時雨のあと (新潮文庫)

  • 404人登録
  • 3.59評価
    • (25)
    • (49)
    • (76)
    • (7)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 藤沢周平
  • 新潮社 (1982年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101247038

時雨のあと (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この人の作品は全て何度も何度も読み返している。もうほとんどストーリは覚えているが、それでも本棚の前に立つと手がのびるのは、この人の作品がよほど性に合うのだろう。
    1篇を選ぶとすれば鱗雲か。街道で倒れていた亡くなった妹に似た娘。竹刀タコがあり、仕込み杖を持ち秘密を隠している。その娘をめぐる母と主人公の思いやり。主人公のいいなずけの悲運とその父親の苦悩。2つの流れが交錯しストーリーが進む。最後に娘が帰ってくるシーンは明るく清清しい

  • やはり、いい。藤沢周平。
    これだけたくさん作品があっても、どれも良い。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    身体を悪くして以来、すさんだ日々を過す鳶の安蔵。妹みゆきは、兄の立ち直りを心の支えに、苦界に身を沈めた。客のあい間に小銭をつかみ兄に会うみゆき。ふたりの背に、冷たい時雨が降りそそぐ…。表題作のほか、『雪明かり』『闇の顔』『意気地なし』『鱗雲』等、不遇な町人や下級武士を主人公に、江戸の市井に咲く小哀話を、繊麗に、人情味豊かに描く傑作短編全7話を収録。

  • 雪明かり
    闇の顔
    時雨のあと
    意気地なし
    秘密
    果し合い
    鱗雲

    江戸の市井に咲く小哀話を、繊麗に、人情味豊かに描く傑作短編全7話。

  • 短編7話。標題の「時雨のあと」のようにじわっと胸に迫る内容ばかり。どれもおもしろかった。2015.11.21

  • 藤沢作品は、武士ものよりも、圧倒的に庶民の物語が好きだな、と毎回読むたび思う。

    この人の書く町人たちの強さと弱さが、とても好き。

  • 時代は江戸時代。下町の平民や下級武士が中心の物語です。江戸時代のものは華やかな新撰組や将軍もの、竜馬系が多いですが、こういった一般人の話も面白いですね。藤沢氏のタッチは小粋で、シンプルな文章が非常に旨いです。貧しい生活ながら人々が一生懸命に暮らす様子は、ほんわかと幸せそうです。
    字は小さいのですが、薄いですし30ページほどの短編がほとんどなので、あっという間に読めました。次は「蝉しぐれ」を読んでみたいです。

  • 身体を悪くして以来、すさんだ日々を過す鳶の安蔵。妹みゆきは、兄の立ち直りを心の支えに、苦界に身を沈めた。客のあい間に小銭をつかみ兄に会うみゆき。ふたりの背に、冷たい時雨が降りそそぐ…。表題作のほか、『雪明かり』『闇の顔』『意気地なし』『鱗雲』等、不遇な町人や下級武士を主人公に、江戸の市井に咲く小哀話を、繊麗に、人情味豊かに描く傑作短編全7話を収録。

  • 時代小説を読んだことない人に
    おすすめの藤沢周平の短編。
    そして女性にもおすすめ。

    やはりまだ、藩とか江戸時代の
    階級とかの話はよく分からない事が
    多くあるが、
    どちらかというと恋愛要素、
    人情、家族愛が主なので
    一気に読める。
    読後感は最高。

    「意気地なし」「鱗雲」が好き。

  • なんだか場面とか話者が唐突に切り替わったりするので、
    ちょっと読みづらかった。

全27件中 1 - 10件を表示

藤沢周平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
藤沢 周平
宮部 みゆき
藤沢 周平
有効な右矢印 無効な右矢印

時雨のあと (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

時雨のあと (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

時雨のあと (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

時雨のあと (新潮文庫)の作品紹介

身体を悪くして以来、すさんだ日々を過す鳶の安蔵。妹みゆきは、兄の立ち直りを心の支えに、苦界に身を沈めた。客のあい間に小銭をつかみ兄に会うみゆき。ふたりの背に、冷たい時雨が降りそそぐ…。表題作のほか、『雪明かり』『闇の顔』『意気地なし』『鱗雲』等、不遇な町人や下級武士を主人公に、江戸の市井に咲く小哀話を、繊麗に、人情味豊かに描く傑作短編全7話を収録。

時雨のあと (新潮文庫)の単行本

時雨のあと (新潮文庫)のKindle版

ツイートする