新たな光をあてる、梅原日本学衝撃の新説。

  • 飛鳥・奈良時代お好きでしたらおすすめですが、梅原先生なので学術的です(つまり文章がカタイ)

全4件中 1 - 4件を表示

梅原猛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
レイチェル カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

水底の歌―柿本人麿論 (下) (新潮文庫)に関連する談話室の質問

水底の歌―柿本人麿論 (下) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする