ブクログ大賞

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

  • 31409人登録
  • 3.82評価
    • (3875)
    • (4541)
    • (4956)
    • (564)
    • (122)
  • 3482レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 新潮社 (2003年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250212

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

オーデュボンの祈り (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 全ての事は無関係に見えて関係し合っている。それを軸に案山子の苦悩、また作中で言う勧善懲悪、天網恢々疎にして漏らさず、なエピソードを展開していて面白かった。

  • 伊坂幸太郎のデビュー作。
    村上春樹の霞がかかったストーリーと似ていると思いながら読み進めると、また違う味わいがある。リアルな現実と非現実が交差するお伽話であり、数々の布石を紐解くミステリーでもある。新潮ミステリー賞を取ったらしい。後続の小説の軽快さはないが物凄く引き込まれる。読み終わった後の爽快感は半端ない。

  • 私のすきなリアリティとファンタジーが混在している作品でした。サクサクサクって位、読みやすかった。
    言葉の端々に思い入れや愛のこもったフレーズがちりばめられてると感じた。想像力広がる素敵な話。ドンピシャ。
    ラストのシーンについて、花の種が埋めてある土を踏んだ城山は惜しげも無く桜に打たれてしまう。
    これぞ天網恢恢疎にして漏らさず。ラストを読んで思い切りのある余韻に浸ってる。

  • 伊坂さんのデビュー作なんですね。少しファンタジー要素もありましたが、内容はミステリー。テンポがよく非常に読みやすかったです。

  • シュールな終わり方ですね♪

  • かかしねー。なんで死んだの?だれが?って気になりすぎてドンドン読んだ。かかしには絶対なりたくないと思った。主人公が怪しむ人を一緒に怪しんでしまい、毎回ちがうんかい!ってなったのが面白かった。

  • この本も大好き!!!
    不思議な世界って感じ

    また読みたいな

  • 伊坂幸太郎のデビュー作。
    久しぶりに読んだ。
    伊坂幸太郎を好きになった頃の感覚を取り戻す。

    <あらすじ>
    コンビニ強盗に失敗し、マジでやばい同級生の警官に捕まる。
    パトカーが事故って、なんだかたどり着いた先は、仙台沖の誰も知らない島。
    その島には、ちょっと変わった人たちと「未来のことが分かる」カカシが立っていた。


    小説家が自分の作品について何と言っているかなんて興味がないから想像に過ぎないんだけど、
    伊坂幸太郎は、伊藤をただの「名探偵」にしたくなかったんだな。今更だけど。

    「ジャンルなんてクソくらえだ!」と言いながら、
    ロックの話をするとき、あれは「パンクで~これはハードコア」なんて風にジャンルの話をしてしまう。
    そうしながら「ロック?かっこよければ、それでいい」と言うようなそんな感じ。

    だから、「島にないもの」を持ってくるものの役割を与えた。
    もしかしたら、作品の終盤に差し掛かって後から付け足したプロットなのかもしれないな~なんて。
    伊藤が「名探偵」なると、「オーデュポンの祈り」もただの一風変わったミステリーになっちゃうから。

    初期の作品、デビュー作だから、ちょっと足らない感じのするシーンや
    その展開でいいのかとか、全部、拾い上げたのだろうかとか思っちゃうけど。
    そういうところが目についたとしても、そっと次の行へ、次のページへ進めてほしい。


    最初に、伊藤が辞めたソフトウェア会社の上司は、死神の「千葉」だったような気がする。
    ・・・全部、読まないといけないな。

    伊坂幸太郎の小説はその展開の仕方の独特さの他に、他の作品とリンクする登場人物や話がある。
    そこまでいってしまうと、買い続けることに・・・。
    そして、最近の作品はあまり読めていない。

    読まなきゃいけない本はあんただけじゃ~ないんだ。
    本読む以外にもやらなきゃいけないこともあるんだよ!
    音楽を聴くとか、映画を観るとかギターを弾くとかな!

  • エンジニアの仕事を辞めコンビニ強盗を行い、警察に捕まった伊藤。

    同級生であり警官である大城を怖れパトカーから逃げ出し、ある男に100年以上も外との交流を絶った島に連れてこらる。
    両親がおらず何かがおかしい日比野、妻を亡くし反対の事しか言わなくなった園山、殺人を許され騒がしさを嫌う桜、未来を知り会話をするカカシ・優午。
    島の様々な人々と出会い、次々に事件に遭遇する主人公。
    そんな中で、自分の死と言う未来も知りえた優午が殺される…。

  • 孤立した島とゆう変わった設定でなんとも非現実的な島の習慣にだんだんと違和感なく読み進めていけます。 後半の全てのピースが繋ぎ合わさった時は…もう一気にラストスパートがかかります。

  • 職業病から退職し自暴自棄になった主人公はコンビニ強盗に失敗し、パトカーに捕まる。

    その警察官は偶然にも主人公の恐怖の同級生(親は政治家、端整な顔立ちに成績優秀でありながら、学生時代から密かに様々な他者をいたぶり続けてきて人を壊す事が生き甲斐。見知らぬ他人の信用を容易に得られて犯罪に至れるという理由のみで警察官になったサイコパス)だったため、
    何とかパトカーから逃亡した主人公は親切な人に船に乗せられ離島へ。

    その離島は150年前から鎖国し続けていた異例の環境だった。
    島民は、『奥さんを強姦殺人されてから、常に真実の反対を口にし続ける元画家』や、
    『島の人災=彼が人を撃ち殺すには必ず相手が悪い事をしたからであり、誰かを撃ち殺しても唯一許される猟銃使い』や、
    『人と会話を交わし、未来がみえるカカシ』等、
    不思議だったり何処か壊れた人たちばかり。

    そんな不思議な島で起きる事件と鮮やかな終着。


    以上、そんな内容です(^-^*)/
    2回目再読本ですが、ほとんど忘れていたので純粋に楽しめました!

