孤剣―用心棒日月抄 (新潮文庫)

  • 770人登録
  • 3.91評価
    • (85)
    • (120)
    • (106)
    • (4)
    • (0)
  • 60レビュー
著者 : 藤沢周平
  • 新潮社 (1984年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (462ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101247106

孤剣―用心棒日月抄 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  用心棒シリーズ第二弾。吉蔵、細谷ら脇役キャラたちが一段と際立ち、又八郎とのやりとりがとても愉快で、読んでいて楽しかったです。佐知との色模様に、「妻がいるのに何をしているんだ!」と思いながらも、又八郎だとなぜか許せてしまう不思議。

  • 用心棒日月抄シリーズ第2弾。

    面白い。

    途中で止めるのが難しい。

    しかし主人公は、すこし人を斬りすぎではなかろうか。

  • 用心棒日月抄の続き。
    前の作品にもあった軽妙さにより磨きがかかり、人間心理の奥深さにも触れる。
    単純な時代劇というだけはない、深さがある。

  • お家転覆の証拠書類を握って恐るべき剣鬼が国許から姿を消した。藩取り潰しを目論み、公儀隠密も暗躍する。青江又八郎は密命を帯びて再度脱藩、江戸へ。息づまる三つ巴の死闘。密かに寄添う忍びの女。

  • 1984年(底本1980年)刊行。◇青江又八郎/用心棒日月抄シリーズ二弾。

     宮仕えの止むなきこととはいえ、由亀嬢がかなり可哀相な展開だ。

     前作終盤に登場した使い手大富静馬を敵手とし、御家騒動の決着をつける。とはいえ、用心棒稼業の中、金貸し徳兵衛とその妾の関係など、江戸の憂き世の裏面が抉り取られていく。その意味で佐知との交情が憂き世の凄涼剤となっているのは確か。

     勿論、守って貰えそうなカッコよさと、守ってあげたくなるカッコ悪さが一体となった又八郎への佐知の恋慕もむべなるかなとは思うが…。
     だが、やはり由亀嬢が可哀相だ。

  • 意外とあっけなく相手側がやられちゃうなあって気もするけど、その辺のお約束観も含めて楽しむものなんだよね、きっと。手紙の返事すらもらえないなんて流石に奥さん可哀想すぎる気もしたけど。

  • 用心棒日月抄の連載が好評ゆえの続編なのか、前作が赤穂浪士絡みのダイナミックなシチュエーションから一転、地味な舞台となる。とはいえ、主人公青江又八郎の一徹さ、細谷源太夫の磊落さに米坂八内の誠実さを加え、ユニークさを交え爽快な連作となっている。しかし、個性ある3名はコンビになり易いのだろう。「三匹のおっさん」しかり、実生活でもありがちのように思える。2016.3.26

  • シリーズもので登場人も個性があって覚えやすく、嫌いな歴史ものだったがスイスイと頭に入ってきた。

    一本大きなレールがあり、そのレールを辿りながら様々な物語が生まれている。

    非常に読み易く、後味の良い作品だった。

  • 又八郎と佐知の絶妙な関係が嫌らしくなく書かれていて、不覚にも胸キュンしてしまった…
    続きが気になるので、3作目へ!

  • 江戸の町並みを体験したかったのだが、消化不良。
    町並みの描写は池波正太郎のほうが上かも。

    時間つぶしにもってこいの本。

全60件中 1 - 10件を表示

藤沢周平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

孤剣―用心棒日月抄 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

孤剣―用心棒日月抄 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

孤剣―用心棒日月抄 (新潮文庫)のKindle版

孤剣―用心棒日月抄 (新潮文庫)の単行本

孤剣―用心棒日月抄 (新潮文庫)の単行本

ツイートする