心がだんだん晴れてくる本 (新潮文庫)

  • 197人登録
  • 3.16評価
    • (11)
    • (9)
    • (62)
    • (6)
    • (5)
  • 30レビュー
著者 : 中山庸子
  • 新潮社 (2002年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101245317

心がだんだん晴れてくる本 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 気になった目次ー美容院ではなぜか緊張してくつろげない

  • 「森の中にいるように、心が生きかえる本」と同時に買いました。
    こちらも、中山さんらしい優しい文体で癒してもらえて、中山さんの品のよさも垣間見えます。
    しばらく、バイブルにしていました。

    ここからどんどん、中山さんの世界に引き込まれました。

  • 資料ID: C0023176
    配架場所: 本館2F文庫書架

  • 色々な心の悩みの解決法が書かれている本。

    私が特に好きなのは、「こころの力が戻るまで」という項目。

    確かに、「とりあえず」やってみる事で、心が軽くなる事もあるなぁと思います。

  • 「心がだんだん晴れてくる本」3

    著者 中山庸子
    出版 新潮社

    p53より引用
    “いろいろな自己流の「とりあえず」をストックしておきましょ
    う。”

     エッセイストでイラストレーターである著者による、疲れた心
    をラクにするコツを記した一冊。
    何もしたくない時の対処法から自分を好きになれない時の対処法
    まで、色々な状況に対する気持ちの持ちようのコツが紹介されて
    います。

     上記の引用は、落ち込んでいる原因がわからない時の気分転換
    の方法を紹介した一文。お酒が飲める人にとってのとりあえずは、
    ビールといった所でしょうか。
    飲めない人は自分なりのものを何とか見つけたいところですが、
    一人で簡単に出来るものにしておきたいものです。相手がいなけ
    れば出来ない気分転換だと、出来る状況が限られてしまい、結局
    することが出来なくて困ってしまいそうに思います。
     一つの項目について二三ページでまとめられているので、必要
    に応じて必要な所を読むのに使いやすい一冊だと思います。

    ーーーーー

  • 20111116
    心を楽にして生きるためのヒント集みたいな感じ。自分にはあんまりピンと来なかったけど、いろいろなtipsが載っているので対人関係とかに疲れてる時に読むのは悪くないかも。

  • 簡潔に言ってしまうと、「可もなく不可もない本」。

    落ち込みというのは理由も原因も人それぞれです。
    当然、落ち込みに聞く本だって同様のはずです。

    だからこの本は万能とは言い難いでしょう。
    読む人の悩みをあっという間に晴らしてくれる、なんてことを期待してはいけません。

    確かに、この本は読者を根本的解決には導いてはくれません。
    ですが、がちがちに頑張りすぎてしまう人・発散が苦手な人に「こんなのはどう?」と手を差し伸べてくれる本ではあると思います。

  • 読まないより読んだほうがいいのかもしれませんが
    後日になって
    何も残っていなかった本です。

    すみません。

  • できることから。

全30件中 1 - 10件を表示

中山庸子の作品

心がだんだん晴れてくる本 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

心がだんだん晴れてくる本 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

心がだんだん晴れてくる本 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

心がだんだん晴れてくる本 (新潮文庫)の作品紹介

毎日お天気が変わるように、心の空模様も日々変わります。せっかくの休日を予定どおりに過ごせなかった、電話の相手が不機嫌だった、そんな小さな落ち込みだって、積み重なればドシャ降りになってしまいます。ちょっとしんどい、そんな曇りがちの日がつづいたら、こじらせる前にこの本を開いてみて下さい。あなたのため息の原因と、むりしなくても元気になれるカルテが詰まってます。

心がだんだん晴れてくる本 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする