言葉の力、生きる力 (新潮文庫)

  • 127人登録
  • 3.49評価
    • (8)
    • (11)
    • (25)
    • (2)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 柳田邦男
  • 新潮社 (2005年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101249186

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ヘルマン ヘッセ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

言葉の力、生きる力 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • この本から感じたことを簡潔にまとめるのは難しいけれど、死ということは人生の完成への成長に向かったひとつの動きということが感じられた。

  • 前半は死生観の本です。私が中高年になって本を読み始めたのは 教養と死生観を得るためなので 今の私にはピッタリの本です

    後半は医療現場の本です。2.5人称は 専門家としてのクライアントとの中間的距離感を言っていると思うのですが、わかりやすい表現だと感じました。その通りだと思います

    たくさんのいい本も紹介されていて、ブックリストに追加ました

  • 資料ID: C0026643
    配架場所: 本館2F文庫書架

  • 星野道夫「イニュニック」 患者図書室が各地に生まれ始めたことは、日本の医療文化のスタイルがようやく患者側にシフトし始めたことを示す出来事だと、私はとらえている 人生の文脈を生かす在宅ホスピス 

  • 2階書架 : 914.6/YAN : 3410155383

  •  タイトルと内容がうまく噛み合ってない気がする。が、心を通わせる2人称と冷静客観的な3人称の中間、2.5人称のスタンス。非合理的な「意味のある偶然」を受け止める人生・・・など、考えさせられました。

  •  2・3年前に買っていた本です。1冊の本としては、本当に久しぶりに手にとる柳田邦男氏の著作です。
     柳田氏の著作を集中的に読んだのは学生時代ですから、もう30年以上前になります。「事実の時代に」に始まる一連のシリーズのころです。
     当時の柳田氏の考え方における「事実」を扱う姿勢やそれを伝える「ノンフィクション」という手法に対する捉え方は、現時点では少なからず変化しているのですが、本書に採録されたいくつもの小文から、そのあたりの背景を垣間見ることができます。柳田氏の位置取りの変化と不変は、大変興味深いものでした。

  • 請求記号: 914.6||Y
    資料ID: 91051898
    配架場所: 工大君に薦める

  • 情報氾濫の時代に失われつつある2.5人称の視点。11.9.25

  • 前と同様、最初の10ページくらいは「読みづらい」という気がものすごく強く働き、投げそうになるが、徐々に語り口に慣れて来ると、読める。
    本の紹介文の章が一番おもしろく読めた。

    最後に収録された「自分のための言葉」は、れまで読んだこの人の文章で一番すきだ。シンプルで、人間らしくて。

  • 今、この本に出逢わないわけには行かなかった。
    そうでなければ私は自分を慰めるためにもっと遠回りをしなくてはならなかったと思う。
    随分と深く考え胸を痛くする日々が続いている。
    死について真剣に向き合ったのもこれがはじめてだ。
    そして死を考えた時、いい加減に言葉と付き合う自分が許せなくなった。私にとってそれは、生を放棄したも同じことだ。
    死の影がこの時私の人生に差し込んでいるのは、そんな意味があるのではないかと、今は静かに考えている。

  • 父親が亡くなる前に読んでいた本。

  • 高い目標を思い描いて、ひたむきにその目標への到達、願望の実現を求める。しかも座してただ願うというのでなく、思いを熱くして努力し、模索し、苦悩し、必至に自己確認しようとする。
    人間は物語を生きている側面がある。

  • 言葉が人間に与える影響とその重要性を、自他の体験談を交えながら訴えたエッセイ集。

    このエッセイ集は、人生の指針を与えてくれるような言葉、他者を励まし、他者の力となる言葉、人生という物語を紡ぐ言葉、そして近年の言葉の危機など、言葉をメインテーマにしている。

    特に「言葉の危機、時代の危機」の後半の、人間の想像力に言及したエッセイが興味深かった。
    しかし、言葉の崩壊や想像力の欠如という事実に対する警鐘を鳴らしているものの、著者自身の考えがあまり書かれていなかった点が残念。

    また「いのちの言葉を生み出す死」の中の、「人間には物語を生きている側面がある」という一節は非常に考えさせられた。

    自分自身の物語を自分自身で紡ぎだすということは、自分自身と真正面から嫌になるくらい向かい合い、深い対話を重ねなければなしえないことである。
    しかしその物語は、困難や、いずれ訪れる「死」という課題に直面したとき、何よりも解決の手助けをしてくれるものなのではないか。

  • ヒントがある本。

  • 柳田邦男のエッセイ集。医療や環境問題といった、この本で考察の対象となっているものに関し、柳田氏の観点が壮大である一方かなり重たく、やや読みにくかった。
    また、若者の言葉の崩壊についてふれている割に、そのあたりの考察はあまり深くないので、説得力がなかった。しかし、氏が絵本に惹かれ、簡単で理解の容易な言語表現の内部にある本質をつく力が、暖かい絵の魅力と相まって世界観を形成し、相互にその魅力を高めてあっている点への指摘や、幼いときに感受性の鋭さをもてあましながら体験してきた様々な出来事の中で、その際に得た言葉にはできなかった深い感動や想いには、ものごとの本質をついているものが多いので、大人になったときにそうした体験やそのときの想いを言葉などで表現できるようになると、素晴らしい詩になるのだ、という指摘はなるほどと思った。

  •  柳田邦男はある著書で、若いころのように綿密な取材を要する本はもう書かない、という引退宣言のような言葉を書いていて、最近はエッセーのような作品が多い。残念である。
     本書の内容はほぼ三つに分類できて、「心を耕してくれた名文句」、医療について、言葉の力についてなど。
    著者が心を打たれた言葉とその言葉を書いた人物の紹介。また言葉について著者がたいへん危機感をもっている話。医療についての発言。
     「名文句」の部分には本当に心に残る言葉が多く、紹介された人物や本についてもっと知りたくなる。

全20件中 1 - 20件を表示

言葉の力、生きる力 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

言葉の力、生きる力 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

言葉の力、生きる力 (新潮文庫)はこんな本です

言葉の力、生きる力 (新潮文庫)の単行本

ツイートする