写楽 仮名(かめい)の悲劇 (新潮文庫)

  • 33人登録
  • 3.06評価
    • (0)
    • (1)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 梅原猛
  • 新潮社 (1991年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (469ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101244068

写楽 仮名(かめい)の悲劇 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本古代史研究で、大胆な仮説を次々に提示してきた著者が、東洲斎写楽の謎に挑んだ本。

    著者は、役者絵で写楽のライヴァルである歌川豊国こそが写楽だったという説を提出しています。泉市という版元と専属契約を結んでいた豊国が、ライヴァルの版元である蔦屋重三郎と組んで大首絵を刊行するに当たり、東洲斎写楽という仮名を用いたものの、泉市からクレームを受けて、画風を変えざるをえなかったというのが、著者の想定するストーリーです。

    そうした著者の推理を支えているのは、個性的な作風を追求する芸術家像です。著者の芸術家像は、ややロマン主義的にすぎ、江戸時代の芸術家たちが果たして著者の考えるような個性の表現を追及したのかという疑問も感じないではありませんが、写楽と豊国の絵の特徴の類似性についての指摘は当たっているように思います。

    一方、役者絵と歌舞伎との結びつきについても突っ込んだ検討がなされていますが、個人的にはそれらを享受する江戸庶民の姿が「謎解き」に絡んでこないことに、少しがっかりしました。もちろん本書は推理小説ではないのですが、もし推理小説だったら……とどうしても考えてしまいます。

  • 2013.9.15購入

  • £2.00

  • 氏の著書に慣れていないからか、ちょっと読みづらい。アグレッシブで詳細な議論は面白いけれど、語気ほどの説得力は感じられなかった。

全5件中 1 - 5件を表示

梅原猛の作品

写楽 仮名(かめい)の悲劇 (新潮文庫)の作品紹介

彗星のごとくデビューし、わずか10か月で歴史の闇に消えた謎の画家写楽。ドイツ人クルトによって世界三大肖像画家の一人に数えられながら、その実像は今なお知られていない。正体は誰か。大胆な着想と実証的方法によって、これまでの諸説を論破するとともに、思いもかけぬ人物を写楽と指名。江戸浮世絵界の秘められた謎に挑戦する、スリルとサスペンスにみちた梅原日本学の新展開。

写楽 仮名(かめい)の悲劇 (新潮文庫)はこんな本です

写楽 仮名(かめい)の悲劇 (新潮文庫)の単行本

ツイートする