祖国とは国語 (新潮文庫)

  • 879人登録
  • 3.59評価
    • (76)
    • (104)
    • (190)
    • (16)
    • (5)
  • 115レビュー
著者 : 藤原正彦
  • 新潮社 (2005年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101248080

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

祖国とは国語 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 国家とは教育とは。論理的に思考したり、母国語よりも英語を優先する。土台となる組織に属し、教養や価値観を身に付けることで、初めて、異なる文化や価値観を考えることができる。そして、土台となるのは国語であると。日本人はあまりに平和ボケが過ぎたのかなとも思う。

    後半の満州国の話は面白かった。日本の傀儡国家だったかもしれないけど、本当に民族自立や五民平等が確立していたら、今の日本の立ち位置は違ったのかもしれない。

  • 藤原正彦 著「祖国とは国語」、2006.1発行です。国語教育絶対論、いじわるにも程がある、満州再訪記の3部構成です。国語はすべての知的活動の基礎、国家の浮沈は小学校の国語にかかっているとのことです。そして、読書は教養の土台、教養は大局観の土台だと。また、満州は著者の生地で2年3ヶ月過ごし、その後はソ連軍の怒涛のごとき満州侵攻を受け、母子4人の1年余りにわたる苦難の引揚げが始まったと。このことは、藤原ていの「流れる星は生きている」に詳しく書かれています。

  • 満州再訪記が圧倒的な存在感があった。
    著者の満州で生まれ、1歳の時にソ連が侵攻し、脱出する時を描く。
    母親と家族でうまれた満州を訪問する。記憶はたぶんないはずであるが、
    1歳の自分を歴史的に、客観的に描き出そうとする。
    なぜ ソ連が侵攻したのか?
    アメリカとソ連との思惑の中で、満州と朝鮮をどうするのか? 
    そのせめぎ合いの中で、関東軍は 日本人をおきざりにして、
    自分たちが先に逃げていく という醜態をあばく。
    戦争における悲惨さは、さまざまな形で生まれるのである。
    著者の原点とルーツが明らかにされる。
    日本の品格を訴えた藤原氏の原点は 
    軍隊は日本の国民を守る存在ではない。
    ということから、始まるのかもしれない。

    イジメが起こる原因は 我慢ができなくなっていることと
    卑怯 という言葉が なくなったことである。
    教育の基礎は 国語力、日本語力にあると言う。
    なぜか、〈英語〉至上主義みたいなところがあり、おかしいのである。
    どこかで、コンプレックスがひっくり返ってしまっている。
    『情緒』や『感情』を大切にすることが 何よりも必要である。
    言われていること、ごもっともである。

    息子たちとの 天才ごっこ。
    愛人をもちたい願望など 私生活が露出しているのも
    何となく微笑ましくもある。

  • 流れる星は生きている、の藤原ていさんを連れて、息子の藤原正彦さんが満州を訪れた満州再訪記。 穏やかな人生を送れたのではないかと、ホッとする。 国語こそが日本だという説も同感。そして息子三人、奥様、皆頭がいい、家庭内の会話が知的でした。

  • 『国家の品格』を読んで以来この人の思想がどうやってできてきたのか興味があって作品をほぼ年一のペースで読んできた。本書は『国家の品格』と近い時期のもので、これで一区切りできた。満州で産まれ信州で育ち、父親に武士道精神を叩き込まれ、アメリカ、イギリスを経験し、著名な数学者の故郷を訪ね、この思想が形作られてきたことがわかる。

    本書の一番のボリュームは最後の満州再訪記。前に母親である藤原ていの『流れる星は生きている』を読んでいたため、より味わえた。あの本のことを思い出そうとするだけでグッとくるものがある。『旅路』も買ってあるので読んでみたい。

    第二次世界大戦のときの各国の思惑や流れも書いてあって、よく知らない自分にとってはありがたかった。偏った見方をしていると良くないので、別の書籍などで肉付けしたいとも思う。

    当初の目標を達成できたのでちょっと満足。

  • 初出は13年くらい前だが、「国語教育絶対論」で筆者が嘆いていることは今も変わらない気がする。理数嫌いの原因は我慢力不足というのは、数学者が言うと重みがある。しかし、エッセイを集めたものなので仕方がないが、真ん中の「いじわるにも程がある」はない方が良かった。何だかここが異質な感じがするのが残念。

