ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)

  • 535人登録
  • 3.90評価
    • (70)
    • (56)
    • (73)
    • (4)
    • (3)
  • 72レビュー
  • 新潮社 (2004年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250144

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
いとう せいこう
宮部 みゆき
安部 公房
ほし よりこ
万城目 学
カレル チャペッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何気ないベランダの植物の機微に、よくもまあと驚くほどの言葉数を紡ぐ、観察眼、感受性、着眼力。
    心が広々とするような感覚を味わった。
    我が家にも広がるベランダの日々を、もっと味わっていきたいと思った。

  • いとうせいこうさんのエッセイ集。自宅のベランダにて育てたいろんな植物の観察日記。いや、ふれあい日記? 植物と共に生きる男の手記? いとうさんは自身のことを「ベランダー」と称している。

    さまざまな植物とのふれあいを、ユーモアあふれる文章で綴っている。基本笑える部分が多いけれど、どこかほろっとするようなところもある。いとうせいこうさんには『文芸漫談』という奥泉光さんと組んで作った本があるけれど、語り口というか面白さの質は、奥泉さんにやはり少し似ているかもしれない。自分にはこういう類の面白さがぴったり合うことを再認識した。

    どことなく感傷的な文章もあって、中上健次にまつわる熊野での催しで毎度目にする芙蓉について書かれた文章には、いとうさんの素直さが出ていてとてもよかった。どれも面白さと同時に並々ならぬ植物愛が感じられる文章で、読んでいて非常に心地よい。カレル・チャペックの『園芸家12カ月』が念頭にある、というような記述もありそちらも気になる。

    植物は自分の生活の周辺にはあまり縁がないなあと思いながら読んでいたのだけれど、「月下美人」のことについて触れている文章を読んで、実家で月下美人を買ってきて育てていたことがあったのをふっと思い出した。小学校ぐらいの時には、わが家にもベランダーがいたのだ。どうして忘れていたのだろう。夜に家族に「咲いている」と言われ、たいして興味もないのに無理やり見せられたことが思い出されてきた。買ってきたのは父親だったのだと思うが、どんな風に思って買ったのだろう? 「ゲッカビジン」という、夜にしか開花を見ることができないという不思議な扱いにくさに、どこか日常にはない気高さを感じて、平凡な生活の中に組み入れてみようとしたのだろうか。まあ、そんなたいそうなもんでもない気がするが。

    何気に手にとった本だったけど、本当によかった。講談社エッセイ賞を受賞しているというのも納得!

  • 1996~1999年の間に、いとうせいこうさんがホームページに掲載していた鉢植え育ての日々を載せたもの。ベランダで育てている。

    随分前のものだから出てくる植物が地味なのか、いとうさんの趣味なのか分からないけれど、植物の趣味は私とは違ったのであまり内容的には参考になることは少なかった。けれども、ひとつひとつの植物に対してこれだけの文章が書けて、かつクスッと面白いお話しになっていて、当時このような面白いブログのようなものは少なかったと思うので単純にすごいなぁと思った。

    いとうさんのことは、名前は知っているけれど詳しくは知らない。けれど、遅まきながら、約20年遅れで私は彼のことを”ベランダー”だと認識した。

  • ハードボイルド・ベランダ園芸ライフエッセイ。
    私も同じくベランダで園芸をしているので、共感できる部分できない部分取り混ぜて興味深かったです。

  • やはり、面白い。あのドラマを思い出しました。そして、800円で買った胡蝶蘭を例えるのがまたすごい!!

  • 読んでいる中で、知っている花がでてくると内容に共感できた。
    「ひたすら植物をひとりの人格として捉え愛でていく本」
    これからの人生の中で様々な植物と触れ合うはずなのでその際に植物の名前を引き、植物辞書として使ってみたい。
    「死者の土」と「キリストとしてのアドカボ」おもしろい

  • 私も、ミニバラを育てています。作者と同じベランダーです。植物の育てかたに共感するところもありますが、それよりも、季節はグラデーションを描いて変化するものではない、永久は半分でも永久ではないか(半永久)といったところにより共感を覚えます。

  • 配置場所:2F文庫書架
    請求記号:新潮文庫 ; い-39-4
    資料ID:C0025671

  • 「植物男子 ベランダー」
    (NHK BSプレミアム)を観て
    読みたくなった一冊

    文章が(特に「俺」)
    田口トモロヲさんの声で
    脳内再生するぐらいにはベランダー

    いつどこで
    どこから読んでもクスリと笑っちゃう

    植物を育てたくなるし
    植物に育てられたくなる

    あとがきの中の一節
    「人間風情が偉そうに。」
    痺れた

    俺のSEASON3
    たのしみ

  • せいこうさんの植物愛がビンビン伝わってくる。
    ハードボイルドでいて繊細、豪快なようでいて純粋な自称ベランダー(ベランダで植物を育てている者)が、圧倒的に植物たちに振り回されている様が面白くてヤメラレナイ。
    早くも今年のベスト3に入りそうな本。
    植物が好きな人も好きでない人も楽しめます。

全72件中 1 - 10件を表示

ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)の作品紹介

庭のない都会暮らしを選び、ベランダで花を育てる「ベランダー」。そのとりあえずの掟は…隣のベランダに土を掃き出すなかれ、隙間家具より隙間鉢、水さえやっときゃなんとかなる、狭さは知恵の泉なり…。ある日ふと植物の暮らしにハマッた著者の、いい加減なような熱心なような、「ガーデナー」とはひと味違う、愛と屈折に満ちた「植物生活」の全記録。第15回講談社エッセイ賞。

ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)はこんな本です

ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)の単行本

ツイートする