    この作品は伊坂幸太郎さんのデビュー作品であり、
    伊坂さんの長所『犯罪に密接に関わるダークな環境でありながらも、雲のように掴みどころのない世界観が心地好く、不思議とのんびり浸れながら危険も楽しめる』に溢れた名作です(^o^*)☆彡

    特にこの離島は、例えるならシュールレアリスムの有名画家ルネ・マグリットが描いた不思議の国のアリスのような、何処か壊れて不思議ながらも退廃的に浸りながら楽しめる世界観となっており、
    この世界観が感性的に楽しめるなら神作品となる本でしょう(*^-゜)⌒☆

    不思議な世界観に浸りたい時にオススメですし、
    伊坂幸太郎さんの初期~中期における天才振りを代表する作品であり、才能が涸渇した今は懐かし過ぎる神作品でしたO(≧∇≦)o

  • 伊坂にしてはすっごいすっきりした読後感だった。
    最後はロマンを感じたよ・・・。

  • とにかく後半の疾走感がたまらない。伊坂幸太郎に注目した一冊

  • ファンタジーミステリー

    不思議な世界観で、始めはなかなか読み進められなかった部分もあるけど、もともとファンタジーが好きな方だから、喋るカカシとか、変人扱いされるけど憎めない日比野とか、嘘しか言わない画家の園山とか、キャラクターに惹かれる。

    ただ、現実世界の残虐な警察官城山だけは、嫌悪感でしかない。描写が所々キツイ感はあるけど、ファンタジー要素は好きな作品。

    そして、伊坂幸太郎といえばのパズルのピースがはまっていく感は、デビュー作からあるんだな。

  • ネットの人のオススメで読み始めたが、私の苦手なファンタジー要素強めで、半月かけて1/3しか進まず結局リタイア。

  • 伊坂幸太郎のデビュー作

    とても不思議な世界観の中での
    ミステリ?

    外界と関わりを失った島
    そこにでてくる様々な個性的で奇妙な人々
    そしてしゃべり、未来を予言するかかし
    謎かけのようなセリフ
    と不思議な雰囲気ですすむ

    そのフィクションと現実の間のような
    不思議な世界を受け入れられると面白い
    なんとなくおすすめ度3

    そういえばゴールデンスランバーも
    なんだかよくわからん雰囲気あったな

  • とても面白かった。この作品から、伊坂さんの本を読みだしました。シュールな本。この世界観に触れて欲しい

  • 解説を読んで初めて知る。これがデビュー作……?デビュー作でこんな面白い作品が書ける作家さんなのかと二度見。
    物語に巻き込まれていく心地よさと胸が悪くなる悪人が因果応報の目に遭うパターンがとても好きなので、読了感がすっきりしました。とはいえ伊藤さんもできることならきちんと罪を償ってほしい。城山のように直接的に人を傷つけたわけじゃないけれど。
    桜の美しさの記述が最初は必要かと思いましたが、いつまでもいつまでも異質で、どこかでひたすら怖くて文章すら美しく感じました。

  • 不思議の国のアリス伊坂幸太郎バージョンといったような作品。喋る案山子(しかも未来に起こる出来事を知っている)が存在する世界という設定が面白い。ミステリーでありながら現実とファンタジーが混じり合っていて、なかなか珍しい作品なのではないだろうか。

    伊坂幸太郎の作品は好きで読んでいるが、この作品は特に残虐な暴力シーンが各所にあり、その凄惨さには辟易する(大幅に内容が削られたという文庫版を読んだが、単行本は更にそういった場面が多いのだとか)
    改善懲悪を描きたかったのかもしれないが、もう少し何とかならなかったものかと思う。
    そこまでの描写があるのならば、もう少し人物を掘り下げていかないと、不愉快さだけが残ってしまう。

    とはいいつつも、デビュー作で既に伊坂幸太郎ワールドを感じさせるこの作品は、最後まで読者をグイグイ引き込むパワーがある。

  • 「人の一生てのは一回きりだ」
    「楽しくないとか、悲しいことがあったから、なんて言って、やり直せねえんだ。」
    「だから、何があっても、それでも生きていくしかねえんだ」(202ページ)

  • 最初から最後まで不思議な世界。

    島で起こること全てが非現実的であり、なぜかそのうち身近で起こりそうなにおいのするお話。

    読み終わったあと、
    何とも言えない、 ふわっとした気持ちになりました。

全3482件中 1 - 25件を表示

オーデュボンの祈り (新潮文庫)に関連する談話室の質問

オーデュボンの祈り (新潮文庫)に関連するまとめ

オーデュボンの祈り (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

オーデュボンの祈り (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オーデュボンの祈り (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オーデュボンの祈り (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

オーデュボンの祈り (新潮文庫)の作品紹介

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている"荻島"には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?卓越したイメージ喚起力、洒脱な会話、気の利いた警句、抑えようのない才気がほとばしる!第五回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞した伝説のデビュー作、待望の文庫化。

オーデュボンの祈り (新潮文庫)の単行本

オーデュボンの祈り (新潮文庫)のKindle版

ツイートする