  • 数学者にして文筆家、そして新田次郎と藤原ていの息子である藤原正彦の、2000~2003年に朝日新聞、産経新聞等に掲載されたエッセイをまとめたものである。
    うち約半分が、持論の「国語教育絶対論」を熱く語ったものであるが、斎藤孝があとがきに書いている「ああ、この人に、文部科学大臣になってもらいたい。これが、私の切なる願いだ。数学者にして、華麗なる文章家。学問、文化、科学を愛すること、並ぶ者なし。そして何よりも、この日本をよりよくしていこうという強い志にあふれている。その志は、火山の溶岩のように、腹の底からやむことなくわき上がってきてしまう。それがこの『祖国とは国語』から、はっきりと伝わってくる」という思いに大いに共感する。
    「国家の浮沈は小学校の国語にかかっている」
    「言語は思考した結果を表現する道具にととまらない。言語を用いて思考するという面がある。・・・人間はその語彙を大きく超えて考えたり感じたりすることはない、といって過言ではない。母国語の語彙は思考であり情緒なのである」
    「『論理』を育てるには、数学より筋道を立てて表現する技術の習得が大切ということになる。これは国語を通して学ぶのがよい」
    「脳の九割を利害得失で占められるのはやむを得ないとして、残りの一割の内容でスケールが決まる。・・・ここを美しい情緒で埋めるのである」
    「祖国とは国語である。ユダヤ民族は二千年以上も流浪しながら、ユダヤ教とともにヘブライ語やイディッシュ語を失わなかったから、二十世紀になって再び建国することができた」
    「小学校における教科間の重要度は、一に国語、二に国語、三、四がなくて五に算数、あとは十以下なのである」等
    世界的な数学者である岡潔が『春宵十話』で語った「人の中心は情緒である。・・・数学とはどういうものかというと、自らの情緒を外に表現することによって作り出す学問芸術の一つであって、知性の文字板に、欧米人が数学と呼んでいる形式に表現するものである」に通じる。
    世界を知る数学者の国語に対する思いが、強烈に伝わってくる。

  • 斎藤孝さんのおっしゃる通り、数学者とは思えぬ引き込まれるような文章をお書きになります。本来の日本国のあり方を考えさせられました。

  • 「1、2に国語、3、4がなくて5に算数、あとは10以下」という表現が何とも言えず良かった。途中の新聞への連載記事のようなものも面白かった。文章がうまい。

  • 「流れる星は生きている」を読んで、満州再訪記が収録されている本書を手に取る。
    60年近くも経過すると、満州での暗い戦争の影もすっかり消え失せて、悄然としながらもあくまで明るい藤原家の旅行記であった。

  •     「国家の根幹は国語教育にかかっている」
    「国家の品格」で有名な藤原正彦氏の著書。国語教育の重要性を説き、現在の教育の在り方を鋭く批判する。
     日本人として国語の大切さを今一度見直す切っ掛けになるかもしれない一冊。
     O.D

  • 皇国の興廃、まさにこの国語をどうするかによる、といえます。これからなお一層、言葉を大切にしていきたいと考えます。

  • 藤原ていの「流れる星は生きている」に影響を受け「満州再訪記」が含まれる本著を購入。
    気軽に読めるウイットに富んだエッセイも多いのだが、教育論、生きる上での価値観・考え方について示唆に富む発信が多く自分の中での整理にも役に立つ。
    ウイット満載だが、留学していた英国仕込みなのだろうか。「満州再訪記」の最後もそのウイットで終わりその才能に感嘆。

    以下引用~
    ・日本の誇る「もののあわれ」は英国人には難しいと言う。英国にもこの情緒はもちろんあるが、日本人ほど鋭くないので言語化されていないらしい。
    古典を読ませ、日本人として必須のこの情緒を育むことは、教育の一大目標と言ってよいほどのものである。

    ・高次の情緒とは何か。それは生得的にある情緒ではなく、教育により育まれ磨かれる情緒と言ってもよい。たとえば自らの悲しみを悲しむのは原始的であるが、他人の悲しみを悲しむ、というのは高次の情緒である。

    ・家族愛、郷土愛、祖国愛、人類愛も、ぜひ育てておかねばならない。これらは人間として基本であるばかりか、国際人になるためにも不可欠である。どれか一つでも欠けていては、国際社会で一人前とは見なされない。地球市民などという人間は世界で通用しない。

    ・読書に得られる情緒の役割は、頼りない論理を補完したり、学問をするうえで需要というばかりでない。これにより人間としてのスケールが大きくなる。
    人間としてのスケールは、この本能(利害得失ばかりを考える)からどれほど離れられるかでほぼ決まる。
    脳の九割を利害得失で占められるのは止むを得ないとして、残りの一割の内容でスケールが決まる。

    ・言語を損なわれた民族がいかに傷つくかは、琉球やアイヌを見れば明らかである。祖国とは国語であるのは、国語の中に祖国を祖国たらしめる文化、伝統、情緒などの大部分が包含されているからである。

    ・祖国愛や郷土愛の涵養は戦争抑止のための有力な手立てでもある。自国の文化や伝統を心から愛し、故郷の山、谷、空、雲、光、そよ風、石ころ、土くれに至るまでを思い涙する人は、他国の人々の同じ思いをもよく理解することができる。

    ・英語で愛国心にあたるものに、ナショナリズムとパトリオティズムがあるが、二つはまったく異なる。ナショナリズムとは通常、他国を押しのけてでも自国の国益を追求する姿勢である。私はこれを国益主義と表現する。
    パトリオティズムの方は、祖国の文化、伝統、歴史、自然などに誇りをもち、またそれらをこよなく愛する精神である。私はこれを祖国愛と表現する。家族愛、郷土愛の延長にあるものである。
    わが国では明治の頃から、この二つを愛国心という一つの言葉でくくってきた。これが不幸の始まりだった。愛国心の掛け声で列強と利権争奪に加わり、ついには破滅に至るまで狂奔したのだった。
    戦争は一転し、愛国心こそ軍国主義の生みの親とあっさり捨てられた。かくしてその一部分である祖国愛も運命を共にしたのである。心棒をなくした国家が半世紀経つとどうなるか、が今日の日本である。言語がいかに決定的かを示す好例でもある。

    ・父の価値観の筆頭は「卑怯を憎む」だった。

    ・我が家では親子は、昨今流行の友達関係でなく、完全な上下関係だった。母が様々な日常の出来事に応じ善悪を示したのに対し、父はそれらを統合する価値観を教えた。それは上からの押しつけであった。私はいま押し付けられてよかったと思っている。押し付けられたものを自らの価値観としてとりこむにせよ、反発して新しいものを探すにせよ、あらかじめ何か価値観を与えない限り、子供は動きようがないからである。

  • ■祖国

    A.「個性の尊重」により子供を甘やかした結果、我慢力不足を招いた。我慢力不足は読書離れにつながり、読書離れは国民の知力崩壊を惹起し、国家を衰退させる。個性の尊重などという美辞に酔いしれている限り、この国の将来は覚束ない。

    B.日本では英語の「ナショナリズム」(国益主義)、「パトリオティズム」(祖国愛)を、「愛国心」という1 つの言葉でくくってきた。その結果、愛国心の掛け声で戦争に狂奔し、戦後は一転、愛国心は軍国主義の生みの親と捨てられた。今、日本が抱える困難の大半は、祖国愛の欠如による。祖国愛と国益主義を峻別し、子供に祖国愛を育むことが国家再生の急所である。

  • 数学者のエッセイ。朝日新聞連載の軽口はおもしろく文章がうまい。13.12.15

  • ■書名

    書名:祖国とは国語
    著者:藤原 正彦

    ■概要

    国家の根幹は、国語教育にかかっている。国語は、論理を
    育み、情緒を培い、すべての知的活動・教養の支えとなる
    読書する力を生む。国際派の数学者だからこそ見えてくる
    国語の重要性。全身全霊で提出する血涙の国家論的教
    育論「国語教育絶対論」他、ユーモラスな藤原家の知的
    な風景を軽快に描く「いじわるにも程がある」、出生地満州
    への老母との感動的な旅を描く「満州再訪記」を収録。
    (From amazon)

    ■気になった点

    なし

  • 筆者は御茶の水女子大学の名誉教授で数学者である。図書館蔵書以外にも著作はあるが、中でも一番有名なのはベストセラーになった「国家の品格」であろう。古くから知っているファンとしては正直面白くない。私は「若き数学者のアメリカ」を特に勧める。アメリカへ留学した時の体験記である。留学の孤独・異文化・人間・学問などを、ユーモアを交えて鋭い視点で分析している。しかも、易しい言葉で書かれていて、文章ってこんなふうに書くのかという書き方まで学べる。さらに、マンガのようにゲラゲラ声を出したと思いきや、涙しながら一気に読んでしまう恐ろしい本である。(注意)藤原正彦中毒にならないよう、読んでいただきたい。

    文学部 T.A


    越谷OPAC : http://kopac.lib.bunkyo.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1000583912

  • 大きく分けて三章からなる一冊。
    一章目は自分が読みたいと思っていた内容。
    二章目は気の良い、数学者の父親としてのエッセイ。
    三章目は故郷の歴史と、その地への再訪記。

    「思考の大本になるのはその人の母国語。その母国語が生まれる基礎が歴史、文化であり、その人を形作る一因になっている。
    母国語の違いによる考え方や生き方を比較列挙し考察する」本であろうと思い、また、それを期待して読んでみた。
    自分が表面上を読んだ限りでは、昨今の二転三転する教育に対しての、単なる批判の書だと感じた。
    また、一章目で書かれたことを二章目、三章目で台無しにしている印象をも受けた。
    言葉を大事にする人かと思えばそういう人でもなさそうだし、何より、
    一章目で力説していた情緒や奥行きが、筆者の文章からは、少なくとも自分は読み取れなかった。

    唯一読んで良かったと思えたのは、
    「愛国心」を一つの言葉としてではなく、
    「国益主義」と「祖国愛」の二つとして捉える考え方があると知ることが出来たこと。

    本職は数学者との事。
    きっと数学に関する本であれば、書き方も変わってくると思う。
    餅は餅屋、という言葉を考えた一冊。

  • 普段は図書館で借りて本を読んでいるけど、この人は数少ない買って読む著者の1人。文章が本当に華麗。日本語で思考する重要性に共感。素読ではないけど、今回の管理職試験準備のため、過去の解答例を丸暗記したことは無駄ではなかったと思う。学問にはある程度の丸暗記も必要だと思う。最後の、「満州再訪記」も味わい深いエッセイだった。歴史書としても読み応えがあるものだと思う。

  • 人から借りっ放しです。買った直後に借りてそのままです。返さなきゃ。
    ご自身は数学者でありながら、国語こそすべての基盤であるということを主張してゆく前半、家族や周りの人との生活を綴るエッセイとしての後半。どちらも硬すぎず柔すぎない文体で、楽しく読めます。
    ところどころに出てくる息子さんたちがとても素敵です。

  • 「祖国とは、血でも、民族でもなく、国語である」
    小学校における国語教育についての重要性をといた一冊。科学的根拠とかはなく、首をかしげるような主張もいくつかあったが、それでもこの一冊は最高。
    なぜ文学や歴史に触れるのか。哲学をするのか、芸術を愛でるのか、、など深く「教養」について考えさせられた。

  •  国語が何故大事なのか。ということを数学者が書くからこそより説得力を持つような気がする。
     日本の教育、布いては社会が疎かにしてきた国語、というものを見つめなおす本。

  • 賢い文章。日本国で思考できない奴が英語勉強してもしゃーない。

  • 「祖国とは国語」5

    著者 藤原正彦
    出版 新潮社

    p65より引用
    “大学の本領は直接の応用を視野にいれない基礎研究にあり、
    それこそが国家の科学技術力の基盤なのである。”

     数学者である著者による、国語の大切さをとくとくと説いた一
    冊。
     国語教育についてから著者の生地を訪ねる旅についてまで、真
    ん中に愉しいエッセイを挟んで書かれています。

     上記の引用は、大学の産学協同の進み過ぎに関する一文。
    目先の利益ばかり考える学問では、段々先細りしていくというこ
    とでしょうか。大学生活4年の内、2年近くを就職活動に使うよう
    な今の状況にいる人達は、この事についてどう思われているので
    しょうか?
    職につかなければ、食べていけないというのが現実なので、難し
    い問題だとは思いますが。
     非常に堅い内容の間に、エッセイが挟まれているので、丁度い
    い息抜きになっています。

    ーーーーー

  • 数学者である藤原正彦氏の持論、国語こそ日本人として最も大切な勉強との主張を全面に押し出した堅い論調。いつものユーモアはわきに置いてまじめな読み物として読んでいたら、そこはやっぱりいつもの藤原氏の家族ネタなどおもしろエッセイも。最後の満州旅行記では一部歴史観としては偏りすぎている感もあるが、『流れる星は生きている』の実体験を踏まえるとそうなるのかもしれないと思いつつ、最後まで楽しく読み終えた。

全115件中 1 - 25件を表示

祖国とは国語 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

祖国とは国語 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

祖国とは国語 (新潮文庫)の作品紹介

国家の根幹は、国語教育にかかっている。国語は、論理を育み、情緒を培い、すべての知的活動・教養の支えとなる読書する力を生む。国際派の数学者だからこそ見えてくる国語の重要性。全身全霊で提出する血涙の国家論的教育論「国語教育絶対論」他、ユーモラスな藤原家の知的な風景を軽快に描く「いじわるにも程がある」、出生地満州への老母との感動的な旅を描く「満州再訪記」を収録。

祖国とは国語 (新潮文庫)の単行本

祖国とは国語 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする