管見妄語 始末に困る人 (新潮文庫)

  • 46人登録
  • 3.82評価
    • (1)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 藤原正彦
  • 新潮社 (2013年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101248127

管見妄語 始末に困る人 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20171121読了
    2013年発行。相変わらず楽しいエッセイ。第二弾。
    P33父を訪ねる旅 モラエスの故郷ポルトガルを訪ねて父の足跡を追ったときの出来事 
    P68滲み出てきた陰影 
    P85プロとアマ 
    P102慎み深い人 指宿砂蒸し温泉での出来事 
    P159語りかける言葉の力 映画「英国王のスピーチ」
    P187故郷の諏訪にて 得手に帆を揚げる

  •  藤原氏も、独特のユーモアのある数学者であることを知る。

  • 情操を基にすると,世界はこんな風に見えるよね,と納得する.読んでいて一々頷け,シンクロしてしまう.でも,困ったことに,この声は世間ではマイナなのですよね.

全3件中 1 - 3件を表示

藤原正彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

管見妄語 始末に困る人 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

管見妄語 始末に困る人 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

管見妄語 始末に困る人 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

管見妄語 始末に困る人 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

管見妄語 始末に困る人 (新潮文庫)の作品紹介

あの日、3月11日。テレビで繰り返し映し出される津波の暴威を呆然と見ては悲嘆にくれ、原稿を一切書けなくなった。やっと筆を執れたのは3週間後のこと。自分を含めた国民を励ます気持ちで執筆した「日本の底力」――。国家の危機に際し、リーダーに求められる資質とは何か。世界が感嘆する日本人の可能性をどう生かすのか。時に厳しく時にユーモア溢れる言葉で紡ぐシリーズ第二弾。

管見妄語 始末に困る人 (新潮文庫)はこんな本です

管見妄語 始末に困る人 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする