ノーライフキング (新潮文庫)

  • 294人登録
  • 3.36評価
    • (26)
    • (21)
    • (105)
    • (7)
    • (4)
  • 29レビュー
  • 新潮社 (1991年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250113

ノーライフキング (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すっごい怖い話だった。『ライフキング』というバージョンがいくつもある謎のディスコンソフトにはまる小学生たち。それぞれのイベントのなかに符号をみつけ、ここがこうだからこれはⅢとかそういう風にクチコミでどんどんライフキングの分析は薦められる。
    ライフキングを進めるために次第に願掛けのような行動が多くなり、ライフキングは現実を侵し始める。
    そこにつきつけられる”ノーライフキング”。
    子供たちはノーライフキングからライフキングを守るため、家族や友達を守るためにノーライフキングの呪いを解こうとやっきになる。

    並べられた小石を見つけてそれが”符号”であると気づく瞬間からの主人公の心理描写が恐ろしい。
    あれは俗にいう関連妄想障害だろうと推測。
    あと最後に姿を現すあれ。
    ちょっとやりきった感があってすっきりした。

    でも基本怖いお話。

  • 子どもには子どもにしか分からない言語やルールがあって、それを彼らはうまく作り出し運用しているんだけど、そこに大人が干渉すると時としてとんでもない事態を引き起こしてしまう。大人は死んだ子どもだから、生きている子どものことをもう解らない。

  • 都市伝説、噂、裏技、子供たちのネットワーク、ゲームと現実とが交差する世界云々…。と設定は面白い。

    商店街のタイルの黒いとこだけ歩かなければならない、それ以外のところを踏むと溶岩に落ちて死ぬ、みたいな子供の、現実に想像とゲーム性を投射した世界がいきつくところ。

    しかし、思いつきで書いて収集がつかなくなって適当に終わらせた印象がすごい

  • 久しぶりに再読。発売当時にハードカバーで、その後文庫で買い直して何度か読み直した大好きな作品だけど、25年以上経った今も全く色褪せていないことにちょっと驚きました。ディスコンをインターネットなどに置き換えれば、現代でもありえなくない話であると同時に、同時代体験としての80年代の空気もまた強く感じつつ。

    そして何度読んでも、ラストシーンで何故か涙が出てくる。なんなんだろうなあ、この感覚。ワスレナイデ ハーフライフ、って呟いてみただけで切なくて泣けてくる。あと、さとるとあきらの双子が大好きで、ヒステリーを起こしたさとるをあきらが頬ずりしながら抱きしめる場面でもいつも胸が詰まります。この作品から得られる感動と興奮は理屈で説明できないなあ。

  • 目を覚ませば、どんなに平和でもどんなに恵まれていても、生きることはサバイバルだと気づく。

  • 1988年、ゲームボーイ発売の一年前のこのときに、ネットワークが確立された社会と、ゲームと子供の関係について提唱された小説が書かれたというのは驚くべきこと。
    子供が流す噂というものはどれも少し残酷で妙にリアルで、それでも興味を惹かれるものであった。
    「たけしの挑戦状」を思わせるような理不尽さとそれに対抗するように噂として広がる攻略法。いざそのゲームの世界が間接的に現実に流れ出してきたら…。
    毒にも薬にもなるような噂の強さと怖さ。

  • 脳内ビジュアルイメージが、マザー2。
    まさかこういう終わり方、クリアしてねえ。
    読後には焦燥感と虚無感。

    さておいて、架空のゲームを作るのって難しいな、と思った。
    プレイしないと面白さが実感出来ん。

  • 子供、戦うこと、逃げたり見ないふりしたり全力で避けようとしたりすること、大人と一度決別すること

    考えまとまらず。要再読?

  • 空前のヒットとなったディス・コン・ゲーム「ライフキング」。ある日、そのソフトをめぐる奇怪な噂が子供たちのネットワークを駆け抜けた。「『ライフキング』には呪われた第5のバージョンがある。」
    学校で、塾で、そして電話回線の中で噂は増幅し、変貌し、ついに臨界点がやって来た……世界を破滅から救うため戦闘を開始した子供たち。
    今彼らはゲームをこえた!

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    うーーーん!ごめんなさい、わたしにはよくわからなかった!!
    ちょっと流し読みでバーっと読んだせいもあるのかもしれないけど…

    でもこれ発売されたの平成3年とか?
    パソコンがまだ普及してないころで、なんていうか…大人が自分が子どもの頃遊んだことの無いゲームへの嫌悪感と恐れ…みたいなのとか、子どもの情報網とか、なんかいまだに通じるものも感じるね

  • 1988年の著作。TVゲームという時代の流れに敏感なテーマを題材にしているにも関わらず、2010年においても違和感なく読める事は、そこに普遍性のある何らかの問題が含まれている事を示唆している。

全29件中 1 - 10件を表示

いとうせいこうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
いとう せいこう
有効な右矢印 無効な右矢印

ノーライフキング (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ノーライフキング (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ノーライフキング (新潮文庫)の作品紹介

空前のヒット商品となったディス・コン・ゲーム「ライフキング」。ある日、そのソフトをめぐる奇怪な噂が子供たちのネットワークを駆け抜けた。「『ライフキング』には呪われた第5のバージョンがある」。学校で、塾で、そして電話回線の中で噂は増幅し、変貌し、ついに臨界点がやって来た-。世界を破滅から救うため戦闘を開始した子供たち。今、彼らはゲームを越えた。

ノーライフキング (新潮文庫)の文庫

ノーライフキング (新潮文庫)の単行本

ノーライフキング (新潮文庫)のKindle版

ツイートする