時雨みち (新潮文庫)

  • 406人登録
  • 3.69評価
    • (28)
    • (60)
    • (67)
    • (4)
    • (1)
  • 38レビュー
著者 : 藤沢周平
  • 新潮社 (1984年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101247090

時雨みち (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  「おさんが呼ぶ」がとてもよかったです。ラストでおさんが兼七を呼びに走り寄るシーンはその情景が目に浮かびました。人の心の奥底で揺れ動く感情を、文章の「裏側」から感じさせられる、そんな作品ばかりでした。

  • 藤沢さんの中期、1979-1981年ごろの作品群です。
    初期のどうしようもない暗さや重圧感は少し影をひそめたものの、後期の冬の陽だまりの様な明るさまでには至って居ない。そんな時代の作品です。
    そのため、半数はどこか沈み込んでいくような、半数はやや明るさの見えるエンディングになっています。
    個人的には、今は明るい作風のものが好きです。そういう点からも、この中で気に入ったのは「おさんが呼ぶ」あたりです(実は若い頃は、あのどうしようもない暗さが好きだったのですけどね)
    藤沢さんとしては中レベルの作品でしょう。しかし、何度読み返しても、いつでも物語の中に入っていけるのは流石としか言えません

  • どの物語も、せつない。やるせない。
    「時雨みち」「おばさん」が印象に残った。

  • 藤沢周平の短編は初めて読んだが、それぞれの
    主人公の男女の哀切が読み手に深く伝わり
    さらりと読めるが胸に残る。

  • かつて読んだ藤沢周平の作品で上位に挙げられるかなと思われる。意外な結末、ふっと終わって余韻を残すようなところが良い。「幼い声」が良かった。「山桜」はちょっと周五郎っぽい。2016.5.17

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    にがい思い出だった。若かったとはいえ、よくあんな残酷な仕打ちが出来たものだ。出入りする機屋の婿養子に望まれて、新右衛門は一度は断ったものの、身篭っていたおひさを捨てた。あれから二十余年、彼女はいま、苦界に身を沈めているという…。表題作「時雨みち」をはじめ、「滴る汗」「幼い声」「亭主の仲間」等、人生のやるせなさ、男女の心の陰翳を、端正な文体で綴った時代小説集。

  • 帰還せず
    飛べ、佐五郎
    山桜
    盗み喰い
    滴る汗
    幼い声
    夜の道
    おばさん
    亭主の仲間
    おさんが呼ぶ
    時雨みち
    人生のやるせなさ、男女の心の陰翳を、端正な文体で綴った時代小説集。

  • 短編集。やるせない話が多かった。

  • 久々の藤沢周平。
    好き。
    それぞれの登場人物のその後に想いを馳せてしまう。

  • 武家ものあり、市井ものあり、の短編集。
    いずれの作品も、安心して読め、初読ものでも、何故か、”帰ってきた”、そんな気持ちにさせる、どこかホッとする味わいがある。
    それは、解説者も書いているが、主人公が「静かな意志」の持ち主であり、「控えめな倫理の実行」を課しているから、かと思う。

全38件中 1 - 10件を表示

藤沢周平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
藤沢 周平
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

時雨みち (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

時雨みち (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

時雨みち (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

時雨みち (新潮文庫)の作品紹介

にがい思い出だった。若かったとはいえ、よくあんな残酷な仕打ちが出来たものだ。出入りする機屋の婿養子に望まれて、新右衛門は一度は断ったものの、身篭っていたおひさを捨てた。あれから二十余年、彼女はいま、苦界に身を沈めているという…。表題作「時雨みち」をはじめ、「滴る汗」「幼い声」「亭主の仲間」等、人生のやるせなさ、男女の心の陰翳を、端正な文体で綴った時代小説集。

時雨みち (新潮文庫)のKindle版

時雨みち (新潮文庫)の単行本

時雨みち (新潮文庫)の単行本

ツイートする