闇の穴 (新潮文庫)

  • 259人登録
  • 3.50評価
    • (9)
    • (23)
    • (44)
    • (2)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 藤沢周平
  • 新潮社 (1985年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101247144

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

闇の穴 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 7つの短編集。後半の作品は藤沢さんのものとしてはおもしろくなかった。「荒れ野」「夜が軋む」は、東北の伝奇物の雰囲気で著者の小説として実験だったのであろうか。2016.5.28

  • 藤沢周平の時代小説はいろいろ読んだけど、かなり暗い。
    怖い話もあって、新鮮だけど、暗い。

  • 時代劇小説の短編集。これで終わっちゃうの?って言う結末が多かったけど、一冊読み終えるうちに「後引く様な終わり方が一番いいのかな」なんて思えるようになっていった。

  • 少し毛色の違う作品。ミステリアスな部分にオカルトな面。こういうのもありか。

  • 短編集。
    「木綿触れ」
    結城友助は赤子を亡くして落ち込む妻に絹を買い与えた。妻のはなえは毎日嬉しそうに縫っていたが、藩から倹約令が出たために絹の着物は着れなくなってしまう。それに逆らい密かに着てしまった姿を結城のかつての上役に見られてしまい…。

    「小川の辺」
    戌井朔之助は妹、田鶴の夫を討つよう命じられる。脱藩した義弟は田鶴を伴い逃亡している。それを追跡する旅に奉公人であり、朔之助と田鶴と兄弟同然に育った新蔵が同行する。田鶴と新蔵は相愛の仲だったようで…。最後の朔之助が藩へと帰るシーンが爽やかで良かった。

    「闇の穴」
    おなみの前にかつて別れた亭主、峰吉が現れる。新しい夫と子供に穏やかに暮らしていたが、幾度もやってくる峰吉に不信感を持つ。おなみが用件を問い質すとあるところに品物を届けて欲しいと頼まれる。

    「閉ざされた口」
    金貸しの男が殺されるところを目撃して以来、おようは口がきけなくなってしまった。おようの母はそんな娘をひとりで懸命に育てている。そうして近寄ってきた男の正体は…。幸せになれてよかった。

    「狂気」
    幼児趣味の男の話。まさに狂気というタイトルが相応しい。

    「荒れ野」
    若い僧の明舜は旅の途中で一軒の家に辿り着く。疲れが取れると勧められた肉は猿の肉らしい。毎日その家で独りで暮らす女と交わり続けるが、次第に何かがおかしいと不安に駆られる。そして近くにある廃村へと足を踏み入れると、人間の骨がそこらじゅうにある。最後に見たのは明舜の錯覚だったのか、それとも…。

    「夜が軋む」
    飯盛り女の身の上話。こけし職人の夫と近くに住んでいた男の死。どこか不気味な話だった。

  • 去年映画化された「小川の辺」を含む、6篇の短編が収録されています。
    最初の2篇は海坂藩を舞台にした武士の話で、次の2篇は江戸の町人の話なんですけどミステリーっぽいかんじでちょっと新鮮でした。
    最後の2篇は民話っぽいというかちょっとホラーも入っていてなおかつエロいかんじでこれもわたしがこれまで読んだ藤沢作品にない感じのものでこれまた新鮮でした。
    わりとこれまで読んできた短編っていうのは大抵1冊が似たようなジャンルの話でまとめられているものが多かったのでこの本はいろんなジャンルの話を読むことができてちょっと得した気分になりました。
    まぁ、今は市井ものしか読みたくないんだって時には向かないですけど‥‥。

  • ちょっといつもと違う藤沢さん。
    流石です。

  • 他の作品でもいえるが女性の描写が素晴らしい。
    「小川の辺」の田鶴は気が強い反面もろさもある女性、その他にも哀れ、可憐、たくましさなど、様々な女性が描かれている。
    「小川の辺」は映画の方を先に見たが、原作を忠実に再現していることが分かった。
    何より、最後の2編の印象が強い。
    それぞれ陸奥と出羽の国を舞台とした妖しい女性の伝奇物語になっている。
    藤沢作品には珍しい内容だと思った。

  • 初藤沢周平。時代物だけど読みやすい。図書館にたまたまあったやつなので、次は代表作を読んでみたい。20111103

  • 小川の辺が読みたくて、購入。闘いのシーンは大きくはぶかれているのがおもろい。

  • 【所有】【一見】
    短編『木綿触れ』『小川の辺』『闇の穴』『閉ざされた口』『狂気』『荒れ野』『夜が軋む』収録。

    いずれも死が付きまとう物語ばかりですが、そこにありとあらゆる人情や愛情、将来への望みというものが詰まっていました。
    特に『木綿触れ』『閉ざされた口』『狂気』の、人の心や場面変化の表現に感動しました。

    藤沢周平の文章が大好きで大好きでたまりません。

  • いわゆる「藤沢周平」的な世界から、藤沢周平っぽくない世界まで、いくつかの短編が読める。ただ、短編だけに物語の深さは感じられない。

  • 時代劇のシナリオ読んでいる気分。なるほど感はなかったな。「小川の辺」が映画化されたが、どういう形で映像化させたのかが気になるところ。

  • 小川の辺が収められています。

  •  小川の辺の予告を見て、読みたくなった。藤沢周平の武家の短編がすきだ。あらがえない自分の役割と身分を生きる武家の物語がいい。

  • 読んでいる最中ですが、藤沢作品は最高です!

  • 言葉の選び方が粋だなぁ。

  • とても、とても恥ずかしいのだが告白すると、藤沢周平は初読なのである…。手近に読む本がなく、叔父が遺した蔵書から数冊もらった古い古い本書を手に取ることにした。…すばらしい短編集でした。だれもかれもがほめる藤沢文学。ここであれこれ言うことはおこがましくてできない。ようやく踏み出した第一歩である。

  • 「狂気」にある「世界が、くらりとひっくり返った」という一文がとても印象的だった。
    「荒れ野」と「夜が軋む」の二作は、私の抱いていた藤沢作品のイメージが少し変わった。こうした寓話のような話は新鮮に感じられた。
    この短編集は全体的に暗い印象を受けたが、その暗さがより人間味を増してしくしくと胸が痛んだりした。

  • 藤沢周平には珍しく、妖怪・怪異譚が収録されている。
    あとは下級武士による「討手もの」や「町人もの」など、藤沢先品にはおなじみの短編で、読みやすい。
    あいかわらず、風景描写が秀逸。

  • 初、藤沢作品かな?はまりそうだよ〜

全23件中 1 - 23件を表示

闇の穴 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

闇の穴 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

闇の穴 (新潮文庫)はこんな本です

闇の穴 (新潮文庫)のKindle版

闇の穴 (新潮文庫)の単行本

ツイートする