冤罪 (新潮文庫)

  • 284人登録
  • 3.68評価
    • (13)
    • (31)
    • (28)
    • (5)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 藤沢周平
  • 新潮社 (1982年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101247045

冤罪 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 藤沢文学の短編集である。
    相変わらずの情景描写や心情描写がわたしのお気に入りな感じで、ほっとするような、少し(主人公に同情するような)悔しさを感じるような短編だった。
    思いの規模の大きい、小さいはあっても、皆、真剣に思って、悩んでいる。仕事以外でこういった状態になることもまた、幸せなことではなかろうか。

  • 2017年、42冊目です。

  • 潮田伝五郎置文 良かったです。

  • 藤沢周平の短編を読むと「達者やな~」という感想しか出てこない。雑誌用の売文短編なんだけど職人技と呼ぶべき完成度。

  • 証拠人
    唆す(そそのかす)
    潮田伝五郎置文
    密夫の顔
    夜の城
    臍曲がり新左
    一顆(つぶ)の瓜
    十四人目の男
    冤罪

    興趣あふれる《武家もの》時代小説全9編。

  • 時代小説9編。著者初期の作品とのこと。結末が予想と違って、妙な余韻が残るのが楽しい。「臍曲がり新左」が笑えた。2015.5.2

  • 二回目。やっぱり面白い。
    ザ、時代劇。物悲しく、時々笑えて、ハラハラして、と時代劇(小説)の魅力が詰まっている。

  • 久々に藤沢周平の作品を読んだが、非常に面白かった。時代小説だか堅苦しくなく、むしろラブストーリーやヒューマンドラマを読んだような読後感を与える。爽やかな短編集。

  • 好き。

  • これの前に読んだこの作家の短編二冊は、
    時代もの初心者の私でも読みやすかったが
    この本は一気に歴史的、というか、
    幕府やら何やらがたくさん出るようになって
    あまり好きではなかった。

    切ないという気持ちもあまり起きなかった。

全23件中 1 - 10件を表示

藤沢周平の作品

冤罪 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

冤罪 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

冤罪 (新潮文庫)の単行本

冤罪 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする