消えた女―彫師伊之助捕物覚え (新潮文庫)

  • 408人登録
  • 3.77評価
    • (28)
    • (62)
    • (50)
    • (6)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 藤沢周平
  • 新潮社 (1983年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101247076

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

消えた女―彫師伊之助捕物覚え (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • L 彫師伊之助捕物覚え1

    しまった。こんなシリーズを読みのがしていたとは。藤沢周平、やっぱり隙がない。哀愁漂うところも情緒溢れるところも抜かりないし、無駄な文字はない。途中悪態つくことなく一気読み。隙がないから読むの大変だけど充実感で満たされる感じ。
    しまいこんでいる藤沢周平本を久々にだしてまた読もう。

  • 彫師伊之助捕物覚えシリーズ一巻。版木彫り職人の伊之助は、元凄腕の岡っ引。逃げた女房が男と心中して以来、浮かない日を送っていたが、弥八親分から娘のおようが失踪したと告げられて、重い腰を上げた。おようの行方を追う先々で起こる怪事件。その裏に、材木商高麗屋と作事奉行の黒いつながりが浮かびあがってきた……。本業の合い間をぬっての探索、幼馴染のおまさの一途な愛と昔なじみの仲間との絡み。丸腰で悪党と対決する伊之助の活躍を描く。秘密を知り巻き込まれたおようの儚い運命が涙を誘う。高麗屋の嫁おうのも哀れだった。

    3作シリーズのハードボイルド時代劇、①消えた女・②
    漆黒の霧の中で・③ささやく河。

  • 元岡っ引の伊之助は女房が死んで以来、十手を返し彫師として働いていた。だが恩のある元岡っ引の弥八の娘が行方知れずと知り、探索に乗り出す。

    おもしろかった!藤沢周平の捕り物がこんなに面白いなんて!もっと早くに読んでいればよかった!ぐいぐいと引き込まれて一気に読み終わってしまった。頁の残りが少なくなる事を惜しく思える本は久し振りでした。満足!

    唯一、解説が不快でした。やすっぽい文章に読後の余韻をぶち壊されてうんざりしました。

  • 内容紹介

    版木彫り職人の伊之助は、元凄腕の岡っ引。逃げた女房が男と心中して以来、浮かない日を送っていたが、弥八親分から娘のおようが失踪したと告げられて、重い腰を上げた。おようの行方を追う先々で起こる怪事件。その裏に、材木商高麗屋と作事奉行の黒いつながりが浮かびあがってきた……。時代小説の名手・藤沢周平が初めて挑んだ、新趣向の捕物帖――シリーズ第一作!

  • 藤沢周平は長編より短編が良い。長編はリズム良く読み進められるが、短編の方が練られてるようだ。元岡っ引の彫師伊之助が、利害関係無く一途に行動する。最後乗ってきたところで、客の絵から一番の難題が解決したのには、拍子抜けした。2016.7.15

  • しまった〜。
    いっぺん読んでるのに気づかなくてまた買ってもーた。
    中身は、電車で読んでると、降りる駅をすっ飛ばすくらい
    熱中させます。
    面白いのは間違いなし。

    当然次のシリーズも読みたくなる一冊。

  • 渋い。
    渋すぎる。
    売り文句から分かってはいたけれど、時代劇で「男のハードボイルド」をやっている。
    と言いながら、ハードボイルドってどんなジャンルなんだろう、って言うのは我ながら曖昧なんですが。
    大まかに言うと、「男は黙って」「不器用ですから」かと思いきや、どうしてどうして、フィリップ・マーロウは減らず口が生命線だったりする。けっこう多弁。
    なんとなく、暴力と犯罪と不正が支配する都市世界、という世界観があって。
    そこで、若い青い正義を振りかざすのは恥ずかしいからしないんだけど、結果的に正義なことをしちゃったりする。
    なんだけど、決して報われることなく汚れた街で背中を見せて去っていく。
    スーパーヒーローのように強くはないんだけど、タフで打たれ強く、くよくよしない。そんな感じの主人公がいる。それがハードボイルドか。
    なんだけど、時折、正義だなんだ関係なく、目的遂行、あるいは巻き込まれ型で進む場合も、あるのかな。

    ####あらすじというか、個人的な備忘録####

    「消えた女」。
    版画や本などの元になる板を彫る、彫師の伊之助が主人公。
    30代半ばくらいなのか。
    彫師と言っても個人営業じゃなくて、親方がいる店で働いている。いわばサラリーマン。
    この伊之助が、実は、かつて岡っ引き。十手持ちだった。雑に言うとヒラの刑事というか。腕っこきだった。
    なんだけど、そんな頃に仕事にかまけて、女房に逃げられた。女房は男を作って逃げた。その上、その男と無理心中、自殺してしまった。
    そんなことがあって心に傷を負って、転職した。それが五年くらい前。今は、市井で小さくなって暮らしている。
    幼馴染的な惚れた女がいる。おまさ、という。この、おまさが、一杯飲み屋を営んでいる。
    惚れてるけど、手は出さない。また夫婦になる自信がない。この、おまさも、伊之助に気がある。
    お互いに気があるんだけど、おまさが近づくと伊之助が逃げる。だからお互い動けなくなる。動けないまま、時折おまさの店で飯を食べ、酒を飲んで帰る。

    そんな、いかにもな、というか、典型的な、というか、そんな伊之助の人物像と境遇と心境が、淡々と語られる。
    これがなかなか上手に書けていると思う。季節は冬。冬の寒さの描写が背骨になっている。

    そんな伊之助のところに、岡っ引き時代の知人が相談に来る。
    娘の、おようが消えてしまった。
    もともと、不良な娘だった。ロクでもない博奕打ち、やくざな男と所帯を持った。縁を切っていた。
    ところがある日、見知らぬ子供が手紙を持ってきた。おようの文字で「助けて」と。
    おようのことは、子供時代から、伊之助も知っている。義理と人情、捜索を引き受ける。
    夫に当たる。おようはある日、ぷいといなくなった、という。夫を尾行する。何者かを脅して小銭を得ている。
    その相手をつきとめようと、尾行していると、何者かに夫が刺されて死ぬ。
    脅していた相手は、高麗屋、という材木問屋だったらしい。
    その高麗屋は、おようが女中奉公していたのだ。
    おようが最後に目撃された、怪しい飲み屋から糸をたぐる。
    高麗屋の女中から聞き取りする。
    どうやらこの、高麗屋が臭い。

    そこに、伊之助の岡っ引き時代の上司・いわゆる町奉行与力さんも絡んでくる。
    そっちが追ってる別線の殺しも、高麗屋に収斂してくる。
    おまさ、との恋愛軸まで絡んでくる。おまさの常連客の独りが、高麗屋に恨みがありそうだ。

    そんなことから、おまさとの仲が深まる。
    一緒になろうか、と。だが、なんとなく気持ちのけじめ。おようが見つからったら、と。

    落ちを言ってしまうと。
    高麗屋が、過去に悪事をして潰した商売敵の息子が、盗人になって、高麗屋から不正の証拠の書付を盗み出す。
    伊之助は... 続きを読む

  • 初藤沢周平。武士物よりまずは市井のひとが主人公がイイなと選んで私的に正解。
    すごく読み易い。無駄な描写が無いし思弁もほとんど無い。ただただ主人公と一緒に謎を追わせてくれる。
    私の頭の中の江戸市中の画はテレビや映画の時代劇まんまだけれど、文章を追うと立体的にそれらが想像と一緒に浮かび上がって来た。映像が浮かべばすごい小説っていうワケじゃないけれど、それが自然で、気持ちイイのだ。
    私も堅川を眺めたい。木戸が閉まる時間を気にしたい。匕首をつきつけられたくはない。
    読んでる途中でハードボイルドもんだわと思ってたら解説でもそうあった。ですよね~とほくそ笑み。 次のも読もう。

  • 彫師伊之助シリーズ1。

  • 消えた女-ほら吹き伊之ちゃんうろ覚え。

  • 江戸時代ハードボイルド探偵もの

  • 伊之助・・どことなく冷めた感じの独り者って思ったけど、読み進むにつれて、お人好しなところも見えてくる。

    テンポも良くて、シリーズ第二弾もさっそく読まなきゃ。

  • テンポもよく、登場人物も魅力的で、このシリーズを読んでみたいと思った。

  • 日本版ハードボイルド時代小説。アメリカの私立探偵ものを思わせるストーリーです。主人公は元凄腕の岡っ引き、現在は版木彫り職人としてパッとしない日を送っている。ある日、失踪した娘を捜してくれという相談を受けるが・・・。主人公は単に正義を振りかざすのではなく、情報の礼にお金を渡したり、大悪を前にして盗人を見逃したり、そうかと思えば十手を預かることを潔しとしない。女房に逃げられた挙げ句の無理心中、そうかと思えば幼馴染みに惚れられている。どこか完璧でないが故に主人公が魅力的に見えてきます。

  • 主人公が体術に優れていてそれにより窮地を脱するシーンが多いと私には思えました。しかし考えてみると時代劇は大体最後はチャンバラなのでそういうものなのでしょうかね。

    江戸が舞台で私の暮らした街が頻出するので親近感が倍増でした。自動車も電話もなく現代と法制度も異なる江戸時代の捕物は、現代の刑事物と趣が異なりとても面白かったです。

  • 伊之助に惚れた。ストイックで冷静で人情もあり。すぐさま江戸に飛んで行きたくなった。

  • これは長編で、物語がするすると続いてゆくのでテンポよく読めて読了が早かった。
    主人公は伊之助といい、とある人物から人探しを頼まれる。
    伊之助は以前岡っ引をしていたことから、張り込みやら探索の手管まで非常に上手い。
    その上、若い頃会得した体術っていうか、拳法みたいなのも使って悪い奴らと闘うのでそういうときの伊之助はすこぶるかっこいいのだ☆
    ただ、派手さはない。
    一身上の理由で刑事を辞めた男が、職人仕事をしながら単独で個人的依頼をこなす、という感じ。
    微妙に関わってくる巷の悪党の所業、昔の上司からの復職への誘い。
    それを退けて、伊之助は一人単独で調査し、頑張る。
    しかしこの話の中ではさんざん苦労したにも関わらず、最後の最後まで探し人の行方はわからない。
    だというのに、ラスト数ページのところでふと 版木刷りの仕事をしていたところに偶然、探し人の似顔絵が舞い込む。
    「今まで伊之助がやってきたことは一体なんだったのさ??!」
    と思う結末だったが、そこが物語りの面白さなのだろう。
    探し人を見つけたときの伊之助の行動は早かった。
    そこに、頼まれた仕事に対する伊之助の真剣さが強く出ていた。
    面白かった!(^。^*

  • 伊之助かっこいい。
    このシリーズでこれが一番好き。

  • このシリーズはもっと評価されるべき!全3巻の伊之助シリーズ。めちゃくちゃ面白い。そして伊之助が最高にかっこいい。真実にグイグイ迫っていく過程に引きこまれました。もう一回読みたい。

  • やっぱり蝉しぐれがよかったな〜。

  • 江戸ものにはまりはじめてから、
    有名どころをひとつずつと思って。。

  • 至るところで”ハードボイルド”と評されていたけれど、
    あまりそっち系を読まない自分は単語自体を知らなくて
    「”ハー【ト】ボイルド”って何だろう?」
    と、ハートがゆでられるってどんなだよ、と本気で思っていた(笑)

    (注:ハードボイルドは「固ゆで卵」から転じて冷徹・非情の意。推理小説の一ジャンル。)

    この文章の端正さと構成の緻密さが好き。

  • 本書の解説に「アメリカのハードボイルド派の探偵小説である」とありますが、まさにそんな感じ。主人公の一匹狼っぷり、悪党の悪党っぷり、様々な伏線がひとつにまとまっていく様子など時代背景を現代に置き換えても違和感なさそう。藤沢作品は武家モノしか読んでいなかったので新たな魅力発見となりました。

  • 09.1再読。伊之助という名前が、やり手の岡っ引きというイメージにぴったり。
    他の捕物帳があっさり事件を解決していくのに比べて、実際の捜査はこうだったのかなと思わせてくれる。
    聞き込みに金をばらまくやり方も現実味があって◎

  • 時代劇ミステリー
    消えた女を捜しながら、深く深く事件に関っていく主人公伊之助。
    バラバラにちりばめられたパーツが組みあがっていく見事さ。
    決して現代のミステリーに引けをとらない。
    苦いラストは藤沢作品らしい。

全32件中 1 - 25件を表示

消えた女―彫師伊之助捕物覚え (新潮文庫)に関連する談話室の質問

消えた女―彫師伊之助捕物覚え (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

消えた女―彫師伊之助捕物覚え (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

消えた女―彫師伊之助捕物覚え (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

消えた女―彫師伊之助捕物覚え (新潮文庫)の単行本

消えた女―彫師伊之助捕物覚え (新潮文庫)のKindle版

ツイートする